• コバンソウの育て方・栽培

コバンソウの育て方・栽培

コバンソウの育て…

出典:育て方ラボ

コバンソウの育て方・栽培のまとめです。今話したように、強い繁殖力を持ち優れた生命力を有していますので、ある程度寒さや暑さなどが過酷な環境などであったりしても、たくましく育つのがこのコバンソウが持つ長所であるといえます。

コバンソウの育てる環境について

テキスト引用
種まきは9月中旬から11月頃に行います。プランターや庭土に直撒きかポット撒きで種を撒きましょう。コバンソウの芽はおよそ20℃が発芽に適しています。発芽率がとても良いので、パラパラと巻いてやると簡単に芽が出ます。芽

そして、やはりそうした過酷な地中海沿岸部にある西欧諸国やラテン諸国などにおいての厳しい自然環境で育ち、昆虫類や野生草食動物などの食料とされたりしてきた歴史的経緯などもありますので、ほとんど野性的な状態に近い栽培方法などでも育て方などに関しては良いような感じもします。

ただ、やはり野生動物類の食料などとなってきたという今話した経緯などがありますので、栽培していく際には、それらの動物類に食べられたりしないような工夫が必要になるかもしれません。この事については後で詳しく触れる事にします。

耐寒性と耐暑性でのそれぞれの両方において優れていますので、穂の実自体も保存面においての耐久性に優れていることはいうまでもありません。そして、冬が明けた3月中期あたりに種付けなどを行えば4月あたりには発芽をし、大抵の場合には先程も触れたように、5月あたりに開花をしますので、とくに悩むような事はありません。

ただ、たまに4月上旬あたりに霜が降りたりする場合などがありますので、そうした厳寒面への対策を十分に行ったりしていく事が、とても重要であることはいうまでもありません。本当に育てる分においては、あまり手間が掛からない観葉植物といえます。こうしたたくましさがこのコバンソウにはありますので、この特性を生かした育て方がポイントといっても過言ではありません。

コバンソウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
乾燥にも強いコバンソウは水やりも他の植物ほど必要としません。鉢植えやプランターなどでは表面の土が白く乾いてきたら与えましょう。花壇や庭先などに植えた場合は、種まきから発芽後2周間ほどは乾燥しすぎないよう注意して

種付けについてですが、元々先程も話したように一年生植物の部類であるイネ科ですので、稲や麦などのモミを蒔いたりするのと同じ要領で構いません。つまり、床蒔きや直播きなどのようなやり方でもよいので、その方が発芽率が良いといったメリットがあるからです。

また、花壇や鉢植えなどにしたりする際には、堆肥やそれに牛糞などを混ぜたりして土に混入させたりしていけば元気に育つようになります。芽が出始めるとすぐに伸び、お互いに寄りかかったりした場合には倒れたりしますので、株間が30cmくらいの間隔を取りながら間引きをしていきます。今度は水やりに関してですが、鉢植えなどの場合には、鉢内にある土の表面が白くなったりした場合に与えるようにします。

一方、花壇に植えている場合には、種付け後より2週間程度の場合には乾き具合などに注意をしながら様子を見るようにします。そして、余程乾きすぎるような感じがあったりした場合にはその時に土が湿る程度の水まきをしたりすればよいので、それ以上与えたりするような事は必要はありません。

そして肥料の与え方に関してですが、先程も話したように種付け時において堆肥や牛糞などを与えたりする他に、生育後において鉢植えなどの場合において、緩効性である化学肥料を植え付けたりし、その後2週間くらいしてから1回もしくは2回くらい置き肥をしたりするくらいで十分であると考えます。花壇の場合などには鉢植えなどの場合よりも多量の堆肥などを用いているなどといった事情もありますので、追肥などは必要は無いような感じがします。

コバンソウの増やし方や害虫について

テキスト引用
コバンソウの増やしかたについては前途の通り、発芽率が非常に良いためこぼれ種でも簡単に芽を出し増えていきます。ですがやはり日が当たらなすぎる場所やじめじめと湿った場所では発芽はしても成長が悪く枯れてしまったり根

そしてこのコバンソウの増やし方に関してですが、基本的に先程も話したように一年生植物の部類であるゆえに株分けなどでの増殖などが出来ませんので、種子などによる蒔き法での種付けとなります。

そしてイネ科ならではの育て方というやり方での種による発芽を中心とした生育管理などをしていくといったカタチになりますが、とくに難しい生育法などに関しての技術などは不要といえます。

ただ、元来原産国の土地などにおいて野生動物類などの食料になっていたといった経緯などもありますので、種部分である穂を小鳥が、そして葉などを鹿やバッタなどが食べたりしますので、それらの動物類に食い荒らされたりしないように生育環境面においての知恵を働かせたり工夫などをしていく必要性などがどうしてもあります。

害虫だけではなく野生動物などに対しての対策なども立てたりしなくてはなりませんので、そうした面では育てている地域などによっては、ある程度の手間が掛かったりするようなところなどもあるといえます。

コバンソウの葉や穂、根などを、これらの害虫・野生動物などの天敵は狙ってきますので、これらの小動物類が入れない柵や天井網類などを敷いたりしていく必要などがどうしても出てきます。また、小動物類である野生動物の野ネズミあたりになると、地面に穴を掘ったり網をかみちぎったりして侵入をしたりしてきますので、とても厄介です。さらにイノシシあたりになると、柵を力で倒して網を突き破り、それを防ごうとする人間に突進したりして来ますので、大変危険です。こうした野生動物類などへの対応は、これからも大きな課題になりそうです。

コバンソウの歴史

テキスト引用
コバンソウはイネ科の植物で、大振りの稲穂がしなだれているような姿をして居ます。四月の終わりから七月ごろにかけて徐々に開花し、花は花びらのない花序になっていて、先端から雄しべが少し出ています。一つ一つの花がまるで

このコバンソウ(小判草)と言われる植物は、明治期終わり頃から上流階級の人々による観賞用として持ち込まれてきた歴史があり、現在においてもその穂自体がドライフラワーなどとして用いられたりする場合なども少なくはありません。

生息地や原産国としては、地中海以西沿岸部にある西欧諸国ですが、単なる観賞用としての目的のみで輸入をされただけの観葉植物の部類であり、輸入された後に人々からの感心などが無くなってからは捨てられたりする事が多くなり、そのため現在までに至るまで、ほとんど雑草のような感じです。

それでもイネ科の部類の草類にあたり、割と生命力なども強い傾向などがありますので、増殖力の面などにおいても優れた植物の一種である事には間違いが無いといえます。基本的に稲と同じく一年生植物であり、5月から6月あたりにかけて開花する習性がありますが、秋の終わり頃になると穂を身に付けて枯れますので、そうした短命での習性がドライフラワーとしてのカタチで好まれて使用されたりする面が、多いような感じがあります。

またさらに、雑草として生えたりしているものに関しては、野焼きなどにおいてよく乾燥していて着火がし易いなどといった点でも大変好まれたりしている面もあり、家畜などの飼料としては使えない分、焼いた後の炭や灰などが自然のままでの肥料や、その他の再利用資源としても使えたりする面においても高い評価がありますので、今後においても注目をされたりしていくような自然資源の1つである可能性を秘めた植物です。

コバンソウの特徴

テキスト引用
草丈は40?から60?と幅があります。緑の花は少々光沢があり、およそ4?程の小花が密集しており、それが小判のような形を作っています。小判以外に穂の形が俵にも見えることから別名をタワラムギともいいます。また、穂が風に

本当にこのコバンソウは成っている実に独特の特徴があり、この奇抜さのあり方がどうも、明治期後期に生きていた我が国の上流階層の人々から好評があったような感じがあります。

この実のカタチ自体が小判に似ていることから、江戸期辺りを生きてきた年齢層の当時の人々からの懐古面などにおいて、昔の時代を生きた名残とかもあり、ブームに火が付いたような感があるようです。

また、このコバンソウ類の中にはヒメコバンソウなどと呼ばれたりする品種なども存在をしており、形態自体は同じイネ科といった理由などもありよく似てはいますが、穂自体がコバンソウよりもさらに小さく4㎜程であり、そのうえ多くの小穂を1つの花序部分に実らせたりしますので、外見上においては大きな違いがあります。これに対し、コバンソウ自体はあの麦類などと同じく、穂を1つの花序へ実らせる習性があり、そのうえある程度の大きさがありますので、そうした面でも観賞用植物としての価値があるものといえます。

草丈としては、10cmから大きいもので60cmくらいに伸びますので、割と高めの長さがあるという点が、イネや麦類などと同じです。しかしながら、食用としては残念ながら栄養学的にも利用価値などはありませんので、その点だけは仕方が無いといえるかもしれません。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

また、生え際としても、ある程度の範囲において群生をしたりする習性などがありますので、その様子からもこの植物の繁殖力の強さがわかる気がします。種子なども、厳しい自然環境に耐えられるだけの丈夫さや生命力などがありますので、保存をしたりするには大変向いています。

コバンソウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「コバンソウ」に一致する植物図鑑

「コバンソウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

7,141view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

27,059view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

7,145view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

34,348view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

6,919view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

14,675view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

5,118view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,979view