• ガウラの育て方・栽培

ガウラの育て方・栽培

ガウラの育て方・…

出典:育て方ラボ

ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑草化して困ることもあるくらいとされています。わざわざ栽培するときには日当たりを考慮して場所を選ぶのが良くなるでしょう。

ガウラの植え付け・種付け

テキスト引用
植え付けに適した時期は、四月から六月ごろです。ガウラは植え付ける土壌は特に選ぶことはありませんので、普通の用土を使ってください。水はけと保水力のバランスがとれた土壌に適していますが、少々やせた土地でも大丈夫です

土の様子としては水はけのよい場所を好むとされています。この花は成長するとかなり高くなります。高くなる花はそれだけ太陽を求めているといえます。育てるならできるだけ日が常に当たるところを選びたいです。日陰のように1日を通して日が当たらない場所は適当な場所とは言えません。半日以上日の当たるところが良いとされています。

強い花なのでちょっとした日当たりがあるとよいとされます。木漏れ日程度の半日陰ぐらいあると良いようです。日当たりがあまりよくないところだと草は伸びますが花が咲かなくなることがあります。多年草として知られていて根をどんどん張っていきます。地植えをした時にはいつの間にかかなり根が張ることがあります。

根をしっかり張っている状態まで育つと乾燥に耐えることができます。水はそれほど必要なくなるかもしれません。日本で育てるときに良くない地域があるか、特別に良い地域があるかですがそれほど場所を選ぶことがありません。全国どこででもまんべんなく育てることができる花とされています。半耐寒性タイプの種類では多少限定されることがあります。

ガウラの育て方

テキスト引用
ガウラは強健で幅広い環境にも対応できるので、あまり育て方に気をつかう必要はないと言えます。じめじめとした環境よりも多少乾燥気味の環境でよく育つ花ですので、水をやりすぎてしまわないようにしてください。特に、冬はやや

ガウラの育て方として種付けをするときの注意点です。最初に植えるときには将来の根詰まりのことを考えます。この植物は育ち始めるとかなりお旺盛に育っていきます。地表部分も育ちますがそれ以上に根も育っています。小さい植木鉢などに植えてしまうと根詰まりしてしまってかわいそうなので植え替えをしながら育てたり大きめの植木鉢を用意したりします。植木鉢なら1年から2年に一回植え替えをするとよいとされます。通常地植えだと植え替えをする必要性がそれほどないとされます。

でも3年から4年ぐらい育ってくると必要になってきます。株の混みあい状況をチェックする意味でも植え替えをしてあげます。植木鉢で育てるときの用土では市販の草花用培養土が簡単です。雑草のように伸びるので多少荒れたところでも生えることがあります。自分で配合するなら赤玉土7割、腐葉土3割ぐらいで土を用意します。意識としては水はけを良くした土を用意してあげます。

水やりは庭に植えた場合はまずいりません。雨で十分ですし根が他の植物よりも強く伸びていきます。夏場にカラカラになったとしても不要なくらい強い植物とされています。植木鉢で育てるときには用土の様子を見ます。用土が乾いて来たら与えるようにすると良いでしょう。根の状態から水が少なくても育ちやすいですが水が不要なわけではありません。水が足りないと葉っぱが枯れてしまうことがあり見た目が悪くなります。鉢植えは水の管理が必要になります。

ガウラの管理など

テキスト引用
ガウラの増やし方には、種付け・挿し木・株分けがあります。種の付け方は「植え付け・種付け」の項を参照してください。挿し木に適した時期は五月から六月ごろです。茎を二節くらいを目安に切断し、水に三十分間ほど浸してから

ガウラの増やし方としては種をまく方法があります。花が咲いた後に種を取ることができそれをまくことで増やせます。増えてくると特に作業をしなくても増えている場合があります。こぼれ種が自然に発芽して増える場合があるからです。少ないときは意識をして種を取ったりしながら育てるとよいかもしれません。その他には挿し芽を行うことがあります。行う時期としては5月から6月ぐらいにします。茎を2節ぐらいで切断して水に少し浸します。その後水揚げしてそれを挿し穂にします。

発根を促すために促進剤、成長調整剤を使うこともあります。準備ができたら土に挿し込みます。しばらくすると発根、新芽が出てきます。それまでは乾燥をさせないように管理をします。成長が旺盛な植物で株分けをするのが良いことがあります。植え替えをするときに株が大きくなっているなら分けてあげます。時期は植え替えをするときに一緒に行うと良いとされています。害虫対策はアブラムシに注意をすればよいでしょう。付きやすいのはつぼみであったり花です。

アブラムシは花の茎などを食べる害もありますが病気を運んでくることが知られます。一匹いるくらいならまだ問題は少ないですがたくさん増えてくると影響することがあるので対処しておくほうが良いでしょう。殺虫剤を利用してこまめに取るようにします。他の植物からやってくることもあるので、周りの植物と一緒に害虫の対策を取れば減らせるかもしれません。

ガウラの歴史

テキスト引用
ガウラは北アメリカを原産地としている花ですが、北アメリカでは「雑草」と認識されているようです。主な生息地はアメリカ合衆国のテキサス州やルイジアナ州です。ギリシャ語で「堂々とした」「華美な」を意味する「gauros」

花はきれいな花もあればあまり目立たないような花もあります。一本だけ贈られてもかなりインパクトの強いものもあれば、寄せないとなかなか表舞台に立つことができないような花もあります。見た目も重要になりますがそれらの花がどんな名前を付けられるかも重要な部分になりそうです。ガウラと呼ばれる植物があり人気を持つことがあります。原産地、生息地は北アメリカとされています。この花の名前の由来はギリシア語のガウロスから来ているとされています。

日本語にすると華麗な、堂々としたとの意味となり花姿から来ているとされています。想像するのはかなり立派な花姿ですが実際の花を見るとこじんまりとしていてあまり目立ちません。種類としては20種類があるとされています。観賞用として利用されるのがリンドハイメリと呼ばれる種類になります。日本に入ってきたのは明治時代の中期ですからアメリカとの外交が始まってから早いうちに入ってきたことがわかります。アメリカが原産ですがアメリカではどれくらい認識のある花かです。

あまり知っている人がいない、そういえばそんな花があったかのような認識をされることがあります。雑草と認識されることも少ない花とされます。立派な名前をもらっているならもっと人気があって知名度なども高くなりそうですが、実際の花がこじんまりとしているだけになかなか表に出ることは少ないのかもしれません。日本では別にかわいい名前が付けられています。

ガウラの特徴

テキスト引用
アカバナ科の多年草に分類されており、「清楚」という花言葉を持っています。寒さにも暑さにも強く、栽培するのは比較的簡単なので初心者向けと言えるでしょう。多少放置していてもよく育ちますし、ときおり道端に咲いていることもあるほど

ガウラの特徴は、園芸上は草花になります。多年草で、草丈は30センチぐらいはあります。さらにどんどん成長すると1メートル50センチぐらいまで成長することがあります。これくらい大きくなると名前にまけない花と言えるかもしれません。耐寒性はそれなりにあり、耐暑性も適度にある花なので1年通して育てやすい花と言えるでしょう。

常緑性があるので1年を通して緑を楽しめます。花の育ち方からグラウンドカバーとして使われることもあるようです。生物学的に細かく見ると被子植物、真正双子葉類、バラ類、フトモモ目、アカバナ科、ヤマモモソウ属となっています。花が咲く時期として5月から11月ぐらいとなっています。

長く咲くタイプの花もあれば秋のみ咲く花もあります。高くなると1メートル50センチぐらいにもなるので茎が長いのが特徴的と言えます。一見高く生えた雑草のみのようですがその先端に花を咲かせます。その様子が可憐なように見えるために名前が付けられています。一度咲き始めるとどんどん咲きはじめ長く咲き続ける花として知られています。日本でもどんどん増えていて日本独自の名前が付けられています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ヤマモモソウが良く知られていて、その他にハクチョウソウとの名前もあります。これは白鳥ではなく白蝶を意味するようです。確かに蝶が飛んでいるようにも見える花です。花の大きさは1.5センチぐらいになっています。おしべとめしべが花の中から飛び出ています。

ガウラの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ガウラ

    ガウラ

    ガウラです。きゃらめるでございます。植物やガーデニング用品のイラストです。植物や、野菜、ガーデニ…

    0

    540

    189

このまとめのキーワード

「ガウラ」に一致する育て方

  • ガウラ

    ガウラ

    背丈が高くなり、花つきも良い「ガウラ」は…

    887

    0

  • ガウラ

    ガウラ

    ガウラの育て方を紹介します。ガウラは、北…

    687

    0

  • ガウラ

    ガウラ

    「ガウラ」をご紹介させて頂きます。春にな…

    673

    0

「ガウラ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

11,418view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

6,131view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,633view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

4,033view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

4,371view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

4,251view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

4,753view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

9,005view