• ヒポエステスの育て方・栽培

ヒポエステスの育て方・栽培

ヒポエステスの育…

出典:育て方ラボ

ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、かんたんに育てることが出来ます。ヒポエステスが気に入る環境とは、明るい場所であり少し湿気のある場所を好みます。

ヒポエステスの育てる環境について

テキスト引用
ヒポエステスは丈夫で比較的育て方が楽な植物として人気です。明るく、少し日陰で湿っている場所を好みます。非常に丈夫なので、乾燥さえさせなければ日向でもじゅうぶんに育ちます。しかし、注意することは乾燥で、乾燥させてしまうと

ヒポエステスに限らず、植物は水分が命であり乾燥を嫌います。他の植物などの例に漏れず、この植物も乾燥にさえ十分気をつけていれば、心配はいりません。万が一にも乾燥させてしまうと、落葉や葉の変色などがみられ最悪の場合株が成長しなくなりますので注意しましょう。特に夏の暑い時期の西日がガンガンに当たる場所には、置かないように気をつけましょう。

春や初夏などは明るい日陰において、真夏になればさらに風通しが良く明るい日陰を選ぶようにしましょう。また寒さを感じる季節(11月から3月)になれば、室内に入れて管理しましょう。そして気をつけたいのが気温です。気温の目安は、5℃を下回らないことです。尚、日陰というと暗い場所を選びがちですが、日射しの影響を受けない場所で育てると葉の色が悪くなりせっかくの美しいヒポエステスの葉が台無しになりかねません。剪定については、夏の終わりを目安に行いましょう。

大きくなりすぎた部分を綺麗にカットしますが、その際に一度にばっさりと切り落とさないように気をつけます。万が一切りすぎたという場合にも、生命力の強いヒポエステスはもう一度葉を付けることがありますので、しばらくは様子を見てみるようにしましょう。

ヒポエステスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ヒポエステスは、乾燥に弱いですので夏場はしっかりと水やりをするようにしましょう。夏の間は乾く前に与えるようにしましょう。春と秋は、生育期ですので土の表面が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。秋の終わりから冬

ヒポエステスの水やりについては、第一に考えるようにしましょう。上記でも述べたように、この植物は乾燥を何よりも嫌います。そのため、一度乾燥させてしまうと葉が枯れてしまうこともあり、そのまま葉が付かないという事態にもなりかねません。土を確認して完全に乾ききる一瞬前に、水を与えるようにしましょう。特に真夏は、乾燥がひどく小さな株だと、育てる環境により1日をまたずにカラカラに乾いてしまう場合があります。水のやり方は、たっぷりと与えるが基本です。鉢底の下から流れ出る程度には与えてください。

万が一、乾燥が気になる場合には植え付けの際に少し大きめの鉢植えに植えるようにしましょう。そうすることで土の中の、水分が豊富にあり安易に乾燥することを防ぐ効果があります。但し、水が鉢植えの中に溜まらない配慮は必要です。水が溜まった状態が長く続くと、根っこが腐ってしまい、根腐れの原因になります。また冬を迎えると、水を吸わなくなるので、水やりの間隔を3日に一度程度に減らしましょう。

こちらも夏と同じように水やりをすることで、根腐れの原因になります。また生育がゆっくりになる冬場は、あまり手を掛けずにゆっくりと休ませることでストレスがかかりません。ヒポエステスに適している肥料は、液体肥料がかんたんでオススメです。与える間隔は、2週間に一度くらいがベストです。育成期を迎えると、化成肥料を使うと葉の色が良くなり、株も大きくなります。

ヒポエステスの増やし方や害虫について

テキスト引用
ヒポエステスは比較的、虫のつきにくい植物ですが、それでも春~秋にかけて炭そ病が発生することがあります。主に葉っぱに3~10ミリ程度の褐色で円形の病斑ができます。できてしまったら、殺菌剤を散布してください。株や葉

増やし方には種付け・種まき、挿し木や株分けなどあらゆる方法がありますが、ヒポエステスの増やし方は、挿し木が一般的です。挿し木に使用する土は、赤玉土がオススメです。挿し木に適している時期は、5月から8月ごろで、伸びすぎたなといった枝を5センチ程度に切り落とし、一番上の葉を残して全て葉を落します。その枝の半分程度が埋まるように土に挿します。そのまま明るめの日陰において、乾燥しないように気をつけながら水やりを行います。

管理を続けること2週間から3週間程度で根が出るので、それを待って1ヶ月ほどしたら鉢上げを行います。鉢上げせずに、株のまま冬を越して春にプランターなどに植え替えるのもよいでしょう。挿し木だけでなく、種から育てる方法もあります。この場合種まきは、春になってから行いましょう。適しているのは4月、5月です。箱蒔きを行う場合には、成長過程で葉が2枚程度出て来たらポットに植え替えるサインです。管理を行う上で必要のない脇目を早く剪定することで、バランスの良い株になります。育てているヒポエステスが根詰まりしないように気をつけることも必要です。根が廻ってきたなと思ったら春先の4月、5月に植え替えましょう。

使う土は、観葉植物用の土でかまいません。ヒポエステスは、病気や害虫の被害が少ない植物ですがまったくないと言うわけではありません。気をつけなければならないのが、「炭そ病」です。炭そ病は葉に3ミリから10ミリ程度の病斑がでる病気で、その色や形は丸く茶色です。見つけた場合は、まわりを刈り込み風が通るようにして殺菌剤をつかいましょう。また、ナメクジやカイガラムシ、ハダニなどにも気をつけましょう。

ヒポエステスの歴史

テキスト引用
ヒポエステスは南アフリカのマダガスカル島が原産と言われており、他の生息地としてはユーラシア、アフリカ、オーストラリアの熱帯に約40種が自生しています。寒さには弱く、暑さには強く、その見た目から別名ソバカスソウ

ヒポエステスは、比較的寒さに弱く、暑さに強いことからユーラシア大陸やアフリカ大陸、オーストラリアなどの熱帯地域を生息地として自生している植物です。原産地は、マダガスカルだと言われており、その種類は40種類にものぼります。ヒポエステスは、常緑低木が分類となっていて学名は、キツネノマゴ科・ヒポエステス属、「Hypoestesphyllostachya(ヒポエステス・フィロスタキア)」です。他にも、英名で「PolkaDotPlant(ポルカドットプランツ)」という名前でも呼ばれています。

日本国内なら「水玉草」や「そばかすそう」と呼ばれ広く愛されている植物です。常緑低木であるヒポエステスは、成長を続けると高さが1メートル以上にも達することがあり大きく育つ低木だと言えるでしょう。ヒポエステスは、近年エキゾチックグリーンとしてとても注目されており、あらゆる専門家が研究を進めています。品種改良も盛んで、今では40種類を超える品種が存在しています。

園芸店でもたくさんの品種が並び、寄せ植えやガーデニングにも多用されています。園芸店などの販売サイズは3号ポット程度の大きさで売られていることが多く、他にはない模様や色合いからとても人気の高い植物だと言えるでしょう。育て方もかんたんで初心者でもうまく育てることが出来るのも魅力の一つです。ヒポエステスが日本で見られるようになった時期は、いまだに不明とされていますが一節によれば、昭和30年頃に海を渡ってやってきたと言われています。

ヒポエステスの特徴

テキスト引用
ヒポエステスの特徴はなんといっても、その葉っぱにある斑模様です。ピンク、赤、白の斑が緑色の葉っぱに入り、葉の形は広卵形で互生し、株は小さいです。若葉のときは黄緑色ですが、だんだんと暗緑色へと変化していきます。

ヒポエステスは、グリーンの葉に色とりどりの模様が入っているのが最大の特徴だと言えるでしょう。モスグリーンにピンクやホワイト、レッドなどの斑が様々な形をなして浮き上がる様は、寄せ植えの中でも一際目立つ存在となります。葉の形は、たまごのような可愛らしい形で株の大きさは比較的小さめとなっていますのでガーデニングやハンギング、寄せ植えなどに多用することが出来ます。

またもう一つの特徴としては、葉の色が変化していくことです。葉が生まれた時には、柔らかくきみどり色をしていますが、その後はっきりとしたモスグリーンへと変化します。成長するに従ってどんどんと株の高さが増していき、最大で60センチ以上になることもあります。

常緑低木で多年草と分類されますが、決して寒さに強い植物ではないので、日本国内で育てる場合には、霜や冷たい風に当たらないように注意が必要です。鉢植えなどで育て、冬は軒下や室内に移動させて日当たりの良い場所に置きましょう。花も咲きますが、あまりに小さく花を観賞するためには利用されません。開花時期は10月から3月となっていて、花が終ると種が散布されます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

夏の暑さにも耐えることから育てやすく、害虫に悩まされにくい植物です。切り戻しなどもかんたんで、初心者向きの植物だと言えるでしょう。ヒポエステスの種類は、斑の入り方で、「ホワイトスポット」「ローズスポット」「ピンクスプラッシュ」と呼び名が変わります。

ヒポエステスの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ヒポエステス

    ヒポエステス

    ヒポエステスの写真です。ちょっと際どい感じのする葉の色です。緑一色の種類もあるようですがこちらの…

    0

    562

    196.7

「ヒポエステス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

22,802view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

29,254view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

19,601view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

7,493view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,707view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

6,366view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,896view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

4,098view