• ヘーベの育て方・栽培

ヘーベの育て方・栽培

ヘーベの育て方・…

出典:育て方ラボ

へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわかります。栽培での基本的な条件では、日当たりのほかに、鉢植えなどでは、水が乾いたら与えるようにして、肥料も春と秋に与えます。

ヘーベの育てる環境について

テキスト引用
ヘーベは育てるときにその環境に十分注意する必要があります。それはこの花が暑さや寒さにあまり強くないからです。とくに夏の暑さと群れには弱くなっているので、夏は風通しの良い半日陰などに堂をさせることがポイントです

とても美しい花で多くの園芸の趣味の人たちも、その花の美しさに魅了されてしまうというほどの花ですが、日当たりの良いところを好むということですが、日当たりの悪いところに置くと、日照不足ということで、葉っぱがパラパラと落ちてしまいます。せっかくの美しい姿が台無しになってしまいます。ですので、日当たりの良いところに置くということは必須の環境になります。

鉢で育てる場合に、鉢の受け皿に水を溜めておくと安心してしまいますが、それだけでは不十分で、土が乾いた時には、水やりで補給をする必要があります。停滞水に強いということと、水が十分にあるということは違います。ヘーベの場合には、その点も気をつける必要があります。夏の高温多湿の環境もへーべにとっては厳しい環境ですが、冬の低温も同じです。

0度以下になると枯れますし、5度以上にしておかないとダメージも大きくなります。育て方のポイントとしては、夏の湿気をどう越えさせるかということが重要ですので、風通しや温度管理などで注意をして工夫をするということが重要になります。そこをうまく越えられると美しい花を楽しむことができます。

ヘーベの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
育てていくなかできれいな花を咲かせるためには毎日の管理が重要になります。そこで水やりや肥料を与えることになるのですが、水やりに関しては土が乾いたらしっかりとあげるようにします。しかしいくらしっかりと水

へーべは肥料が好きな植物ですので、肥料が足りないと花芽もつきませんので肥料は十分に与えることが必要になります。3月と6月頃に化成肥料を根本に置くと効果的です。また生育期間には、液肥を月に2,3回ぐらい与えると良いようです。植付けの時には、緩効性肥料を混ぜ込みます。へーべは環境に慣れさせるのが難しい品種ですので、とくに暖地では失敗する場合が多いようです。それが難しい品種という印象を持たれた原因でしょうが、一度年を越すことができれば、だんだん慣れていき、育てやすくなっていきます。

水やりの基本は、少しずつ与えるのではなく、一度に与えます。理由としては、鉢の中の空気の入れ替えのためと、老廃物などを洗い流すという役目もあるからです。へーべばかりではありませんが、鉢植えに植物の場合には、基本的にはその意味も考えて与えます。また表面が乾いて来たら与えますが、品種にもよりますのでその点は気をつけます。冬場の場合には寒さで水分が冷えるということで、ストレスを与えてしまうので、夜には与えないようにします。

寒さで根が傷んでしまうからです。また土の乾燥度を見るのには、割りばしなどを土に軽く刺してみるという方法もあります。育て方が難しい植物ですので、それらの方法をいろいろ試してみて育ててみると効果的かもしれません。植物の基本は日当たりと水分ですが、へーべでは、他の植物以上に注意して育てることで、ちょうどよい育て方になります。

ヘーベの増やし方や害虫について

テキスト引用
ヘーベの育て方で気になるのが害虫になります。害虫は花や茎を病気にさせたり最悪の場合には枯らしてしまうということもあるので、注意をしなければいけません。ヘーベの場合にはとくに問題になる害虫や病気はありませんが、

へーべの増やし方は種付けではなく挿し木などで増やしていきます。栽培自体が難しい植物ですので、増やし方でも、より楽な方法を選んだほうが増やすこともできます。挿し木の方法としては、長さが5cmぐらいの挿し木を使います。下の方の葉を2,3枚取ります。そして、20分ぐらい水につけてから土にさします。その場合に葉をとったところぐらいまで差し込みます。肥料は発根促進剤を加えて差し込むと育ちやすくなります。時期は3月から4月頃が良い気候です。

花が終わった後に伸びすぎた場合には剪定をします。その時にも、込み入ったところや伸び過ぎたところだけを剪定するようにします。風通しも育てる場合の重要な条件ですので、その点も考えて剪定をします。へーべの場合にはとくに病害虫はないようですが、日本での基本的な病害虫の知識があると、万一の時にも対処できますので、知っておいた方が良い知識です。とくにあまり育てられていない植物の場合には、病害虫でも何が起こるかわからないので、ひと通りの知識を得ておきます。

害虫では、ハダニ、アブラムシ、カイガラムシ、ナメクジなどがあり、ほぼすべての観葉植物に発生するということですので、駆除の知識を知っておくことは重要です。病気では褐斑病、炭そ病、斑点病、軟腐病、カビなどがあります。それぞれに対処できる薬品がありますので、その知識も基本的なところは知っておくと素早く対処ができます。用心に越したことはないので、病害虫も十分注意します。

ヘーベの歴史

テキスト引用
へーベトいう花を見かけたり育てたりしたことがある人がいますが、この花はオーストラリアやニュージーランドや南アフリカで古くから多くの人に愛されてきました。白くて小さな花が愛らしいということで主に観賞用として重宝

花の名前も色々な名前があり、日本語の発音では珍しい感じを受ける名前もあります。べーべもそのひとつですが。観葉植物としてもとても美しい花で、ガーデニングでも、栽培したい花のひとつです。原産地はニュージーランドで、オオバコ科のヘーベ属の花ですが、種類もたくさんあり140種類以上あります。観葉植物として販売されている品種でも、へーべ・フランシスカナ、ヘーベ・スペキオサ、ヘーベグリーンフラッシュなどがあります。

へーベ類ではゴマノハグサ科と表示されている場合がありますが、それは古い分類で、今はオオバコ科ということで分類されています。原産地は南アメリカやオセアニアですがニュージーランドの品種が多いようです。生息地もニュージランドが多いということですから、育て方もニュージーランドなどの気候に近い環境が育ちやすい環境ということになります。歴史的には欧米で人気があり、日本ではそれほどでもありませんでしたが、理由としては、この植物は高温多湿を嫌うということで、日本の湿気の多い気候では、育ちにくいということがあるようです。

ヘーベ・グリーンフラッシュという品種がありますが、この種類は昭和期にシクラメンなどの補完品種として輸入されたという歴史もあります。今でもアッサムニオイザクラやシクラメンの補完品種として栽培されている地域もあります。べーべは小さな白い花がたくさん咲き、高さが60センチから1メートルぐらいになりますので、庭のガーデニングでもその美しさから楽しむことができます。

ヘーベの特徴

テキスト引用
ヘーベの特徴は次のようになっています。オオバコ科のヘーベ属に分類されており、原産地はニュージーランドになります。分類は常緑低木で寒さには少し弱く暑さにも少し弱くなっています。草の長さは60センチメートルから100

べーべは、小さな花がたくさん咲いている姿が魅力的な花ですが、花の色は白い色が有名ですが、桃、紅紫などの美しい花が房状に咲く種類もあります。開花は3月から6月頃で、植付けや植え替えは6月から7月頃、肥料は春の開花期と秋の9月、10月頃になります。栽培での育て方では、夏の暑さと蒸れに弱いので、風通しの良いところで育てる必要があります。鉢植えなどで育てやすいかもしれません。

冬の寒さにも弱いので、冬は室内で育てるようにした方が安心です。暑さにも寒さにも弱い品種なので初心者にはハードルが高いですが、ヘーベ・グリーンフラッシュという品種は、比較的強い品種なので、初心者の場合には、ヘーベ・グリーンフラッシュから始めると良いようです。季節ごとの管理が大変な品種ですが、その分美しい花を楽しめますので、挑戦してみるのも面白いかもしれません。

基本的な育て方ということでは、春と秋は、日当たり良いところで育てます。この季節は比較的楽に育てることができますが、夏は高温多湿を嫌いますので、温度が調節できる室内で育てるようにします。風通しもよくないといけないので、なかなか難しい植物です。梅雨の長雨などでは外に置いておくと根腐れを起こしてしまいます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ですので雨が当たらないところで栽培する必要があります。生息地がニュージーランドなどの気候の地域なので、その点も調べておくと育てやすいかもしれません。冬も霜に当たると枯れます。温度も5度以上の日当たりの良いところに置く必要があります。

ヘーベの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ヘーベ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,489view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,522view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

7,920view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

7,649view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,985view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

5,785view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,246view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

13,138view