• シキミアの育て方・栽培

シキミアの育て方・栽培

シキミアの育て方…

出典:育て方ラボ

シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるので両方用意しないと実がなりませんので、その点は注意が必要です。

スキミアの育てる環境について

テキスト引用
もともと日光を好む種ではありますが、耐陰性があり多くは必要としないので日当たりの少ないところでも生育が可能です。かといって、あまりに日光が当たらない状態での生育は花つきに影響が出てしまうので可能であればできるだけ

この品種は日光を好みますが、夏の暑さには弱い特徴があります。本来は日本原産種なので、日本の気候には強いはずですが、品種改良をオランダでされた品種ということで、ヨーロッパで人気なので、ヨーロッパの気候に合うように品種改良されているのかもしれません。その点は日本の原産種ということで育てるとうまく育てられないかもしれません。

この品種は初心者でも育てられそうですが、栽培ということでは、中級者以上の経験者が育てる品種です。価格も高めなので、初心者向きではない植物です。春と秋は日光に当てると良く育ちますが、夏の暑い時期には半日蔭などに移動して育てるようにします。庭などで育てる場合には、関東より西の地域では越冬も可能です。

耐寒温度もマイナス10度ぐらいまでは大丈夫です。ですので、日本では越冬できる環境も広くなります。暑さには弱いですが寒さには強いという植物になります。暑さに弱い植物に共通していますが、日差しと風通しも重要です。風通しの良い環境にしながら育てると、育てやすくなります。日本で人気がないのは、日本の仏壇やお墓に飾るシキミの仲間ということもあるかもしれませんが、見た目も興味深いので、これから人気が出るかもしれない植物でもあります。

スキミアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植えつけは3月または9月の下旬から10月頃に行います。一般的に苗で出回っていることがほとんどなので、購入時は苗選びにも気を配るようにします。苗を選ぶときのポイントとしては「葉に艶があり根本付近の幹がしっかりしていること

シキミアは、開花が1月から4月と9月、10月の春と秋に楽しむことができますので、年に2回楽しむことができる植物です。植付けや植え替は3月から4月になります。肥料は10月から3月に与えます。夏の暑さにも弱いですが、乾燥にも弱いという特徴もあるので、その点も注意します。乾燥に弱いということですが、だからと言って水を与えすぎると根腐れが起きますので、バランスが大切になります。基本的には土が乾いた時に水を与えますが、地植えの場合には、雨があれば十分で、あえて水やりをしなくても育つ植物です。

栽培する場合には、苗で売られていますので、種付けではなく苗を購入して増やしていく方法が効果的です。庭でも低木なのでまとめやすく、環境さえ整っていれば、ガーデニングでも楽しむことができる品種です。もともと日本が生息地なので、環境はあっているとも言えます。日本の環境は、縦に長いということで、色々な気候がありますので、その点はガーデニングの庭の環境を見定めで育ててみるということが重要です。

鉢植えなどでも育てられますので、冬が厳しい環境の場合には、耐寒性はありますが、鉢植えで室内に移動できるように育てたほうが安心できるかもしれません。肥料は緩効性の化成肥料が効果的ですが、春の3月から4月頃と秋の9月から10月頃与えると、その後よく育ちます。育て方の注意点としては、夏の湿気や日差し対策などを中心として育てるということがポイントになります。

スキミアの増やし方や害虫について

テキスト引用
挿し木で増やすことができます。剪定自体はあまり必要ありませんが、挿し木をする場合は花が終わった後の5月から6月頃に剪定します。新芽を避けた元気な枝を10から15cmほどに切り下葉がある場合は取り除いておきます。この時

シキミアの増やし方としては、挿し木で増やすことができます。挿し木をする場合には、花が終わった5月から6月頃に剪定して、挿し木を準備します。挿し木には、新芽を避けた元気な枝を10から15cmぐらい切って、下の方に葉がある場合は挿し木できませんので切り取ります。また葉が大きな場合には半分ぐらいに切っておくと負担が少なくなります。大きな葉も特徴ですので、挿し木の場合には十分その点も注意して作業を行います。挿し木の前に1時間ほど水を吸わせておきます。

土は清潔な土を用意しておきます。土の種類では、バーミキュライト、鹿沼土や挿し木用の土を購入して刺しておきます。養分が多すぎる土の場合には、殺菌が増えてしまう恐れもありますので、挿し木の場合には逆効果になりやすいということになります。その点も挿し木で増やす場合には注意が必要です。病害虫に関しては、とくに注意する病害虫はありませんが、観葉植物として室内で育てる場合には、観葉植物に共通する病害虫の被害にあう可能性がありますので、一応注意しておく必要があります。

芋虫などがつくこともありますので、管理を十分にしながら駆除をして育てるようにします。あまり栽培されていない種類の植物でもありますので、育てる場合には病害虫に関しても何が起こるかわからないので、注意が必要になります。また枯葉が落ちたままにしておくとカビが生えたりしますので、湿気も含めてよく管理する必要があります。

スキミアの歴史

テキスト引用
「スキミア」はミカン科ミヤマシキミ属、日本を原産とする常緑低木の一種です。学名は「シキミア・ジャポニカ」、英名を「スキミー」といいます。原産国が日本とのこともあり古くから日本人に愛され、一般的に出回る苗ものの

日本原産の植物は、日本での栽培に適しているので、ガーデニングなどでも楽しめますが、日本原産の品種では、シキミアという植物があります。ミカン科ミヤマシキミ属の植物です。学名がシキミア・ジャポニカということからも日本原産ということがよくわかります。原産地は日本の固有種ということですから日本ですが、生息地は、本州全土から九州ということで、どこででも見られる馴染み深い植物です。別名としては、ミヤマシキミ、深山樒とも言われています。

日本原産ですが、海外でも品種改良された品種が人気で、園芸でも親しまれているということからよく知られています。ミヤマシキミ属は日本の種類がほとんどですが、海外にもいくつは種類があります。中国やベトナム、ヒマラヤなどにもミヤマシキミ属の植物が生息しているようです。ミヤマシキミの各品種は、日本原産でありますが、日本ではあまり栽培されていないということで、欧米が中心で人気があります。

シキミアは観葉植物としても姿が独特なので、海外ではエキゾチックな植物ということで人気があるのかもしれません。まるで赤い身の回りを大きな葉で包み込んでいるような姿をしています。葉は茎の上部に集まるようにのびてきますので、その点も不思議な魅力がある植物です。ミカン科の植物ですが、まるで小さな赤いミカンがたくさん生っているような感じですので、その印形状にも惹かれます。また高級な品種というイメージもあります。

スキミアの特徴

テキスト引用
生息地は日本をはじめとするアジア地域にまで広がり、成長すると樹高50cmから80?程度の低木となります。葉は長い楕円形で少し固めの質感です。開いたばかりの葉はつやつやとしており、ある程度成長してもその質感は大きく変

シキミアの特徴としては、樹高50cmから80㎝程度に成長します。また葉も特徴があり、楕円形の長めの形をしていて、艶もあります。それぞれの葉も存在感があり、成長しても変わりがないので、観葉植物としても緑を楽しむこともできます。観葉植物用の葉の形をしています。また上に向かって全体を包むようにのびるので、その姿も美しいという印象を持ちます。

やはり、室内で育てる場合には、シキミアのような葉の植物が落ち着きますし似合っています。そして、とくに特徴があるのが、赤いつぼみです。これはまるでマッチ棒を集めたような感じで、独特でとても印象深い形をしています。そしてたくさんのつぼみが集中している姿も印象的です。

シキミアのつぼみは開花するまで3か月から5か月かかりますので、その間花のつぼみを鑑賞できるということも観賞用植物でも面白い特徴です。マッチ棒のようなつぼみを長い期間観賞できますし、その後花を観賞できますので、二度楽しむことができ、長い期間楽しむことができる品種です。初冬の頃に色々なシキミアが園芸店でも販売されますが、花の色も赤い色が目立ちますが、その他にも色々な色の種類もあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

栽培でも、その中から自分の好きな色のシキミアを選んで育ててみるのも楽しいかもしれません。花の色が赤い品種も美しいですが、緑色の花を咲かせる品種もありますので、色々選べて楽しい品種でもあります。また葉も色々あり変化に富んでいます。

シキミアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

11,666view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

12,765view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,261view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

3,980view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

4,884view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

7,781view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

24,215view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

7,719view