• 金時草の育て方・栽培

金時草の育て方・栽培

金時草の育て方・…

出典:育て方ラボ

金時草の育て方・栽培のまとめです。金時草は、手入れがしやすく、繁殖しやすいため、園芸や、家庭菜園の初心者の方でもチャレンジしやすい野菜といわれています。植え付けについては、栄養繁殖のため、種子ではなく、苗での育成となっています。

金時草の育てる環境について

テキスト引用
金時草の育て方は比較的簡単で家庭菜園を楽しむ初心者の方にも向いています。生育適温は20~25度で日向を好む植物です。耐暑性に優れ、葉の収穫時が6月頃~10月までと長く夏野菜として店頭に並びます。収穫時の目安は本州

暑さに強く、乾燥にとても弱いので、水やりを欠かさないように気を付けましょう。生育に適している温度は、20℃から25℃前後といわれていますので、寒くなりすぎず、暑くなりすぎないように上手に調節してあげることが重要です。

温度が高すぎたり、逆に、日にあたる時間が少ないと、葉の色が鮮やかな色に仕上がらないことがあります。特に、日差しが強い時などは、葉がかたくなりやすいので、湿度や温度、天候などを見ながら、臨機応変に対応していきましょう。

商品として販売する場合は、ハウス栽培などで総合的に管理していく方法が適切ですが、家庭で栽培するときは、プランター植えでも十分生育しますので、家で食べるくらいの量を常時収穫していくことは可能です。収穫をするときは、雨天時は避けて、晴れている日に行いましょう。

雨のときに収穫を行うと、切り口から腐ってしまうことがあります。また、肥料を多くやりすぎると、アブラムシが大量に発生することがあります。草の丈が30センチくらいまで伸びるので、プランターなどへ植える際には、プランターや鉢についても、同程度の深さのものを使用しましょう。生育していく過程で株ごと倒れたりすることがなく、無理なく成長していくことができます。

金時草の種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
乾燥に弱いので水やりをこま目に行います。前記に述べた敷きワラで、ある程度の乾燥を防ぐ事が出来ますが水はたっぷりと与えるようにしましょう。乾燥が続くと枯れてしまう事があるので注意が必要です。種付け方法は、種が

金時草は、タネができない野菜としてよく知られていますので、実際にタネの販売をしていないようです。種付けについては、五月から七月初めあたりの時期がよいとされています。栽培方法としては、種苗店や園芸店などで苗を買ってきて育てるか、もしくは、店頭で野菜として売られている金時草の枝の先や、葉の部分を整理してから挿し木をして、苗から育てていくこともできます。

育て方としては、整理した枝を水や土に挿して十日から二週間程度おくと、根が出てくるので、その後、ポットにうつしかえて苗を栽培するか、あるいは深さのあるプランターなどに直接、植え替えます。植え替えたあとは、暖かい場所に移してあげましょう。

水前寺菜、ハンダマとして売られているものでも、中身は同様のものなので、利用することが可能です。暑さには強いですが、乾燥には弱いので、梅雨があけたら敷きワラをするなど工夫して、乾燥を防いであげることが重要です。また、暑さが続いているときには、たっぷりの水やりを常に心がけましょう。温度差、寒暖の差が大きいときに、葉の裏側の赤紫の色がより鮮やかに発色していきます。

土は、通気性がよく、保水性のあるものを使いましょう。ある程度育ってきたら、若いうちに収穫をして、肥料を追加し、水やりを続けると、次々と育っていきます。収穫するときは、朝などの気温が低い時間帯に行うと、長持ちします。収穫したものは、切り口を水分で覆い、新聞紙に包むなどして、保存します。

金時草の増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方は前記に述べたように、種が取れない植物なので春先に苗を園芸店で購入するか、野菜として売られているものを挿し木をして使用するかのどちらかです。どちらも比較的簡単に増やす事ができます。挿し木をする場合は切

金時草の増やし方としては、苗を植えつけ後、3週間後から月1~2回の間隔で、1平方メートルあたり化成肥料30gをいれてあげましょう。わき芽を伸ばしていくと、たくさん収穫することができます。

梅雨のときや、気温が高くなってきたら、害虫に注意が必要です。葉や茎に害虫がついているときは、殺虫剤を薄めてまくか、食用を栽培している場合は、農薬などの薬剤を使わずに、霧吹きなどを使って、水で虫を吹き飛ばすなど、見つけたらすぐに処置をすることが大切です。

ちょっと油断をしてしまうと、あっという間に葉が食べつくされてしまうことがあります。金時草の収穫の時期としては、六月初めくらいから十月末あたりまでとされています。収穫に適した大きさとして、目安は茎が20センチを超えた頃です。茎を土から三センチほど残して切り、収穫したあとも手入れを施していくと、また大きくなります。挿し木の手入れや、収穫時に使うはさみは、清潔なものを使いましょう。

菌などが付着している場合には、切り口から雑菌が入ることもあるので、注意が必要です。秋には、オレンジ色の花を咲かせ、寒くなってくるとともに葉は元気がなくなり、だんだん弱ってきます。冬場は、深さのあるプランターや鉢植えなどで管理できるときは、暖かい室内に移動し、花の観賞用として楽しむことができます。根が健康な状態のまま、冬を越すことができたものについては、次の年にまた大きく成長していくことが可能です。

金時草の歴史

テキスト引用
金時草は学名Gynura bicolorと呼ばれています。金時草の名前の由来は、葉の裏面の色が金時芋のように美しい赤紫色であることからだと言われています。その他、沖縄で「はんだま」、熊本県では水前寺周辺で栽培されていたことから

金時草は、江戸時代に中国から渡来し、沖縄県、熊本県、石川県などに伝わりました。自家製の野菜として使われていたものが、昭和はじめのころから販売する野菜として注目されるようになったといわれています。

一時期は、生産量がかなり減ってしまったようですが、栄養価が高く評価されて、石川県で多く栽培されるようになり、現在もたくさんの生産量を誇っています。石川県の城下町、金沢で栽培される野菜は、加賀野菜と呼ばれ、特徴のあるみずみずしくて美味しい野菜としてよく知られています。

加賀れんこんなどと同様に、加賀野菜のひとつとして注目を浴びているのが、金時草です。熊本では、金時草の和名として、水前寺菜と記され、スイゼンジナと呼ばれて親しまれています。水前寺菜の名前の由来は、おもに熊本県水前寺町で栽培されたこと、熱湯に入れると水前寺のりに似ていること、また水前寺のお茶の席で用いられるなど、様々な説があるようです。沖縄では、ハンダマといい、伝統的な夏の野菜としてよく使われています。

血の葉、不老長寿の葉といわれることもあり、また目によいとされ、民間療法などにも積極的に使われていたようです。茹でた汁がほんのりと紫色に色づくことから、鮮やかな色の使い道が注目されはじめ、研究されてきました。最近では、工場や機械の加工技術が進み、乾燥した葉っぱの部分を利用するなど、きれいな金時草の葉の色の特徴を生かしたお菓子や麺類、化粧品なども開発されています。

金時草の特徴

テキスト引用
金時草は、キク科サンシチソウ属の多年草です。現在生息地は日本を含むアジア諸国からアメリカに至る前広範囲となっています。金時草は種がとれない植物なので増やし方は、購入した金時草を挿し芽として使用するか苗を購入

金時草は、熱帯アジアが原産で、キク科の多年草です。生息地は、日本などのアジア諸国、アメリカなど広範囲にわたっています。葉っぱの色に特徴があり、葉の表側の色は、濃い緑色ですが、葉の裏側は、サツマイモや小豆のような、深い赤紫色で、赤紫蘇の色に似ています。

葉の表と裏の色のコントラストが見事で、とても美しいです。葉の裏側の色が金時芋に似ていることから、金時草という漢字が使われ、キンジソウと読むようになったといわれています。葉っぱの形は、長くて丸みを帯びており、先がとがっています。茎の形状は、円柱形です。葉っぱと若い茎を食することができ、甘みがあります。

ゆでると、わかめや、モロヘイヤのような粘りやぬめりが出るのが特徴です。独特の香りはありますが、調理すると味にくせがなく、天ぷらや炒め物、おひたしなどの料理に向いています。茹でで食べると、ぬるぬるとした食感が味わえます。ゆで汁は、薄い紫のような色になり、茹でた葉は緑色になるので、ほうれん草や小松菜などの葉野菜と同様に使うことができます。カロテン、ビタミンC、カルシウムやカリウムなど、健康によいとされる栄養素がたっぷり含まれていますので、疲労回復に役立ちます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

アントシアニンや鉄分も多く、夏の暑い時期など、夏バテ対策にも有効です。妊婦さんの強い味方になってくれるという説もあります。出荷の時期は、六月から十一月あたりなので、夏の季節に、ご当地の野菜売り場や、産地直売所などで販売されています。購入する際には、葉の一枚一枚が大きく、はりのあるみずみずしいものを選びましょう。

金時草の育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「金時草」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,396view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

4,011view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

13,798view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

3,031view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

4,144view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

2,349view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

2,996view
ツタの育て方・栽…
ツタの育て方・栽培
ツタの栽培をするための環境としては日光があるところです。建物の壁にどんどん張り付いて広がっていきますが、これは日光をどんどん浴びたいからでもあります。壁一面に広…

育て方ラボ 公式ページさん

15,630view