• キンバイソウの育て方・栽培

キンバイソウの育て方・栽培

キンバイソウの育…

出典:育て方ラボ

キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます。気候としては涼しいところがよさそうですが、太陽はしっかりと当たるところがよさそうです。

キンバイソウの育てる環境について

テキスト引用
育てる環境としては、元々の種が中部地方の山岳部によく見られること、そしてそれ以外の地名のついた種は、それよりも北部で見られることから、寒さに対する耐久性はあるものの、暑さにはさほど強くないと言われています。そのため

土地の状況としては湿ったくらいのところでも育つことができます。環境が整っているところであれば太陽が当たり続けるところでも問題ありません。しかし平地の場合はあまり太陽が当たり続けるのは問題です。夏の日差しは非常に強くなります。また非常に暑くなるとされています。さらに直射日光が照りつけたり、西日が強く当たるようなところも良くありません。

日常的に育てようとするならそれなりに環境を整える必要が出てきそうです。種類によっては寒い地域で育つものもあるので耐寒性はあります。ですから冬でも外で管理することができます。春や秋は日あたりがそれなりにあるところで、夏になると半日陰など日差しが抑えられるところにします。

日差しが日常的に強く照り付ける場合は遮光をすることで日差しをコントロールするようにします。それによって夏の日差しでも管理できる場合があります。高山や山に育つ植物だからと言って寒い気候、気圧などの状況を合わせる必要はありません。一般的な平地でも育てられる実績があります。暑くなりすぎないように注意をすれば必ずしも育てるのは難しくないといえます。気を遣いすぎることはありません。

キンバイソウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
主に、宿根草の状態のものを購入して育てます。植え付けでも鉢植えでも構いません。土壌に関しては、一般的に売られている高山植物用の土で問題はありませんが、鹿沼土、腐葉土、火山レキなどを混ぜて作っても大丈夫です。火

キンバイソウの育て方として種付けを行うときの方法です。植木鉢にも庭にも植えることができます。植木鉢に植えると環境の変化に対応しやすくなります。庭植えだと遮光などの設備をそれぞれの花に行う必要があります。一方で水の管理がしやすいのが庭植えです。多くの場合特別に水を与える必要がなくなります。常に面倒を見ることができない場合は庭に直接植えた方が植物のためには良いこともあります。土は高山植物用の土が売られているのでそちらを利用します。

混ぜるときには少し工夫が必要になります。鹿沼土、腐葉土、火山レキを混ぜて作ることがあります。火山レキは必ずしも手に入るわけではないので砂利などで代用することもあります。高山植物だから高山の土をそのまま使う必要はありません。腐葉土を使うことで成長を促しやすくなるメリットがあります。水やりは植木鉢で行うときは乾燥させないように管理をします。育つ環境としてちょっとした湿地があります。

水が浮いているような湿地ではありませんが、山などではよく見られる環境です。この状態を意識すると乾燥は好ましくありません。庭に植えようとするときはあまり意識をする必要はありません。真夏になると雨が降らない日が続くと乾燥することがあるのでその時は水やりを行います。肥料は開花をする前の3月ごろが適期と言われます。植え替えをするときに土を入れ替えることがありますがこの時にも与えることで元気良く育てられます。

キンバイソウの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方は、植え替え時の株分けが多いですが、種から育てられる方もいらっしゃいます。どちらでも好みの方法で、増やしていくことが可能です。株分けの時期は、地上部が枯れている時期に行うか時期を決めて3月頃を目安に行

キンバイソウの増やし方では種まきがあります。種まきのいいところは一から育てることができることです。決して簡単ではなく、種類によっては芽が出にくい、芽が出てもすぐには花が咲かないものもあります。苦労して何年もかけてようやく花が咲くようなこともあります。花が終わった後に種が付きますからそれを取っておくようにします。この花の場合は種を保存してまくのではなくとりまきを行います。乾燥に弱い植物ではとりまきをしないといつまでたっても発芽しないことがあります。

より自然に近い種のまき方になります。簡単に増やす方法として株分けがあります。多年草の場合は根がそのまま残ります。そしてどんどん成長します。植木鉢などで育てるとそのままだと植木鉢いっぱいになることがあります。その時に株分けを行います。行う時期としては植え替えをするときが良さそうです。3月ごろに行います。株の状態を見て良く育っているものを選んで行います。

分けた時には新芽や根っこの付き方を見ておきます。バランスよく分ければ同じように育てることができます。害虫対策で何が必要かはあまりないとされています。特につく虫がなく病気にもそれほど弱くありません。周りで植物を育てているとそれらにつく虫などがつくことがあるので適切に対処をします。葉っぱの様子を見ると虫がついていれば食われることがあります。つぼみなどを食べられることがあります。食べられる前にきちんと対応するようにします。

キンバイソウの歴史

テキスト引用
キンバイソウの歴史は、文献が少なく、定かなものはありませんが、原産は日本であると考えられています。国内にあるキンバイソウは、キンバイソウの名前がつくものがあり、エゾキンバイソウやシナノキンバイ、レブンキンバイソウ

冬から春にかけて咲く花として梅があります。桜が咲くのに先んじてよく似た花を咲かせます。それぞれ同じ仲間と言われています。桜が暖かくなってきたときに咲くのに対して梅はかなり寒い時期から花を咲かせます。春がもうすぐ来るのを感じさせてくれる花と言えるでしょう。日本ではなじみのある梅ですがそれだけに梅に関するいろいろなものもあります。キンバイソウと呼ばれる花があり良く知られています。漢字だと金梅草になります。

梅の花に似ていることからこのように呼ばれているようです。さすがに金色ではありませんが、金を感じさせるくらいに鮮やかな黄色の花をつけることからこう呼ばれてきました。原産、生息地としては日本でも多く見られることが知られています。花の名前では地域の名前が付けられることがありますがこの花の仲間でもそれぞれ地域名がついたものが知られています。エゾとついたりレブンとつくことがあります。エゾは今の北海道のことです。

レブンは北海道の北部にある礼文島からつけられたと想像できます。礼文島は冬は非常に厳しい寒さで雪もたくさん積もります。極寒の島のように感じますが春からは一気に様子が変わります。いろいろな花が咲くしまとして人気があります。その中の一つとしてこの花もあるのでしょう。花は寒さに弱いものもありますが、この花は比較的強い花の種類と言えるかもしれません。それよりも北の地域でも育つ力を持っている可能性はあります。

キンバイソウの特徴

テキスト引用
金梅草の特徴としては、名前の由来にもなった、梅の花のようなで、黄色くなるところにあります。黄色を金と当て字を使用するところが日本人が草木愛でる奥ゆかしさを表現しています。開花の時期は夏で、7月頃から9月頃に見られます

キンバイソウの特徴は一般的な草花になります。梅からちなんでいることから梅のように木がありそこに花をつけるように感じるかもしれません。似ているのはあくまでも花の形のみです。葉っぱなども特に梅に似ているわけではありません。学術的な分類では被子植物、双子葉植物、キンポウゲ目、キンポウゲ科、キンバイソウ属に該当します。

この花の学名を見ると最後にNakaiとつけられています。日本人のナカイさんが何らかの関係をした花であることが想像できます。多年草の花で、生息地域としては山地から亜高山のやや湿った草地、林の中などで育つとされています。花の丈は一般的には50センチくらいになりそうです。大型に成長すると1メートルぐらいまでになることがあります。茎は節ごとに2つに分かれます。

そしてピンと直立します。葉っぱは葉柄なしに直接茎につくタイプです。一見手のひらに見えるような形をしています。それが茎の中央付近についています。花茎が伸びてその先に花がついています。花の色は黄色ですがかなり色の濃い黄色です。ヤマブキと呼ばれる花がありますがその花に似たような色です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花の直径は3センチから4センチぐらいになります。花弁のように周りについていますが実際はこれは花のがくに当たります。真ん中に芯のように見える部分がありますが、その中の太い部分が花びらになります。細いものが雄しべです。花が咲く時期としては7月くらいから8月中旬とされます。

キンバイソウの育て方・栽培に関連する無料素材

「キンバイソウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

8,575view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

4,828view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

25,863view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

25,155view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

8,497view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,885view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

6,543view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

13,983view