• グレコマの育て方・栽培

グレコマの育て方・栽培

グレコマの育て方…

出典:育て方ラボ

グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせるだけで寄せ植えとして見栄えがよくなります。種類も豊富で、斑入りのものもあったり、葉の一部分が白色になっていたりする者などがあるので十分アクセントになります。

グレコマの育てる環境について

テキスト引用
非常に強い植物ですから、育て方はあまり難しくはありません。雑草として自生しているくらいですから、日本の気候には適しています。ヨーロッパを原産とするものでも日本の環境に適しているものが多く、関東よりも西であれば

それに雑草として自生していたりするものなので、ほとんど失敗することなく育てることが可能になっています。そしてとても日本の気候に適しています。もとは原産地がヨーロッパですが、日本の環境にとても適しています。関東よりも西であれば常緑のまま越冬させることも出来るので、グランドカバーにしてる場合は、枯れることなく緑色のきれいなまま冬も越すことが可能です。

あまりグレコマに花を要求する方は居ないですが、植木鉢で育てる場合でも、庭で育てる場合でも、日当たりは必要になります。グランドカバーや寄せ植えなど彩りの葉を楽しむだけならば日当たりはあまり気にしなくてもいいですが、花を咲かせたいとなった場合には、日当たりのことをしっかりと考えないといけないです。

そして小ぶりのものを育てたい場合には、あまり肥料などを与えないようにします。あまり与えないで育てていると、小ぶりのものになります。室内などで育てる場合に、あまり成長してほしくない場合は、栄養を与えないようにして、土も痩せたものにあえてしておくことによって小さな状態で育てることができます。

グレコマの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植え付けに適した時期は3月から6月ごろと、10月から11月頃です。夏の暑い時期と冬の寒い時期をのぞけば、だいたいどのような時期であっても植え付けることができます。ポット苗を購入してきて植え付けるのが手っ取り早いですが

植え付けはあまり気にしなくてもいいですが、一応適してる時期として歯、3月から6月ごろと、10月から11月ごろが適しています。余りにも暑い時期と寒い時期を除けばいいということになります。そしてはじめはポット苗を買ってきて植えます。その後は、さし木で増やすことも出来ますし、茎を植えつけたりすることもできます。グレコマは茎からも根がでてきます。ですから茎から出た根のところを切って他の土に植えておくだけで大きく成長したりします。

いろいろな茎を根を出したい場合は、土をかぶせておいたりすると自然と根を出して成長していってくれます。水遣りに関しては、特に庭で育ててる場合は気にしないで、自然に任せておけばいいです。しかしあまり雨が降らない場合は、与えるようにするといいです。また植木鉢の場合は、乾燥気味にしておいて、土が乾いてきたらたっぷりとした水を与えておきます。あまり水もあげすぎないようにしておくと管理が簡単です。

そして肥料なども特に気にすることなく、寄せ植えの場合は、他の植物の育て方に合わせておけばいいですし、あまり肥料を与えすぎてしまうと、大きく育ちすぎてしまうので気をつけないといけないです。あまり肥料を与えないで育てていると、葉が黄色くなってきたりします。葉が黄色くなってきたときには、液体肥料を与えてあげればいいので、あまり気をつける心配がないです。つるをしっかりと伸ばしたいや、大きく葉っぱを育てたい場合は、肥料は必要になってきます。

グレコマの増やし方や害虫について

テキスト引用
生命力が強いですから増やすのは容易です。まず、株分けによって増やすことができます。数年間育てると株がかなり大きくなってきます。株が大きくなってくれば株分けによって増やすことができます。そのタイミングについてですが

グレコマは生命力が強くて育てやすい植物です。ですから育て方や増やし方など、難しく考えなくても簡単に増やしたり育てたりすることができます。多少枯れたところが出てきたとしても、他のところでどんどんまた育っていってくれるので、株分けなどいろいろと増やす方法はたくさんあります。数年間グレコマを育てていたりすると、かなりの大きな株になってきます。ですからその株を半分に分けて植えると、株を増やすことができます。株は大きくなってくると、真ん中の部分が生育が悪くなってきます。

ですから生育が悪くなってきたら、株分けを行なってまた新たに育てなおせばいいです。また株分け以外には、勝手に茎から根が出てきます。その茎から根が出てきたところを切って植えるとどんどんまた育ってくれます。全体が枯れてしまわないように、たくさん育てておきたいという場合は、伸びすぎた葉っぱを切ったときなどに、水に挿しておくだけでも根が出て成長していきます。

いろいろな方法でたくさん育てることができるので簡単です。そして害虫に関しては、特に気にするような害虫はないですが、葉の裏などが蒸れてしまって、虫が発生してしまう可能性があります。多少枯れるのは仕方ないですが、かなり枯れてきた場合には、対策をしたほうがいいです。また葉っぱが食べられて大きな被害にあってしまったり、また枯れてきたときに対処するぐらいで普段から害虫対策は特にしなくてもいいです。蒸れないようにだけは気をつけておきます。

グレコマの歴史

テキスト引用
グレコマは世界中に色々な種類がありますが、園芸用として用いられるのはヨーロッパを原産とするものが流通しています。生息地としてはヨーロッパからアジアまで広く分布していて、最も流通しているのがヨーロッパ原産の

グレコマは、グランドカバーなどに使われることもあり、育て方も簡単なので、多くのところで栽培されています。そしてグレコマは世界中に色々な種類があります。園芸用としてのグレコマは原産がヨーロッパで、生息地としてはヨーロッパからアジアまで広く分布しています。種付けも非常に簡単です。そしてグレコマは多年草の植物で、草丈5から10cmでつるは1m以上の長いものになっています。開花期は4月から5月ですが、花の観賞よりも一年中葉は枯れないでいます。

シソ科の植物として日本に根付いています。そして日本のあらゆるところに生息していて、道端などにも普通にあったりします。一般的な植物でいろんなところで見かけます。名前の由来は、隣の家から垣根を通して侵入してくることからグレコマになっています。グレコマは、グランドカバーによく用いられまた、かってに生えていたりします。それに最近は寄せ植えなどにも使われて、つるで下のほうに垂れていくので、寄せ植えの前のほうに飾られることがおおいです。

グレゴマは寄せ植えなどにアクセントとして用いられることが多いので、最近はいろいろな種類のグレコマが登場しています。またハンギングや壁面緑化などにも使うことができます。這って伸びていくので、雑草として扱われることも多いですが、いろんな種類が観賞用などに登場していて、育てやすい植物になっています。増やし方もどんどん気にしないでも増えていってくれます。

グレコマの特徴

テキスト引用
グレコマは生命力が高く、繁殖力も高いです。日陰であっても明るければ育てることができます。鉢植えによって育てることもできますが、庭植えのほうが適しています生命力の強さは他の植物よりも優れていて、たとえば暑さにも

グレコマはかなりの強い植物です。ほっておいてもどんどん育っていってくれるので、株分けなども簡単にできて、いろいろなところに寄せ植えとして使いたくても簡単に増やすことが可能になっています。そして生命力もかなり強く、繁殖力も高いです。ですから雑草として扱う方も居ます。しかし、強いし特にお手入れをすることがないのでグランドカバーとしても利用してる方も多いです。

多少庭の日陰のところでも、少し明るかったら育てることができます。ですから日陰で育てるのが難しいところでも、グレコマを育てるといいです。また植木鉢で育てるのと、庭で育てるのであったら、庭で育てるほうが育ちやすいです。

庭でしたら雨が降れば自然に育つので、暑いや寒いにも強いので、そのまま放置していても育ちます。寒さについても強く、マイナス10度まで耐えることができます。ですから日本のあらゆるところで育てることが出来ますし、また冬になって常緑のまま冬越しをします。ですからグランドカバーとしては最適な植物です。そして寄せ植えの場合でも、いろんな種類のグレコマがあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

斑入りのものもあったり、葉の一部分が白色になっていたりするとアクセントになります。そして葉の大きさもコンパクトなものも多いので、寄せ植えのアクセントとして最適ですし、また単体でグレコマだけを植えるときにも、少し斑入りのものもあったり、葉の一部分が白色になっているものを植えるとおすすめです。

グレコマの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「グレコマ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

1,332view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

1,732view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

1,593view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,171view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

1,851view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

1,494view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

1,586view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

2,067view