• スキミアの育て方・栽培

スキミアの育て方・栽培

スキミアの育て方…

出典:育て方ラボ

スキミアを栽培するときに好ましい環境です。柑橘系の植物は何といっても日当たりを好みます。みかん畑を見ると平らなところで栽培されることはあまりありません。斜面などです。斜面なら太陽の日差しを受けやすくなります。

スキミアの育てる環境について

テキスト引用
もともと日光を好む種ではありますが、耐陰性があり多くは必要としないので日当たりの少ないところでも生育が可能です。かといって、あまりに日光が当たらない状態での生育は花つきに影響が出てしまうので可能であればできるだけ

海岸付近にある斜面で植えられることがあります。それならこの植物も太陽のエネルギーをいっぱいに受けられるところが好まれるかですがそうでもありません。一応日光を好むようにはなっています。でも耐陰性がある植物になります。

必ず日当たりがなくてはいけないわけではありません。耐陰性はありますが全くの日陰で育てられるわけではありません。最低でも半日陰ぐらいの状態が維持できる環境を用意しないといけないでしょう。柑橘類は夏場の暑い日差しでも負けないイメージがありますがあまり強い日差しを好みません。

初夏から初秋にかけて日差しが強くなるころはできるだけ直射日光を避けられるようにしておきます。秋から次の年の春まではしっかり日当たりに充てるようにします。寒さへの対応は適度に持っています。地域にもよりますが日本の一般的な平地などなら冬場でも外での管理が可能です。

夏とそれ以外の季節で太陽の当て方が変わるので植木鉢のように移動できるタイプの方が育てやすくなります。株が大きくなると困る、庭に植えたい場合もあるでしょう。庭に植える場合は遮光をするなど工夫をすれば日光を調節できます。太陽以外は庭で植える問題点はありません。

スキミアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植えつけは3月または9月の下旬から10月頃に行います。一般的に苗で出回っていることがほとんどなので、購入時は苗選びにも気を配るようにします。苗を選ぶときのポイントとしては「葉に艶があり根本付近の幹がしっかりしていること

スキミアの育て方で種付けの時期などです。この植物は春と秋に行うことができます。春に行うときは3月ぐらいから可能です。3月と言えばまだまだ寒い時期ですがそれでも特に問題はありません。秋の場合は夏の暑さがある程度減る時期を選びます。

9月下旬ころから暑さも和らいでくるのでそのころに行うと良いでしょう。植え付けをするときの状態ですが苗で出回っていますからそれらを購入して植え付けをします。苗はすでに葉っぱなどが出ている状態です。柑橘類の葉っぱは少し固めでつやがあるタイプが多いです。

この植物も葉っぱのつやがポイントになります。きれいに光っているぐらいのものを選びます。葉っぱ以外では幹の様子も見ておきます。しっかりしているタイプがより育てやすくなります。葉っぱが変色していたり枯れている、虫がついていたりすると育てにくくなることがあります。

植木鉢で育てるときの水やりは表面が乾いてきてからしっかりと与えるタイミングで良いでしょう。暑さには適度に強いですがカラカラの状態は良くありません。庭に植えるときにはほとんど水を与える必要がなくなります。

暑い地域であったり雨があまり降らない地域の場合は様子を見ながら水やりを行います。毎日行う必要はありません。肥料も土の状態によっては必ずしも必要ではありません。与えるとしたら春から秋にかけて与えるようにします。肥料を少し与えるだけで元気に成長します。次の年にいい影響を与えてくれます。

スキミアの増やし方や害虫について

テキスト引用
挿し木で増やすことができます。剪定自体はあまり必要ありませんが、挿し木をする場合は花が終わった後の5月から6月頃に剪定します。新芽を避けた元気な枝を10から15cmほどに切り下葉がある場合は取り除いておきます。この時

スキミアの増やし方としては挿し木を行うと良いかもしれません。この植物自体はそれほど旺盛に広がっていくわけではありません。ですから剪定なども必要ありません。剪定が必要だと少なからず余分な枝が出てきます。それを挿し木として利用すれば無駄も少ないです。

行う時期として適切なのは花が終わった後です。5月から6月頃に挿し木に適している枝を選びます。新芽は裂け、その中でも元気な枝を選びます。10センチから15センチです。葉っぱがついているときは先端部分についているもののみを残して切り落とします。

葉っぱが大きな場合は半分や3分の1など適度な大きさに切るようにします。あまり大きな葉っぱをつけて行わないようにしなければいけません。葉っぱが大きいと蒸散しやすくなります。管理がしにくくなるので注意しないといけません。害虫対策としては特に気にすることはないとされます。付きやすい虫としてアゲハチョウの幼虫があります。蝶は植物にとっては非常に重要な動物になります。

蝶によって花粉の移動が行われます。この植物も雄の株と雌の株が異なるので動物によって花粉が移動されなければ増やすことができません。とは言いながらきれいに育てたい時には話は異なります。蝶の幼虫は葉から栄養分を取って成長します。時期によってはかなりつく頃があるので取り除くことになります。取り除いたから蝶自体が減るわけではありません。受粉に影響することはないでしょう。

スキミアの歴史

テキスト引用
「スキミア」はミカン科ミヤマシキミ属、日本を原産とする常緑低木の一種です。学名は「シキミア・ジャポニカ」、英名を「スキミー」といいます。原産国が日本とのこともあり古くから日本人に愛され、一般的に

人気のあるフルーツとして柑橘類があります。日本で良く知られるものとしてはみかんがあるでしょう。その他伊予かんなど地名の名前が付いたものなどがあります。海外から入ってきたものがほとんどになるでしょうが、オレンジやグレープフルーツなども人気があります。酸味と甘みがありジューシーであるのが特徴の果物になります。

スキミアと呼ばれる植物があり人気があるようです。この植物はミカン科に属するのでみかんなど柑橘類の仲間であることが知られています。温州ミカンが良く知られますがこれは中国から来たものなのでこの呼ばれ方になります。この植物の原産、生息地としては日本であるようです。

学名にジャポニカとつけられていて、世界の中では日本が中心になっている植物として知られています。最初に日本で見つけられたのか、海外ではあまり見られない種類なのかもしれません。では日本ではどの地域でよく見ることができるかですが、本州全土、九州から沖縄など幅広く見ることができます。みかんなどの柑橘類が良く育つ地域として温暖で乾燥した気候が求められる場合があります。

この植物はあまり細かく乾燥したところなどまでは求められていません。みかんの仲間だけに果実の部分が期待されるかもしれませんが、園芸品種としては花を楽しむための植物と言えるでしょう。もちろん実などもなるでしょうがそちらは積極的に栽培されていないかもしれません。他に良い柑橘類があるからでしょう。

スキミアの特徴

テキスト引用
生息地は日本をはじめとするアジア地域にまで広がり、成長すると樹高50cmから80?程度の低木となります。葉は長い楕円形で少し固めの質感です。開いたばかりの葉はつやつやとしており、ある程度成長してもその質感は大きく

スキミアの特徴は日本からアジアなどに生息する植物になります。植物の分類では被子植物、双子葉植物、バラ亜綱、ムクロジ目、ミカン科、ミヤマシキミ属となります。この植物の別名自体がミヤマシキミと呼ばれることもあります。

常緑の低木になります。これはみかんと同じといえます。バラに関係する種類でもあるのでとげなどが気になりますが茎に棘を見ることはありません。葉っぱは茎に互生しています。葉っぱはまんべんなくつくのではなく茎の上部に集まることが多いです。

単葉になっていて縁は基本的に全縁になります。部分的に上の部分に鋸歯をつけるタイプがあります。この植物は花と実を楽しみます。花は枝の先に円錐花序をつけます。雌雄異株になっています。株毎に雄花をつけるタイプ、雌花をつけるタイプがあるために一つの株だけでは結実させられない場合がります。

花弁は4枚つけることもあれば5枚ついているものもあります。果実は2個から5個の核を持つ球状になっています。核の中に1個種子が入っています。みかんの種類だから育てて果実をならせ収穫したいと考えるでしょう。果実は赤いタイプです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

あまりみかんなどとは似ていません。さらに注意が必要になります。この果実は人が食べることは出来ません。人にとっては有毒になるからです。みかんの仲間だからと安易に食べようとしたり触ったりすると問題になることがあるので取り扱うときに注意しないといけません。形が違うので、みかんと間違って食べることはないでしょう。

スキミアの育て方・栽培に関連する無料素材

「スキミア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

3,662view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

2,782view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

3,534view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

3,302view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

3,747view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,228view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,700view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

5,044view