• ペペロミアの育て方・栽培

ペペロミアの育て方・栽培

ペペロミアの育て…

出典:育て方ラボ

ペペロミアの育て方・栽培のまとめとなります。では、人気のペペロミアは、どのように栽培、育てていけば良いのでしょうか。多くの種類がある植物として知られていますが、特に葉の種類により、置く位置が変わります。

ペペロミアの育て方

テキスト引用
ペペロミアの丈夫な育て方のコツは、一年を通して室内の明るい場所に置くことです。日陰でも育つ性質があるため、やや暗いような場所でも枯れることはありませんが健康的に育てるためには日光浴が必要となります。長い間日

多くの種類が明るい日陰に置くのが良いとされていますが、多肉質な種類の場合は、日当たりが多くある場所に置くのが良いとされています。しかし、夏の西日などの特に強い日差しは、葉が焼けてしまうことがありますので、ある程度の日が当たる場所で十分です。

十分な日が当たらない場合は、葉の模様が薄くなり、光沢が失われるといった状態になります。さらに種付けは、春から夏にかけての5月から8月が最適とされています。大きめの鉢に土を入れて、苗に対して十分な空間を空けておきましょう。植えたあとは、明るめの日陰に置くのがよいでしょう。数種類を一緒に植える婆には、株が増えることを予想して、一株ずつ植えることをおすすめします。

あまり多くの株を一緒に植えると、その後で株が増え鉢がいっぱいになってしまうからです。さらに土に関しましては、市販されている観葉植物専用の培養土、または赤玉、小粒の軽石、腐葉土を2で配合してつくります。ペペロミアは、特に水はけの良い土が栽培にもっとも向いているといわれていますので、その点に注意して土を作るように心がけましょう。また、成長とともに、植え替えを行いましょう。植え替えの時期は、成長期の春から夏が適しています。脇芽や不要な茎葉もこの時に取り除いましょう。

栽培中に注意したいこと

テキスト引用
ペペロミアは強い西日や直射日光に負けやすく、葉焼けを起こしたりなどのダメージを受けやすいため、置き場所には注意が必要です。丈夫に育てるためには日光は絶対に必要ですが、夏場の強すぎる日差しには充分に注意

通常室内で栽培する場合は、冬場の温度が5度以下にならないところにおきましょう。さらに夏場は、直射日光をさけ、窓際に置く場合は、カーテンなどで直接日が当たらないように工夫しましょう。

葉の一部が黒くなったり、丸まってきたら、日差しが強すぎるといったサインです。さらに、日が十分に当たっていないと茎だけが細く伸びるので、日当たりの良い場所に移動してあげましょう。さらに、栽培に重要な水やりは、毎日霧吹きでお水を葉に吹きかけましょう。春から夏場の成長期は特にお水をあげる回数を増やしてください。土が乾いたら土の表面に十分にお水をかけてください。

さらに秋は、土にかける水の量を減らし、冬場は、霧吹きなどで葉にお水を補う程度で、特に多くの水を必要としませんので、多少乾燥している程度に保つことがポイントとなります。夏場に比べて、お水をあげる回数や量を減らすなどして調整しましょう。肥料は春から夏場の成長期に多く必要となりますが、その後は化学肥料(緩効性肥料)は2ヶ月に一度ほどで十分です。速効性のある液体肥料の場合は、水で薄めたものを与えてください。

種類が多くあるペペロミアですが、ほとんどの種類が共通した育て方となっていますので、他の種類と一緒に寄せ植えにすることができます。日差しの調節と、水やりに注意していれば、それ以外は特に手がかからない植物ですので、初めて観葉植物をお部屋で栽培したいとお考えの方にもお勧めです。

ペペロミアの増やし方

テキスト引用
種付けをして増やすよりも、挿し木や葉挿しをして増やしたり株分けで増やす方法が一般的です。植え替えの際に切り戻した葉や茎を使用することができます。挿し木の場合は5節くらいのところで切断し、根本側の葉をとりのぞき小

ペペロミアが成長し、鉢がいっぱいになってしまったら、他の鉢に植え替えて、増やしていきましょう。植え替えの時期は、成長期である春から夏にかけての5月から8月がおすすめです。鉢は、一回り以上大きなものを選びましょう。

丁寧に鉢から一株ずつ株を取り出して、土を落としますが、この時半分ほどの土は根に残っている状態が良いです。さらに、余計な根や、痛んだ葉、茎、などは取り除いてあげましょう。新しい鉢には、新しい土を入れて植え替えを行いましょう。さらに、根から葉が伸びるタイプの場合は、葉挿しをするのが良いでしょう。

葉柄を1、2センチほど残し、葉を切り落とします。さらに葉柄が埋まるまで、バーミキュライトを鉢に入れて挿すだけです。根が出始めたら明るい場所へ移し、葉が乾いてきたら霧吹きでお水をかけてください。ただし、葉に班入りがある場合は、班が抜けてしまう場合があるので、葉挿しはお勧めしません。班がある場合は、挿し木が向いています。

茎を5センチから10センチほど切り取り、上部の葉を数枚残し、さらに1分の3程度に残した葉をきり、植物成長調整材を軽くつけます。そして茎の1分の3程度まで土に埋めてあげましょう。この時、パーライト、ピートモス、バーミキュライトを混合した土に植えるのがお勧めです。ペペロミアの栽培で注意するべき害虫は、ダニ、ハイガラムシなどですが、特にハダニがついたら、薬剤を散布しましょう。ハイガラムシの場合は、こすり落とし、成虫になる前に除去することが必要です。

ペペロミアの歴史

テキスト引用
ペペロミアの原産地はブラジル、ボリビア、エクアドルなどで、主な生息地は熱帯や亜熱帯です。約およそ1400種類もの種類が存在し、種類が多いだけに様々な形態を持っています。ペペロミアはコショウ科の植物で、日本にはサダソウ

日本では、サダソウとシマゴショウの2種類が自生していることでも知られるペペロニアは、ブラジル・ボリビア・エクアドルが原産で、胡椒科の植物に分類されます。主に亜熱帯や熱帯地域が生息地とされ、アメリカのフロリダ南部でも見ることができます。

名前の由来は、ギリシャ語のペペリ(胡椒)とホモイオス(似ている)が組み合わさり、胡椒に似ているという意味をもった「ペペロミア」と呼ばれるようになりました。現在もベトナムでは、香辛料としてお料理にも使われています。さらに、日本では、葵に似ていることから、シマアオイソウという別名で呼ばれることもあります。

日本では、観葉植物として人気があり、多く栽培されてる植物ですが、その種類により模様や色合いなど多種多彩なものがあり、特に肉厚の葉の模様によって人気が分かれているようです。ペペロニアは風水としても注目を浴びている植物です。この植物の特徴とも言える丸みを帯びた葉、さらに下向きに伸びる植物は、気を調和し、気を静めるといった効果があり、「陰」マイナスの性質があると言われています。

悪い気が集まりやすいと言われているトイレなどや、良い気を集めて良い睡眠が取れるように、ベッドルームなどに置くと良い効果があると言われています。また、近年では、一人暮らしや忙しい方々、家を空けることが多い方などに人気の人工樹木としてもペペロニアは人気のアイテムの一つです。見た目が可愛らしいことから、インテリアとして、お部屋に飾る方が増えています。

ペペロミアの特徴

テキスト引用
ペペロミアはコショウ科ペペロミア属の多年草です。草丈は種類によって異なりますが、5cmから40cm程度に育ちます。生息地が幅広いため、その姿は様々です。短い茎を中心として四方向に葉が生えるロゼットタイプ、茎が太くまっすぐに

ペペロニアは、多肉質の倒卵形の葉を持ち、葉の表面は滑らかな蝋質、さらに円柱状の穂状花序を付けて小さな花が咲きます。約1400種類にも及び、多くの携帯を持っています。種類にもよりますが、5センチから40センチまで育つと言われています。

さらに、茎が細く、ロゼットタイプと呼ばれる、葉が四方に生えるタイプ、茎が直立にのびる茎の太いタイプ、さらに土に這うように成長するタイプと大きく3つの種類に分けることができます。乾燥に強く、日当たりが少ない場所でも問題なく育つので、ついうっかり水をあげるのを忘れてしまったり、日当たりの少ないアパートなどでも栽培することができます。

特にお部屋の観葉植物として人気があるのは、ペペロミア・オブツシフォリアと呼ばれる多肉質の倒卵形が特徴、濃い緑色をしています。また、ペペロミア・グリオセオアルゲンテア、ペペロミア・カペラタ、ペペロミア・アルギレイアなどが人気で、よく栽培されているのが特徴です。さらに特徴としましては、多年草で、栽培がしやすいことから、寄せ植えやハンギングバスケットに入れて、お部屋に飾り、鑑賞用として楽しむことができます。花言葉は、「片おもい」「艶がある」「愛らしさ」です。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花の色は、白や緑で、葉に見られる様々な模様や、葉に艶があることからこの花言葉が用いられるようになりました。さらにペペロミア・ジェイドは、ジェイド(翡翠)からとって、幸運「ラッキー」を呼びよせると言われて人気があります。

ペペロミアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ペペロミア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

10,423view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

4,534view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,306view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

6,975view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,601view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

4,201view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

25,497view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

24,823view