• レモングラスの育て方・栽培

レモングラスの育て方・栽培

レモングラスの育…

出典:育て方ラボ

レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み、肥料が豊富で、水はけの良い場所で育てる必要があります。

レモングラスの植え方と増やし方

テキスト引用
レモングラスは種付けで育てていくこと主できますし、苗を植えてから育てていくこともできます。種付けでの育て方についてですが、時期は4月から5月頃が適しています。この時期にポットに種を蒔きます。水やりをしていればすぐに

比較的育つ植物ではありますが、雨が多い場所や、水やりを多くしてしまうと根腐れを起こす可能性があるので、注意が必要です。暑さには大変強い植物です。冬には室内に入れますが、気温が7℃以下になる場合は、室内に入れた方が良いでしょう。肥料は比較的必要とする植物です。たっぷり肥料をあげると、すくすく成長してくれるでしょう。

プランターなどで育てていきますが、地植えをする事も可能です。ただし環境によって上手く育たない場合もあるので注意が必要です。上手に育てるコツとしては、温度管理をしっかり行うことになります。レモングラスは発芽する為に25℃程度の温度が必要になります。プランターなどで育てる場合と違って、地植えをする場合は水はけが良く、日当たりが良い場所を選ぶようにしましょう。土壌があまりにも乾燥してしまうと枯れてしまう場合があるので、あまり乾燥させる事が無い様に注意しましょう。

冬の環境さえしっかりと管理すれば、育てる事が出来る植物です。この寒さに弱い点をしっかりと克服する為に、冬は部屋の中に入れるなど、寒い時期などに気をつけながら育てる必要があります。是非温度管理をしっかりと行い、その香りを楽しみましょう。

レモングラスは寒さに弱い

テキスト引用
レモングラスを植えていて、日本で花が咲いたところを見たことのない人も多いと思います。そのために種を取ることができず、増やすときには株分けするのが基本です。これは日本の気候に合っていないからだとも考えられます。

種付けは、レモングラスは苗など購入して育てた方が育てやすいです。種から育てる場合は、プランターや植木鉢に深さ約1センチ程度の穴をあけて、そこに種を2~3粒程度入れて育てていきます。その後土が乾かないように様子を見ながら育てていきます。この場合、明るめの日陰で育てるようにしましょう。その後草丈が5センチ程度になったら1本を残して間引いていきましょう。地植えをする場合は横に広がる植物なので50センチ態度あけて次の苗を植えるようにしましょう。

水やりは、植え付けをおこなったら、根がしっかりと根付くまでは土の表面が乾いたらたくさん水をあげると良いでしょう。あまりにも乾燥しすぎてしまうと腐ってしまう可能性があるので注意が必要です。比較的肥料を必要とする植物になっています。その為、たっぷりと肥料をあげるとしっかりと育ってくれるでしょう。また、酸性の土を嫌うので、植え付けする際は、まずは土壌に草木灰など混ぜ込んで酸度を調整しておくと良いでしょう。

常に弱アルカリ性の土にして置く事がこの植物を育てる秘訣になっています。まずは育てる前に、肥料をたっぷりと入れた状態の良い土壌にする事で、しっかりと育てて行く事が出来るでしょう。出来るだけ肥料を切らさないように良い土壌を常に心がけていくと様状態のレモングラスを育てる事が出来るのではないでしょうか。種から育てるよりも、苗から育てた方が育てやすいので、初心者の方は種から育てましょう。

レモングラスの育て方の注意点

テキスト引用
暖かいところで育つ植物ですから、日当たりの良い場所を好みます。風通しの良い場所の方が良いです。暑さには強いですから、日の当たりすぎるところでも問題はありません。寒いところでは育ちが悪くなったり枯れてしまったりしますから

レモングラスを増やす場合は株分けをすると比較的簡単に増やす事が出来ます。挿し木には向かない植物です。株分けを行う際は、親株を傷つけないように注意しながら株分けを行いましょう。株わけしたら、プランターや鉢に植え、新芽が出るまで明るめの日陰で育てるようにしましょう。レモングラスは種が採りにくい植物なので株分けで増やしていくと良いでしょう。5月から9月頃が株分けの良い時期になります。

より元気な株を見つけて株分けする事で、増やす事が出来るでしょうレモングラスは、害虫の心配はほとんどありません。独特の香り成分を虫達がきらうので、害虫があまり寄りつきません。その為、害虫の心配なく育てる事が出来るのではないでしょうか。大変香りの良い爽やかな植物ですから、上手に利用する事が、その効果を実感する事が出来るのではないでしょうか・病気にも強く、害虫の心配がありませんが、水を多くやりすぎてしまうと根腐れを起こしてしまう事には注意をしましょう。

せっかく水をあげたのに腐ってしまっては意味がありません。その為、水の管理には十分に気をつけましょう。根がしっかりと張るまでは管理が必要ですが、根がしっかりと張れば比較的育てやすい植物なので初心者の方でも簡単に育て方さえ覚えればしっかり育てる事が出来るのではないでしょうか。収穫をすればハーブティーとして楽しんだり、その香りを有効活用する事が出来るので大変お勧めです。爽やかな香りが広がり、心地よい空間を作りだしてくれるでしょう。

レモングラスの歴史

テキスト引用
多くのハーブが、原産地や生息地などがはっきりしているのに対して、レモングラスは野生種が見つかっていないために、原産がどこなのかは明らかにされていません。ただ、多年生で大形の葉を持つなど、色々な特徴があるために

レモングラスは、インド原産で生息地を熱帯アジア地域としているイネ科の植物になっています。このレモングラスは古くから多くの人々に利用されてきた植物になっています。インドでは5000千年も前から人々に愛され栽培されてきました。ではなぜこの食物がレモングラスと言われるようになったのかと言うと、このレモングラスはレモンと同じシトラールと言う香り成分を持っており、このレモングラスの葉をちぎってみるとレモンの様な爽やかな香りを放ちます。

その為、レモングラスという名前がつけられました。また、このレモングラスの花言葉は爽快という言葉になっており、大変爽快感に溢れた香りを放つハーブになっています。独特の香りがあり、ハーブティーなど、様々な物に便利に利用されています。また、このレモングラスは昔から薬草としても重宝されてきた植物になります。自律神経を整えたり、また虫よけスプレーとしても昔から使われてきました。

また、インド伝統医学ではレモングラスは伝染病や高熱など治す効果のあるものと言われ、古くから薬草として扱われてきました。日本では大正に温室で育てられた物が始まりと言われており、日本ではそれほど歴史が古くはありません。現在ではハーブとして、様々な場面で見る事が出来ます。上手に利用する事で、その効果を実感する事が出来るでしょう。爽やかな香りを楽しむ為に、庭先で育てたり、観葉植物として育てられる事もあります。

レモングラスの特徴

テキスト引用
現在のレモングラスは主にインドで栽培されています。このことからも分かるように、どちらかというと暑い地域に生息する植物です。日本でも地植えして育てている地域がありますが、どちらかというと寒さには弱いですから、関

この植物は多年草の植物です。背丈は1.5m程まで成長し、寒さには比較的弱い植物になっています。イネ科のキンボポゴン属の植物になり、学名はCymbopogoncitratusで舟の意味になっています。葉は細長く根元部分が太くなっています。高温多湿の気候を好みます。耐寒性はなく、寒さが厳しい場合は室内で越冬する必要があります。種子は出来ない植物です。和名はレモンソウと呼ばれており、独特の香りが人々に愛される植物です。

ハーブとして名前を知っている人も多く、アロマとしてその香りを利用したり、ハーブディーとして頂いたり、料理にも広く利用されるハーブです。また、このレモングラスの香りにはリラックス効果があり、香りを嗅ぐ事で、体の疲れを癒し、リラックス効果を持っていると言われています。

また、むくみ改善や胃腸の調子を改善する効果も持っています。温帯では開花しにくい食植物ですが、比較的日本の気候に合っている植物ではないでしょうか。また、このレモングラスの香りは虫が嫌う香りであり、虫よけとしても広く使われており、様々な場面で活躍を見せてくれる植物ではないでしょうか。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ただし、このレモングラスの香り成分であるシトラールは大変刺激の強い成分です。アロマオイルなどで使用している場合、直接肌につけてしまうと刺激で肌荒れを起こしてしまう事もあるので注意が必要です。香りが大変良く、爽快感を感じる事が出来るレモングラス。是非利用してみましょう。

レモングラスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「レモングラス」に一致する育て方

  • レモングラス

    レモングラス

    レモングラスの育て方を紹介します。レモン…

    1,015

    0

  • レモングラス

    レモングラス

    タイ料理のトムヤムクンの香味野菜として知…

    1,075

    0

「レモングラス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,904view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

5,052view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

4,861view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

6,388view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,662view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

4,126view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

21,124view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,520view