• フウセントウワタの育て方・栽培

フウセントウワタの育て方・栽培

フウセントウワタ…

出典:育て方ラボ

フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされています。さらに肥沃な土地があると良いとされています。じめじめしているような湿気が多いところだと根腐れを起こすことがあります。

フウセントウワタの育てる環境について

テキスト引用
フウセントウワタの種まきは4月の中旬から5月にかけて行い、肥料は5月から9月下旬にかけて施します。植え付けや植え替えは、5月から7月の上旬にかけて行い、開花時期は6月の中旬頃から9月にかけてとなり、果実が出来るのは8

せっかく芽が出たとしてもそれ以上成長しなかったりするのでもったいないことになりかねません。十分注意をしながら育てるようにした方がいいでしょう。ただし家庭で用意する場所は、必ずしもすべて適しているところが選べるとは限りません。

もし現在の状況がじめっとしているなら、土を施すことによって最適の環境を作ることができます。植木鉢などならもちろん容易に作れますし、庭に植えるときにも表面を掘り起こして土を入れ替えるなどができる場合があります。うまく調整すると良いかもしれません。育てるうえでの難易度は比較的優しいとされています。耐寒性が弱いので冬を越させることを考えると難しいこともあります。

冬を越したいなら室内を利用したり温室などを活用する必要があります。温室は大きな設備が必要に感じますがそうでもありません。植木鉢一つ分の温室でも簡単に作ることができます。ちょっとした棚だけ温室で覆うようなことも可能です。木のように育てると次の年にも楽しみを続けることができるのでうまく利用すると良いでしょう。一般的には一年ごとに楽しむことになります。

フウセントウワタの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
フウセントウワタは、日当たりが良く、水はけの良い土壌の環境が必要ですが、土が乾いた時にはたっぷりと水やりをしてあげます。また、肥料は元肥として緩効性化成肥料を使って土壌に混ぜて植え付けを行い、追肥については、

フウセントウワタの育て方で種付け時の用土としては水はけを良くします。さらには通気性も考慮して作るようにします。簡単にしようとするなら市販されている草花用の培養土を使います。その他自分で配合するときは赤玉土を6割、腐葉土を3割、パーライトを1割などで準備をします。パーライトの割合を変化させることで土の状態も変化させることができます。植え付ける時期は5月から7月上旬ぐらいが良いようです。ポット苗として販売されているのでそれを購入して植え付けます。

複数の株を並べて植える場合は間隔をある程度開けなければいけません。30センチから50センチくらい開けると良いでしょう。株張りが良いので間隔が狭いと株がくっついてしまうことがあります。根が絡まったりするのは良くありません。植木鉢、庭に植える場合、ともに水やりはたっぷり目に与えるようにします。土が乾いてきたときに与えるようにすると良いでしょう。

庭に植えるときには、あまり水を必要しないと考えるかもしれませんがそうではありません。かなり必要になることもあるので、様子を見ながら与えるようにします。肥料は元肥は緩効性の化成肥料を土壌に混ぜるようにします。追肥は植木鉢で育てる場合のみ行います。5月から9月の間に窒素分の少ない液体肥料、緩効性肥料を与えます。肥料を与えるときの注意としては多肥は良くないことです。花付きが悪くなったり、草の部分がどんどん成長してしまうことがあります。

フウセントウワタの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方の方法には種まきと挿し木が有ります。種まきの場合は、最初に種とりを行う必要が有りますが、花が咲き終わり、果実が出来た後、自然に果実は割れて中から綿綿と種が飛び出します。しかし、種獲りは果実が熟して割れる

フウセントウワタは増えると楽しい植物です。増やし方として種まきを行います。日本では冬を越すことができないことが多いので種を毎年取って増やすようにします。発芽をする適温が25度以上になるので4月だと少し厳しいかもしれません。5月ぐらいにならないとうまく発芽してくれないこともあります。種をまいたら少し土をかけておくといい温度の状態なら数週間で発芽させることができます。その後にはきちんと植え付けるようにします。

暖かい状態を作って何とか冬越をすることができるなら、挿し木をして増やすこともできます。春に伸びた枝を切ってそれを土に挿しておくと根がついてきます。これを育てていくと株を増やすことができます。害虫対策としてアブラムシに注意しないといけません。つぼみ、葉などに群生して汁を吸います。そのために生育を阻害することがあります。花も楽しめなくなり実も楽しめない可能性が出てきます。混んでくると風通しが悪くなって余計に増やしてしまうことがあります。

最初は一匹ずつ対処することもありますがそれでは追いつかないこともあるので駆除剤を活用します。そうすれば一気に減らすことができるかもしれません。その他の虫は得にはつくことはないとされています。この植物は1年草での管理になるので種とり作業を行います。果実が成熟してくると割れて散ってしまいます。すると種が取れなくなります。割れる前に採取するようにしてそれを保存しておきます。

フウセントウワタの歴史

テキスト引用
フウセントウワタ(風船唐綿)は南アフリカが原産の植物で、丸い形をした実には複数の棘があり、晩秋の頃になると実が割れて中から綿毛と種が出て来ると言う不思議な実を持ち、棘は柔らかいので触っても痛くはありません。因

植物には美しいもの、かわいらしいもの、見ていてくすっと笑えるものなどがあります。多くは花が美しい、葉っぱが美しい場合が多いとされます。その他こじんまりとした植物は可愛く感じることがあるかもしれません。フウセントウワタと呼ばれる植物がありこちらは必ずしも美しい、かわいらしいとはいえないかもしれません。見ると少し笑えて来るような植物です。人工的に作るものならそれなりにいろいろと作ることができるでしょうが、自然に生えるもので少しくすっと笑えるものができるのは珍しいことかも知れません。

この植物は原産、生息地がアフリカの南部とされています。カタカナで表記をされていますが漢字で表現されることもあり風船唐綿と当てられます。名前に風船とある通りにこの植物は風船のような実をつけるのが非常に特徴的となっています。そのことから多くの人に楽しまれているようです。別名としてフウセンダマノキと言われることがあります。こちらも漢字では風船玉の木になります。

どちらも風船のような実を名前に充てたいようです。学名柄はゴンフォカルプスとされています。ギリシア語のゴンフォスとカルボスから来ているとされています。ゴンフォスはこん棒のことを意味します。カルボスは果実になります。ヨーロッパの人たちはとげのある実の様子からこん棒のように見えたのかもしれません。確かにとげを見ると少し痛そうに感じます。実際はやわらかく、とげも痛くありません。

フウセントウワタの特徴

テキスト引用
フウセントウワタ(風船唐綿)は多年草の植物であり、葉の部分は緑色をしており、細長く対生で生育します。草丈は1m~2m、葉身は10cmほどの大きさであり、夏場の8月から9月頃になると開花をしますが、この花はフクシアにいている

フウセントウワタの特徴は草花として分類されます。現地では低木として扱われますが日本では一年草として管理されることが多くなっています。低木としてなら高さは2メートル近くまで成長することがあります。一年草ならせいぜい60センチぐらいまでしか成長しないかもしれません。アフリカ南部に生息していることからあまり耐寒性はないとされます。

耐暑性はそれなりに備えている植物になります。学術的な分類では被子植物、双子葉植物、キク亜綱、リンドウ目、ガガイモ科、フウセントウワタ属となります。別の分類ではキョウチクトウ科に属する場合があります。こちらは花を楽しむ場合、実を楽しむ場合があります。花が咲くのが6月から9月ぐらいです。

実を鑑賞できるのは8月から10月ぐらいとされています。初夏当たりになると枝先に近い葉の付け根から花茎をのばして花を咲かせます。この植物は実が人気ですが花も非常に美しいです。花の色は乳白色です。花の付き方も特徴がありぶら下がるように下向きに咲きます。花が終わるとその次の楽しみがあります。それは実です。食べる楽しみではなく実を鑑賞する楽しみがあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

名前にあるように風船のような実をつけます。表面が薄緑色で膨らんでいて、その周りにはとげがついています。とげと言っても鋭利ではないので触っても痛みが出るなどのことはありません。熟してくるとこの実の中から種を取り出すことができます。種の周りには綿のようなものがついています。

フウセントウワタの育て方・栽培に関連する無料素材

「フウセントウワタ」に一致する植物図鑑

「フウセントウワタ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,201view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,306view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

4,628view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

6,238view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,672view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,386view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

7,363view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

4,751view