• シャガの育て方・栽培

シャガの育て方・栽培

シャガの育て方・…

出典:育て方ラボ

栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道や東北、日本海側の寒冷地ではあまり向かない植物とされています。寒さにはある程度は耐えますが、あまり寒い地域では順応することができません。

シャガの育てる環境について

テキスト引用
強い寒気には順応できないので寒冷地では地植えには適さない事がわかっていますが、常緑樹の下や日陰、建物の北側でも育ち、春から夏の花が少ない時期に咲く重宝な花として多くの地域で好まれています。暗い道に群生するシャガ

主な環境としては乾燥気味の土壌を好みます。実際は日陰の湿ったところに生えているのを見たことがある人もあるでしょう。湿地でもしっかりと順応することができます。乾いた土地が好きですが、湿った土地で生育できないわけではありません。もし増やす前提に植えるのであれば最初に場所を決める必要があります。

植木鉢に植えたとしてもすぐに一杯になってしまいます。庭などであれば少し空いているスペースを探してそちらに植えるようにします。すると後からどんどん増やすことができます。植え替えなどをしなくてもよいですから、最初の場所としていいところを選ぶようにします。

植え替えに順応しにくいタイプだとあまり植え替えをすることができませんが、この花は植え替えも行うことができます。元々はあまり交配を行っている花ではありません。現在日本で生育している花は伝来した当時のものが咲いています。昔からあまり形も変わっていませんし、環境も変わっていないことを知ることができます。全国的に広まったのは交配などがなく、いろいろな土地に対応できることがありそうです。

シャガの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ヒガンバナと同じように種では増えないので、増やしたい場合には株分けをする必要があります。種ができないので株そのものを移植する事で増やせます。比較的簡単ですが、植える地域について注意点があります。気温が低い地

シャガの育て方として種付けをどうするかですが、この花は種で増やすことができません。そのため種付け作業をすることは出来ません。種を取ったりまいたりすることはありません。用土を選ぶときには特に土質は気にしなくてもよいです。水はけがよいタイプの植物用の土を用いることで植えることが可能になります。水はけのよい土を作る方法としては、赤玉土の小粒を7割、腐葉土を3割配合します。水はけがよいことと乾燥しやすいは同じ意味でないことに注意しないといけません。

この花はあまり乾燥させるのは良くないとされています。水はけがよいけどもそれなりに水分を保持してくれる配合を心がけるようにします。水やりをするときには表土が乾いたときに十分与えるタイミングで行います。冬場に乾燥させるのはそれほど問題ではありませんが、夏場に集中的に乾燥する状態はあまり良くありません。一度水きれを起こしたくらいですぐに枯れるわけではありませんが、水きれになると大きなダメージになる場合があります。

葉っぱの様子をうかがいながら、傷んでいないかを確かめるようにします。地植えをするときは土の中に水分が保持されているので雨の水で足ります。わざわざ水を与える必要はありません。肥料は花が咲いた後に行います。油かすの玉肥を数個置き肥しておきます。葉の色は肥料によって変わります。葉の色が悪くなってきたと感じたら液体肥料を1週間おきぐらいに数回行います。

シャガの増やし方や害虫について

テキスト引用
株の増やし方は花の後が比較的良いですが、強い植物なので年間を通していつでも株分けをする事ができます。確実な方法として、新しく伸びた根茎を秋に切り、植えつけます。根があまり張っていない場合、水分が蒸発しすぎないようにする

シャガの増やし方としては、種では行えません。そのために株分けが一般的になります。行うのは花が終わった後に行います。確実に行える方法として、伸びた根茎を切って植え付ける方法があります。季節としては夏が終わった秋のあたりです。この時には切り取る元の根がきちんと張っているかを確かめます。根が張っていない状態だと水分や栄養分を吸い上げる力があまり強くない場合があります。しっかりと根を張っているタイプで行います。株分けをするときには葉っぱの調整もしておくとよいでしょう。

そのまま行うのではなく、3分の1ほど切り詰めておきます。3株から5株で一つの芽になるように目安として行えば間違えることも少なくなるでしょう。植え替えもその時に行いますが、根詰まりをしていないか注意します。植木鉢で行うとすぐに増えることがあります。異常に増えていると今度は増えにくくなりますから、地植えにしたり、地植えも定期的に堀上げて対応するようにします。

育てるときに発生するのが害虫で害虫対策を行うようにします。害虫が発生するのが開花する時期と重なる場合があります。3月から4月、さらには9月にも発生します。葉の色が変わって来たらやられている証拠になります。問題のある葉はそのままにしておくのではなくすぐに切ってしまいます。どんどん広がる可能性があります。病気などはあまりかかりにくいので心配は少ないですが、周りの植物との兼ね合いでかかることもあります。

シャガの歴史

テキスト引用
シャガは中国から古代に渡ってきた植物ですが、学名を日本語訳すると日本の虹と言い、とてもロマンチックな名前です。原産国の中国では胡蝶花と呼ばれています。植物学の分類では、歴史の記録に無いほど古い帰化植物で、雑草

シャガの原産地は中国から現在のミャンマーにかけての地域とされています。それらの地域から伝来してきた植物となります。現在の生息地は中国からアジア、そして日本に広く見ることができます。野山で自生しているだけでなく、オフィス街などでも栽培されたりすることがあります。緑が欲しい部分に少し加えることができる植物なので重宝がられている植物の一つかもしれません。では歴史としていつ頃日本に渡ってきたかですが、特にそれらがわかる書物が残っているわけではありません。

かなり古くに渡ってきているとされています。中国では胡蝶花と呼ばれています。元々日本原産でないながらも日本で自然に広まった草花を帰化植物と呼ぶことがあります。この花も帰化植物の一つとされています。あえて持ち込まれたのか、何かに紛れて持ち込まれたかはわからない状態です。この植物は種でどんどん増えていくタイプではありません。つまりは何かに紛れて種が持ち込まれ、それが日本で広まったとは考えにくいです。

一定の苗が船などに載せられてやってきて、それがどこかから増えたとされています。今のところどこで集中的にみられるなどがわからないために伝来場所なども不明となっています。日本ではある地域に生息していないとされます。それが沖縄です。沖縄から渡ってくることは多いですが、沖縄には自生していない花とされています。中国から九州に直接持ち込まれたので沖縄に広まらなかった可能性があります。

シャガの特徴

テキスト引用
シャガの特徴はやはりその花のユニークさにあります。白い花はまるでサギ草のように可憐で、花びらに現われる青紫と黄色の柄模様が、この独特の雰囲気をかもし出しています。花の特徴がとても大きいので他の点はあまり話題

シャガの特徴として、園芸分類では草花になります。1年ごとに枯れて生える植物ではなく多年草です。根を張っているので、次の花を咲かせてくれます。草の丈としては20センチから50センチ程度になります。それほど高い草丈ではありません。一般的にみられるのは白い花です。地域によっては青色の花も見かけることができます。日本でも多年草として広まっていて、耐寒性はそれなりにあります。

そして耐暑性もあるので夏に枯れたりすることはありません。1年を通して葉っぱを蓄える常緑性で、日陰でも育てることができます。オフィス街では建物の陰になって日当たりがあまり良くないところがあります。それらの場所でも問題なく育てることができます。植物学上の分類では被子植物、単子葉類、キジカクシ目、アヤメ科、アヤメ属に属します。

学名にはアイリスジャポニカとつけられることもあり日本のアヤメと呼ばれることもあります。この花は花に特徴があるといえます。白くて可憐な花を咲かせてくれます。白一色ではなく、黄色なども見えます。花はピンと広がるのではなく、少したるみがある状態で外に広がります。日本のシャガの特徴の一つにあるのが種では増えないことです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

原産地の中国の物は種で増やすことができます。環境が異なるからか、育て方の問題かはわかりません。花が終われば葉っぱなどはそのままです。冬でも緑を維持します。そしてまた開花の時期が来るとつぼみを蓄えて咲くようになります。

シャガの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「シャガ」に一致する植物図鑑

「シャガ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

3,919view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

2,794view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,078view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

8,498view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

3,538view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

3,621view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

2,067view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,132view