• ヘゴの育て方・栽培

ヘゴの育て方・栽培

ヘゴの育て方・栽…

出典:育て方ラボ

ヘゴの育て方というのも、明るい場所で育てることが一番です。明るく暖かい環境を好みますので、あまり気温が上がらないところでは育つことが無く、また枯れてしまう恐れがあるので室内環境を管理することによって、観葉植物としても育てることができます。

ヘゴの育てる環境について

テキスト引用
日本の南部から台湾、東南アジアにかけて野生種が生育しています。耐陰性の高い植物ですが、ある程度日光が当たる方がよく育ちます。家庭で育てる場合には、やわらかく間接光のあたる窓辺、半日陰、などの場所が適しています

ほかの種類は直射日光を避けた明るい場所で育てることもありますので、直射日光が良い場合とそうでない場合があるので、しっかりと環境管理をしておくことです。熱帯地方の特徴でもある湿度の高い場所を好むので、乾燥をしないようにすることが上手に育てる秘訣となります。

湿度の高い場所ということでは、地域制によって異なりますが、乾燥をしないだけの環境作りというのも大事なことになっています。乾燥などは避けた方が良いですが、その他にも強風が吹きつけるような場所も気をつけないといけません。茎を保護している葉などが、風によってやられてしまいますし、また保護されないことによって、動物や害虫などにもやられる可能性があります。

冬越などは室内環境を管理しなくてはいけないですが、基本的に室内の明るく暖かい場所で育てることが必要になり、最低温度を5℃以上に保つということは絶対になります。室内では湿度も保つように管理することになりますので、スプリンクラーなどを使って湿度を保っていくことが大事です。このようにヘゴを育てる環境というのは、簡単なようで難しいことから、管理をしていくことに喜びを感じることができます。

ヘゴの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
5~7月にかけてが植え付けや植え替えの適期です。2~3年に1度、成長に応じて一回り大きなサイズの鉢に植え替えるようにします。植え替える時には、鉢の底に大粒軽石などを入れ、水はけを良くします。用土は小粒赤玉土:腐葉

種付けなどを考えると、ヘゴは5月から7月にかけて植え付けや植え替えの時期になりますので、上手なタイミングで育てることが大事です。そして、3年に1度くらいの頻度で良いので、成長に応じてサイズを大きくした鉢に植え替えることが必要になります。

そして、植え替える時には、鉢の底に大粒な軽石などを入れることによって水を上手に利用することができます。水はけを良くするということは、植物を育てていくにも大事なことになりますので、あまりたくさんの水を上げ過ぎてもいけないですし、また少なすぎても植物が育たなくなります。比較的、ヘゴは亜熱帯特有の生命力を持っていますが、育てていくにはそれなりの手入れをしていかなくてはいけません。

気をつけたいのは、植え替えの時に茎を乾燥させてしまうことになります。乾燥を一番嫌いますので、その後に生育が上手くいかないということになる可能性があります。できるだけ素早く手際良くやると、上手に育てることができます。肥料は、5月から9月に成長が促されますので、3大栄養素であるチッ素やリン酸やカリが均等に含まれている物を肥料として与えることです。

しっかりと、規定量を定めて与えることが大事ですので、多すぎても少なすぎてもいけないということを理解しておくことです。そして、成長をしてくると花の最盛期というのがきますので、肥料はリン酸が多めの液体肥料を与えることで、花付きが綺麗になっていきます。

ヘゴの増やし方や害虫について

テキスト引用
シダ植物は胞子で増えますが、家庭での育て方では胞子で増やすことは難しいです。一般家庭ではまず繁殖は不可能です。葉や新芽の部分にカイガラムシが発生することがあります。見つけたら薬剤散布か歯ブラシなどを使ってこすり

ヘゴを栽培して増やす方法としては、基本的にシダ植物と同じなので胞子で増えることになります。しかし、一般家庭での育て方では胞子で増やすことは難しいので、繁殖をさせることは難しいということがいえます。

育てていくことはできても、繁殖というのは専門的にやらなくてはいけないところに価値が高いといえます。育てていると、葉や新芽の部分にカイガラムシが発生することがあるので、常に薬剤を使用して駆除したり、また気が付いたら歯ブラシなどを使って尾として挙げることも大切です。

害虫によって見栄えが悪くなってしまうことがあるので、常に薬剤を利用するかカイガラムシなどをやっつけることが、上手な育て方になります。そして、カイガラムシの成虫は殻をかぶったりしていることから、体がロウ物質で覆われているのが厄介なところになります。これはそれだけ薬剤にも耐性があるので、駆除しにくい害虫ということがわかります。

そして、手作業でカイガラムシを落とす時には、歯ブラシで葉を傷つけてしまわないようにすることで、綺麗に育っていくことができます。あまり強い力で害虫を駆除しようとすると、ヘゴも痛みますし葉が悪くなってしまいます。

薬剤による駆除にはコツがあり、幼虫のうちに退治してしまうのがベストです。害虫は幼虫のころだと薬剤に弱いので、すぐにやっつけることができるので早めの駆除をしていくことで、上手に育てることができます。熱帯地方の植物ですが、強いようでデリケートですので害虫対策は基本を知っておくことです。

ヘゴの歴史

テキスト引用
南西諸島、台湾、フィリピンを原産とする熱帯植物です。世界的には、熱帯~亜熱帯にかけて約800種類が分布しています。大型の種になると、野生では高さ7~8mに育ちます。日本では一般的には沖縄や鹿児島などの南部を生息地

熱帯植物というのは独特の形状をしていることから、日本では沖縄などの南国で見ることができる植物といえます。観葉植物としても有名なのはヘゴになりますが、古くから園芸用に利用されてきた歴史があることから、今では乱獲をさけるために保護されている植物になります。

蔓性の観葉植物の支柱として重宝されていたので、とても使い勝手が良いので様々な国で利用されています。そして、洋ランの植え込み材料としても使えますので、趣味の範囲を超えて愛されてきたのがヘゴになります。昔はよくみた熱帯植物なので、懐かしいと感じる人も高齢者にはいます。保護されているというのも、原産が熱帯地方の自然を破壊するということに繋がっていることから、ワシントン条約で決められているという背景があります。

もちろん、保護することによって絶滅を救う結果になりますので、輸出入の規制があることで、今後も様々なところで利用することができます。ちなみにワシントン条約というのは、どのような条約かというと、絶滅の危機にある動物や植物などを調べて、利用する際には国同士の取引を規制しますので、これは世界でも通用する国際条約となっています。日本も加盟していることから、過去の歴史のようにたくさん伐採して利用することができないということです。日本でも鉢植えで流通していることが多いので、日常生活でも気をつけてみてみると、企業のロビーなどでヘゴの観葉植物を見ることができます。

ヘゴの特徴

テキスト引用
ヘゴ科ヘゴ属のシダ植物です。野生種は最大7~8m近くにまで伸びる熱帯性の植物です。原産地は南西諸島、台湾、フィリピンなどで、日本では沖縄や鹿児島の限られた地域で見ることが出来ます。家庭で栽培した場合にはそれほど

ヘゴの特徴としては、分類をするとなるとシダの仲間になります。葉の構造が大きくなっているので南国の植物特有の容姿を見ることができ、また小葉などもありますので、綺麗なコントラストを見ることができる植物になります。

ヘゴという植物はありますが、普通はヘゴ属の植物全体のことを呼んでいますので、様々な形状をしているものが多く存在します。暖かい地方にありますので、力強い雄大な植物というイメージがあるのも、観葉植物として利用されている一因です。そして、一般的にシダと言えば草状の姿になりますが、ヘゴ属のシダになると樹木のように草丈が数メートルになっているので、10メートル近くなるものもあります。

アジアの国でも、その形が違うことによって生活の中で使われている理由も変わってきますし、また茎の先端にのみ葉を生やしているので、分厚い作りになっています。茎の部分は多くの茎が厚く重なっているので本体の茎を覆ってくれます。外敵からも身を守っているような感じもしますが、強い茎の部分を材料として園芸利用していることが多いです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

生息地の関係で野生のものが多いですが、育てることもできるので個人で植えて育てている人もいます。利用する方法というのは、観賞用というのがありますが、やはりアジアの村では生活材料として利用しているので、多くの人たちの生活を守っている植物ということがいえます。大きなものではなくても若い植物でも、観賞用に購入する人がいます。

ヘゴの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ヘゴ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

10,424view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

5,452view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

13,505view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,601view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

8,377view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,534view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

7,960view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,386view