• ハクサンボクの育て方・栽培

ハクサンボクの育て方・栽培

ハクサンボクの育…

出典:育て方ラボ

ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじめ西の地域では見られています。東京では伊豆諸島であれば見ることができます。

ハクサンボクの育てる環境について

テキスト引用
海岸近くの林、山野などを生息地としていて、中部地方から近畿、中国地方、四国、九州、伊豆諸島、沖縄諸島で確認されています。また、台湾での生息の報告もあるため、愛知県周辺、山口県などと生息地について限定されている

日本以外としては台湾で見ることができるようです。暖かい地域で育てることができると考えられます。耐暑性としては台湾で見られるなら適度にあるといえます。耐寒性として北に行くほど見られる可能性が減っています。あまりないといえそうです。雪深いところで見ることは出来そうにありません。

美しい木で実も実ることから寒冷地での栽培が試みられたようです。しかしあまりうまくいかなかったようです。霜や凍結の対策をキチンと取った状態であれば冬を無事越すことができ育てることができたようです。きれいな緑色の葉っぱをつけ、きれいな赤い実がなります。そのことからもそれなりに日当たりに当てた方がいいことがわかります。少し日当たりが良くない程度でも育てることができます。

しかし日当たりがあまりよくないと葉の色であったり実に影響することがあるので注意しないといけません。また成長すると大きくなりますからそれなりに広い場所が用意された方がいいでしょう。庭などに植えようとすると一定の場所を将来的に取ることになります。多くの植物を植えようとするときには今だけでなく将来の管理のことも考慮する必要があります。

ハクサンボクの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
肥沃な土を好みますので、有機物を含んだ腐葉土やバーク堆肥などを用いて土壌を良くします。また、そこまで神経質に土を選ばなくて良さそうです。市販されている一般的な樹木用の土を購入して使用するだけでも問題はありません

ハクサンボクの育て方として種付けをする場合の場所をチェックします。土の性質としては水はけがよいところがよさそうです。暖かい地域を好みます。あまりじめっとしたところでは水分が多くて良くないかもしれません。荒れた土よりもそれなりに栄養分が入っている肥沃な土地が良いとされます。庭の土であれば適度に栄養分があります。土の質は特に選ぶことはありません。同じ種類の木に比べると乾燥には強くなります。植え付けを行うときには根鉢の倍ぐらいの穴を掘ります。

そして腐葉土と緩効性肥料を混ぜたものを入れて植え付けをします。植え付けを行う時期は冬が適しています。11月から3月なら行うことができます。冬に植え付けを行いますが寒くなる地域では考えなければいけません。地面に根付くまでに気候に慣れることができない場合があります。寒い地域で植え付けを行うときは秋の終わりや春の初めなど真冬は避けるようにします。新芽が出てしまう前に植え付けを行うようにします。植木鉢での管理はあまり行いません。

庭に植えて育てます。そのために水やりとしては最初に与えればあとはそのままです。特に与える必要はないとされています。よほど日照りがないとき以外は与える必要はありません。小さく管理するために植木鉢を使ったときは乾いたときに与えるようにします。肥料は花が咲いた後枝が伸びる5月ぐらいに行います。冬に寒肥を行うことによって花付きなどが良くなることがあります。

ハクサンボクの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方は、赤い果実が熟し、11月頃を中心に採取します。採取した種子から、苗木の生育が可能であるものを慎重に選びます。選び終わった種子は、専用のトレイなどで発芽させます。発芽後は、徐々に大きな器に移していき、苗

ハクサンボクの増やし方として種まきをすることができます。花が咲いた後に赤い実が付きます。この実を11月ごろに採取します。採取した実から苗木の生育に適したものを選ぶようにします。種には形など必ずしも苗木に良いものがあるとは限りません。またたくさんの種を使うとそれだけ負担もかかります。最初に選んでおくことで負担を減らせる場合があります。種を発芽させたら少しずつ大きな器に移しながら管理をしていきます。木なのでもっと簡単な増やし方として挿し木を利用することがあります。

その年に伸びてきた枝を挿し木にします。挿し木は木の種類によって成功しやすい種類しにくい種類があるとされます。この種類は成功しやすいとされるので挑戦してみます。種から育てるよりは早く育てることができるでしょう。枝先から15センチほど切り先端の葉を2対ほど残しておきます。その後30分ほど水を吸わせます。十分水を吸ったら挿し木用の土に挿します。

切り口に成長剤などを塗っておくと成長を促進してくれる場合があります。挿し木の適期は6月ごろとされます。この時は木も混みあうことがあるのでちょうどいい枝を見つけられるかもしれません。害虫対策ではアブラムシ、ハマキムシ、カイガラムシなどがつくことがあるので注意が必要です。葉っぱを食い荒らしたりします。木の高いところについてしまうと取ることは出来ません。薬などを用意しておき、事前に防ぐようにした方が良いでしょう。

ハクサンボクの歴史

テキスト引用
別名にイセビ、ヤマテラシ、イヌデマリなどがあるハクサンボクは、古くから日本に生息していたとされていますが、この別名の多さからも、ハクサンボクを特定できるような文章は確認されていません。一方で、ハクサンボクが

植物や動物の中には種類が少なかったり珍しいものがあります。よく見かけるものであれば特に問題はありません。でもあまり見られない場合はそれが見つかったときには大変な話題になるでしょう。さらにそれがこれまでとは異なる新種となると大騒ぎになります。その後には見つけた人の名前が付けられたり地名がつけられることがあるかもしれません。ハクサンボクと呼ばれる植物があり漢字では白山木になります。白い山と言えば雪が積もるような山などが想像できますが実は白山と呼ばれる地域があります。

石川県と岐阜県の県境のあたりです。このあたりで生えているのが知られるようになったためにこの名前が付いたとされています。では原産地、生息地もこのあたりになるかですが実はこのあたりには生えていないことが分かっています。生えているとされたのは誤認だったようです。しかしすでに名前として浸透しているのでそのまま今までその名前が受け継がれています。

地元の人からすると自分の住んでいる地名が名前に残るのでいい気分ですが、実際には生えていない植物の名前に勝手につけられたので複雑に感じるかもしれません。白山地方では見られることがないようですが、日本では広く見られています。本州であれば神奈川県より西、九州の一部でみられるようです。あまり寒い地域では見られる種類ではなく暖かい地域で見られるようです。白山は雪深いところなので生えるのは難しいかもしれません。

ハクサンボクの特徴

テキスト引用
ハクサンボクの特徴としては、レンプクソウ科ガマズミ属と言われていますが、レンプクソウ科の上位であるマツムシソウ目の下位のスイカズラ科に分類されていたこともあり、マツカゼソウ目の中では現在でも学名はもちろんのこと

ハクサンボクの特徴はその名の通り木になります。被子植物、双子葉類、キク類、キキョウ類、マツムシソウ目、レンブクソウ科になります。さらにガマズミ属に属します。いくつかの系統がありクロンキトス体系ではスイカズラ科に属するとみられることもあります。落葉性、常緑性の木で、世界中では亜熱帯から温帯にかけて存在すると剃れています。

葉っぱ単葉で対生しています。茎の頭に円錐花序を作ります。花は直径2ミリから3ミリ程度の小さいものになります。遠くから見るとアジサイが咲いているように見えることもあります。春の4月から5月にかけて開花します。花弁と雄しべが5つあり小枝の周りに白っぽい小さい花が集まってきます。木の高さは高いものになると6メートルに達するものもあります。

一般的には数メートル程度です。葉っぱの形は幅が広い卵型になっていて周辺は鋸歯になっています。表面は光沢が美しい葉っぱになります。この植物の見ものの一つとして秋ごろに実が付き始めることがあります。赤く熟していかにも食べることができそうな実になっています。中心部分には固い核があります。見た目では食べられそうですが一応食べることができるようです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

この木の別名としてヤマテラシと呼ばれることがあります。木が群生するようなところではこの実によって周辺が真っ赤に染まります。それぐらい美しいことから名づけられたようです。こちらの名前はあまり浸透していないようです。

ハクサンボクの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ハクサンボク」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,236view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

3,575view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,971view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

13,058view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

15,223view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

8,370view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

2,907view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

3,268view