• シュスランの育て方・栽培

シュスランの育て方・栽培

シュスランの育て…

出典:育て方ラボ

シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは避けます。どうしても日当たりがあるときには遮光措置をして育てようにします。

シュスランの育てる環境について

テキスト引用
シュスランは強い日差しや乾燥を嫌う植物です。暑さや寒さにもやや弱い性質があります。そのため、山地では樹林の下に生えているのです。樹林により直射日光を避け、土に近い所に生えることにより、湿気を確保しているのです

各家庭で育てる環境は異なります。南向きや東向き、その他の場合もあります。日当たりがあるのは植物を育てる上では最高の環境ですが、好まない植物にとっては決して良いとは言えません。1年を通しての遮光の割合は50パーセントぐらいです。明かる日陰が得られる棚の下、ハウスの棚の下などは良い場所になるかもしれません。

棚などになるとどうしても高さが制限されることがあります。また日差しを遮りすぎるのは良くありません。暗すぎるところだと株が軟弱になります。冬になると基本的には室内での管理が安心です。これは北の地域だけでなく南の地域でもです。凍結の可能性が100パーセントないといえるところであれば屋外で超せることもあります。カーテン越しの場所、無加湿のビニールの中などで保護します。

乾燥しすぎるのも良くないですが過湿状態なのも良くありません。デリケートな花ですが良い環境を保つことができればそれぞれの季節をうまく超えることができます。日本でもともと咲いている花ですから日本で冬や夏を越せないのはさみしいでしょう。何年も楽しむことができるだけでなく増やすこともできるので、良い環境を見つける努力が必要です。

シュスランの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
シュスランを栽培したい場合には、ホームセンターなどで苗を購入することになります。苗を買ってきて栽培をする場合、植え付けの時期は3月下旬から6月いっぱいになります。この頃に植え付けをすると8月の中旬から10月中旬の

シュスランの育て方として種付けや植え替えをどう行うかです。植木鉢を用意するときは通常よりも深さがないタイプを選びます。あまり深い植木鉢を選ぶのは良くありません。深い植木鉢は土が多くある分湿った状態を維持できます。でも乾きにくい問題もあります。この花は乾きにくい部分が問題なので、深いタイプは避けるようにします。鉢の縁に対して少し盛り上げるようにして植えます。用土は水はけと水持ちの両方を兼ねそろえたタイプを使います。通気性も良ければなお育てやすくなります。

苗を購入して植え付けを行おうとするときには植え付けの時期は3月下旬から6月ぐらいです。このころに植え付けることでその年の夏以降花を楽しむことができます。水やりは乾かさないように管理をします。用土の乾燥を嫌うためです。しかし水をあげすぎて多湿になるのも避けます。土を用意するときに水はけを良くしていると多湿は避けられます。水持ちを良くしていると多湿になることもあります。

土の構成を考慮して水を調整する必要があります。常に少し水に濡れているぐらいがちょうどよいといえます。水やりをするときは本体に水がかからないように鉢の周りから行います。じょうろなどで上からかけると傷めてしまうことがあります。肥料は生育が活発になる4月下旬から6月下旬、9月下旬から11月下旬に行います。2週間に1回の割合で液体肥料を与えます。同じ時期に置き肥も行うことで成長を促します。

シュスランの増やし方や害虫について

テキスト引用
シュスランは株分けにより増やすことが可能です。1年に1回の植え替えの時期に、茎にある芽を確認しましょう。芽の数が増えているものが株分けできます。この芽を数える作業ですが、花の咲く時期には注意が必要です。花が咲いた

シュスランの増やし方では株分けを行います。この植物は用土がきれいな状態でないとうまく育ちません。そのため用土をきれいにするためにも毎年1回は植え替えを行います。植え替えをする時期は特に決まっていなくて、株が弱ってきたと感じた時に行うとされます。この植え替えをするときに芽が増えているのであれば株分けができます。株分けの基準としては、分けた方の株に根が3本以上ついていることです。根茎の節がいくつかついている状態で分けます。この時芽の数え方として花が咲いたものは数えません。

あくまでも新しいこれからの芽を数えるようにします。害虫対策はいろいろな虫に対して行う必要があります。アブラムシは定番の虫ですがこの花にもつきます。ウイルスを媒介しますから、形を悪くされる以外に株がやられてしまうこともあります。アブラムシがつかないように薬をまくなどが必要になるかもしれません。空気が乾燥してくるとハダニが付きます。肌には水で落とすといわれますがこの植物はあまり水をかけてはいけません。

別の方法で葉っぱから取るようにしないといけません。湿った状態にしているとナメクジ、イモムシが発生します。これらは葉っぱなどを食い荒らします。せっかくの芽なども食い荒らすことがあるので十分注意をしておきます。ナメクジは専用の駆除剤などがあるのでそれを利用します。花のことを考えると自然に駆除できるものを使いたいです。虫に効くものを調べておくとよいでしょう。

シュスランの歴史

テキスト引用
シュスランはラン科の植物です。ランという名前がついていますが、洋ランのように大きな花を咲かす植物ではなく、比較的小ぶりの花となっています。江戸時代の植物図鑑にも登場していますので、江戸時代にはすでにその存在

花の中でも独特の形をしているのがランです。特に洋ランと呼ばれる花は特別に展覧会が行われるくらい美しい花を楽しめるようになっています。洋ランと言われるくらいですから西洋以外のランもあります。アジアであったり日本を原産とするものもあります。シュスランと呼ばれる花がありこれは原産、生息地がアジアから日本となっています。ただし日本中全国で見られる花ではありません。本州の関東より西、四国であったり九州などで見られる花です。ランは暖かい地域で育てるタイプが多いです。

この花も日本の中でも南部と言われる地域で主に咲く花になります。日本での歴史では何か書物などに残されているかですが、江戸時代の植物図鑑で見ることができます。西洋から植物が入ってくるときは明治時代になってからが多いです。この花は江戸時代には日本に合ったことからそれ以前から日本で広く咲いていた、栽培もされていたかもしれません。西洋ランでは交配させたりすることでより美しい品種を作り出すことがあります。

一方で東洋のランは自然に咲いている花を維持することがあるようです。この花も積極的に交配が行われることはなく、自然のまま今も利用されることが多くなっています。非常に美しい花だけにどうしても乱獲が行われやすくなります。そのために種類によっては絶滅危惧種になっているものもあるようです。園芸店から購入して育てる分には問題ないですが、自然からの採取ができないものもあります。

シュスランの特徴

テキスト引用
シュスランは関東地方より西側の本州、四国、九州に広く分布しているラン科の多年草です。日本から近い朝鮮半島や中国でも分布しています。生息地は山地で、樹林の下の湿気の多い場所となっています。里山などの照葉樹や落葉

シュスランの特徴はまずはランの仲間です。園芸上では山野草として分類されることもあります。多年草で草の高さは高くて30センチくらいになります。耐寒性があまり高いとは言えず日本でも関東地方ぐらいが限界とされます。それより北だと室内での管理も考慮しないといけません。耐暑性が必ずあるわけではないので、暑さ対策もしながら育てる必要があります。

細かい分類では被子植物の中の単子葉植物で、ユリ亜綱、ラン目、ラン科、シュスラン属になります。ランと言えば花びらが大きく広がるタイプがイメージされますが、この花は本体がそれほど大きくありません。花も非常に小さいです。一見ランの仲間とは見えないぐらい小さく感じることもあります。下の方の茎は横に這うように伸びます。

節ごとに葉っぱと根が一つずつ生じるようにして伸びます。葉っぱは幅広くなることがあり、はっきりした柄を持っています。茎の先端部分はまっすぐ立っていて、穂のように花序をつけています。たくさんつけるタイプもあれば数個こぢんまりと花が集まっている場合もあります。ランでは花は大きく開きませんがこの花も大きく開くわけではありません。上側の花びらが互いにくっついたように開きます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花の色としては紫色やピンクなどがあります。白っぽい色のものも見つけることができます。葉っぱがビロード質の光沢をもっているためにビロードランと呼ばれることがあります。名前は織物の繻子に似ていることからついています。

シュスランの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「シュスラン」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,323view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

8,300view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,870view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

10,603view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

4,026view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,579view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

4,813view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

25,952view