• ブルンネラの育て方・栽培

ブルンネラの育て方・栽培

ブルンネラの育て…

出典:育て方ラボ

ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やかな季節である春や秋には、日当たりを良くして上げましょう。このように、季節によって環境を変えるためには、プランターなどでの栽培が好ましいと言えます。

ブルンネラの育てる環境について

テキスト引用
ブルンネラは寒冷地が原産の植物ですので、冷涼な場所を好みます。春や秋には日が当たり、夏には日陰になる場所で栽培するのが良いでしょう。植木鉢やプランターで栽培するときは、時期に合わせて移動してあげましょう。庭植

季節の変化によって、動かせることが可能なのでブルンネラに負担を掛けなくて済みます。庭植えをすることも可能ですが、酷暑の季節になっても、それほど気温が上がらない場所を選ぶようにしましょう。また落葉樹の下は最も適しています。どうしても日射しをよけることが出来ないならば、すだれやシェードで日陰を付くって上げることも大切です。

乾燥すると葉がちりちりになったり、枯れてしまうこともあります。植え付ける場合に必要な土の環境は、水はけの良さが必須です。軽石を4、鹿沼土を4、腐葉土を2として配合し作りましょう。配合して作らない場合には、園芸店などで「山野草用」の土を選んでください。また腐葉土はどのような植え付けにも必要になります。

植え替えをするには、春かもしくは秋に行うようにしましょう。しっかりと根を張る植物ですので、植木鉢などを使う場合には、一年ごとの植え替えが必要になります。また庭植をしている場合には、特に植え替えは必要ありませんが蕪が大きくなりすぎた場合には、剪定をして株分けを行ってください。

ブルンネラの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ブルンネラは花が終わった頃に種子をつけます。生育が旺盛ですので、採取したタネを秋ごろに蒔いておくと翌年の春にはもう芽が出てきます。しかし残念ながら、斑入りの品種のタネを蒔いても斑色の株は出てきません。せっかくの

ブルンネラの種付けは、花が咲き枯れたことに種が出来ます。とてもたくましく成長するため、種を取って秋に種まきをしておくだけで、次の年の春には発芽してくれます。ただし、斑入りの株から種を取って植えたとしても、次の年に同じ斑がでるということはありません。同じ斑入りの葉を望のであれば、確実に出来る株分けを選びましょう。どうしてかというと、やはり緑の葉と斑入りの葉では生命力が違うからです。生命力の強い緑の葉が勝ってしまって、期待する斑でないことがあります。

水やりについては、気をつける必要があります。土の表面が乾いたら、たっぷりと与えるのが基本です。ただし土の中の水の量が常に多い状態では、根腐れを引き起こしてしまいます。必ず土の表面が乾いていることを確認してから与えましょう。ただし成長期である4月、5月には水をたくさん吸いますので水切れには注意しましょう。肥料については、3月、4月に化成肥料を与えましょう。

そして、温度が高くなる真夏には、土の中の肥料が残っていないようにします。肥料が土の中に残ると、根を傷めてしまいますので使用する肥料は残りにくい液体肥料を選びましょう。種を取らない場合には、花の終わりを待って茎を切り取っておきます。またそのあとの肥料は株に負担を掛けない10月、11月に与えますが、この時はその後暑くなるわけではないので置き肥でも構いません。ご自身の使いやすい肥料を使うようにしましょう。

ブルンネラの増やし方や害虫について

テキスト引用
ブルンネラは種まき、根伏せ、株分けによって増やします。しかし、斑入りの品種だと種まきや根伏せで増やすと緑色の普通の葉になってしまいます。根伏せで増やす場合は、晩秋が適期です。根を3センチほどの長さに切り揃え、挿

ブルンネラの増やし方は、種まきや株分け、根ふせなどの方法を使って行います。ただし、斑入りのものを増やしたい場合は、種まきや根ふせなどは不向きと言えるでしょう。これらの方法で行うと、生命力の強い緑のDNAが勝ってしまい、斑がでないという結果になります。可能な限り株分けを行えば、斑がでないリスクを減らすことが出来ます。株分けは、春や秋が適しており植え替え時に行うのがベストです。株分けは半分もしくは三分の一に切り分けて植え付けます。

植え替えの土は、親株と同じものを使っても大丈夫ですが、植え替えてすぐはしおれやすい状態ですので、は水を忘れないようにしましょう。また根ふせを行う場合は、根を3〜4センチ程度に切っておき、挿し木に使う土に寝させて置きます。秋の終わりが適しており、乾燥を防ぐためには水苔を用います。日陰で栽培したらたいていの場合、一ヶ月程度では嗣がします。

ブルンネラの害虫は、主にナメクジです。ナメクジは葉を食べ尽くしてしまうので、定期的にいないかどうかを確認する必要があります。ナメクジは卵を産みますので、卵も要注意です。ナメクジを駆除する薬剤を使うか、ビールを使った罠を仕掛けておぼれさせる駆除方法もオススメです。どちらにしても、ナメクジの居心地が悪くなるように、剪定しいらない落ち葉をそのままにしないようにしましょう。雑草なども格好の隠れ家になりますので、こまめに取り去っておくことが秘訣です。

ブルンネラの歴史

テキスト引用
ブルンネラはユーラシア西部を原産とするムラサキ科の多年草です。ブルンネラという名前は、スイスの植物博士であるブルナーからつけられました。まだまだ流通量も少ないので、それほどメジャーな植物ではありません。しかし

ブルンネラはブルネラとも呼ばれ、学名は「Brunneramacrophylla」、ムラサキ科のブルンネラ属です。ブルンネラの原産は、ユーラシア西部で生息地は、東ヨーロッパや西シベリア、西アジアと言われています。多年草に分類されており、名前にある「ブルンネラ」はスイスの植物博士のブルナーが由来とされています。青く小さな小花をたくさん付けるその様は、日本国内でも有名なわすれな草によく似ています。葉の形は、ハーとの形をしており女子力を高めると近年とても注目されている植物でもあります。

ブルンネラはそれほど知名度が高くなく手に入りにくかったのですが、注目度が伸びると共に園芸店で苗として販売されていたり、インターネットサイトで購入することも可能になってきました。ガーデニングが初めてという方でも、比較的簡単に育てることが出来るのでオススメです。害虫も付きにくく、病気にもなりにくい植物で栽培地をそれほど選ばないため育て方が楽です。

適度に寒さに耐える性質があるため、季節によってはかなり寒くなる地方を除き、戸外での庭植えで育てることが出来ます。また、暖かさにも適応するため、暖かい地域でも栽培が可能となっています。戸外での栽培の場合には、明るい日陰を選ぶと良いでしょう。日当たりが良くない場所でも美しい花を咲かせてくれるので、重宝します。開花時期は、4月から6月で、花が咲いていない時期にも可愛らしい葉を楽しむことが出来ます。

ブルンネラの特徴

テキスト引用
ブルンネラは特に葉の部分が特徴的です。表面は細かい産毛に覆われており、そのため白い粉をまぶしたように見えます。花に比べて大きめで光沢はあまりなく、触り心地もザラザラしています。ブルンネラ属には3種類あり、主に栽

ブルンネラの最大の特徴は、葉にあります。葉は、格子状に白くラインが入っており、形はハート型です。花の大きさのわりに大ぶりで、葉っぱの表面には薄く短いうぶ毛のようなものに覆われていて白く見えるのでひとめでブルンネラの葉であると言うことがわかります。

ブルンネラの種類には、「マクロフィラ」と呼ばれる種類と「ジャック・フロスト」「ルッキング・グラス」「ミスター・モース」「ハドスペン・クリーム」などがあります。マクロフィラは、最も流通している種類で花が咲きながら大きく成長する特徴があり、ジャックフロストにはシルバーホワイトの葉が特徴です。またルッキング・グラスは光沢のあるシルバーの葉に緑の葉脈が特徴で、ミスター・モースは白い花を咲かせます。

ハドスペン・クリームは緑の葉に、淡いクリームイエローの斑が入るという特徴があり、それぞれに個性があります。ジャックフロストなどは、美しい銀色の葉を持っているため、寄せ植えなどにも多く使われています。これらの品種を含むブルンネラの種類は、20種類を超えており、それぞれに人気があります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ブルンネラは宿根草ですので、冬の間も枯れることはありませんが葉の枚数が減ってしまいます。しかし美しい緑やシルバーの葉は、そのままですので一年を通して楽しめる植物だと言えるでしょう。適度な管理を続ければ、やがて春になり葉の枚数も増えて行くにつれて、可愛らしい花のつぼみを付けてくれます。

ブルンネラの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ブルンネラ

    ブルンネラ

    ブルンネラの写真です。山草でもありますが最近では葉を楽しむということもあり販売もしていますね。カ…

    0

    597

    208.95

このまとめのキーワード

「ブルンネラ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

6,736view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

11,037view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

6,086view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

5,644view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

6,327view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

3,451view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

6,111view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

9,029view