• グレープフルーツの育て方・栽培

グレープフルーツの育て方・栽培

グレープフルーツ…

出典:育て方ラボ

もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が0°Cにならないように気を付ける必要があります。国内では、種子島以南の場所であれば、果実が大きく、甘みや水分の多いものを栽培することができます。

グレープフルーツの育てる環境について

テキスト引用
グレープフルーツは寒い場所での栽培は適していません。育てる場合は出来るだけ日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。成長を続ければ15m前後の高さまでになるので庭に植える際は周りの環境に配慮をし、余裕をもって

観葉植物として楽しみ、実の収穫を期待しないのであれば、気候はもっと低くても、木を育てることはできます。品種は、耐寒性の強いものとして、ダンカンが適しています。グレープフルーツの中でも一番大きな実ができ、種無し品種なので、食べやすく、多くの人に好まれています。育てる際に、いくつか気を付ける点があります。

日当りの良いところで育てることと、雨に当たらないようにする、という点です。暖かい地域で育てるのでなければ、冬は部屋の中に取り込めるように、鉢植え栽培にしていたほうが栽培しやすいです。冬は、コモやビニールなどで保護することもできます。また、成長を続けると、15m前後と大きな木になります。

それで、庭に植える際には、成長した時にほかの植物の妨げにならないように、余裕をもって植えつけるようにします。また、ことわざに「桃栗三年、柿八年、ゆずの大ばか18年」という言葉があります。柑橘類はタネから育てた場合、花が咲くまでに18年~20年ほどかかるので、収穫までには根気強さが必要ですが、その分実がなった時の喜びもひとしおです。

グレープフルーツの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
低温に弱いのでマイナス3℃以下になると枯れ始めます。冬はむしろを樹全体に覆い、寒さ対策を行っていきましょう。施肥は4月、6月、8月、10月に、固形肥料の置き肥を与えます。様子を見ながら追肥を3~11月にかけて、薄めの

では、どのような育て方なのでしょうか。グレープフルーツは、種から育てることもできますが、少し難易度が高いため、苗から育てると初めてでも比較的上手に育てられます。種付けはいつ頃が適しているのでしょうか。一般的に、暖かくなった3~4月ごろが適しています。寒くない時期という点で考えると、6月中旬まで問題ありません。選定は、開心自然形仕立てが適しています。発芽がはじまったら、剪定をしながら、徐々に形を整えていきます。

肥料のやり方については、隔付きで、固形肥料の置き肥を与えるようにします。さらに様子を見ながら、3月から11月の間、薄めの液体肥料を1週間に一回与えると、順調においしい実をつけるのに役立ちます。受粉に関しては、特に受粉樹は必要ありません。自家結実しますが、他の柑橘類の花粉で受粉させたほうが効率よくできます。また、人工受粉をおこなった方が実がなりやすいので、少し手間はかかりますが、こうした工夫も積極的に取り入れることができます。水のやり方はどのようにするとよいでしょうか。水やりは、あまり多くあげすぎると病気になります。

それで、目安として、生育期の場合、土の表面が乾いて来たら、上げるようにします。その際、たっぷり上げるのではなく、まだ表面が若干乾いている状態にとどめるようにします。冬の時期は、あまり土の表面が乾燥することが夏に比べありません。それで、特に水をあげすぎないように注意することが大切です。その他にも、果実が大きくなってきた場合、柱を支柱で支えるといった一工夫も栽培に大いに役立ちます。

グレープフルーツの増やし方や害虫について

テキスト引用
受粉は必要がなく、自家結実しますが、出来れば他の柑橘類の花粉で受粉させたほうがよいでしょう。人工受粉をした方が実が出来やすくなります。接ぎ木をする場合は2月下旬から4月上旬または9月頃がお勧めです。種から増やす

増やし方に関しては、3通りあります。受粉の場合、人工授粉のほうが、実ができやすくなります。自家結実もします。接ぎ木という方法もあります。この場合、2月下旬から、4月上旬、また9月ごろの、寒すぎず、暑すぎない時期に行うと効果的です。種から増やす、という方法もあります。この場合、収穫後すぐに種をまくようにします。グレープフルーツにつく害虫もいくつか種類があります。代表的なものは、エカキムシです。この虫は、葉を食物としており、食べた後が絵を描いたように見えるために、この名前となりました。

また、アゲハチョウも卵を産みに来ます。アブラムシやカイガラムシ、ハダニなどの害虫に襲われてしまう場合もあります。では、どのように予防することができるでしょうか。一つの方法は、葉を定期的にチェックすることです。そのようにすることで、早めに取り除き、害を最小限にとどめることができます。

殺虫剤で殺すこともできますが、健康面を考えると、なるべく使わないほうが好ましいです。それで、事前に予防するためにネットをかけておくという手もあります。その他注意する点として、実がたくさんなる場合に、余分な実を取り除くようにします。このようにすることで、一つ一つの実により栄養を集めることができ、おいしい果実を収穫することができます。また、葉が傷んだ場合には、早めに取り除くようにします。そのようにすることで、他の病気を予防することができます。

グレープフルーツの歴史

テキスト引用
グレープフルーツの生息地は亜熱帯地方になります。ミカン科・ミカン属になり、原産地は西インド諸島になります。グレープフルーツの歴史は300年ほどとそれほど古いものではありません。18世紀に西インド諸島のバルバドス

甘酸っぱくて、大きくて、食べ応えのあるグレープフルーツは、そのままでも、ジュースやマーマレードなどの加工品でも一般的に親しまれている果物です。健康にもよいとされており、ブドウとは味や色、形が似ていないものの、どうしてグレープフルーツと呼ぶのでしょうか。その理由は、房になる様子にあります。グレープフルーツは、木に身を着けている状態が、一つではなく、いくつもまとまっています。その様子が、ブドウに似ているため、グレープフルーツと呼ばれるようになりました。

では、その歴史はどのようなものでしょうか。最初に発見されたのは、1750年、西インド諸島のバルバドス島といわれています。ブンタンとオレンジが自然に交配したもので、ブンタンの特徴を多く受け継いでいます。その後19世紀の初めにアメリカのフロリダに伝わり、栽培が多く行われるようになりました。日本にも大正4年にアメリカから伝わりましたが、もともと亜熱帯が生息地の果物です。

日本の寒さに適応せず、栽培することができませんでした。今日まで国内ではほとんど栽培されていません。昭和の初期になって輸入されるようになりましたが、当時は珍しく、なかなか手に入らない高級フルーツとして注目されていました。1971年になって輸入が自由化されるようになって、大衆的なフルーツの一つとして多くの人に親しまれるようになり、今に至ります。現在では、生産量第一位は中国、次いでアメリカ合衆国、南アフリカ共和国です。

グレープフルーツの特徴

テキスト引用
グレープフルーツの木は、常緑樹であり5m程の高さのものが多くあるでしょう。成長をすればもっと伸び、15mくらいの高さになるものもあります。グレープフルーツにはいろいろな種類があります。大きく分けるとホワイトとルビー

特徴は、ミカン科ミカン属で、味は、適度の酸味と苦みがあります。多汁なため、ジュースなどによく加工されます。アメリカンフルーツといわれるほど、アメリカ人に好まれており、朝食の定番です。特に、アメリカのフロリダ、カリフォルニア、アリゾナに大産地があり、質の良いものが生産されています。

グレープフルーツの主な品種は、三種類です。ホワイト・マーシュ、ピンク・マーシュ(ルビー)スタールビーです。一般的に一番多く売られているのは、ホワイト・マーシュです。皮は黄色で、果肉は白黄色です。果汁が多く、苦みが若干多いのが特徴です。ピンク・マーシュは、ホワイト・マーシュは一見変わらない黄色ですが、内側の果肉が赤みがかった色をしています。

スタールビーは、皮が若干ピンク色です。果肉は、かなり濃い赤色です。今までは、ホワイトマーシュがメインで売られていましたが、最近はルビーも同じくらい輸入されるようになってきました。その他の特徴として、健康や美容にもよい作用があります。例えば、亜熱帯を原産としているため、熱を冷ます作用があります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

また、消化機能を整え、口の渇きをいやしてくれます。甘みだけでなく、酸味や苦みのある果物なため、二日酔いや胃もたれの際に効果的です。その他、苦みのもとであるポリフェノールの一種、ナリンギンは抗がん作用があることでも有名です。特に皮の近くの果肉に多く含まれているので、積極的に食べると効果的です。

グレープフルーツの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「グレープフルーツ」に一致する植物図鑑

「グレープフルーツ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,842view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

4,746view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

2,764view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

16,011view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

2,591view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

3,263view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

8,498view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

3,281view