• アオキの育て方・栽培

アオキの育て方・栽培

アオキの育て方・…

出典:育て方ラボ

アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけではなく、日陰でも育てることができます。

アオキの育てる環境について

テキスト引用
アオキは寒さに強く、少々日光が当たらなくても生育する植物ですので、特に育て方や植える場所に注意を払う必要はありません。もともと東北以南の山中が生息地で、広葉高木樹林の下草として自生していたことから、多少の日照

自然に生えているものはいろいろな場所で見かけることができるので、家庭でもあまり気にすることなく栽培することができそうです。日本では元々は東北より南の山の中で生息していたとされています。大きな樹木の下に生えることが多く、あまり日当たりの良くないところでもしっかりと育つことができていました。

日向と日陰であればどちらが良いかですが、この時は日陰の方が良いかもしれません。日向になると葉焼けを起こしてしまう場合があります。美しい葉が特徴の一つなのでその葉が焼けて色が変わってしまうと良くないかもしれません。夏場に日差しが強く当たるところは避けます。朝だけ日当たりがある、他の植物の陰になるようなところであれば十分でしょう。この植物はあまり乾燥を好みません。

日本は1年を通してそれなりに雨が多い地域です。山の中であれば土は湿っていることが多いです。日差しが照り付けるようなところだと土が乾燥してしまってあまり好ましい状態でない場合があります。場所を選ぶことは少ないですが、あえて選ぶのであれば乾燥しにくい少し湿り気のあるところを選んで植えるようにします。どうしてもない場合は陰を作って育てるのも方法の一つとなるでしょう。

アオキの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
アオキの種付けをおこなう場合は、3月頃に水はけのよい土地に植え付けます。種子は実の皮をむいて取り出し、湿った砂の中に入れて保管しておきます。植え付けは1粒ずつで、2センチ程度の深さの穴に蒔いていきます。水やりについては

アオキの育て方として種付けを行うときはどう行うかです。季節としては3月ごろに行います。この時は水はけのよい土地に植え付けをします。この植物自体は湿気がある方が良いとされますが、常に水がある状態などは良くありません。植え付けるときは1粒ずつ行います。2センチ程度の穴を空け、その中にまくようにします。最初は水をきちんとあげるようにしますが、それなりに成長するようになればあまり必要としなくなります。地植えの時には必ずしも水を与えなくてもよいでしょう。

植木鉢を使う場合には乾燥しないようにしなければいけません。できるだけ日陰など乾燥しにくい状態でキープさせておき、適度に水を与えるようにします。春から秋が生育期になります。この時期に水きれを起こすと成長が止まったりすることがあります。植木鉢の水は数日で乾いてしまうことがあるので、夏場に日照りが続くようなときはマメに与える必要があるでしょう。夏に対して冬はそれほど水分を必要としません。

冬は空気は乾燥していますが土の中は湿った状態になりやすいからです。むやみに水を上げると水が多い状態になってしまうので注意が必要です。植木鉢で育てる場合には肥料は春先に一回、夏から秋にかけて一回与えるようにします。鶏糞を利用した肥料を用意します。これを株もとに置いておきます。地植えをするときは土の中から栄養分を得ることができるので必ずしも肥料は必要ありません。そのままでも育てられます。

アオキの増やし方や害虫について

テキスト引用
アオキを増やす方法としては実生と挿し木の二つの方法があります。実生の場合は3月頃に2センチ程度の穴に植えてやりますが、秋から冬に収穫した種を使用する場合は、湿った砂の中で保存しておいたものを使わなくてはいけません

アオキの増やし方はいくつかあります。まず種をまく方法があります。3月から6月にかけて実が完熟するようになります。これを取っておきます。果肉はすぐにつぶれるくらい柔らかいのでそれを流水で良く洗います。植物の果肉には成長抑制剤が含まれることがあり、果肉部分がついているとうまく発芽してくれません。種をまくのはすぐにまきます。もしまかずに保管したい時は湿った状態をキープし乾燥させないようにします。種まき以外では挿し木をすることができます。

季節は6月から7月の間ぐらいが良いとされます。挿し穂となる葉を半分ぐらいに切って行います。挿し木をするときは乾燥しないようにしなければいけません。各家庭で手軽に行える方法としてビニール袋で覆う方法があります。これによって湿度が保たれます。とり木も6月から7月にかけて行うことができます。木の樹皮をはぎとり、ミズゴケで包むようにして固定します。根が出て来たら切り離して植え付けをします。害虫対策としては、チャノホコリダニなどがあります。

それ以外にアオキに付きやすいタイプもあります。アオキシロカイガラムジ、アオキミタマバエなどはこの植物に良くつく虫として知られています。夏ごろに葉の裏側などに就くことがあります。カイガラムシは成長してからだと耐性を持ってしまって効き目が無くなることがあるので最初から対処をする必要があります。アブラムシは見つけたらその都度取るようにします。

アオキの歴史

テキスト引用
庭木として重宝されているアオキは、日本の野山に自生している常緑低木です。寒さに強く日陰でも丈夫に育つうえ、光沢のある葉や赤い果実も非常に美しいことから、すでに江戸時代には園芸品種としての地位を確立しており、

植物の多くは海外から日本に持ち込まれたとされます。太古の昔は日本列島は大陸と陸続きになっていたとされています。それが長い年月をかけて分離し、今のように大陸とは離れた状態になりました。間に海があるので通常は海外からの植物などは取り入れられることが少なくなりますが、人が人為的に持ち込んだり、逆に相手に持ち込むこともあります。アオキは原産は日本とされています。北海道から沖縄にかけて広く分布する植物として知られています。

日本全国が生息地になっています。歴史としては元々は自然に自生するだけでしたが、江戸時代から園芸品種としての地位を持つようになります。自生だけでなく栽培されるようになります。栽培されるようになると海外に持っていかれるようになります。欧米との交流が進むにつれて、ヨーロッパに持ち込まれるようになります。元々ヨーロッパでは見られなかった植物ですが、日本から持ち込まれたものが今はきれいな緑色を表現してくれています。

元々は緑色一色のものが多かったようですが、最近では模様が入ったものが知られるようになっています。品種改良によって複数のタイプが登場するようになりました。日本においても海外においても徐々に一般的なものに変わって少し変わったものが好まれるようになってきているようです。日本で品種改良されたものもあれば、海外で品種改良されたものもあります。海外で改良されたものが日本に入ってくることもあるようです。

アオキの特徴

テキスト引用
アオキの特徴は、その名が示すとおり全体が緑色をしているということです。しかも常緑性で、冬でも常に緑を保っています。葉だけにとどまらず、枝も緑色をしていることからこの名がつけられたとされているほど、昔の人にはアオキ

アオキは園芸分類では庭木、花木、観葉植物になります。形態としては低い木で高さは1メートルから高くて3メートル程度です。それほど高くなる木ではありません。常緑性のために常に緑色の葉っぱを楽しむことができます。実がなるのは12月上旬から6月上旬ぐらいで、夏場から秋にかけてはあまり見られない場合もあります。日本の北海道でも見ることができますから、耐寒性はそれなりにあり、耐暑性も備えている植物になります。

花が開花するのは3月下旬から5月下旬ぐらいになります。特徴として生物学上の分類では、被子植物、真正双子葉類、キク類、ガリア目、ガリア科になります。葉は対生して、光沢のある厚みのある葉っぱが特徴になります。水分を多く含むときにはきれいな緑色ですが、乾いてくると黒っぽくなります。黒っぽくなってきたときには様子を見た方がいいかもしれません。花が春に咲きます。

花の色は緑色っぽく、枝先に小さい花びらをつけます。単性花で、雄雌が異なる株になります。雄株のみ、雌株のみだと増やせない場合があります。花の後には果実がなります。卵型で種が中に一つ入っています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

赤色になりますが、場合によっては白色の実になることもあります。実がついている期間が非常に長いので、葉っぱだけでなく実も鑑賞することができる植物です。実の大きさは2センチほどあるのでかなり目立つ実です。真っ赤のものだと縁起物として使われることもあるかもしれません。

アオキの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「アオキ」に一致する育て方

  • アオキ

    アオキ

    アオキ科・アオキ属の植物です。常緑性があ…

    756

    0

  • アオキ

    アオキ

    光沢のある緑の葉をもち、赤い実のなる日本…

    838

    0

  • アオキ

    アオキ

    アオキの育て方を紹介します。アオキは日本…

    1,237

    0

「アオキ」に一致する植物図鑑

「アオキ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

5,070view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

7,781view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,239view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

12,765view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

7,645view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

24,755view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

39,215view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

4,228view