• ゲウムの育て方・栽培

ゲウムの育て方・栽培

ゲウムの育て方・…

出典:育て方ラボ

ゲウムを栽培するときの環境は日当たりに起きます。真夏の直射日光は好みません。夏は半日陰のところに置くとよいとされます。種類によって得意な生息地があります。湿ったところが好きなこともあれば逆にあまり強くないこともあります。

ゲウムの育てる環境について

テキスト引用
冬に地上部が枯れてしまっても、また温かくなれば芽を出して花を咲かせてくれる宿根草です。秋に種をまけば翌年の初夏には花を咲かせます。一般的には苗から植えて育てますが、園芸品種であれば、種からでも環境が適していれば

一般的に今出回っているタイプは湿ったところ、高温多湿をあまり好まないタイプになります。寒さとしてはマイナス10度ぐらいなら耐えてくれます。北海道などマイナス10度を下るようなところでは冬は室内で管理するのが安心です。

マイナス10度以下にならないなら冬場でも戸外でそのまま越冬させることができます。多年草で冬を越すことはそれほど難しくありません。夏越えが少し大変になることがあります。うまく越すことができないと夏場に枯れてしまってそのまま株を失うことになりかねません。

置いている場所によって適さないことがあるので注意した方が良いでしょう。水はけを良くし、そのうえで乾燥させないようにします。風通しを良くした半日陰の場所が良いとされています。夏以外の春や秋はしっかりと日に当てるところに置きます。一般的な花は少なからず日当たりが必要になります。

日当たりが悪くなることで花がつかなくなったり好みの色がつかなくなってしますことがあります。それを避けるためにも日に当てられる時は当てておきます。この花は南国では育てるのが難しくなります。花を咲かせるためには冬の低温が必要なためです。冬に一定温度まで下がらないといけません。

ゲウムの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
一般的には苗を購入して植え付けを行いますが、種からでも増やすことは可能です。育て方は湿気と乾燥、直射日光に気をつけていれば、比較的容易です。しかし苗から植え付けを行う時には、植え方に細心の注意が

ゲウムの育て方で種付けの場所を考慮します。この花は多年草で一度植えると翌年なども楽しむことができます。多年草では定期的に植え替えなどをしながら管理するとされています。

しかしこの花は直根性になっています。根が太く、その根が傷つくと成長不良を起こします。植え替えはどれだけ丁寧に行っても少し傷がつくとされています。この花の場合は植え替えをせずに育てるのを基本としなければいけません。園芸店などで苗を購入してそれを植え付ける場合があります。この時に行うこととして土を払って育てることがあります。

この時には土は一切払わずに育てないといけません。土は一般的な花と野菜の土でも育てることができます。山野草用の用土も使えます。配合を見て鹿沼土、軽石が多いものを選べば水はけを良くすることができます。湿気は嫌いますが乾燥もさせてはいけない植物です。乾燥すると葉枯れを起こします。葉枯れは葉っぱが枯れているだけではなく株が弱ります。花全体を枯らしてしまうこともあります。水やりの方法としては用土が乾き始めたらたっぷり与えるようにします。

冬に積雪があったときに埋まることがありますがそれは問題ありません。雪の降る地域でも育てることは可能です。肥料は春と秋の成長期を中心に与えます。夏は厳しい環境なので肥料が必要と感じますが実際はその逆です。肥料が過剰だと負担が大きくなります。負担を減らすためにも肥料を与えず残らないようにします。

ゲウムの増やし方や害虫について

テキスト引用
根を傷つける心配がないことから種から増やすのがオススメですが、ポットなどを購入して植える、もしくは現在株が大きくなりすぎているものの株分けで増やす方法もあります。混みすぎや多湿で灰色かび

ゲウムの増やし方として種まきを行うことができます。この植物は植え替えが難しいです。通常は植え替えをしません。株を傷めると育たなくなります。花が咲いた後に種を取ることができるのでそれを集めておいてまきます。

種で増やせることからこぼれ種で自然に増やせる場合があります。もちろんこれは確実に増やす方法にはなりません。環境が整っていれば種から自然に発芽してくれます。いい環境を作る必要があります。少し難易度が高くなりますが株分けをすることがあります。種ができる品種なら種まきで増やしますが種類によっては種ができないものがあります。

その時に限って行う方法です。植え替えが難しく根を傷めると成長に影響を与えることからあまり勧められていません。素人が行う場合は良く知っている人から方法を聞いて行うようにします。難しいことでも順序を決めて行えばうまくできる場合があります。一度うまくいけばその後継続的に行えるようになります。害虫対策で気を付けるのがアブラムシとヨトウムシです。これらが出てくることで株を傷めてしまうことがあるので防除するようにします。

この植物はあまり増やしやすいわけではないので株を大切に育てないといけません。病気対策として灰色かび病に気を付けるようにします。数が増えて来たり混みいったところで育てると多湿から出ることがあります。多湿の状態を避けるように配置をしたり水やり、土の選定をすれば防ぐことができます。

ゲウムの歴史

テキスト引用
ゲウムは、バラ科 のダイコンソウ属(ゲウム属)であり、日本のに山に咲く「ダイコンソウ」と同じ仲間です。そのためゲウムを「ダイコンソウ」として店頭に並べられていることもあります。日本においては「ダイコンソウ」

日本でおなじみの野菜として知られるのが大根です。一般的に良く食べられているのは根っこの部分です。葉っぱがどうなっているのか、花がどう咲くかなどを知っている人はあまりいないかもしれません。

八百屋さんなどだと葉っぱがついた状態のものを販売していることもあります。ゲウムと呼ばれる植物がありこの植物は大根と少なからず関係があります。と言いますのもこの植物は別名ダイコンソウと呼ばれているからです。なぜこのように呼ばれるかですがそれは葉っぱが大根の葉っぱに似ているからです。

似ているだけなので根っこが大根のようになっていたり食べることができるわけではありません。この植物の原産、生息地はユーラシア大陸、南北のアメリカ大陸などとされています。日本にはないかといわれると自然に自生している花として仲間はあるとされています。自生している花もたくさんありますが、園芸品種として新たに開発されている種類もたくさん存在します。中国や日本では園芸用、観賞用ではなくて薬草などとして使われる歴史があります。

貧血やむくみに良く効く薬として使われていたようです。打ち身の部分にはそのまま使うこともあります。薬としての利用はヨーロッパでも行われていたようです。病気を体から追い出す魔法の草の一つとして使われていたようです。同じような花にセイヨウダイコンソウがありやはり薬として使われていたとされています。現在は観賞用としての利用が主でしょう。

ゲウムの特徴

テキスト引用
自生しているダイコンソウと流通しているのとは、全く種類が違うと理解して方が賢明です。流通しているゲウムは、ヨーロッパ品種の種間交雑によって生まれた品種です。 ダイコンソウはもともと湿気帯びた場所に育つ

ゲウムの特徴は、園芸上では草花、山野草として分類されます。多年草で咲く花ですが、成長すると低木にまで達する場合があります。草の丈は10センチから数十センチですが高いものは60センチぐらいに達することがあります。ヨーロッパ、アメリカなどに広く分布する花で耐寒性はあります。

耐暑性はそこそこあるとされています。半常緑性で開花期間が長くなっている花です。専門的な分類だと被子植物、双子葉植物、バラ亜綱、バラ目、バラ科、バラ亜科、ダイコンソウ属となります。野菜の大根はアブラナの仲間ですが、この花はバラの仲間であることがわかります。葉っぱに特徴があり、大根に似た羽状の切れ込みがついています。茎には互生してついていて3裂しています。

一般的な花は初夏に咲くのみですが、改良が進んだものだと長く咲かせることがあります。5月から8月ぐらいまで咲き続けるタイプがあります。花は1.5センチから3センチぐらいで5枚の花弁がついています。八重咲するタイプもあります。花の色はいくつかあり、赤やオレンジ色が知られています。その他に白色や紫色のタイプも見ることができます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

自生する花は湿気を帯びたところで育つことがありますが、園芸種として改良されたものは湿気をあまり好まないものも多くなっています。あまり湿気のあるところだと腐ってしまうこともあります。ですから管理には気をつけないといけないかもしれません。見かけることが少ないので見つけたら買っておくと良いとされます。

ゲウムの育て方・栽培に関連する無料素材

  • ゲウム

    ゲウム

    ゲウムの写真です。バラ科。オレンジ色の特徴的です。花の下にまたすぐつぼみがあります。次々咲きそう…

    0

    1,019

    356.65

このまとめのキーワード

「ゲウム」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

14,574view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

5,281view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

7,750view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,260view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

6,380view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

13,904view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,734view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

25,852view