• カロケファルスの育て方・栽培

カロケファルスの育て方・栽培

カロケファルスの…

出典:育て方ラボ

カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日なたに置いておいても、夏場は半日陰に動かすなどの必要が生じてくるでしょう。

カロケファルスの育てる環境について

テキスト引用
育て方において、どのような環境に置くようにするかですが、日当たりを好むことから日当たりを中心に管理をしていくようにします。しかし夏における多湿、過湿状態を好みません。あまり湿った状態になっているとそれによって

暖地においては、霜にあたることさえなければ、室内でなくても冬を越すことができる植物です。日当たりを好む植物となっているので、基本的には日の光がよく当たる場所で育てます。しかし、夏の高い気温や多湿には弱いので、夏の管理が重要になってくるでしょう。育て方で注意する点はそこまで多くはありませんが、夏の管理をおこたったために枯らしてしまったという話も少なくないので、注意が必要です。

流通するのは、冬場なのですが、夏場にカロケファルスの姿を見かけなくなるのは、夏の管理が難しいという証拠なのかもしれません。夏場は午前中の日の光が当たるような、たとえば建物の東側など、午後の強い日差しをよけることができる半日陰などが適しています。1月から3月には霜をよけることができて、さらに日当たりの良い場所に置いてあげたほうが良いでしょう。

多湿にも弱いので、4月から6月くらいまでは、雨をよけることができる場所、7月くらいからは、日差しも強くなるので半日陰に、これも雨をよけられる場所のほうが適しています。9月くらいからは、日の光もやさしくなってくるので、再び雨をよけることができる日なたへと移動させてあげましょう。

カロケファルスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培においては生育サイクルを考えて行うようにします。秋から冬にかけて植え替えをします。冬、春、夏と鑑賞することができます。このときに管理上最もネックになるのが夏です。夏の過湿、多湿で失うことになる場合があります

カロケファルスは、1年を通してその銀白色の姿を楽しむことができます。加湿を嫌う性質があるので、水やりは土の表面が白っぽく乾ききるのを待ってから行うようにしましょう。一方で、乾燥には強い性質を持つ植物です。ガーデニングにおいて、植物を枯らす原因というのは、水をあげ忘れることよりも、水のあげすぎが多くあるようです。カロケファルスもそのひとつで、水をあげすぎるよりは乾燥ぎみに育てたほうが良いでしょう。乾いてしまってからの水やりで十分な植物です。

冬の間はさらに水を控えめに与えるようにします。夏場でも与えすぎることがないように注意しておきましょう。鉢植えの場合も、多湿には弱いので、梅雨の時期や秋の長雨にはあてないように工夫することが必要となってきます。庭に地植えしている場合には、水を特に定期的にあげる必要はありません。夏場の高温多湿に弱いので、そのことを考慮に入れると鉢植えのほうが地植えより適しているかもしれません。肥料はそれほど必要ではないようです。

春の4月から6月頃と、秋の9月から10月頃の2回、ゆっくりと効くタイプの緩効性の化成肥料などを置き肥として施すくらいで十分なようです。地植えにしている場合には、同じく4月頃と9月頃の2回、骨粉が入ったタイプの固形の油粕などをまいておくと良いとされています。カロケファルスは、5月から6月に小さな薄い黄色の花を咲かせますが、種をとるというのはあまり一般的ではないようです。そのため、種付けではなく挿し木で増やすのが主流となっています。

カロケファルスの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としてあるのがさし木になります。春の5月から6月に行うのが最適とされています。この時期にできなかった時には秋の10月くらいに行っても問題はありません。まずは挿し穂の準備をします。7センチほど切り取り、それについている

カロケファルスは、挿し木で増やすことができる植物となっています。挿し木に適している時期は、春の暖かくなった5月から6月くらい、または、秋のまだ暖かい10月頃といわれています。カロケファルスは挿し木をしても根が出てくるまでに時間が必要です。しかし、じっくり待っていると、かわいらしい新芽を見ることができるでしょう。挿し穂として7センチくらいの茎を菌などがつかないように清潔なはさみなどで切り取り用意しておきます。いちばん下の節の葉を同じく清潔なはさみなどで取り除き、その取り除いた部分まで土に埋まるように挿し木を行います。

この挿し穂も多湿に弱く乾燥には強いので、水の与えすぎに注意しましょう。そのため土は、鹿沼土やパーライトなどの水はけの良い土を選ぶことがお勧めです。秋に挿し木を施しても、年内につくことは少ないようです。しかし、室内で冬を越させてあげると、春には新芽を見ることができるそうです。根が出ているのを確認してから希望の場所に植えつけてあげましょう。

挿し木に適している気温は、20度から25度となっており、日照時間も長いほうが根が出やすくなっています。日差しを必要としますが、あまり強い日差しだとしおれてしまうので、明るい日陰というのが理想的な置き場所です。カロケファルスは、基本的に害虫などの心配はないとされていますが、アブラムシがつくこともあるようなので、見つけた場合は、農薬を使うか筆などではらい落とし、そのたびに駆除することが必要となってきます。

カロケファルスの歴史

テキスト引用
日本においては盆栽を趣味にすることがあります。盆栽の主類は様々ですが、植木鉢程度の小さい鉢ながら立派な枝振りの植物を育てます。木のように育つようなものでも植木鉢で育てることが出来るようになっています。他の国ではあまり

カロケファルスは、キク科のカロケファルス属に分類される植物です。原産は、オーストラリアの南西部とタスマニアだとされています。オーストラリアの海岸付近が生息地となっており、自生しているそうです。別名をシルバーブッシュといい、これは銀色を思わせる葉や茎の色からついたとされています。また、他にもプラティーナ、クッションブッシュという呼び名がありますが、これも銀白色の色や輝きがプラチナのようだということから名付けられており、こんもりと茂っていく姿から、このようにも呼ばれています。

サンゴのような茎を持っており、葉はとても小さな植物です。名まえを聞いたことがないという人でも、目にしたことはあるのではないでしょうか。まるで白っぽい色を塗りつけたような鮮やかさがあります。日本では、観賞用として近年人気が高まってきているようです。カラーリーフは、花ではなく葉の色を楽しむ植物ですが、寄せ植えなどのアクセントとしてカロケファルスのこの銀白色は重宝され、人気を集めています。

特に12月のクリスマスシーズンには、雪を思わせるその色が他の植物の赤や緑を引き立てるとして、多く活用されています。名まえが知られるようになったのは、比較的最近のことのようですが、随分昔から観葉植物としては用いられてきた歴史があります。その独特な色を楽しむのに一鉢くらいはほしいと思わせる美しさがカロケファルスにはあるので、ガーデニング好きな人は、栽培を検討してもいいかもしれません。

カロケファルスの特徴

テキスト引用
見た目からは少し想像がつきにくいですがキク科になります。種類としては常緑の低い木になります。耐寒性としては日本においては普通ぐらいといえるでしょう。マイナス3度以上ぐらいとされているので、関東から西であれば十分

カロケファルスの特徴は、なんといってもその銀白色の色をした葉や茎です。花を楽しむのではなく、その美しい葉や茎を鑑賞する植物となっています。常緑小低木のひとつで、木の高さは20センチから50センチくらいです。しかし、原産地であるオーストラリアなどでは、2メートル以上に成長することもあるようです。

多湿を嫌う植物なので、日本の夏はカロケファルスにとってきびしいものなのでしょう。そのため、大きなものでも60センチくらいにしかならないようです。カロケファルスは秋から冬のあいだに苗が出回るので、それを購入して植え付けることもできます。ビニールのポットに入ったままだと傷みやすいので、できるだけ早めに植え付けてあげましょう。

株を選ぶときには、株元がぐらぐらしていないがっしりしたものを選ぶと良いそうです。最近では通信販売で苗を購入することもできるようになっています。水はけの良い土が望ましいため、鉢植えにする場合には、鉢底に鉢底用の石を敷くことも忘れないようにしましょう。赤玉土や腐葉土、パーライトなどが適しています。生育の速度は、それほど早くなく、特に冬のあいだはあまり成長しません。しかし、1度根付くとよく茂るそうです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

風通しが悪くなると枯れてしまうこともあるので、茂ってきたら適宜剪定を行います。また、植え替えは毎年必要ではありませんが、2年から3年に1度くらいを目安にして根詰まりを起こしているようであれば植え替えを行いましょう。

カロケファルスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「カロケファルス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,228view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

4,164view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,955view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

2,935view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

6,507view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

7,208view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

11,774view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,778view