• 岩花火の育て方・栽培

岩花火の育て方・栽培

岩花火の育て方・…

出典:育て方ラボ

岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した株の場合は、日当たりが良く、8度くらいの寒さを保てるような場所で育てるようにします。暖かすぎると花が咲かないので、注意が必要です。

レウイシア(岩花火)の育てる環境について

テキスト引用
岩花火という和名通り、岩場や乾燥した環境下で生育する多年草となる植物であり、増やす目的となるタネを採集しない場合には、花が咲き終わった後は花茎の切り通しを行う手入れが必要となるため、プランターや鉢植えで育てるのが

春の3月ごろ、戸外の日あたりが良く、かつ霜の当たらない軒下に置いてやると、花を咲かせます。花の開花時期は長く、上手に育てると、冬から春、6月ごろまで花を咲かせ続けます。開花後は、暑さに弱いので、なるべく涼しい場所で育てます。

暖かい場所では、葉が枯れてきますが、風通しの良い場所で、半分遮光した涼しい場所に置くことと、水やりを控えるようにするとうまくいきます。また、夏を超える場合は病気にならないように、殺菌剤を葉に散布することや、水を過湿にならないように控えめにすること、また肥料を与えないようにするとうまくいきます。

夏を超えたら、秋の10月ごろに、根鉢を壊さないようにして、一回り大きな鉢に植え替えるようにします。用土は、水はけの良い山野草の培養土を利用します。冬の時期は積雪にも耐えることができますが、冷たい風が強く吹くような環境では、目が乾いたり、葉が枯れてしまうため、室内やビニールハウスなどに入れ、18度から25度の間で管理することが大切です。こうすると、夏の時期と冬の時期をうまく乗り越えることができ、来シーズンにまたきれいな花を咲かせます。

レウイシア(岩花火)の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
レウイシアの上手な育て方としては、タネから育てる方法が適しています。多年草であり、その種子を採取した後は涼しい場所または冷蔵庫に保管しておき、タネ蒔き時期にあわせて栽培を始めるのが簡易栽培法です。タネ蒔きは9月

岩花火は種まきで育てることができます。多年草なので、花が咲き終わった後に、種子を採取することができます。その後は、涼しい場所や冷蔵庫に保管し、種まき時期に合わせて、種をまくようにします。種まきの時期は春先の2から3月ごろか、9月から10月の秋口が適しています。種まきには、浅い鉢か、浅めのバットを用います。土は、鹿沼土が適していますが、市販されている土の場合は、多肉植物や、山野草のような専用の土を用いることができます。

種をまいた後は、土を薄くかぶせ、霧吹きを使って土を湿らせてから、涼しい場所に置きます。本葉が三枚程度生えてきたら、ポットに借り植えを行います。用土は柔らかくし、茎がぐらつかないように根元をしっかり押さえるようにします。もともとが高山植物で、過湿が苦手なので、水やりは表面の土が乾いたタイミングでしっかり与えるようにします。ただ、葉っぱに水滴がつきすぎると、株が腐ったり、花が傷んでしまうので、葉っぱや花を持ち上げて、根元部分に水を与えるとうまくいきます。

鉢は、底に水を入れて与えます。葉が落ちる品種や、秋冬の休眠期は、水やりはあまりしなくても問題ありません。肥料は、種付け前と、植えつけた後で、種類を変えます。植えつける前は、粒状の肥料を土に混ぜ込みます。その後、生育の状態によって液体肥料を2週に一回与えます。液体肥料は、水の代わりに与えることもできます。秋と冬に一回ずつ置肥します。

レウイシア(岩花火)の増やし方や害虫について

テキスト引用
打ち上げ花火のような花を咲かせるレウイシアは多年草であり、手軽に増やすことが可能な植物でもあり、増やし方には株分けとタネ蒔きから手軽に増やすことができます。鉢植えで花を楽しんだ後、鉢のサイズを大きくしたくない

岩花火は、水やりなどあまり頻繁にする必要がない分手のかからない植物ですが、害虫が付きやすいという特徴があります。それで、害虫対策には注意が必要です。スベリヒユ科の植物には共通することですが、アブラムシやナメクジ、ヨトウムシがつきやすく、特に花が開花する4月から6月ごろはアブラムシが大量発生しやすいため、薬剤を散布するなどして、予防する必要があります。また、鉢植えなどで規模が小さい場合には、こまめにチェックして見つけるたびに取り除くというのも一つの方法です。

また、新芽はナメクジの好物です。新芽を食べられてしまうと、一番期待していた花がつかなくなるので、これも頻繁にチェックして、見つけたら割りばしで取り除くことが効果的です。特に梅雨の時期は、ナメクジが発生しやすく、葉に付着した粘液によって、葉枯れを引き起こしてしまうので、注意する必要があります。岩花火は、多年草なので、増やすのは比較的簡単です。

増やし方は、株分けと種まきという二つの方法があります。鉢植えの場合は花の咲き終わった10月ごろに、株分けをすることができます。比較的寒い場所では、種から増やすと効果的です。この場合は、花が終わった後に種をとって撒きます。暖かい場所で種から増やしたい場合は、冷凍庫で少し凍結させてから植えることで、同じ環境を作ってあげることができ、発芽しやすくなります。種から増やす場合には、常緑性の場合は初夏、落葉性の場合は初秋が適しています。

レウイシア(岩花火)の歴史

テキスト引用
スベリヒユ科であるレウイシアと呼ばれる植物は、原産が北アメリカであり学名はLewisiacotyledonで、この学名はSmallcupの意味合いがあり、広がった葉っぱの形状がスープボウルに見えることが由来しています。さらに和名も存

岩花火は、スベリヒユ科レイウシア属で、原産は北アメリカです。現在は、北アメリカの西部、カナダのブリティッシュコロンビア州からアメリカのカリフォルニア州にかけて広く分布しています。レイウシア属は品種が多く、岩花火はそのうちの、常緑性の岩場に生える種類のコティレドンタイプです。レイウシアという名前は、最初にこの主の花を発見した冒険家ルイスの名からつけられています。また、ほかにも、夏に自生し、落葉するピグマエアタイプや、多肉質の葉を持つレディビバタイプといったものがあります。

和名では岩花火と呼ばれて、その花の形が打ち上げ花火に似ていることからとられています。花言葉は、陽気なロマンチストです。また、主な生息地は、高山から亜高山の砂礫地です。北アメリカには品種が16も分布しており、品種改良も多く行われています。もともと自生する植物でしたが、歴史を通じてガーデニング用にも用いられるようになり、現在では種類の豊富な配色の花や、岩花火の特徴を引き立てる重弁のものなど、品種改良が、多く行われています。

歴史を通じて、岩花火は観賞用として流通し、親しまれてきました。中には、根の部分を薬用や、食用として利用してきた歴史もあります。また、この花の香りがとてもいいため、摘み取ってから乾燥させて、芳香用や、匂い袋などに用いられてきました。古くから、生活の中で、その特徴を生かした活用が多く行われてきたのも岩花火の特徴です。

レウイシア(岩花火)の特徴

テキスト引用
レウイシア別名を岩花火と呼ぶ常緑性の植物の特徴の1つが、堅くて肉厚の多肉植物を思わせる葉っぱにもあり、その肉厚の葉っぱはヘラ状で円座形のロゼット状に広がり、株を張り約5cmから10cmにそうせいします。3月からの春時

岩花火は、匂いも花の形もきれいな才色兼備な花として多くの人に人気です。植え込み時期は3月中旬から4月下旬、または9月中旬から10月下旬に行います。毎年行うこともできますし、二年に一回行うこともできます。葉の付け根部分に花芽を付け、それが徐々に成長していき、4月ごろ花を咲かせます。

長いおしべと白い縁取りの花が特徴的で、花の色はオレンジやピンク、白色です。太陽の光が当たると、反射して輝くとてもきれいな花です。花径は2cmから3cmです。花弁は4個から16個で、ガクは2から6個です。また栽培の過程で、地下茎は太く立ち上がって木のように固くなります。

茎は上に伸びていくのではなく、放射状に広がっていきます。5月中旬ごろ花がどんどん開いていき、6月に満開になります。梅雨の時期は雨に当たりすぎると、花が枯れてしまいますが、まだ残っているつぼみから再び咲き始めることもあります。7月ごろに花がなくなります。その後実が付き、熟すと種子が散布されるようになります。その後、葉っぱだけになります。葉は他の植物よりも厚く、多肉植物です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

硬くて肉厚の葉っぱは、へら状の形をしており、円座系のロゼット状に広がっていきます。株を張り、約5cmから10cmの形にそうせいします。もともとが乾燥した崖や砂礫地といった岩場に生える植物です。高山植物なので、流通している品種も山地で栽培されているものや、寒冷地のものが一般的です。

岩花火の育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「レウイシア」に一致する植物図鑑

「レウイシア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

4,608view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

6,086view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

27,121view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

3,990view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

4,125view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

3,291view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,523view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,904view