• オキナワスズメウリの育て方・栽培

オキナワスズメウリの育て方・栽培

オキナワスズメウ…

出典:育て方ラボ

オキナワスズメウリの育て方・栽培のまとめです。育て方は、日当たりで育てるようにしましょう。沖縄地方では自生をしています。日当たりの中では元気よく育つ植物なので、温かい沖縄地方では特に育ちやすい植物と言えるでしょう。

オキナワスズメウリの育てる環境について

テキスト引用
育て方としてはどのような環境が適しているかになりますが、まずは日当たりで育てるようにします。日本では沖縄地方などで自生をしています。特に木々がうっそうとしているところでないと自生しないわけではないので、日当たりの

暑いところなので、オキナワスズメウリは耐暑性がある植物だと言えます。木々がたくさんあるところでないと育たないというわけでもありません。日当たりがよくて温かい場所なら自生します。沖縄地方の暑さは独特です。

本州も夏は暑いですが、その暑さの度合いが沖縄地方は違います。太陽の日差しがジリジリすると感じられるほどです。それぐらいの強烈な暑さでもオキナワスズメウリは元気よく育ちます。普通の植物なら、あまりに暑すぎると弱ってきてしまうこともあります。ですがオキナワスズメウリはこれらの心配も全くありません。

とても暑さに強い植物です。オキナワスズメウリはつる性なので、周りにはって行くための部分がないと上に上がれません。もしも自分で育てる場合は上にはっていけるように自分で用意してあげる必要があるでしょう。

ネットならホームセンターでもすぐに購入できますし、値段も安いのでおすすめです。ネットを張ってつるが上に行けるようにしてあげるといいでしょう。元気よく育っていきます。あとは棒を一本用意して立てておくだけでもいいですし、家のフェンスがあるならそれを利用するのもいいでしょう。家のフェンスならわざわざお金を出して物を買ってくる必要もないので楽です。

オキナワスズメウリの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
水やりとしてはどのようなことを気をつける必要がある家ですが、土が乾いてきたら水を積極的に与えるようにしていきます。つるがどんどん伸びていく時には水分もたくさん必要になってきますから、そのときにしっかり与える必

オキナワスズメウリを栽培するには、土が乾いて来たらどんどん水をあげることがとても大切になります。オキナワスズメウリはつる性なのでつるが上にどんどん伸びていきます。その時に水分も多く必要になります。だから土が乾いていると感じたら水をたっぷりとあげましょう。

つるは春から夏にどんどん伸びていきます。だからその時期は水やりも小まめにすることがポイントになります。オキナワスズメウリは緑のカーテンとして育てるにもおすすめの植物です。その場合は春先からどんどん育てるようにします。水分不足にならないようにしましょう。夏が近づくにつれて気温もぐんぐん上がっていくのですぐに水分が不足してしまいます。

マンションで育てる場合はプランターになるでしょうから、特に多くの水分を与えてあげなければいけません。水分不足にならないためにも、毎日何時ごろに水をあげるか決めておくといいでしょう。毎日朝にあげるなら、それを日課にすると水やりを忘れてしまうこともなくなるでしょう。肥料は適度に与えると大丈夫です。

花が咲く時期や生育時期は液体肥料を与えましょう。液体肥料は即効性のあるものと緩効性のものをうまく使い分けることが大切なポイントになってきます。はじめは緩効性のものを使いましょう。そのあとに即効性のものを使うといいでしょう。どんどん成長しているときには即効性のもののほうが有効的です。うまく肥料を使って上手に育てていきましょう。

オキナワスズメウリの増やし方や害虫について

テキスト引用
1年生の植物ですから株分けなどをして増やすことが出来るわけではありません。種をとって増やすことができるので行ってみましょう。種子を取るにはまずは実をならす必要があります。赤い実の状態で放置しておくとそのうちどんどん

オキナワスズメウリは一年生の植物です。だから株分けなどをして増やすということが出来ません。増やすには種を取って増やすという方法になります。種子を取るにはまずは実をならしましょう。赤い実ができるので、そのまま状態で放置しておきましょう。

すると赤い実がどんどん乾燥してきます。赤い実の中にあるものが種子です。少し変わった形をしています。種子はそのまま種付けするのではなく、まずは綺麗に洗いましょう。実の部分には発芽抑制物質が含まれています。それが残っていると発芽しにくくなります。だから洗って綺麗にすることがポイントになります。

そのあとに陰干しをしましょう。種子を取るときはちゃんと熟した物を取るようにしましょう。赤い実になっていることがポイントです。もしもまだ緑色の実なら、それはまだ熟していないということなのでそのまま置いておきましょう。種まきは春ごろに行います。気温が20度以上になる頃が最適な時期です。だから4月の中旬ごろが種まきにいい時期でしょう。植木鉢などに種をまきます。

その上に土をかぶせます。土は5センチぐらいかぶせるといいでしょう。発芽まで2週間ぐらいかかります。発芽するまでは土が乾かないように水をあげましょう。芽が出て葉っぱが4枚以上になるまで待ちましょう。そのあとに本格的に植える場所に移動させます。植え替えはそのまま行っても大丈夫です。害虫はあまり心配がありません。病気の心配もあまりありません。

オキナワスズメウリの歴史

テキスト引用
植物にはいろいろな目的で栽培されたりするものがあります。よくあるのは食用になるでしょう。日本においては米を始めとして野菜などが食用として栽培されることがあります。それ以外においては観賞用として栽培されることがあります

オキナワスズメウリは日本のトカラ列島の口之島以南の琉球列島が原産であり、また生息地となっています。オキナワスズメウリが作られた目的は少し変わった理由でした。動物の飼料として利用するために育てられました。人間が食べることはありません。

普通人間が食べる以外には植物は観賞用として育てられますが、オキナワスズメウリは動物の飼料目的なので少し変わった目的で作られています。日本以外でもオキナワスズメウリはあります。台湾にもありますし南中国にもあります。そのほかにもオーストラリアやアフリカにもあります。様々なところで育っています。見た目が可愛らしいです。だからもちろん観賞用として育てている人もいます。

日本では琉球おもちゃウリとして流通していることもあります。日本ではこの名前のほうが馴染みがあります。中国名では毒うりとも呼ばれています。これにも理由があります。オキナワスズメウリの果実や根に有毒成分が含まれているからです。だから毒うりという風に呼ばれています。インドでは食用になっています。ネパールでは薬のように使っています。国によって様々な使い方をしています。

他にも、農業分野では食害対象になっています。害虫が付くので、虫の研究をするためにも使われています。オキナワスズメウリは今までの歴史上を見ても本当に様々な使われ方をしている植物です。用途が数多くあってとても面白みのある植物だと言えるでしょう。研究のし甲斐があります。

オキナワスズメウリの特徴

テキスト引用
この植物は被子植物に該当します。バラ類、真正バラ類のウリ目、ウリ科になります。注意しないといけないのはスズメウリ属ではないことです。オキナワスズメウリ属とこの植物の属性がありそちらに属する植物として知

オキナワスズメウリの特徴は、被子植物です。そしてバラ類、真正バラ類のウリ目、ウリ科です。スズメウリ属ではありません。この点は注意しなければいけないところです。

オキナワスズメウリ属に属性があります。オキナワではクロミノオキナワスズメウリと呼ばれている植物もありますが、これは別の植物になります。クロミノオキナワスズメウリはスズメウリ属に属します。これら二つは見た目はあまり変わりません。でも違う植物なのでその違いはわかっておきましょう。オキナワスズメウリはつる植物になります。だから毎年新しい根が生えてきます。毎年楽しめる植物になります。葉っぱは少し長めになっているのが特徴になります。

長さと幅はともに10センチぐらいあります。葉っぱは掌のような切れ込みがあります。切り込みから分かれています。葉っぱのふちはギザギザになっているのも特徴です。見た目は光沢があります。そして葉っぱを触ってみるとざらつきがあります。オキナワスズメウリの花は雄花と雌花が別々になっています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ですが雌雄同株になっているので、ひとつの株で実をつけることが可能です。よく見ると雄花と雌花は一つの葉腋から出ています。花の色は白色です。直径は1センチぐらいあります。花は果実になります。形は真ん丸です。果実の直径は2センチぐらいの大きさになります。始めは緑色をしています。そして徐々に赤色に変化していきます。色が変化する過程も面白いので見てみましょう。

オキナワスズメウリの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「オキナワスズメウリ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,778view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

3,302view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

3,783view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,782view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

4,104view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

3,641view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

4,625view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,534view