• クガイソウの育て方・栽培

クガイソウの育て方・栽培

クガイソウの育て…

出典:育て方ラボ

クガイソウの育て方・栽培のまとめです。クガイソウを栽培するときの環境としてはあまり考える必要がないかもしれません。この花自体は日本で自然に見られます。つまりは人為的に何もしていない日本の環境で育つことになります。

クガイソウの育てる環境について

テキスト引用
この植物の大きさということでは、高さが1メートルぐらいになります。自生している群生地などでは花がさくと壮観ですが、非常に美しく清々しいという表現がピッタリの植物です。また漢方薬として利用する場合には根を使うようで

植物を育てるとき水やりをやったり肥料を与える、日当たりを考慮することがあります。外来の物や環境が限られている場合は一定の配慮が必要になりますがごくごく自然に咲くような花ならほとんど考える必要がないこともあります。

寒さと暑さはこの花にはあまり関係がないとされているので日当たりであったり日陰、などでも育てることができます。ただしあまり日陰ばかりになるところは良くありません。午前中のみ日当たりがあるような半日陰ぐらいだと良いかもしれません。

本州で主にみられる植物ですが北海道でも見ることができます。北海道でも十分育つくらいに寒いところでも耐えてくれます。日本の一般的な庭で越冬させることができます。この花のみを育てるよりはいろいろな花と組み合わせて利用することが多くなるかもしれません。近くに植える花との兼ね合いを見ながら育てるとよいでしょう。

暑さに弱い花と強い花を同じように育てるのはあまりよくありません。同じような環境で育つ植物であれば管理もしやすくなります。日本でよく見られる花で同じような地域で咲いている花であれば同じような状態で育てることが可能になります。この花だけ特別な環境を与えるとなると育てにくくなることがあるので注意をします。

クガイソウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
また育て方ということで日本に自生しているということでは、日本の庭などのガーデニングには最適ですが、寒さにも暑さにも強いということでも栽培しやすい植物ということになります。花は初夏に咲きますが、日当たりの良い所

クガイソウの育て方で種付けの方法です。植木鉢で作るか、庭で作るかでは株の大きさが異なります。庭に植えるとそれなりに成長もするので大きく育てることができます。一方で植木鉢を利用すると成長も限られるので株もすぐには大きくなりません。

大きく育てたいなら庭で、こじんまりと育てたいなら植木鉢を利用すると良いとされます。用土を用意するときですが特に土を選ぶことはありません。庭に植えるときは直接でも問題ありません。自然のいろいろな環境で見られる花になるので、よほど荒れたところでなければ育てることができます。あえて作るのであれば赤玉土と鹿沼土を混合した土などを使います。

その他花の培養土などを使っても育てることができます。水やりでは庭に植えている場合はほとんど与える必要がありません。日本は1年を通して一定の雨が降ります。暑い夏の時期は特に多く降るので乾燥したと感じてもそれなりに土の中に水分が残っています。冬場は雨は少なくなりますがそれほど蒸発がないのでやはり水分が残ります。自然の雨に任せて十分とされます。庭に植えるときには少なからず水は必要です。

地面のように水が残りません。水枯れ状態にすると葉っぱが枯れて美しさが減るので気をつけながら管理をするようにします。特に夏場は蒸発が多いので注意します。肥料は春に化成肥料を与えるようにします。緩効性のあるものを置き肥しておくと良いでしょう。あまりあげすぎずに管理します。

クガイソウの増やし方や害虫について

テキスト引用
また種から育てる場合には4月頃から芽が出てきますが、かなり気温が高くないと発芽しにくいという話もあります。また水はけの良い所で多湿ではないような環境が発芽から育てるには良いようです。また害虫では、家庭菜園でも大

クガイソウの増やし方として株分けをするのが簡単とされています。植え替えをするときに株の状態を見て分けます。大きくなっていれば分けることができます。ではその他の方法が行えるかです。

種を取ることができれば種まきをして行えます。ただしあまり種を取るのは一般的でないようです。確実に増やせるかどうかもわかりません。多くの花が咲くので種も多くつきそうですが、種があるからすべて発芽するとは限りません。この植物は挿し芽などで増やすことが難しいようです。できる植物と適さない植物があります。

挿し芽をするときは芽を取る必要がありその分株に影響を与えることがあるので注意して行う必要があるでしょう。害虫対策として行わないといけないものにアブラムシがあります。この花は花自体が小さいです。葉っぱなども細く小さい虫が見つけにくいので管理が少し厄介になります。アブラムシを駆除する目的でコーヒーや牛乳を散布することがあります。結構効果があるようです。これらは殺虫剤ではないので人が吸ったとしても特に問題はありません。

殺虫剤は効き方にも幅があるので利用するときには注意しないといけません。殺虫剤を使うと他の動物も殺してしまうことがあります。植物にとっては味方となるクモを殺してしまうこともあります。その後に別の虫がやってくればそれらの虫がどんどん増えることになります。自然のものなどで対応できる場合は対応し、殺虫剤の利用は最小限にすることも考えます。

クガイソウの歴史

テキスト引用
最近はガーデニングでも野草を育てるという場合も多くなっていて、それらの野草を専門に販売しているところもあるようですし、通販などでも多くが販売されています。そして珍しい植物はオークションなどでも手に入れられるということですので

日本語にもいろいろあります。現代の言葉であれば大体理解することができますが、古典文学などになると普通には理解できないこともあります。今では否定のように使う言葉が昔は断定のように使われることもあります。

もちろん物自体も今と昔では異なるので見方も変わるでしょう。パソコンや携帯電話は昔はありませんでした。昔の言葉で表現しようとするとどうなるか興味があるところです。クガイソウと呼ばれる花があり日本でも良く知られています。この名前は和名になります。漢字で書くと九蓋草や九階草となります。これはこの植物の葉っぱの付き方から名づけられたとされます。

一般的は葉っぱはそれほど多くつきません。でもこの葉っぱは通常よりも多くつきます。これが9層ぐらいあるために九階の草とのことでこう呼ばれたとされます。難しい蓋の字は笠を数える単位とのことです。今ではほとんど使わないので何のことかわからないでしょう。こちらも9つの笠を重ねたようだからとつけられたようです。逆に言えば蓋で笠を数えるぐらいのときからこの花が咲いていたことがわかります。

この花の原産地、生息地としては日本の本州に広く分布するとされています。海外でも見ることは出来るでしょうが特に海外から持ち込まれたとの記述はないようです。江戸時代においては漢方薬として使われていた記述があるようです。多くの植物は薬の成分や毒の成分があります。それらを調べて使っていたのでしょう。

クガイソウのクガイソウの特徴

テキスト引用
クガイソウは、日本でも古くから知られていた植物で、昔の植物の書物にも載せてあるくらいですから、相当有名な薬草だったということになります。花も独特で小さな花がたくさん三角形のわたぼうしのように咲いているということで

クガイソウの特徴は被子植物の種類になります。双子葉類、キク類、シソ類、シソ目になります。さらにオオバコ科、クワガタソウ連の下になります。茎は円形で直立するタイプになります。草の丈は80センチぐらいから1メートルを大きく超えるタイプもあります。

自然に自生するものとなると生い茂るようなことがあるかもしれません。一般的な葉っぱとしては4枚から8枚が輪生しています。名前の由来では9層ぐらいになっているとありますが、種類によって異なるのでしょう。葉は単葉で長さは結構幅があります。大きなものだと20センチに近いぐらいのものもあります。葉の幅は数センチ程度です。葉っぱの形は長い楕円形で先端はとがっています。葉っぱは直接茎にくっつくように生えていますが、短い柄がつくことがあります。

葉っぱの周辺は鋸歯がついています。花が咲くのは7月から8月の真夏です。茎の先端に穂のように長い総状花序をつけます。花の色はいくつかありますが多いタイプとしては淡い紫色です。全体が一つの花ではなく一つ一つが花になっています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花がつく部分は長いものだと20センチを超えます。花序の軸には短い毛が生えています。花自体の大きさはそれほど大きくなく5ミリ程度です。先端部分はとがったように見えます。花が終わると果実が実ります。長さが2.5ミリぐらいの卵型の実がなります。稲穂のように垂れ下がり、風が吹くとゆらゆらと揺れます。その様子が美しいと人気の花です。

クガイソウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「クガイソウ」に一致する植物図鑑

「クガイソウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

21,124view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

3,451view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

11,037view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

5,492view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

10,444view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

9,029view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

3,831view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

11,255view