• ポットマムの育て方・栽培

ポットマムの育て方・栽培

ポットマムの育て…

出典:育て方ラボ

ポットマムは多年草で大事に育てれば毎年花を咲かせてくれる植物です。ですから一年を通しての管理をしっかりと知っていればまた花を咲かせてくれます。管理方法を知った上で栽培をしていく必要があります。ポットマムの育て方は、日当たりが大事になってきます。

ポットマムの育てる環境について

テキスト引用
多年草なので1年を通した管理方法を知って栽培をしていく必要があります。育て方において必要な環境としては、日当たりの管理を中心に行います。春夏秋冬日当たりに当てるぐらいの気持です。冬に弱い植物などだと室内での管理

日当たりの管理が中心の育て方で、春夏秋冬はすべてのときに日に当てると考えておくといいです。日当たり中心の育て方になります。冬に弱い植物などもあります。

冬に弱い植物の場合は、冬越しの場合に室内で管理したりすることがありますが、ポットマムの場合は、野外で冬越しをすることができます。その代わり外でも日当たりがいいものにしないといけないです。日当たりによって花の咲き方が変わります。たくさんの丈夫な花をたくさん咲かせたい場合は、日当たりのいいところで管理をして、水やりなどは、乾いてきたらたっぷり与えてあげます。

日当たりがいいところにおいていると、秋に咲くポットマムですが、早めにつぼみが出てきたりする場合おあります。また日当たりのいいところにおいていて、しっかりと管理をしていても、なかなか花が咲かない場合もあります。

なかなか花が咲かないときは、夜にも外灯の光が当たってる場合もあります。夜は光を当てないで、昼間にめいいっぱい光を当てないといけないです。ですから夜も明るい場所は避けて、できるだけ暗くなってきたら暗くなる場所で育てるようにすると、自然と秋になれば花を咲かせてくれます。

ポットマムの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
咲かせるために必要なこととして、冬の寒さが必要なことがあります。草花はすべて冬は自宅に入れることがあるかもしれませんが、この花の場合はわざわざ寒さに当てるようにします。そうすることで花がつきやすくなることがあります

ポットマムが大きく花を咲かせて育つためには、冬の寒さというものは大事になってきます。冬越しをするために、家の中に入れないといけない植物などもありますが、ポットマムの場合は、室内で管理しなくても室外でも管理をすることができるぐらい丈夫です。

それにわざと寒さに当てることによって、花をたくさん咲かせてくれます。そして種付けのための土は、水はけのいいものを心がけます。水はけがいいものでないと、根ぐされを起こしてしまう可能性もあります。そして水はけのいい土と肥料を与えてあげることが大事になってきます。

肥料は流れていかないように水溶性のものではなく、有機質のたくさん含まれた土を利用して弱酸性の土にするといいです。そして水遣りに関してです。水遣りは、あまり与えすぎるのはだめですが、乾燥には弱い植物になります。ですから乾ききってから与えるというのではなく、ある程度季節に応じて定期的にあげるほうがいいです。土が乾ききるまえにたっぷりとした水を滴り落ちるまで与えます。そして与えるときに水溶性の肥料なども一緒に定期的にあげるといいです。

夏などは、一日2回ぐらい水を与えてあげるといいですし、冬はあげないということはだめなので、ある程度あげないといけないですが、与えすぎると、根ぐされやまた霜が降りてしまったりするので気をつけないといけないです。しっかりと水遣りと、日当たりと、また肥料を与えていると、毎年きれいな花を咲かせてくれます。

ポットマムの増やし方や害虫について

テキスト引用
冬において水やりが必要かどうかですが、この花についてはある程度が必要になります。注意としては霜が降りてしまうと株が枯れます。霜対策としては、根本に小さな葉っぱを置くようにすることがあります。そうすることで土がそれ

秋に花をたくさん咲かせるポットマムですが、秋が終ったら冬にしっかりと冬越しさせることによって、また来年きれいな花をたくさん咲かせてくれます。冬の水遣りは、必要になります。何も与えないでもいいものもありますが、ポットマムの場合は、冬でもある程度水を上げる必要があります。

しかし冬に水遣りをしすぎてしまったりすると、霜が降りてしまう場合もあります。ですから冬に霜が降りないように、水遣りに気をつけてあげます。霜が降りてしまった場合は、株が枯れてしまいます。霜が降りないように対策として歯、根本に小さな葉っぱを敷き詰めて土が冷えすぎないようにすることができます。ですから霜降りの予防をしながら水遣りを継続していきます。

そして植木鉢以外に庭に直接植える場合には、管理は結構簡単です。水遣りなどは、雨が降ったらある程度ほっておくといいです。そして増やし方に関しては、さし芽で増やしていくことができます。さし芽をする時期は5月から6月ぐらいがおすすめです。清潔な用土にさし、日陰で管理して、大きく充実した新芽を使って植えます。

そして害虫に関してはある程度の害虫が発生することがあるので、発生してしまったときには、早めに対策をしないといけないです。また葉の病気になることもあるので、病気になったら枯れてしまうこともあるので気をつけて育てていくことが大事です。害虫も早めに対策をしないと枯れてしまう原因になってしまいます。

ポットマムの歴史

テキスト引用
キクと日本的な花の一つですが、洋風のキクも見られますから、和風にしても洋風にしても良い花と言えるかもしれません。花びらが沢山ついていてそれがより花を豪華に見せてくれます。さくらなどだと花びらが5枚程度ですからキク

ポットマムは鉢植えの菊のことをいいます。1950年代からアメリカで鉢植え向きのものが育成されて、その鉢植えの菊のことをポットマムという名称で販売されています。菊は、自然開花期によって、名称が分けれていて、夏菊、夏秋菊、秋菊、寒菊に分けられていて、ポットマムという種類は秋菊です。

原産と生息地は中国です。日本での菊というイメージは、どうしても豪華で大きな雰囲気があり、大きな作品として展覧会やコンテストに出すイメージがあって、敷居が高い感じがしますが、ポットマムは気軽に飾ることができるようなものになっています。

園芸分類は草花で、多年草になるので、毎年花を咲かせてくれます。ですから花の時期が終ったとしても、冬を越してまた春が来て秋になってくれば花を咲かせてくれます。草丈は10cmから50cmぐらいのもので、背の高さが低く花色もたくさんの種類の色の花を楽しむことができるので、寄せ植えなどをしたりすることができます。

耐寒性は比較的強くて、冬越しをしやすいものになっています。また夏の暑さにも、普通に通用しています。初心者の方でも育て方も扱いやすいものになっているので、ガーデニングがはじめての場合などは、ポットマム栽培がおすすめです。種付けなども比較的簡単に行なうことが出来るので、カラフルな花で庭を華やかにしてくれる植えに育てやすいのでおすすめの植物です。日当たりのいいところで育てることができます。

ポットマムの特徴

テキスト引用
この花の種類としてはキク科になります。デンドランセマ属に類することになります。多年草で、枯れることなく毎年咲かせることが可能になっています。高さとしては低いタイプが主になりますから10センチぐらいから50センチぐらいの

ポットマムの特徴はキク科の植物になります。菊は日本人にも昔からなじみのあるものになっているので、比較的育てやすいものになっています。しかし日本に昔からある菊の場合は、花が大きなものが特徴ですが、ポットマムの場合は、小さな背の丈の低いものになっています。

そして多年草の植物です。ですから花の時期が終ったとしても枯れることがなく、また毎年咲かせることが可能になっています。冬になって枯れてると思わないでまた花を咲かせることが可能なので、そのまま水遣りを定期的に続けます。花の背の高さは低いものになっていて、10cmから50cmの高さになっています。比較的低いので、他の花達と一緒に寄せ植えなどをするにも利用しやすいものですし、もとからポットで植える植物になっていますので、寄せ植えなど植木鉢に会うようなものになっています。

そして秋に開花してくれます。開花は夏が終った秋の9月から11月になります。最近は花の色もさまざまなものが登場しています。寄せ植えなどに使ったり単体で扱ったりすることが可能になっています。水遣りは土の水が乾いたらたっぷりとあげるようにします。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

そして花の時期が終って冬越しなどをするときにも定期的に水遣りはしておいたほうがいいです。枯れているのではないので、また温かくなってきたら、芽をだしてきますので、気長に待っていると多年草の植物になりますので、また秋に花をたくさん咲かせてくれます。

ポットマムの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ポットマム

    ポットマム

    ポットマムと百日草の画像です。百日草は中輪咲きの1年草です。オレンジ色の両脇にある、それよりも小…

    0

    1,491

    521.85

このまとめのキーワード

「ポットマム」に一致する育て方

  • ポットマム

    ポットマム

    ポットマムの育て方を紹介します。ポットマ…

    1,315

    0

「ポットマム」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

26,035view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

4,967view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,678view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

8,671view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

8,248view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,382view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

8,433view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,406view