• ワトソニアの育て方・栽培

ワトソニアの育て方・栽培

ワトソニアの育て…

出典:育て方ラボ

ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良いでしょう。となると冬越えが必要になります。寒い地域では霜が降りることがあります。

ワトソニアの育てる環境について

テキスト引用
ワトソニアは日当たりの良い場所を好みます。また、出来るだけ水はけの良い場所に植えてあげましょう。土壌はあまり選ばないので、そのまま庭先に植え付けをしても良く育ちます。鉢植えにした場合やプランターで育てる場合でも

この植物も霜に強いわけではないので十分注意しないといけません。霜が降りる可能性が少ないところなら特に何もしなくても良いですが、霜が降りる可能性があるところでは霜よけをしながら管理をします。日当たり以外に大事なこととしてあるのが水はけのよさです。多くの植物でいえることですが水はけが良くない状態だと育てにくくなってしまいますから十分注意しながら管理をしていきます。

土壌の様子はそれほど選びません。あまり荒れたところなどはどの植物でも好まないのでこの植物も避けた方が良いでしょうが、一般的な土壌であれば育てることができます。植木鉢にしても育てられますし庭に植えることも可能です。植木鉢の良いところは環境が変化した時に移動がしやすいところです。

この植物は必ず冬を越す必要があります。ですから冬の管理が必要です。庭に直接植えてしまうとどうしても移動が難しいことがありそのために枯らしてしまうこともあります。枯れなくても花が咲かないようなことがあります。植木鉢の他プランターなどで育てるようにすることで自由に移動させることが可能になります。寒い地域でも冬を越すことができます。

ワトソニアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植え付けをする場合は10月~11月頃が適しています。植えつける深さは、庭植えで5cm程度にすると良いでしょう。鉢やプランターで育てる場合は、用土は市販の培養土で大丈夫です。植え付けの深さや3cm程度にします。鉢植えや

ワトソニアの育て方として種付けや用土があります。植え付けの時期は10月から11月の秋になります。この植物は酸度が強いタイプの土を好みません。なにもしない状態だと酸度が強めになっていることがあります。そこで用土を用意するときに苦土石灰を混ぜておきます。石灰はアルカリ成分なので酸度が強い部分ではうまく中和されます。良い状態になって育てるための環境ができます。栄養分が多い方が育ちやすいので腐葉土を混ぜるようにするのも良いといえます。

植え付けるときの株の間は15センチぐらいあけておくと良いでしょう。植える土の深さは5センチぐらいです。植木鉢で行う場合は市販の草花用の培養土を使います。その他か玉土の小粒を6割、腐葉土を4割にした配合土を使うこともあります。水やりは庭に植えているときは雨から得られる水のみでほぼ賄えます。植木鉢の場合は庭に置いていたとしてもそれだけでは足りないです。

植木鉢は土が少ないですからどんどん蒸発します。土の表面が乾いてきたときにたっぷりと与えます。多湿状態は好みません。あまり湿気が多くなりすぎると球根が傷むことがあるので十分注意しないといけません。栄養分のある土を用意すると良いとされますが肥料は必ずしも必要ありません。庭に植えるときには元肥として腐葉土を混ぜる程度でも構いません。花が終わったときにお礼肥を施すことがあります。軽く化成肥料を混ぜる程度でも全く問題はありません。

ワトソニアの増やし方や害虫について

テキスト引用
種から増やす場合は、採取したらすぐに植え付けを行います。また、分球でも増やす事が出来ます。秋の植え替えの際に行っても良いでしょう。ただし、何度も球根を掘り上げすることは辞めましょう。花が咲き終わったら、花茎

ワトソニアの増やし方として一般的に行われるのは分球です。球根で育てているので、植え替えをするときに木子ができているかどうかを確認します。あまり小さいと良くありませんが、それなりに大きくなった木子があればそれを使います。本体を植え付けるのと同じ時期に行うと良いでしょう。球根が小さい間は芽が出て成長するだけで花は咲きません。でもこの間に球根が形成されていきます。数年たつと花が咲くようになります。花が咲いた後の実から種を取って種まきをして増やすこともできます。

球根種は種まきだと花が咲くまで時間がかかります。球根になるまで育つのに数年はようしますからその間じっくり葉っぱだけの状態を経過することになります。木子よりも時間がかかりますがそのうち花を咲かせるようになります。害虫対策として何か必要かですがあまりつく虫はないとされます。病気にもなりにくいとされます。この植物を単独で育てているなら問題はありませんが、周りに虫がつきやすい植物を育てているならそれらの様子を見ながら管理をします。

虫がつかないと何もしないでいるといつの間にかついていることがあるかもしれません。一度つくとそれ以降につくこともあります。最初からつかないようにする必要があります。この植物は2年に一度ほど植え替えをするとよいとされます。分球をして増やすときにも植え替えをしますが、球根の状態や土の状態をチェックするためにも適度に行うようにします。

ワトソニアの歴史

テキスト引用
南アフリカケープ地方原産のワトソニアは、グラジオラスをシンプルにしたような花になります。とてもしっかりとし秋植え球根で、栽培はとても簡単です。また、とても良い香りがする花になります。学名はWatsoniaで、18世紀

花の特徴としてはきれいな色、そしていい香りがあります。人の場合は単に色を見る、においをかぐだけなので特に花に何か影響を与えることはありません。花がなぜきれいな色なのか、いい香りを出すかと言えば昆虫などを寄せ付けるためのことがあります。花は積極的に栄養分を摂取したり増えるための活動は出来ません。花粉などが移動しないといけませんが風などではそれができないこともあります。きれいな色にひかれたりにおいに誘われたりして昆虫などがやってきて花粉を運んでくれます。

ワトソニアと呼ばれる花があり、原産地、生息地はアフリカ地方とされています。花は非常にきれいです。この花なら昆虫などもどんどん寄ってきそうです。さらには非常にいい香りもします。色と香りの両方で虫たちを寄せ付けることができるようです。この花は学名自体が花の名前になっています。18世紀のイギリスの植物学者であるワトソンさんの名前から付けられた名前とされています。

ですから花の特徴などはこの名前からはわかりません。和名としてヒオウギズイセンがあります。カタカナだとわかりませんが漢字だとなんとなく雰囲気がわかります。檜扇水仙になります。南アフリカと言えば日本からはかなり遠い場所になります。でもこの地を原産とする植物が多く日本にやってきています。いつ頃日本に来たかははっきりとはわかりませんが、他の植物同様に持ち込まれたのでしょう。ヨーロッパを経由してになるかもしれません。

ワトソニアの特徴

テキスト引用
ワトソニアは草丈が1m程になる植物です。庭植え、鉢植えにも適しています。花の色は、白やピンク、赤やサーモンピンクなどの種類もあります。アヤメ科の植物になり、花が咲く季節は4月から6月頃、耐寒性や耐暑性があり、比較

ワトソニアの特徴は球根で育てるタイプになります。多年草で草の丈は短いと30センチぐらいです。高いものになると1メートルと超えることもあります。アヤメ科に属し、ヒオウギズイセン属に属するとされています。花の色は鮮やかなものが多くなります。ピンクや白、赤、オレンジなどです。

咲いている様子を見るとつい目に留まりやすい花と言えるかもしれません。タイプが複数あり常緑性のものと落葉性のものがあります。多年草なので複数の期間育てることが可能ですが、冬でも葉っぱを残したいなら常緑性のものを選ぶ必要があります。花が咲く時期としては5月ぐらいになります。花の咲き方は穂状に付きます。花茎が非常に長くなっていて、その長く伸びた先に花をつけます。暑い地域が生息地なので耐暑性があります。夏の管理もしやすくなっています。

花と言えば一般的には春先に植えて夏ごろに咲かせることが多いです。この花は秋に植えます。そして次の春に花が咲くタイプになります。しかしすべての種類がそのタイプではなく、一般的な植物同様に春に植えて夏に咲くタイプもあります。花は2列に穂状に咲きますがそれぞれの花は細かいわけではありません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

穂状に付くタイプの花は小さいタイプが多いですが、この花は一つ一つの花もそれなりに大きくなります。ですから花が咲いたときに豪華に見えることがあります。花としては一つの花茎しかないのにいくつもの花をつけているように見えることがあります。

ワトソニアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ワトソニア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

5,869view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

9,345view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

4,531view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

5,070view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

22,259view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

4,169view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,871view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

2,845view