• ダールベルグデージーの育て方・栽培

ダールベルグデージーの育て方・栽培

ダールベルグデー…

出典:育て方ラボ

ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当たらないようにする、寒い風に当てないようにする、これだけで簡単に越冬することができます。

ダールベルグデージーの育てる環境について

テキスト引用
ダールベルグデージーは、清涼感を感じさせてくれる香りが在るのが特徴であり、ティモフィラ属(旧属名はディッソディア)の中には10数種が存在していますが、園芸として栽培がおこなわれているのはダールベルグデージーのみだと

花が終わった後に種が落ちその種が次の年に芽を出して、何もしなくても増える場合があります。冬の管理はあまり気にする必要はありません。原産地が暑いところなので耐暑性は十分あります。しかし夏の暑さ、日本の高温多湿はあまり得意で内容です。春あたりは日当たりに置くようにしていても夏になると少し場所を変えます。

半日陰あたりに移すようにします。植木鉢であれば移動できるので管理しやすくなります。地面に植えるときは高い草花の陰になるように植えるようにしておくと夏でも移動させずに育てることができます。春に半日陰のところに植えようとすると少し問題があります。せっかくの花付きがあまりよくない場合があります。どんどん花をつけさせたいなら春にはしっかりと日に当て、夏ごろに日当たりを減らします。

夏が終わるころには日差しも弱くなるので再び日当たりに置きます。花自体は秋を越して、冬の初め位まで楽しむことができます。同じところに置いているともったいない場合があります。風通しも重視するようにします。増えてくると混みあい風通しが悪くなることがあります。管理しにくくなることがあるので注意します。

ダールベルグデージーの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ダールベルグデージーの育て方のポイントとして、栽培のタイミングについてみると、種まきは春まきと秋まきの2度が可能であり、春まきは4月頃に行い、秋まきは10月に行います。また、開花の時期と言うのは3月から11月頃の地

ダールベルグデージーの育て方として種付けをするときに用土の構成に注意します。水はけのよい土を用意します。特別何を入れないといけないなどはありません。草花を育てるための培養土を利用すると良いとされます。多湿状態になると根腐れすることがあるので少し隙間ができやすいように工夫をしておきます。軽石、山砂、鹿沼土を2割ほど入れるだけで大きく変わります。植え付けをする時期としては1年を通して行うことができます。ただし真冬は除きます。

秋から冬になるとき、冬から春になるときなどでも行うことが可能です。花壇に植えることもできますしコンテナにも植えることができます。水やりは多湿に注意しながら与えるようにします。乾燥している地域で育ってきている花なので乾燥した状態が続いてもすぐに枯れたり株が弱ることはありません。庭で植えているときはほぼ水なしで育てられます。雨の状況によっては行う必要が出てくることもあるのでその時の状況で判断しなければいけません。

水をあげすぎると多湿状態になります。その状態は避ける必要があります。用土が乾いたときにたっぷり与えるタイミングを守ります。乾いていないのに与えると多湿になってしまいます。乾燥しているところでも育ちますが多少の荒地でも育ちます。そのため肥料も必要としない植物です。長く花を楽しみたい時には花に元気を与える意味も込めて液体肥料を与えることがあります。それによって花付きを良くできます。

ダールベルグデージーの増やし方や害虫について

テキスト引用
ダールベルグデージーは黄色い花が印象的な植物であり、一年性の植物です。別名をディッソディアやティモフィラと呼び、キク科のティモフィラ属に分類されます。一年生の植物であり、花が咲き終わると枯れてしまいますので、

ダールベルグデージーの増やし方として種まきを行うことがあります。できる時期は春と秋の2回です。発芽するための温度は15度から20度ぐらいなので春なら4月の下旬ぐらい、秋は9月の下旬ぐらいが良い時期になりそうです。秋にまいたものはその年に咲かせるわけではありません。冬までに葉っぱが出るまで成長させます。その状態で霜が当たらないように管理をします。春になったら花壇などに植えるようにします。株を大きくするなら秋にまいた方が良いとされます。

花が咲くまでの期間が十分あるからです。でも冬越えをきちんとできないといけません。確実なのは春まきと言えそうです。害虫対策、病気対策ですがあまり行う必要がない花とされています。丈夫な花のためにその心配がありません。それらに注意しなくていい分別のことに力を注ぐようにします。花が咲き終わったときにはこまめに摘み取ります。この花は長く花が咲きますが一つの花が咲くわけではありません。

株からどんどん花が出てきます。次の花が咲こうとしているのに前の花がついているとそちらに栄養が行って咲きにくくなります。花を摘み取ることで次の花に栄養分が行きわたって花を咲かせることができます。この時には花だけを取るのではなく茎を半分ぐらいの長さに切り戻します。これによって次の茎が伸びてきてくれます。その他周囲への広がりの管理をします。増えるとどんどん広がってしまいます。刈込などを行って調整をします。

ダールベルグデージーの歴史

テキスト引用
ダールベルグデージーはキク科の植物で黄色い花を咲かせるのが特徴です。また、キク科の仲間であることからも菊と同じ花の形をしており、古くから親しまれてきた草花の一つです。花は小さめでは有りますが、黄色花、そして優

日本には国の花があります。世界のそれぞれの国にも国の花を定めることがあります。その国でよく見られたり歴史のある花などが指定されているようです。日本には現在2つの花が指定されているとされます。一つが桜です。もちろん世界でも咲いていますが、日本のように咲き誇る場所はあまりないかもしれません。その他に菊があります。多くの種類の花が日本には存在し、紋章などでも使われることがある花です。ダールベルグデージーと呼ばれる花があり、この花は菊と関連があることが知られています。

見た目は菊の花のようです。その見た目通り菊の仲間になります。それなら原産地は日本であってほしいですが、菊の種類は世界でも多く咲いています。この花の原産、生息地としてはアメリカ南部からメキシコにかけてになります。見た目では日本でも普通に咲いていそうな花ですが、現在この花を日本で見かけたらアメリカなどから渡ってきた花となります。この花自体はアメリカなどで自生をしていて、昔から親しまれてきたようです。

菊の花は花びらがたくさんあり、それが広がるようについています。太陽のようにも見えます。太陽を神様のように考える風習がありますから、もしかするとこの花も大切に考えられていたのかもしれません。日本にもよく似た花がありますが、日本にいつ頃やってきたか、日本でどんな使われ方をしたかはよくわかっていません。今は多くの園芸種と並んで人気の花になっています。

ダールベルグデージーの特徴

テキスト引用
ダールベルグデージーはアメリカ南部のテキサスからメキシコが原産となるキク科の植物で、別名にはディッソディアやティモフィラと言った呼び名も有ります。草丈は20センチから30センチで黄色花を咲かせるのが特徴で、葉は細

ダールベルグデージーの特徴は草花として分類されます。多年草ですが、日本では1年草で管理される場合があります。花の高さは10センチから20センチ程度とそれほど高くはありません。花の色は非常にわかりやすくて黄色一色です。その他の色は今のところ見かけられていません。アメリカ南部、メキシコとの境界が原産ともあって耐暑性は十分にあります。耐寒性は普通で、半耐寒性とされています。

どこでも冬を越せるわけではありません。多年草として管理される場合は常緑性のある花になります。原産地では1年を通して花を咲かせています。日本では明く時期が限られるかもしれません。いい香りがするのも特徴の一つになっています。菊によく似ていることからもわかりますがキク科になり、ティモフィラ属になります。

別名としていわれるのはディソイディアティモフィラです。日本の花と比較すると野菊のようなかわいらしい花をつけます。小さい花がたくさん咲くタイプで、四季咲き性があります。日本でも春から冬の初めまで長く花を咲かせてくれます。庭に花を常に咲かせたい場合はこの花を植えておけば間違いないかもしれません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

葉っぱはそれほど大きくなく光沢のある羽状のタイプになります。隙間などを適度に入れながら生えるので、全体的にふんわりとしています。その葉の中から花茎が伸びその先に花が咲きます。花は花びら、中心部ともに黄色です。まさに黄色の花を楽しむことができます。

ダールベルグデージーの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ダールベルグデージー」に一致する育て方

「ダールベルグデージー」に一致するマメ知識

「ダールベルグデージー」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

4,026view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

5,805view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

13,016view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,190view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

5,662view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

33,115view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

7,807view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

6,065view