• ネフロレピスの育て方・栽培

ネフロレピスの育て方・栽培

ネフロレピスの育…

出典:育て方ラボ

ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰で育てるのが良いとされています。直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こします。

ネフロレピスの植え方

テキスト引用
基本的に真冬以外であれば植えつけは可能ですが、最も適している時期は5月から9月頃です。株を買って来たら、水はけのよい養分の豊富な土に肥料を混ぜて植えつけをしましょう。一般に売られている観葉植物用の用土で構いませんが

この植物は観葉植物として育てられることが多く、室内で管理するケースが多いとも言われます。室内の中でも特に直射日光が当たらない場所、戸外の日陰などを選ぶようにします。季節によって場所を選ぶようにすると管理しやすくなるかもしれません。春であったり秋は明るい日陰に置きます。夏は明るい日陰ですが、少し涼しいところを選ぶようにします。冬は主に室内に置きます。

日光を得るのはガラス越しからでも良いでしょう。外で管理するのは少しもったいないといえそうです。全く管理ができないわけではないですが、室内で管理するように改良された植物とされています。室内だとあまり日当たりがないことも想定されますがそれでも問題ないようになっています。

室内に置くところがなくてどうしようもないときは仕方ありませんが、そうでなければ家の中であったり温室などで管理をするようにします。外で管理をしようと売るときは別の植物の陰がきちんと得られるところを選びます。陰があれば日光を遮ることができます。風通しなども陰があることで得られることがあります。季節によって置き場所を工夫しながら、様子を見ながら育てるようにします。

植え替えと、増やし方

テキスト引用
鉢の底から根が伸びてきたり、新しい芽が出にくくなったりしてくると、根詰まりを起こしている可能性があるので植え替えをしてやる必要があります。シダ類の植物は成長スピードが速くよく育つので、少なくとも1年に1回ほどは

ネフロレピスの育て方では種付けの土の準備をしておきます。まずは水はけが良い土を好みます。そして腐植質も好みます。そのための配合例では赤玉土小粒が5割、腐葉土が3割、軽石小粒が2割です。あくまでも配合例なのでその時、地域、気候によって適した配合を選ぶようにします。水はけをもっとよくしたければ軽石の割合を増やすなどの工夫をします。植え替えを行う頻度は年1回が良いとされています。5月から9月に植え替えを行います。

植木鉢の土を4分の1ほど落として少し大きめの植木鉢に変更をします。どんどん成長するのに合わせるように準備をするとよいでしょう。水やりは春から秋にかけて植木鉢を乾かさないように与えます。夏は与えすぎに注意しないといけません。一般的な植物のように葉の上からどんどん与えると葉が蒸れてしまいます。それで枯れてしまうことがあります。植木鉢の脇から与えるようにします。

冬にも水は必要になります。植木鉢の土が乾いてきたのを見計らって与えるようにします。肥料は春から秋の育成期にかけて与えます。この時に行うのは緩効性の化成肥料です。頻度は2箇月に1度の割合です。その他に効果を得ようとするなら速効性のあるタイプを用意します。液体肥料であれば植物にいい影響をすぐに与えることができます。1週間から10日ぐらいの間に1回施すようにすると成長も促すことができます。いつもよりきれいな緑色の葉を楽しめるようになります。

基本的な育て方と日常の管理方法

テキスト引用
ネフロレピスは水分を好み、強すぎる日差しと乾燥を嫌います。この点をよく掴んでおけば、植物を育てる時に最も苦戦する冬の時期にも特別なことをする必要はなく、室内に置いておくだけでどんどん育ってくれる初心者にも育てやすい

ネフロレピスはシダ植物です。種を取って種で増やす増やし方を取ることができません。もっとも行いやすい方法としては株分けがあります。植え替えを行うときにするとよいでしょう。株分けが適している時期としては5月から6月ぐらいになります。植木鉢から株を抜きます。株が大きくなっているときには手でざっくりと分けます。傷んでいる部分があるときはその分は切り離します。植え付けをするときは土は同じものを使うことができます。新しいものを用意しておくと良いでしょう。

株分けをした後はしばらくは直接日の当たらないところで管理をします。室内などに入れておけば当たりません。根から小さい株が出ているときにそれを切り取って植えることで増やすことができます。この時は株自体が小さくなるので注意をします。小さい株を育てるときは慎重に行います。新しい葉が出てくればうまく成長している状態と言えます。害虫対策でしておく必要がある名がカイガラムシです。

カイガラムシが厄介なのは薬を使うことができないことです。あまりこの虫に適応している薬がないことです。見つけた時に自分で払うなどこまめな対応をしなければいけません。ナメクジが出てくることもあります。ナメクジは葉っぱを食べたり茎を食べたりします。きれいに開いている葉っぱが汚くなってしまいます。ナメクジは専用の薬があるのでそれを利用してうまく駆除するようにします。季節によって出やすい時期などがあります。

ネフロレピスの歴史

テキスト引用
ネフロレピスはシダの仲間に属する植物で、亜熱帯地方や熱帯地域を主な生息地として世界中に分布しています。中米を原産とし、現地では幻の鳥として著名なケツァールの尾と呼ばれています。日本では紀伊半島や伊豆半島にタマシダ

地球の歴史の中では人が生まれて今までの期間は非常に短いとされています。つまり人は世界の生物の中でもまだまだ新しい生物の一つとされます。その人の祖先と言われる生き物もあるとされているのでそれをたどっていくとより人のことを知ることができるようになるかもしれません。植物の世界でも同様に今ある植物にはそれぞれ祖先がいるはずです。最近は人が人工的に新しい種類の植物を作ることもあります。ネフロレピスはシダ植物の仲間とされます。

一般的に良く知られている植物は被子植物です。シダ植物は被子によって増えるのではなくシダによって増えるためにこのように呼ばれます。被子植物に比べると構造が単純になっています。この植物の原産、生息地は熱帯から亜熱帯になっています。日本もぎりぎり入っていて自生しているものを見つけることができます。和名でタマシダと呼ばれる植物がありこちらが同じ種類として知られています。

この植物は観葉植物として人気があるとされています。被子植物は被子がありますからその前に花を咲かせます。その花を見る楽しみを求めることがあります。この植物は花は咲きません。でも美しい葉っぱがきれいだとガーデニングに利用されるようになったようです。日本ではガーデニングブームは最近からですが、ヨーロッパなどでは19世紀ぐらいから行われていたとされます。その時にもこの植物が使われていたようです。育てやすいのも利点の一つになるでしょう。

ネフロレピスの特徴

テキスト引用
ネフロレピスは常緑の植物で、成長するに従って羽のように茎を伸ばし、そこに美しく波打った葉を隙間なく付けます。距離を置いて見た時に、鉢から噴水のような姿で葉がしなやかに垂れ下がっているのがとても優雅なので、通常

ネフロレピスの特徴はシダ植物であることです。栽培されるときは観賞用として観葉植物として使われることが多いとされます。多年草で草の丈は5センチから1メートルぐらいです。日本では暖地と言われるところで自生をしていますがその他の地域ではなかなか育つことは出来ないようです。耐寒性はあまりあるとは言えず、耐暑性はそれなりにあるとされています。

常緑性なので常に緑の状態を保つことができます。学術的な分類ではシダ植物のシダ綱、ツルシダ科、タマシダ属になります。科としてはシノブ科に属する考えもあります。名称がいろいろあり、タマシダの他はツディ、ツデーシダなどと呼ばれることがあります。一般的にシダ植物は湿度の高いところにあるように感じられているようです。

そのためにじめっとした印象を持たれます。この植物は緑が鮮やかです。ですから若々しく感じられる色を楽しむことができます。葉っぱは羽状にどんどん伸びていきます。きれいな葉っぱが隙間なくついていて、風が吹いたりするときれいになびく様子を見ることができます。静かにしているときも優雅ですが、少しなびいたりしているときも優雅に見ることができます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

品種が非常にたくさんあることが知られています。大きく育てることができますが、他の植物との接触をあまり好みません。ですから他の植物の近くで育てようとするときは十分に場所を取る必要があります。この植物だけでもそれなりに存在感を持っています。

ネフロレピスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ネフロレピス」に一致するマメ知識

「ネフロレピス」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,848view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

5,808view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

13,020view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

4,821view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

25,140view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,360view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

7,548view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,283view