• コクリュウの育て方・栽培

コクリュウの育て方・栽培

コクリュウの育て…

出典:育て方ラボ

コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光に関しては苦手のようなので、少し日陰になるような場所がお勧めです。

コクリュウの育て方を知ろう

テキスト引用
コクリュウは日当たりが良いところじゃなければいけないなど場所を選ばないのが栽培する上でのメリットです。スズラン科(ユリ科)でただし真夏の直射日光は苦手なので、半日陰に置いてあげるのが良いでしょう。植え付けは3

植え付けは3月から5月頃の間にする事がお勧めです。土に付きましては、培養土か赤玉土が6程度腐葉土は4程度でよく混ぜ合わせてから使用してください。コクリュウの管理は1年十戸外で育てて問題がありません。雨などが多いい季節ですと特別水やりなどしなくてもそのままの状態で構いませんが、気候により土が乾いていることに気が付いた場合には、水やりをするようにして下さい。

コクリュウはどのような場所でも育ちますが、鉢植えなどの場合には大きくなりすぎる場合がありますので、そのようになった時には土に植えてあげるか、または少し分散してのびのびと成長できるようにしてあげて下さい。また、庭などに植え付けをする場合には、粒上の肥料を1メートル当たり75グラム程度、鉢植えの場合は土の量が1リットルあたり2グラムを土の中に混ぜて植え付けると良いです。

あとは1年に1回春ごろに同じ肥料をコクリュウの株の周りの土の上にばら撒くようにして下さい。それ以外は特に育て方については自然体で大事です。特に気を使うことはありません。初めての方でも簡単に育てることが出来ますので、最近では観賞用にも利用されています。

種付けをさせて増やすことができる

テキスト引用
コクリュウは栽培している上でもっと増やしたい場合は株分けや種付けをさせることで可能となります。早春から春頃に株分けをしましょう。鉢から株を取り出したら古い土や根を落としてしまい、いくつかの芽を1株にして分

コクリュウを栽培しているうえでもっともこれを増やしたい場合には、株分けや種付けをすることにより多く増やすことが出来ます。株分けに付きましては早春か春の間に株分けをすることをお勧めします。株を取り出し、いくつかの芽を1株にしてわけます。この分け芽を植え付けて育てていきます。また、種で増やす場合には冬に種付けさせた物を一度採取します。果肉部分には発芽物質が含まれていますので事前によく洗い流しておくようにして下さい。種付けしたものを採取した後は乾燥しない内に早めに土の中に戻し植え付けを始めて下さい。

万が一株が途中でちぎれてしまった場合でも処分などしないでください。あきらめずに鹿沼土の中に戻してあげて下さい。そこから根が出てくる場合がありますので、処分する前に必ず土に戻すことを忘れないでください。しばらく様子を見るようにして下さい。この植物は屋外で育てることが一番適しています。雨などに触れる場所に植え付けをしてください。

その場合には特別に雨水にしたりますので、水やりなどする必要はありません。ただし真夏など炎天下で土の渇きを感じた場合に必ず水やりをするようにして下さい。朝と夜の2回くらいは水をあげるようにして下さい。土が乾いていない場合などは水やりや特に手入れなどする必要はありません。自然中で育っていきますので心配する必要はありません。とても強い植物なので、育てるのに手間などかからずに済みます。

どんなことに使われているのか?

テキスト引用
コクリュウは日本国内では庭園やグランドカバーとしてよく利用されていますが、実は原産国である日本よりも海外で人気が高いです。ガーデンアクセントやフラワーアレンジメント、寄せ植えなどにもよく使われています。寄せ植

コクリュウは、株で増やす方法と種で増やす方法とがあります。株の場合には芽を分けて植えることにより、コクリュウを増やすことが出来ます。種の場合にはコクリュウの種はとても小さく自然に落ちますが、葉の中に落ちてしまうことが多くとても探すのが難しくなっています。自然に落ちた種により自然に増やす事が出来ます。コクリュウの種は黒い実の中にありますが、それには皮のような物が付いているのでそれをしっかりと取り中から種を出します。

実は真っ黒ですが中の種は白くて丸い形をしています。ほとんどの方はその実が種だとわからずにそのままにしておいているようです。自然と身から種が出てきますので、特別に種を出して増やさなくても自然体で増えていく方が多い様です。コクリュウの葉には特別に害虫などは付かないようです。コクリュウは雑草など生えないように保護をしているので、害虫なども寄り付かないようです。

グランドカバーとしてご利用されている場合には、多くのコクリュウが植え付けられています。自然と株などが増え、種などが落ち自然体の形で増えていくことが出来ます。家庭などで増やしたい場合などは株分けなどこまめにして、少しずつ増やしていくことをお勧めします。種から増やすよりも株から分けて増やしていくほうが早く増殖します。どちらにしても1年に一度は株を土から出して、余分な土を払い、株分けをすると毎年この植物を増やしていくことが出来ます。

コクリュウの歴史を知ろう

テキスト引用
コクリュウは日本や中国など東アジアに生息地がある植物で寒さにも非常に強く、冬の間も黒っぽい葉を落とすことがありません。似たようなものにジャノヒゲというものがあるのですが、コクリュウはジャノヒゲよりも葉の幅が広

コクリュウは原産が日本で、昔から庭園などの下草として多くの場所で利用されていました。日本や中国など東アジアに生息地がある植物です。寒さなどに非常に強く、寒い冬の間も黒い葉っぱを落とすことはありません。似たようなものにジャノヒゲという植物がありコクリュウと間違えられることがありますが、コクリュウはジャノヒゲよりも葉っぱの幅が広く、葉の色も濃いのでよく見るとその違いが判ります。コクリュウは黒い実がなり他の植物の引き立て役となったり、観賞するのにもとても良い植物です。漢字で玉龍草と書きます。

また、英名ではブラック・モンド・グラスまたはリリー・ターフ・モンド・クラスと呼ばれています。葉の黒い色はとても上品で、日本の古来よりお屋敷や歴史的な建造物などがある庭に植えられていることが多くありました。昔は和風庭園でしか見受けることが出来ませんでしたが、最近では洋風の寄せ植えなどにも利用されるようになりました。

下草として利用されることが多く、和風庭園、洋風庭園どちらでも幅広く植え付けをされるようになりました。とても丈夫な植物なので何処に植えても重宝されています。また、最近ではご家庭での観賞用として鉢植えなどして観賞されている方も増えてきています。手入れなども簡単ですし、コクリュウの黒い葉の色は他の植物では見られないような色合いですので、一でも見ているだけで、安らぎを感じさせてもらえるような植物です。

コクリュウの特徴とは

テキスト引用
特徴はなんといってもその葉の黒さです。しかし真っ黒というわけではなく、ほんのりグリーンがかった黒緑色といえます。耐陰性がありますのでどういう場所でも使いやすいと人気があります。特に庭園ではグランドカバーとしてよく

特徴は何といっても葉の黒さが特徴となります。他の植物では洗わせられないような素晴らしい葉をしています。けして真っ黒ではありませんが、ほんのりグリーンかかった黒緑色と言えるでしょう。その葉を太陽の下で見るととても光輝いた色で何とも言えない安らぎを与えてくれています。暑さにも寒さにはどちらにも強くどのような場所で利用しやすいので人気があります。

特に庭園などに植える場合にはグランドカバーとして利用されることが多くなっています。初夏には薄紫色の花が咲き秋になると黒っぽい丸い実を付けます。この植物は育てるのに手間がかかることがほとんどなく、初心者の方でも育てるのは簡単ですし、とても育てやすい植物です。

見た目は雑草のように感じる方もいるようですが、ほとんどはきちんと植えられているものが多くなっています。最近ではグランドカバーとして植え付けをする方が多くなっていますが、グランドカバーとして使用するためには、植え付けの前に必ず整地しておくことをお勧めします。また、コクリュウは雑草の防止や水分蒸発を制御するために利用することもできます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

コクリュウは水などもほとんどあげなくても大丈夫ですし、特に手入れなどもしなくて大丈夫です。自然体で育つことが出来ますので、誰でもが植えることが出来ます。この植物の実は大変小さく葉に隠れていて見つけるのも大変です。なかなか見つけるのは難しくあきらめる方が多いいようです。

コクリュウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「コクリュウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

8,373view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,278view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,484view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

5,501view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

3,524view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

9,959view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

3,018view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

2,859view