• ドドナエアの育て方・栽培

ドドナエアの育て方・栽培

ドドナエアの育て…

出典:育て方ラボ

ドドナエアは園芸中級者向けと一般的には言われていますが、実際育ててみるととても育てやすい植物だと言えるでしょう。栽培するには肥料もあまり必要ではありません。だから初心者でも割と簡単に育てることができます。

ドドナエアの育てる環境について

テキスト引用
栽培方法を調べると、園芸中級車向けという記述がよく見られますが、いろんな観点から見ると実は育てやすい植物の一つです。他の花と比べると肥料をあまり必要としないことも初心者向きですし、水もあまり必要としないので基

育て方は水もあまり必要ではありません。年間を通して管理しなくても元気に育ってくれる植物です。手がかからないのでとても楽です。葉を楽しむ植物です。葉は大きくなりすぎたら剪定をするといいでしょう。鞘が終わった時は形を整えてあげるといいでしょう。

また美しい葉が楽しめます。でもほったらかしにしていても大丈夫です。ほったらかしでも樹形はあまり乱れません。葉が落ちることもあまりないので安心です。植え付けや植え替えをする必要もありません。本当に手がかからないので初心者には嬉しい植物です。

葉がとても美しいのでシンボルツリーとしても人気があります。垣根などに植える人もたくさんいます。排水が良い場所で、日当たりもいい場所で育てるとうまく育つでしょう。真冬の機構でも元気に育ってくれるので、他の植物が咲いていない時期でも立派な葉を見せて楽しませてくれます。オリーブやシマトネリコなどの木と相性がいいと言われています。

そのために一緒に植えられていることが多いです。これらを植えるだけで家の庭がおしゃれに変わります。成長が早いのも特徴です。庭を魅力的にしてくれる植物です。洋風の家にもとても合います。おしゃれな庭を造りたい人にはぴったりです。

ドドナエアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ドドナエアの特徴である鞘の中には種が入っています。もちろん生きている植物ですから必ず入っているというわけではありませんし、雌雄異株という植物の分類に入る木ですから、雌雄2本が必要といわれる木です。しかし一本でも

ドドナエアの種は鞘の中にあります。鞘はドドナエアの特徴の一つです。種は必ず鞘の中に入っているというわけではありません。生きている植物なので、入っていない場合も考えられます。

鞘は薄くてぺらぺらです。ぺらぺらの中に種が入っている場合があります。種は小さいです。種付けは種の全てが発芽するわけではありませんが、小さな種から発芽することもあります。発芽するには気温や土の状態や栄養状態などの条件が大切になってきます。

条件が揃えばうまく発芽してくれます。ドドナエアは鞘がつくためにとても種が取りやすい植物です。種から増やすこともできますし、それ以外にも挿し木でも増やすことができます。挿し木で増やす生産者のほうが多いぐらいです。実際によくお店で売られているドドナエアの苗は、ほとんどが挿し木で増やした苗です。種をとって発芽することもあるのですが、その確率も低いと言われています。だから挿し木のほうが確実にうまく育つと言われています。

ドドナエアの特徴は色を変えることです。でも中には色を変えないドドナエアもあります。でもどれが色を変えないものかはなかなかわかりません。実際に種を播いてみて、ちゃんと育ってからでないとわかりません。普通は葉の色を変える植物なので、葉の色が変わらないものに出会えたらそれはとても珍しいです。色を変える中で一つだけ色を変えないものがあれば、それだけでとても目立ちます。鑑賞のアクセントにもなります。

ドドナエアの増やし方や害虫について

テキスト引用
ドドナエアが育てやすい植物である要因の一つに、虫が付きにくいということがあります。バラなど柔らかく緑が濃い植物というのは虫との闘いになります。駆除しても次の日にはまた違う虫が付いていることなど日常茶飯事ですが

ドドナエアは虫が付きにくいので育てやすいと言われています。虫との闘いがないので育てる上でのストレスもあまりありません。なぜ虫があまりつかないかと言うと、それには理由があります。他の植物は新緑の季節になると葉が柔らかくなります。

その触り心地は虫が好きそうな感触です。だから新緑の季節には虫が付きやすくなってしまいます。新緑の季節を過ぎると他の植物の葉は固くなります。それに比べてドドナエアの葉はとても硬いです。人間が触っても痛いと感じるような感触です。だから虫が好んで近づいてくるような植物ではありません。

虫が好まない葉をしていることで虫の被害がとても少ない植物です。一年中ずっと硬い葉なので、年間を通して虫に悩まされることがありません。増やし方は挿し木で増やすといいでしょう。挿し木のほうが確実に成長してくれます。虫にはほとんど悩まされませんが、黒点病にかかる事は結構あります。もしも黒点病にかかっている植物が近くにいたら注意をしなければいけません。

ドドナエアはすぐに成長をする植物です。だから強剪定をしてもすぐに成長してくれます。虫や病気を発見した場合は、すぐに剪定するようにしましょう。またそのあとすぐに成長してくれるので心配はありません。この点も育てやすいと言われている理由の一つになるでしょう。虫がつきやすい植物は虫を駆除してもまた翌日には虫がついていることがあります。でもこの植物にはそのストレスがないのが魅力的です。

ドドナエアの歴史

テキスト引用
ドドナエアという木は葉を楽しむ木です。原産はオーストラリアでポップブッシュとも呼ばれています。生息地はもともと日本ではありませんから、あまりメジャーな木ではありませんでしたが、その美しい葉の色と珍しい鞘ができることで

ドドナエアの原産はオーストラリアです。そしてポップブッシュと呼ばれることもあります。生息地はもともとは日本ではありません。だから日本ではメジャーな木ではありませんでした。

でも美しい葉の色が特徴的ですし、珍しい鞘もできるので最近では有名になってきている木です。葉の色は変化をします。冬は濃い紫をしていています。5月ごろの春になるとさわやかな黄緑色の新芽が出てくるようになります。葉の色を一年で色々楽しめるところが人気です。花はあまり目立ちません。

小さくてとても地味な花です。でもそのあとにできる鞘がとても美しいです。鞘は薄くてぺらぺらとしています。その様子はまるで花びらのように見えます。園芸が初心者の人でも育てやすい木です。心配することなく育てることに挑戦しやすい木です。剪定もとても簡単です。なので庭木として流通しています。

庭に植えて育てると季節によって様々な葉の色を楽しむことができます。落葉樹ではないので一年中葉を楽しむことができます。それが人気の理由の一つにもなっています。冬に枝だけになる寂しさがありません。一度庭に植えるとあとはそのままにしていても元気に育ってくれます。葉に動きがあるので、もしも自分で剪定して失敗してしまったとしても失敗があまり目立つこともありません。だから初心者でも育てることが簡単です。日本ではまだまだメジャーな木とは言えませんが、徐々に人気を集めている木なのでこれからメジャーになる可能性もあります。

ドドナエアの特徴

テキスト引用
この木の特徴は何といってもその葉です。細長く季節によって色を変えるその葉は日本古来の植物にはあまり見られません。五月に小さな花が咲くころ、その葉は新緑の色で美しい黄緑色をしています。手で触った感触も新緑らしい

ドドナエアの一番の特徴は葉です。季節によって色を変える木は、日本ではあまりありません。だからとても珍しいです。5月ごろになると小さな花が咲きます。この頃の葉の色は新緑の色をしています。夏ごろまでこの葉を楽しむことができます。

秋から冬になるとまた葉の色が変化していきます。次は濃い紫色になっていきます。色の変わり方はとてもゆっくりです。急に葉の色が変化することはありません。周りの人があまり気づかないうちにゆっくりと変化していきます。真冬になると濃い深紅色になります。赤と紫と黒が混ざった感じの色へ変わります。とてもシックな色になるので、その雰囲気が洋風の家にはぴったりと合います。

赤い葉はそれだけでとても目立つので、落葉樹しかない庭の中に植えてあげてもいいでしょう。ひと際目立つ存在になります。鞘も特徴の一つになります。春に花をつけたあと、夏になると鞘をつけます。パッと見はまるで花が咲いているように見えます。鞘の中には種が入っていることもあります。鞘が枝にたくさんついていると、その雰囲気は外国のように感じられます。とてもおしゃれです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

その外見が好きになってこの木を育てる人もたくさんいます。美しい木が好きな人にはとてもおすすめの木です。「雌雄異株」と記載している海外のサイトもあります。これは種を植えても親と同じ姿が出てくるとは限らない、ということを意味しています。それもドドナエアの特徴と言えます。

ドドナエアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ドドナエア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

1,639view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,295view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

8,236view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

2,912view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

2,764view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,716view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

12,209view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

2,067view