• キルタンサスの育て方・栽培

キルタンサスの育て方・栽培

キルタンサスの育…

出典:育て方ラボ

キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を持っています。開花時期がとても長くて、組み合わせたりすることによって、かなり楽しむことができる植物です。

キルタンサスの育てる環境について

テキスト引用
キルタンサスは南アフリカを本来の生息地としている植物です。冬に咲く品種では12月から2月が開花時期になりますし、夏に咲く品種では5月から8月に咲くと言う性質を持っています。開花時期が比較的長く、楽しむことが出

そして暑さにはとても強いです。それに寒さにもそれなりには耐えることができます。だから普通に育てるには、とても育てやすい植物で、多年草なので、長い期間を楽しむことができます。そして日当たりのよい環境を好みます。球根はできるだけ太らせることが大事です。

球根を使ってまた新しく植えるためには、しっかりとした球根に仕上げることが大事です。ですから早めに掘り返したりしないで、長い間土の中で育てさせて冬の寒さには強いですが、あまり0度にならないようにしたほうがいいです。0度になりそうになった場合には、室内などに移動をさせて0度を下回るのを防ぎます。そして大きく太く育った球根は時期が来たら植えて育てます。日当たりと水はけのよいところであれば、あまり場所も選ばず育てることができます。

やせたところでも育てることが可能です。植えっぱなしでもいいものもあるので、あんまり手を加えなくても自然に育ってくれます。そしてあまり水をたくさん与え過ぎないようには気をつけたほうがいいです。あまり水が多いと、球根が腐ってしまったりすることがあります。キルタンサスの育てる環境は過保護にならない程度がいいです。

キルタンサスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
キルタンサスの植え付けに関しては春又は秋に球根を植え付けると言う対応が求められます。庭に植える場合には地表すれすれの位置に埋めると良いですし、植木鉢で栽培をするのであれば球根の上部が少し出る様な感じで浅く植えると

キルタンサスに植え付けは、春か秋に球根を植えつけます。そして植えつける場合には、庭に植えるときには、地表すれすれの位置に植えます。また植木鉢の場合は、球根の上部が少し出るような環境で浅く植えます。そして植えたら毎年植え替える必要がないです。ある程度期間をもって、しっかりと根を育てることがおすすめです。ですから毎年の植え替えを行なうことをしないで、定着をさせてあげて数年は同じ植木鉢で育てて大きくさせていきます。また水やりは気をつけることはあまり水を与えすぎて、過湿になりすぎないようにします。

水が多くあると、球根を傷めたり、また腐ってしまったりすることもあるので、土が乾いたら、たっぷりと水を与えて、またしばらく何もあげないで育てるを繰り返します。強い植物なので、あまり球根も傷むことは少ないですが、しっかりと水をやりすぎてしまわないように気をつけます。また肥料に関しては、痩せた土でも育つぐらいの強い植物です。ですからあまりあげなくても問題がないです。

しかし少し成長をさせたいなどの場合に、少量の肥料を与えてあげるといいです。控えめにしておくことが大事です。与えすぎてしまうと痛んでしまう原因になるので、肥料は控えめに、水分も控えめに、あまり何も与えすぎないようにすることがおすすめの育て方になります。キルタンサスの場合は、過保護にしないほうがよく育って丈夫で頑丈なキルタンサスに育ってくれることにつながります。

キルタンサスの増やし方や害虫について

テキスト引用
キルタンサスを育てるのに際して心配しなければならない病気と言うものは存在していません。そのため非常に育てやすい種類の植物であると言えます。また害虫に関しても特に注意が必要な種類の虫の存在は知られていません。そのため

キルタンサスの害虫対策について、ほとんど考えないといけない害虫は居ないです。それに心配をしないといけない病気などもないので、扱いやすい植物です。害虫や病気などを心配しないで育てていくことができます。またキルタンサスの増やし方は、分球が一般的です。自分達の手で分球を行なうのもいいですが、何もしなくても勝手に増えていったりします。かなりたくましい植物なので、何もしなくてもいいです。もしも芽が絡み合ってしまって混みあった場合には、掘りあげて株分けをしながら植えつけるのがいいです。

キルタンサスの増やし方として種から育てる方法もあります。しかし種から育てると、かなりの時間がかかってしまいます。何年も長い時間がかかってしまうので、ほとんどの場合が、株分けを行なったり、分球をしたりといった方法で育てています。痩せた土でも育てることができますが、しっかりと育てる場合は、水はけのよい土を作ります。いろんなところで簡単に育てることができるので、自生しているものなども多いです。

そして球根も自然と分球したりするので勝手に育ってくれます。自宅の庭などに植えていると、勝手に育って毎年花を咲かせてくれたりもしますので、空いてるスペースがある場合は、育ててみるとおすすめです。そして植えた後は特に管理をすることがないので、庭の場合は、そのままほっておくこともできておすすめです。水の与えすぎだけには気をつけていると、後は勝手に育ってくれたりします。

キルタンサスの歴史

テキスト引用
キルタンサスは南アフリカに自生している花であり、その種類は非常に豊富に存在しています。花の形や性質なども非常に多岐にわたり、キルタンサスと言う花の特徴を代弁してくれるような整った性質を持っていないという状況にあるため

キルタンサスは生息地が南アフリカです。栽培されている植物ではなく、原産が南アフリカで自生している花です。そして種類に関してはかなりたくさんの種類で豊富あります。そして花のや性質などがいろいろと多岐にわたってあるので、キルタンサスという花の特徴は何かとなると、一般的にどういったものなどということが困難です。決まった性質があまりないので、それぞれ違った性質を持っています。しかし日本では、このキルタンサスという花は、マッケニーと呼ばれるものであるのが一般的です。

このマッケーニは、日本では笛吹水仙と呼ばれるもので有名になっているので、日本では、キルタンサスは笛吹水仙だったりします。球根で育って多年草です。ですから長い期間きちんと管理をすることによって、楽しむことができます。草丈20cmから50cmぐらいになって開花をする時期は12月から2月のものが冬咲き種で、5月から8月が初夏咲き、夏咲き種といいます。開花時期が長いので、長い時間楽しむことができます。

花色は赤やオレンジや黄色やピンクや白色です。耐寒性は普通で耐暑性は強いです。種付けは球根で育つ品種なので、どんどん球根が自然環境下で育っていきます。そしてどんどん増えていって生命力が強い品質なので、育て方としても手間がかからなくて、簡単に育てることができる花としておすすめです。そして簡単な育て方が出来る上に、開花期間も普通の植物に比べると比較的長いので、十分楽しむことができます。

キルタンサスの特徴

テキスト引用
キルタンサスは南アフリカにを原産地とする植物であり、約50種類ほどが自生している球根植物として知られています。その種類によって形や性質が大きく異なるという変化に富んだ種類であり、大きく分けると冬に花が咲く種類

キルタンサスは夏に花を咲かせてくれるタイプのものと、また冬に花を咲かせてくれるタイプのものと両方あります。どちらも同じ種類に分類されて、原産地は南アフリカですが、球根を輸入しているのはヨーロッパからだったりします。そして日本においては比較的最近の花です。球根も簡単に増えてくれますし、また栽培に関しても簡単なのがおすすめのポイントです。

球根がたくさん増えてくれてそれがまた育って咲いたりするので、園芸用の花だったものが、野生で自分で勝手に育っているケースもあります。非常に多くの種類のキルタンサスがあって、特徴は何かといいにくいですが、日本ではキルタンサスといえば笛吹水仙が有名です。

約50種類ほどが自生している球根植物なのでまったく違った花の形をしているものや、形状のものもキルタンサスだったりします。日本ではキルタンサスは笛吹水仙を指してることが多いです。このキルタンサスの笛吹水仙は、細長い筒状のラッパのような形をしています。少し曲がりくねっていますが、ラッパのように筒の形をしています。花が冬の間咲き続けてくれます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

そして花の色は、赤色やオレンジ色、また黄色やピンクや白色などさまざまな色があって、鮮やかな色になっています。そして植えっぱなしでも育つので、とても育てやすく自生をしていたりもします。どんどん球根が増えていくので、球根を取っておいて植えれば、また簡単に新しいキルタンサスを育てていくことができます。

キルタンサスの育て方・栽培に関連する無料素材

「キルタンサス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,238view
小町リンドウの育…
小町リンドウの育て方・栽培
小町リンドウが育つ環境ということでは、生息地がヨーロッパなので、四季がある日本では、春と秋が育ちやすい環境ということになります。環境としては越冬はできませんし、…

育て方ラボ 公式ページさん

5,301view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

12,169view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,408view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

2,524view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

5,049view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

8,225view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,438view