• チングルマの育て方・栽培

チングルマの育て方・栽培

チングルマの育て…

出典:育て方ラボ

チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプです。草原はあまり高い木などがないところです。つまりは日陰などができません。そこに太陽が当たれば太陽が当たり続けるようなところです。

チングルマの育てる環境について

テキスト引用
チングルマを育てる環境と言うのは耐暑性が弱いため、比較的涼しい場所を好みます。また、真夏に咲く花でも、咲いている場所が高山地帯であり、涼しい環境を作り出すことがポイントとなってくるのです。因みに、一般的な植物

その場所を好むことからこの地でどんどん群生していることになります。そのことからも日当たりを好む植物であることがわかります。栽培する環境として好ましいのは日当たりです。明るい棚の上などに置くと良いとされています。草原の特徴としては他の植物にあまり影響されないことがあります。自然に風が吹けばそれらも直接当たることになります。

そのことから風通しの良いところも必要になります。日差しがいいなら夏もそのままにしておくかですが、日本の平地の日差しはかなり強くなります。これくらい暑いところに置き続けると葉が焼けてしまうことがあります。それを避けるために寒冷紗などを使って50パーセントの遮光を行います。この植物は乾燥を嫌います。

そのまま冬を越そうとすると乾燥した空気にさらされて弱ってしまうことがあります。自然の状態では雪に覆われながら冬を越すことが一般的になっています。乾燥した冷たい風が吹き付けるようなところではなく、湿度があまり下がらないようなところで保管をします。落ち葉やミズゴケをかぶせて保護をすることもあります。

チングルマの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
チングルマは日照を好むため、種付けを行う時には、日当たりが良い草原に植える事、雨を嫌う性質が有るので、できる限り雨を避ける事が出来て、風通しがよく、しかも明るい日の当たる場所を選ぶ事がポイントとなります。因みに

チングルマの育て方として種付けをする用土の配合です。植木鉢で育てるときには通気性と水もちを考慮します。2ミリから1センチぐらいの大きさの鹿沼土を主体にします。この土が7割として後の3割は富士砂、山砂などを合わせます。市販の山野草の培養土でも良いですが通気性を良くしたいなら山砂を一定割合増やしても良いでしょう。植え付けを行う時期は春秋の彼岸前後がいい目安になります。この植物は春も秋も植え付けをすることが可能です。

冬の寒さが落ち着いた時期、夏の暑さが落ち着いた時期として知られるのでその日に植え付けを行っても良いかもしれません。植木鉢を選ぶ時には広めのものにします。それは横に広がるためです。水はけを良くする必要があるので流れやすいように鉢穴が大きいものを選びます。根の土をあまり崩さないように根を3分の1ほど切り詰めます。それによりバランスを良くすることができます。

植えるときは少し山形になるのを意識します。植え替えは2年に1回程度行います。用土が傷んできたと感じた時に行います。多湿と乾燥を嫌うので水やりは管理をしながら行う必要があります。1日1回たっぷりと与えるようにします。春と秋は朝のみ、夏は夕方以降に与えます。冬は乾いたときに用土が少し湿る程度に与えます。肥料は液体肥料と置き肥を行います。夏と冬は必要ありません。春の芽出し後、秋にも行うようにします。花を元気に育てることが可能になります。

チングルマの増やし方や害虫について

テキスト引用
育て方は環境をしっかりと把握しておけばそれほど難しくは有りません。但し、自生している環境が高山であること、そして高山植物と言う特殊な環境の中に生息する植物ですので簡単に栽培が出来るわけではありません。また、

チングルマの増やし方では種まきを行います。花が咲いた後に結実した時に種を取っておきます。種についている毛を切って培養土にまいておきます。この時はかるく土を覆っておくと良いでしょう。早ければ1箇月程度で発芽してきます。種は保存をして別の季節にまくこともできます。夏に咲いた後保管しておき次の春にまきます。数カ月で発芽しますが花がすぐに咲くわけではありません。花が咲くには1年近くは見ておく必要があるでしょう。挿し木で増やすことができます。

5月ごろに枝をナイフでカットします。それを1センチから2センチほど培養土に挿し込んでおきます。1箇月ほどで根が出てくるものもあります。害虫対策として良く出やすいのがアブラムシです。アブラムシは専用の薬もありますしこまめに取ることで対応ができます。他の植物でも多く発生することがあるので共通の対策を考えるとよいでしょう。湿度が高めになっているとナメクジやヨトウムシがついてきます。

これらは葉っぱなどを食べてしまうので葉の美しさに影響を与えます。梅雨を過ぎるころからハダニが出てくることがあります。ハダニは葉の裏についていることがあるので適宜防除するようにします。きれいに咲かせようとするときには剪定作業を行います。強く伸びた枝は切り落とすようにします。どんどん伸びて姿を悪くすることがあります。これらの枝は無駄にしないために挿し木に利用できます。美しく保ちながら増やすことができます。

チングルマの歴史

テキスト引用
チングルマは高山に咲く高山植物の一つです。白い花弁の中心には、黄色い色をした無数の雌蕊や雄蕊を持つ花で、登山をしていると群生を指定場所や岩陰などに一輪のチングルマを見る事が出来ます。尚、この花はバラ科のダイコンソウ

日本で植物のことと言えばある偉人がいます。博物館があったり、植物図鑑などもありますから日本の植物学に大きく影響を与えている人です。植物学の中ではその植物が何に分類されるのかが重要とされています。研究がされてもし違っていることがわかれば後からでも本当の種類に変更されることもあります。当初は似ていることから分類されてしまうこともあるようです。チングルマと呼ばれる花があり日本でもなじみになっています。原産地、生息地は本州の中でも中部地方より北とされます。

また北海道などでも見ることができる種類です。漢字で書くと珍車になりますが一般的な由来として稚児車、稚児車から転じたとされています。これは偉人にかかわりのある図鑑にも記されています。別名としてチゴグルマともいわれています。しかし別の由来が有力とされています。この植物はオキナグサが実をつけた様子に似ていることからつけられたといわれます。

オキナグサは方言でチゴバナと言われます。別の地域ではチグルマイと言われることもありまいた。これは子供が頭を垂れて待っている様子を指します。この様子と似ていることからチグルマイが転じてチングルマとなったとされています。どちらの説が正しいかはそれぞれの見解があるのではっきり言うことは出来ません。いくつもあるのはそれだけその花が良く知られている、好まれているからでしょう。見た目にも非常にきれいな花なので多くの人になじみがあったはずです。

チングルマの特徴

テキスト引用
チングルマは自生している高山植物であり、高山植物は条件が整わないと栽培は出来ないと言われていますが、チングルマについては、栽培は可能であり、鉢植えなどで栽培を行う人も多いと言います。また、チングルマは高山植物

チングルマの特徴は山野草として園芸では分類されます。生えてくると低木になります。草の丈は10センチから15センチぐらいです。耐寒性は北海道でも咲くぐらいなのでそれなりにありそうです。耐暑性は本州の南部では自生しにくいことからあまりないといえます。冬になると葉が落ちる落葉性になります。

細かい分類になると被子植物、双子葉植物、バラ目、バラ科、ダイコンソウ属となります。ダイコンソウ属の分類は確定しているわけではなくチングルマ属に分類するとの考えもあります。日本でもよく見られますが平地などで診られるのではなく高山の雪がそれなりに降るところなどで見ることができます。一輪だけひっそり咲くよりは群生して咲くことが多くなります。葉っぱは羽状複葉です。

花が咲く時期は栽培品種は5月から7月くらい、自生するタイプだと少しずれて6月から8月ぐらいになります。花の色は主に白ですが中心部分がきれいな黄色です。ですから群生している様子を見ると白と黄色の花が咲いているように見えることもあります。花茎の先に3センチぐらいの花を一つ咲かせます。花弁は5枚で、花が咲いた後に花柱が伸びて放射状に広がります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

秋になってくると花を終えた後に葉っぱがきれいに紅葉してきます。そして落葉します。雪の中冬を越すことになります。小さくて弱弱しく見える外観とは異なり成長が早く強い植物とされています。そのため栽培しやすい花として知られています。

チングルマの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「チングルマ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

5,780view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

2,524view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

3,045view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

2,505view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

4,243view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

11,013view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

5,232view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

2,930view