• ヤナギランの育て方・栽培

ヤナギランの育て方・栽培

ヤナギランの育て…

出典:育て方ラボ

このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出来、カナダやフィンランドなど寒い地域でも見かける事が出来ます。

ヤナギランの育てる環境について

テキスト引用
分布としては、ヨーロッパ、アジア、北アメリカなどの北半球が中心になります。温帯地域だけでなく寒冷地でも見られ、カナダやフィンランドにおいてもよく知られている花になります。寒い地域によく見られる針葉樹林帯などにも

日本では北海道と本州の中部より北に咲いていると言われています。亜高山帯から山地帯に生えやすくなっている植物で、野山できれいに花を咲かせてくれます。春のスキー場などで良くみられ、群衆しているその姿はぱっと目を引く物があります。育てる環境としては、涼しい場所を好む植物になりますが、日当たりも好む性質があります。

ただし、あまり暑過ぎる場所では枯れてしまうので注意が必要です。暑過ぎる場所では注意をしながら育てる必要があります。ただし、温度管理をしっかり行い育てればきちんと花を咲かせる事が出来るでしょう。温度が一定以上にならないように工夫をして育てれば比較的育て方は簡単な植物です。植える場合は日差しがあたる場所に植えるようすると良いでしょう。また、梅雨の時期は日当たりに注意する必要があります。朝は日の光を当てて他は半日陰の場所で育てると良いでしょう。

あまり日光に当てすぎてしまうと葉焼けを起こしてしまうので注意が必要です。その事に注意をしながら育てていきましょう。また、育てる場合は日当たりと風通しの良い場所で育てます。水もたっぷり必要とする植物ですから、しっかりと水をあげるようにしましょう。夏場だけは日の入り具合に注意をして育てていきましょう。

ヤナギランの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培時に種付けをする時の準備としては植木鉢や土があります。特性としては根がどんどん伸びていきます。したの方のみ、横のみであればいいですが四方八方にどんどん伸びていきます。それを考慮するのであれば植木鉢は深めのものを

ヤナギランの種付けは比較的簡単です。綿毛の先に茶色の種がついているものを蒔いて行きます。綿毛の先に種がついていないものは芽が出ないので蒔かないようにしましょう。また、株分けでも育てる事が出来ます。また、このヤナギランの根は様々な方向にどんどん伸びて行く性質があります。その為、植木鉢で育てる場合は注意が必要です。出来るだけ深めの植木鉢で育てるようにしないと根が伸びてしまい大変なことになってしまうので注意しましょう。

用土をあげる場合は山野草用と高山植物用を利用しましょう。また、他に肥料として鹿沼土や赤玉土などを配合して準備しておくと良いでしょう。また、液体肥料でも大丈夫です。水を好む性質なので水を切らさずにしっかりと行いましょう。夏場は最低でも1日1度はたっぷりと水を与えるようにしていきます。夏場水枯れをしてしまうと枯れてしまうので注意が必要です。ただし、夏以外については、朝に1回与える程度で大丈夫ですようにします。

その時々の土の乾き具合を見て、水を与えていきましょう。このヤナギランは冬になると休眠状態になってしまいます。休眠状態の際に肥料をあげても意味がないので、休眠期になる前に置き肥などしておくと良いでしょう。比較的丈夫な植物なので、ある程度の環境さえ揃っていればしっかりと育ってくれる植物です。きれいな花を咲かせる植物ですから、是非しっかりと育てて花を咲かせてみましょう。庭先でも育ってくれるので是非挑戦しましょう。

ヤナギランの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方においては、種まきを行うことがあります。まずは結実しているものを選ぶようにします。綿毛の先端に種粒がつくようになるので、それをとってまくようにします。種があるかどうかについては、綿毛が開いているかどうかでわかります

ヤナギランの増やし方は種で増やす場合と株分けで増やす場合があります。種まきで増やす場合はしっかりと結実しているものを選ぶようにしていきましょう。綿毛の先に種粒がついているのでそれを取ってしまわないように気をつけましょう。種がついているかどうかを知りたい時は、綿毛が開いているかどうかで知る事が出来ます。綿毛がついたままでもどちらでも植える事が出来ます。株分けで増やす場合は、植え替えをする際に根の部分の状態を確認しておきましょう。

根がしっかりと増えている状態であればそれを取り外して株分けをしていきます。春先の植え替えの際に一緒に株分けで行うと良いでしょう。実生も手で無理に引っ張って切ってしまうのではなく、カッターやハサミなど使用して切るほうが傷をつけなくて済むのでよいでしょう。多年草の植物ですから上手に咲かせる事が出来れば、翌年も花を咲かせる事が出来るでしょう。このヤナギランの害虫は大変多くなっています。

害虫としてはカメムシやアブラムシ、イモムシ、ハダニ、ナメクジなど多数います。これらに食われてしまうと大変なので注意が必要です。また、花が咲きにくくなってしまうので害虫には注意をする必要があります。またヤナギランは病気にもなりやすい植物です。病気としては、高温多湿の状態になってしまう事で軟腐病が出てしまう事があるので注意が必要です。根腐れしてしまう事もあるので梅雨の時期など注意しましょう。

ヤナギランの歴史

テキスト引用
蘭と言いますと高価な植物の種類があります。コチョウランなどは贈答用などとして使われることがあります。きれいに育てられたものは一つで数万円ほどするものもあります。自然のものよりも人間が工作などで作ったかのようにみえるものもあります

赤やピンクの花を咲かせるヤナギラン。原産国は特に決まってはいませんが、日本などもその一つで北半球に咲いている植物になります。日本では北海道、そして本州の中部から北で生息している植物です。学名はChamerionangustifoliumとなっており、アカバナ科ヤナギラン属になっています。別名ヤナギソウとも呼ばれ、多年草の植物です。このヤナギランと言う名前は柳の葉ににた形と、蘭の様な花を咲かせる事からヤナギランと呼ばれるようになりました。

蘭の様にあまり知られている花ではありませんが、北半球を広く生息地としている植物になっています。多年草の植物なので、年間を通して葉をつけています。草原に咲き、大群衆できれいに咲いているのを見かけると、大変癒しをもらう事が出来る植物です。茎はまっすぐと伸び、柳の様な細い葉がとても印象的です。夏の高原の花としても人々に愛されている植物です。鮮やかな色の花を咲かせ、葉の緑とのコントラストが大変美しい植物です。

花は7月から8月頃と暑い季節に花を咲かせます。夏になると4弁になっているきれいな花を咲かせ、その後にはさや状になっている種が出来ます。高原でこの花に出会うと、大変目立ち目を引く印象の植物です。比較的栽培は難しくはありません。花が終わってしまえば種を取る事が出来ます。さや状になっており、やがて中から綿毛が飛んでいき、それが芽を出していく魅力的な植物です。

ヤナギランの特徴

テキスト引用
花の特徴としては、まずはフトモモ目、アカバナ科、ヤナギラン属の種類となっています。多年草なので1年を通して葉などをつけていますが、花に関しては一定の季節においてのみつけるようになります。通常の花といいますと緑の

このヤナギランの花の特徴としては、まずこのヤナギランの茎はまっすぐと伸びており、緑色をしていますが実は全ての部分が緑色ではありません。地面から出ている部分については緑色をしている部分もありますが、それより上の方の部分に関してはでは紫色をしています。

そしてその茎の部分に緑の葉が付く形になっています。草丈は100cmから150cmくらいまでになっています。自然に生えているものは比較的高くなりますが、家庭で育てている場合は1メートルよりも低くなる場合もあります。耐寒性の植物で、茎はまっすぐと伸び、茎の上の部分に、長さが20~30cm程度の総状花序を出します。花は直径3㎝くらいになり、花びらは4枚あります。果実は細長くさや状で、熟すと割れて白い毛をもった種を飛ばしていきます。

茎はしっかりとしており強くなっています。また、このヤナギランの葉は右に葉がつけば次は左に葉が付き、交互に付いているような形になっています。花の色は濃い紫色をしていますが、中には白色の花を咲かせるものもあります。葉にはつやがあり、細長くなっています。葉には柄はなくぎざぎざとしています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花は比較的小さくなっており、茎の下の方から順に咲いて行きます。花には柄があり、花茎に均等に咲き大変美しい花になっています。ヤナギランの花は蘭の花に似ており、印象的な花です。目を引く美しさを持っており、見ているだけで大変魅力的な花ではないでしょうか。

ヤナギランの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ヤナギラン

    ヤナギラン

    夏、京都府立植物園の色彩の丘でヤナギランに出会えます。初夏の高原を鮮やかなピンクに染めるヤナギラ…

    0

    214

    74.9

このまとめのキーワード

「ヤナギラン」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

1,845view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

3,092view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

1,553view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

964view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

947view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

4,342view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

1,527view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

2,225view