• ヒアシンソイデスの育て方・栽培

ヒアシンソイデスの育て方・栽培

ヒアシンソイデス…

出典:育て方ラボ

ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くありますが、ヒアシンソイデスの場合には、日当たりについての自要件はあまり育つのに関係がないようです。

ヒアシンソイデスの育てる環境について

テキスト引用
ヒアシンソイデスの育て方で、意識をしておきたいのが、水はけの良い土壌です。綺麗な花が咲く植物の場合、日当たり等も重要になってくる事が少なくありませんが、この植物の場合、日当たりはそれ程、影響しない事が特徴です

日当たりの良い場所でも、半日陰の場所でもどちらでもたいじょうぶです。ただし、酸性土壌を嫌う植物なので、植え付け前には苦土石炭などをまいて、土とよく混ぜ合わせてから植え付けをすることをお勧めします。植え付けの深さは3センチから5センチ程度で大丈夫です。

多くの球根を植える場合には、10センチ程度の間隔で、植え付けをすると花が咲いた時にはとてもきれいに見ることが出来ます。元々の生息地はヨーロッパの南西部で、特に環境が優れている場所ではありません。ただ水はけなどは十分に良いところのようです。ヒアシンソデイスは冬にも強い植物で、水はけだけのことを注意していれば特に環境については影響が無い植物です。暑さにもあまり影響がありません。

水はけさえ良ければ植えっぱなしでも、何年でも育ち、自然と種付けなどもでき立派に毎年春先にはかわいらしい綺麗な花を咲かせてくれます。水はけの良い場所であれば、暑さや寒さに関係のない植物ですので、どのような場所でも花を咲かせることが出来ます。また、春先に花の咲く植物などと一緒に植えておくとより一層きれいなお花畑を見ることが出来ます。

ヒアシンソイデスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ヒアシンソイデスは、球根から栽培をしていきます。水はけの良い土地に、球根を植えていく事になるのですが、その際の深さや隣の球根との間隔の目安は、球根3個分程度を考えておく事がお勧めです。鉢植えの場合でも、一定の間

ヒアシンソデイスは球根から栽培をしていきます。水はけの良い場所に球根を植えていくようにして下さい。その際の球根を植える深さは、3センチから5センチ程度で大丈夫です。植えた後の水やりは植えた場所によって変わっていきます。庭などに地植えをした場合には、あまり頻繁に水やりをする必要はありません。ヒアシンソデイスは秋ころから芽が出始めます。花の咲く春までには、土が乾いてくることがあります。土が乾いていることに気が付いた場合には水やりを行ってください。

あまり多く水をあげすぎて、水はけなどが悪い場合には病気になる可能性がありますので、水をあげた後は水はけなど注意をしてみるようにして下さい。また、鉢植えをした場合などは、鉢の中の土の状態を意識することが大切です。しょっちゅう注意することは必要ありませんが、目が出る秋から花が咲く春頃に関しては少し意識をして観察するようにして下さい。特に水のあげすぎには注意することです。

水はけが悪く球根を腐らせることがありますので、水揚げには十分注意してください。水はけが悪い場合には、白絹病が発生して、球根を腐らせてしまうことがありますので、十分に注意してください。特別に肥料などあげる必要はなく、自然体で育っていきます。ヒアシンソイデスは寒さなどにもとても強い植物ですので、あまり気にしないで、自然体で育てられるので人気が出てきています。とにかく水はけだけを注意したおれば、毎年春にはきれいな花が咲きます。

ヒアシンソイデスの増やし方や害虫について

テキスト引用
ヒアシンソイデスは、一度植えると、自然にその数が増えていく事が一般的です。植えた後、土の中で球根が増え、それにより、細かい手入れをしなくても、自然と群生状態となっていきます。鉢植えの場合であっても、植えた後、

ヒアシンソデイスは一度植えると、自然にその数が増えていきます。植えた後土の中で自然と球根が増えていきます。それにより細かい手入れなどしなくても自然と増えていく植物です。また、鉢植えなどの場合には、球根を取り出して分球して増やす方法もあります。特に自然体で増えていく植物ですので、そのままの状態で育てている方が多い異様です。鉢植えやプラッターなどで育てている場合には、あまり増えすぎてくると窮屈になってきますので、大きなものに植え替えるか、分球して数か所に分けるかすると良いです。

害虫なども特に付きやすい花ではないので、自然のまま育てていけば、数年後には徐々に増えてきて立派なカーペットのように見える花を咲かすことが出来ます。注意することは水はけだけで大丈夫です。水はけが悪い場合には白絹病などの病気にかかり球根が腐ってしまい、すべての花がダメになってしまう場合が出てきますので、そのことだけは注意するようにして下さい。

それ以外は、自然体で、特に手入れなどすることもしないで、育っていきます。毎年9月頃芽が出始め、春先にはかわいらしい花を咲かせてくれます。毎年その繰り返しをしながら、ヒアシンソデイスは成長し、増えていきます。植えてから数年すると多くの花が咲き乱れとてもきれいなお花のジュータンを作り出してくれます。それまでには数年かかることになりますが、毎年楽しみに育てていくように心がけていって下さい。

ヒアシンソイデスの歴史

テキスト引用
ヒアシンソイデスはヨーロッパの南西部原産の多年草です。原産や主な生息地はヨーロッパ南西部ですが、様々な交配や品種改良が行われ、日本でも園芸用の植物として、安定した人気を誇ります。日本では、下を向いて咲くその姿

ヒアシンスソイデスはシラー属に分類されていましたが、最近ではヒアシンソイデスに分類されました。元々はヨーロッパの南西部が原産地とされている多年草花です。生息地はヨーロッパ南西部ですが、様々な品種の改良がおこなわれました。日本でも園芸用の植物として近年人気が出てきています。下を向いて咲く花が釣鐘のように見える事から、最近ではツリガネスイセンとも呼ばれています。それ以前はシラーやヒアシンスに近いため、シラーという名前で呼ばれていたことがあった植物です。

花を咲かせるのは春先で4月から5月にかけて花が咲きます。ヒアシンデスは暑さにも寒さにも強い花でとても育てやすい条件なので人気が出ています。庭などの場合には一度植え付けをしておれば、特に手入れなどしなくても、毎年きれいな花を咲かせてくれます。落ち葉性なので、花が咲いた後に一度は葉が落ちてしまいますが、土の中に球根がある場合ですと、秋になるとまた、自然と芽が出てきます。

ヒアシンソデイスは自然体で根を増やすことが出来るので、多くの自然のある場所では毎年花の利用が増えまるで花の絨毯のように見渡せる場所などもあります。特に特別な手入れなどしなくても大丈夫ですし、夏や冬にもとても強い植物なので、秋ころには自然に目を出し、春には自然に花を咲かせ多くの方を楽しませてくれる植物です。最近ではガーデニングなどにも人気があり、春には多くの家の庭から顔をだしているようです。

ヒアシンソイデスの特徴

テキスト引用
ヒアシンソイデスの特徴は、紫色や青紫、赤紫色を中心とした、可愛らしい花が咲く事です。紫系統の色の他、青やピンク色、白などの花も存在します。花は、釣鐘のような形が特徴的で、1本の茎に10輪から20輪程度の花をつけていく

ヒアシンデスの特徴は、紫色や青紫色を中心としたかわいらしい花を咲かす事です。また、紫系統の花の色以外にも、青やピンク、白などの花が咲く事もあります。花の形は釣鐘のような形に特徴があり、1本の茎から10輪から20輪ほどの花が付いています。1つの花の大きさは、2センチ程度ととても小さなものですが、この花が10輪、20輪と連なって咲くためにとても見ごたえがありきれいな花になります。

ヒアシンソイデスは葉っぱより茎の方のが長く20センチから40センチほどになります。何本もまとめて庭先などに植えると花が咲きだすと、とてもきれいで見ごたえがあります。10月頃が植え付けの季節には適しています。庭や鉢植え、プランターなどでも育てることが出来ますし、育てるのにも向いています。

栽培はとてもしやすく、水はけの良い場所、日当たりの良い場所でしたら特別に手入れなどしなくても花を咲かせることが出来ます。ヒアシンソイデスは植えっぱなしでも育っていく植物ですので、水をあげたり肥料を与えるだけで簡単に育てることが出来ます。多くの植え付けをし、花が咲いた時にはまるでカーペットのような景色になり大変人気があります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ご自分の庭やベランダなどの大きさに合わせ、何本かのヒアシンソデイデスの栽培をすると花の咲くころには楽しみを味わうことが出来ます。鉢植えなどの場合、植えっぱなしでも大丈夫ですが、数年に一度植え替えをすることをお勧めいたします。

ヒアシンソイデスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ヒアシンソイデス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,260view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,216view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

8,513view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,629view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

14,574view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

7,750view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,529view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,795view