• フッキソウの育て方・栽培

フッキソウの育て方・栽培

フッキソウの育て…

出典:育て方ラボ

フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝手に自生していたりします。林の木の根元など少し薄暗いところなどにフッキソウを見つけることが出来たりします。

フッキソウの育てる環境について

テキスト引用
フッキソウの生息地は北海道から九州と日本全国に広く分布しています。実際には、これらの地域にある山地の林内に自生しています。林の木の根元を探すと見つけることができます。育てる場合には、日陰ではあるが、ある程度明

日陰でも十分育てることが出来るので、木の根元などに生えてることも多いです。日陰になっていてもある程度木々の間から明るい光が差してきたりするところがおすすめで、ある程度の湿気も大事になってきます。また乾燥が続いてしまうと生息が止まってしまいます。ですから日の光がある程度当たって、また湿気があるところで育てていると、どんどん成長をしていきます。

乾燥しないことだけを考えればどんどん育っていってくれます。それに耐寒性や耐暑性に優れているので、一年中野外で育てることができるので管理が楽です。しかし日当たりのことだけは少しは考えないといけないです。夏場日当たりがよすぎてしまったりすると、どうしても日当たりで日焼けを起こしてしまうことがあります。

ある程度は適応してくれますが、日焼けしてしまうと葉の色も変ってしまうので、少し日差しが和らぐところが最適です。そしてあまり日当たりが悪いと今度はあまり元気に育たなかったりするので、できるだけ元気に育てるためにも、少しの日差しに当てて乾燥をしないように気をつけていれば大きく成長をしてってくれます。

フッキソウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
常緑性の植物なので、植え付けはいつでも可能となっています。ホームセンターや花屋などでポット苗を購入して植えましょう。花は4月から5月に咲くので、見たい方はその前に植え付けを行うことをおすすめします。グランドカバー

フッキソウを植えるときは、常緑性になるので、特にいつに植えないといけないというのはないですが、ポット苗を買ってきて、花の時期を見たいとなったときには、花の咲く時期の前に植えつけることがおすすめです。花の時期は4月から5月になります。花の時期等をとくに気にしない場合はいつでも植えても大丈夫です。しかしあまり暑いときや寒すぎるときなどは苗が弱ったりするので、ある程度過ごしやすい時期に植えるようにするといいです。

またグランドカバーとして植える場合は、直接庭に植えることになります。しかしまだ根付いてないときには、まだ弱いので、植え付けのときには手をかけてあげることが大事です。強い日差しや風などで弱ってしまわないようにしないといけないですし、また乾燥をすることも注意が必要です。乾燥をしそうになってきたら、水をたっぷりと与えてあげます。そしてしっかりと根付くことが出来たら、手をかけなくてもいいです。水やりはとくに庭植えの場合はグランドカバーとして用いるので特に必要ないです。

しかし、雨が降らないで乾燥をしてしまってる場合は、水やりをします。また鉢植えで育てる場合は、少し肥料を与えたりの手間がかかりますが、特に難しいものではなく、土が乾いてきたら、たっぷりと水が滴り落ちるまで与えてあげることが大事です。夏場などあまり乾燥をしすぎないよう気をつけてあげることが大事になってきます。乾燥すると弱ってしまうので注意が必要です。

フッキソウの増やし方や害虫について

テキスト引用
フッキソウは株分けやさし木でふやすことが可能です。株分けの場合には、春や秋に行います。茎がほふくをするように横に伸びていきますが、土に接したとこで新しい根が出てきます。この新しい根を切り分けて植えつけます。鉢

フッキソウの増やし方については、フッキソウはさし木や株分けで増やすことが可能です。特にやりやすいのが株分けで、春と秋に行なうといいです。株を分けて新しい根を切り取って植えつけてあげます。庭の場合は、増やしたいと感じたときに株分けを行なえばいいです。また植木鉢の場合は、植木鉢の中がぎっちりになってきた場合に、植え替えを行なうタイミングで株分けをします。株分けを行なうときに形がきれいになるように、形を整ええてあげます。

新しい根があることを確認した上で切り分けないといけないです。庭に直接植えてる場合は、特に株分けをしなくてもどんどん大きく成長して育っていってくれます。ですから特に株分けをしなくてもいいです。そしてさし木は一年中いつでも可能です。またフッキソウは害虫や病気には強いです。気にする害虫や病気がないので何もしなくてもいいですが、もしも害虫などが発生してししまった場合には、殺虫剤などを使って駆除するといいです。

特に害虫や病気を気にしないで育てることができるので、とてもリーズナブルな植物です。乾燥をしたり強い日差しにあってしまったりすることを特に注意をしておけば丈夫に根付いてくれるので、いつでもきれいな緑色を楽しむことができます。夏の日焼けと乾燥には気をつけて育てることが大事です。少しじめっとしていて、少しの日差しがあれば育っていってくれます。ですから木の根元などがフッキソウには適していたりします。

フッキソウの歴史

テキスト引用
フッキソウは日本原産のツゲ科の植物です。北海道から九州まで日本のどこでも見つけることができます。フッキソウは半低木で、その丈はあまり高くないので、おもに、グランドカバーとして栽培されています。濃い緑色の葉が幾

フッキソウは主にグランドカバーなどになることが多いです。少し日陰のところでも育てることができるので、庭の陰になっているところでも、育てることができます。フッキソウは育て方も簡単で、少し日の光が当たりにくいところでも栽培することができます。そして原産が日本のツゲ科の植物です。生息地は北海道から九州まで日本のどこでも見つけることができる植物です。そして種付けよりもさし木や株分けなどを行なって増やしていくことができます。

生息地は北海道から九州までいろんなところにありますが、中国の北部にも生息しています。形態は半低木になります。草丈は20cm前後で開花期については、4月から5月ごろです。そして鑑賞することが出来る時期は一年中です。葉を楽しむことができて、葉もいつも常緑性で、初心者の方でも育てやすいです。また寒さにも強くまた暑さにも強いので、グラウンドカバーに適しています。

緑葉種と斑入り葉という2種があるので、自分の庭あった好きな色を植えるといいです。フッキソウは古くからある植物です。そしてフッキソウは昔は江戸時代からあったとわかっています。かなり古い時代からフッキソウは日本にあって、昔の庭園などを彩っていたりしています。また半日陰でも使いやすい植物になるので、今でも日陰で植えるものがないという場合には、フッキソウがおすすめです。育て方も特に気にすることなく簡単に庭植えの場合は、勝手に育ってくれます。

フッキソウの特徴

テキスト引用
フッキソウは観賞用の花としてではなく、グランドカバープランツとして利用されることが多い植物です。日陰でも育つことから、建物の周囲や樹木の陰になるような場所に植えられています。常緑性なので、1年中濃い緑の葉を楽

フッキソウの特徴は、観賞用として育てるのではなく、グランドカバーなどに使われることが多いです。庭などのグランドカバーにも丈夫で育ってくれるので、育てやすい植物です。そして日陰でも十分育ってくれるので、建物の陰になってしまうものや、木陰などで日陰になってしまうようなところに育てることができるので、日陰でも十分育つ植物は少ないので重宝します。

常緑性なので、1年中濃い緑の葉を楽しむことができます。一年中変らないので、特にお手入れをしないといけないということがないので、常に緑のきれいな状態を保つことができます。またフッキソウは耐寒性もありますし、また耐暑性も優れています。ですから温度管理なども特にすることもないですし、また季節によって枯れてしまうということがないので、安心して育てることができます。

手入をほとんどしなくても緑を維持してくれ、枯れることがないです。ですから海外では早い段階からグランドカバーとして使われていて、今では日本でもグランドカバーとして使われることが多いです。またほとんどがグランドカバーで観賞用ではないですが、春になると花が咲いたりします。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

白い花が咲くことがあるので、春に花も楽しむことが可能です。また花のあとに秋になると白い実がなることがあります。これはあまりないことなので白い実がなると貴重です。一年中お手入れをすることなく育てることができるのでとても楽で何もしなくてもいいので育てやすいです。

フッキソウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「フッキソウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,289view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

25,952view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

4,026view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

8,200view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,277view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

25,129view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

15,436view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,579view