• ツタの育て方・栽培

ツタの育て方・栽培

ツタの育て方・栽…

出典:育て方ラボ

ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広がれば効率的に日光を受けることができます。植物としては合理的な成長の仕方かもしれません。

ツタ(ナツヅタ)の育てる環境について

テキスト引用
ツタは強い植物ではありますが、害虫には注意しなくてはなりません。虫が住みやすい環境ということもあり、被害のない虫ならばよいですがつたにとって良くない虫も住み着きやすいです。栽培する際には、特に虫の存在には気

冬には葉っぱが落ちて掃除が大変になりますが、冬を越して春、夏になるとどんどん葉っぱが成長していきます。一度張り付くと撤去するのが難しいぐらいに張り付きます。吸盤のようなものが壁についていますが、枝などを取ったとしてもその吸盤が残ってしまうくらい強く張り付いています。

日本では比較的どこでも育てることができそうですが、あまり温度変化の激しくなるところは良くありません。北海道は夏は30度近く、冬はマイナスになります。かなり温度差が大きくなるので好ましくありません。本州であれば冬でも5度くらいまでしか下がらないので何とか育てることができそうです。意識的に植えようとするときの環境としては土の状態が重要になります。あまりふわふわの状態は良くありません。

かなり上に広く伸びていきます。上だけに伸びていそうですが、地中には根っこもどんどん伸びています。あまり土が柔らかいところだと根をうまく張ることができず、地上部分の成長もできない場合があります。砂地などのところでは生育させるのは難しくなりそうです。粘土質のところであればそれなりに成長させることができるでしょう。

ツタ(ナツヅタ)の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
育て方としては、特に何もしなくても育ってくれるのでとくに手をかける必要はありません。管理しなくてはならないことも特にはありませんが、あえて言うのであれば伸びすぎた枝を切ることくらいです。壁につたっていくので壁

ツタの育て方として種付けがあります。種をまいて行うよりも環境などをうまく整えることを考えた方がいいかもしれません。一度芽が出て伸び始めたら後は成長するのみになります。育てるために積極的に何かをしないといけないわけではありません。壁面緑化として使われることがあります。ビルの壁面に這わせることでビルに直接日光が当たるのを避けることができます。しかしこのビルの形状によっては簡単に伸びてくれない場合があります。

まっすぐなコンクリートよりも、適度に凸凹があるタイプの方がどんどん伸びていきやすくなります。最初から育てるのが目的なら、壁面も考えながら作っておく必要があります。水やりは特にする必要はありません。植木鉢で育てることはなく、地植えになるでしょう。日本であれば1年を通して適度に雨が降るのでそれで十分です。夏に晴れ間が続いたとしても自分で水を与える必要はありません。

葉っぱの色が少し悪くなったと感じたら多少与えても良いでしょうが、実際に与えようとするとかなりの量が必要になることもあります。最初の成長期には適度に与えますが、すでに壁に広がっている状態であれば不要と言えるでしょう。肥料もあえて与える必要はありません。与えなくてもどんどん伸びていきます。最初の植え付けの時にどんどん成長させたい場合は肥料を入れることがあります。でも伸びてしまった後は問題ありません。そのままでもどんどん成長してくれます。

ツタ(ナツヅタ)の増やし方や害虫について

テキスト引用
水やりは成長して壁面に巻きついているものには、そう気にする必要はありませんが、まだそこまでなっていない場合には、たっぷりとした水を与える必要があります。土が乾く前に水をやるのがよいです。根が張るときの場合には

増やし方としてはとにかくそのまま置いておくことです。ただし全く一から行おうとするときにはあまり成長がしなくて困ることがあります。この時には水分を適度に与えます。一定まで伸びて来たら今度はあえて水を与えないようにします。すると水を求めてどんどん根を張るようになります。あまり水を与えて甘やかして育てると根が伸びずに地上部分の大きさに対する十分な根ができない場合があります。増やすためにも水を与えるタイミングをうまく考えるようにします。

肥料を与えることもいったん成長し始めれば不要になります。害虫対策をどうするかも大事です。もし住宅などの壁に這わせるように育てている場合、害虫が広がると建物の壁にもどんどん広がってしまうことになります。これはあまり良くありません。人にとってあまり害がないけどもツタには好ましくないものとしてコガネムシがあります。一度広がるとどんどん住み着くことがあります。

コガネムシは害はありませんが増えると家の中にどんどん入ってくることがあります。あまり気持ちがいいわけではありません。窓も開けられなくなるので事前に増えないようにしておく必要があります。害虫対策は葉っぱが生い茂る季節の前に行う必要があります。大きな建物の壁に這わしているようなときは素人ではできないこともあります。業者に依頼して前面に薬をまいてもらうようにします。そうすれば虫も避けることができ、生活もしやすくなるでしょう。

ツタ(ナツヅタ)の歴史

テキスト引用
ツタはナタヅタともいい、ブドウ科ツタ属のツタ植物です。古くから存在していて、日本でもよく使われている植物の一つです。昔から様々な文様などのデザインにもよく使われていて関わりの深さがわかります。原産ということも

ツタと言いますと最近は良く工事現場などで見かけることがあるかもしれません。普通の防音壁を設置するとあまりにも無機質なので何か植物が描かれた防音壁を設置することがあります。この時に描かれているのがツタです。植物そのものではありませんが、良く建物などの壁に張って成長する様子を見ることができます。伝統のある球場では長年この植物が球場の壁を覆っていましたが最近はリニューアルで取り外されています。歴史としては日本でも良く知られている植物になります。

原産、生息地としてはアジアから北アメリカの地域とされます。日本でもよく見ることができ、北海道から本州、九州などでも見ることができます。アジアでは東南アジアよりも日本に近い韓国や中国などで見ることができます。建物であったり樹木などに這うように伸びていくのが特徴的と言えるでしょう。日本では植物として使われるほか樹液を甘味料として使うことがありました。

一般的にみられるタイプとは異なりますが、いくつかの種類の中にはより生活に密接にかかわる使われ方をしたようです。種類もそれほど多いわけではなく、古くから同じタイプのものが原種として残されているようです。建物を覆いつくすように伸びていくことから繁殖力が強いことは知られています。よほど人為的に切ったりしない限りには枯れたりすることがないといわれます。長い歴史の中で生活に使われているのは、強い生命力が原因かもしれません。

ツタ(ナツヅタ)の特徴

テキスト引用
ナツヅタの特徴は、葉は浅くさけるか完全に分かれて複葉になります。落葉性で名前の由来の通り夏には葉がありますが、冬には落ちてしまいます。巻きひげの先が吸盤となっているので、巻きひげを伸ばしてコンクリートなどの壁

ツタの特徴ですが、日本で一般的に言われているものはナツヅタと呼ばれる種類になります。植物学上の分類としては被子植物、真正双子葉類になります。バラ類、ブドウ目、ブドウ科、ツタ属になります。英名としてボストンアイヴィー、ジャパニーズアイヴィーと呼ばれています。

現代的な家ではなかなか見られませんが、少し古いお屋敷などでは家の壁を覆っているのを見かけることがあるかもしれません。葉っぱは落葉性なので季節によってなくなります。ですから夏場と冬場では様子が少し異なります。夏場はかなり生い茂りますが、冬場は葉がない分物足りなさを感じるかもしれません。一枚一枚の葉っぱは大きくて、人の掌のように分かれています。かといってモミジのようにはっきりと裂けているわけではありません。

なぜ建物や木に巻き付いていくかですが、吸盤がついているためです。巻きひげの先端部分が吸盤のようになっています。まずその吸盤でこれから張り付いていくところを目指していきます。後はどんどん伸びていくだけです。最初は自分自身の枝が少ないですが、壁に張り巡らされる状態になるとかなり丈夫になるのでその先もどんどん伸びることができます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

日常的には枝と葉っぱしか見ることがありませんが花を咲か出ます。近くまで行かないと花が咲いているかどうかわからないくらい小さい花です。また花の花びらも緑なので葉っぱとの区別がつきにくくなります。咲く時期にうまく見ないとみられません。

ツタの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ツタ」に一致する植物図鑑

「ツタ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

3,115view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

2,517view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

7,794view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

3,281view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

1,949view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

3,331view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

2,237view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

2,067view