• アピオスの育て方・栽培

アピオスの育て方・栽培

アピオスの育て方…

出典:育て方ラボ

アピオスを栽培するときの環境としては何か考慮することがあるかです。日本では東北地方で主に育てられていることから育てるのが難しいと考えられているようです。実際にはそれほど難易度が高い植物ではないとされています。

アピオスの育てる環境について

テキスト引用
アピオスは、丈夫で育てやすく育て方の難易度は低いです。アンデスなどが生息地であるアピオスは極めて高い耐寒性があります。日当りがよく水はけのよい肥沃な場所を好み、乾燥には弱いため日照りが続く時には水やりが

元々はアンデス地方などで生息していたとされています。アンデスと言えば地図上では暖かい地域に感じますが実際は標高が非常に高くて寒いところになります。そんなところでも育てることができるので耐寒性があるとされています。

植物では良く求められる環境ですが日当たりがいいところが良いとされています。そして水はけが良いことも求められます。水はけがよいことが重要になりますが乾燥させながら育てるわけではありません。乾燥すると弱ってしまって枯れることがあります。乾燥させないように適度に水やりなどをやりながら育てていくことになります。

栄養価の高い植物として知られています。土の中から栄養分を吸収しているからといえます。ですから肥沃な土の方がしっかりと育てることができます。地植えにすることが多いでしょう。地植えだとあまり肥料などを入れないことがありますがきちんと堆肥などを混ぜるようにします。

肥沃にしていると雑草が多く生えることがあります。雑草はどんどん栄養分を吸い上げてしまい、それが栽培する植物の栄養を取ってしまうことがあります。するとせっかくの芋が育ちにくくなります。雑草などはあまり生えないようにしなければいけません。

アピオスの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
栽培そのものは比較的簡単で、ジャガイモやさつまいもなどと同じと考えます。栄養価が高いアピオスを作るには充分な土壌管理が必要で、土中ミネラルや成長要素を充分に吸収して、栄養価に優れた芋になる能力があります。そのため

アピオスの育て方では種付けをどうするかを知っておくと良いでしょう。種まきをする時期は3月くらいから4月にかけてです。この時には実からとった種を利用するのではありません。種イモを取っておいてそれを植えていきます。土の深さは5センチぐらいのところが良いとされています。

すぐに芽が出てくれば育てる感覚もわかりますが、この植物は発芽までに時間がかかります。2箇月程度かかることもあるとされています。一応春に植えるのが一般的とされていますが、特にいつに植えないといけないとの決まりはありません。

秋ぐらいに植えたとするとその後しばらく生えてこないので、冬を過ぎても生えない場合があります。土に植えられた状態で冬を越すこともあります。畝を作るときには水はけを良くするようにします。平らにしてしまうと少し雨が降ると水がたまることがあります。少し高めにしておくと水もたまりにくくなります。土の作り方は酸性土を用意します。ピートモスを少し入れると酸性度を高めることができます。

いくつも植えるときには株と株の間は30センチぐらい開けるようにします。プランターを利用するとき、65センチぐらいのものを使うなら2つから3つぐらいを植えます。植えるときには肥料をきちんと配合します。元肥としては化成肥料を入れておくとうまく成長させることができます。追肥として夏ごろに行います。リン酸、カリ、ミネラルの入った肥料を多めに施すと良いとされます。

アピオスの増やし方や害虫について

テキスト引用
アピオスの増やし方は、種芋を切り離して植えることで増やすことが可能です。花が7月頃に開花するため摘んでハーブティーとして飲用できますが、花は早めに摘むことでプランター植えをしている場合は芋が

アピオスの増やし方では種イモをどんどん切り離して植える方法があります。この植物は花を楽しむよりも根をどんどん育ててそれらを収穫して食べる楽しみがあります。最初はあまり種イモをたくさん取ると食べる量が少なくなります。少しだけ種イモにして後は食べます。

そのうちどんどん増えるようになれば食用としてもキープしながら種イモもしっかりとれるようになります。庭で栽培するときには広さにも限界があるでしょうから自分で食べられる分を栽培するようにします。一般的には芋の部分を食用とすることで楽しめますがそれ以外に花を利用することがあります。

ハーブティーとして利用することができるからです。花を摘むことで芋が増えていくので、花は楽しまずにどんどん摘むと良いとされます。種イモは育てているときは自分の芋を使いますが最初に購入するときには注意をします。ウイルス病に感染しているものを選ぶとせっかく作っても食べることができませんしその後に増やすこともできません。収穫は11月ごろに行うことができます。

つるが枯れてきたときを見計らって収穫することがあります。害虫対策として気をつけたいのがアブラムシです。つるが伸びてくるとつくことがあります。この時に行う方法として牛乳を使う方法があります。しかし牛乳では減らない場合には殺虫剤を使うことになります。食べ物として利用するならできるだけ牛乳で対処したいですが、その時により使い分けます。

アピオスの歴史

テキスト引用
アピオスは食材で、北アメリカは北西部が原産地のマメ科のつる性植物で肥大した根茎を食べます。アピオスは芋でありながらマメ科に属する珍しい植物です。日本には明治時代にリンゴの苗木をアメリカから輸入してた際に、

日本の主食として知られるのはお米です。ご飯として食べられています。最近は小麦粉を使ったうどんであったりパンをご飯代わりに食べることも多くなっています。主食ではありませんが穀物も食べられています。ジャガイモであったりサツマイモが良く知られています。

里芋や山芋と呼ばれるイモ類も食べられています。世界を見ると主食に何を食べているかで地域性を知ることができる場合があります。世界ではイモ類を主食にしているところも多いです。アピオスは穀物として知られています。原産地、生息地としては北米になっています。日本での生息地は主に東北地方とされています。日本には自生しているほど芋と呼ばれる植物があります。

同じ種類の植物になり、こちらはアメリカホドと呼ばれることもあります。現地では根茎を食べる習慣が昔からあるようです。芋の名前から芋の仲間のように感じますが実際は異なります。マメ科に属する植物になります。日本には東北地方で栽培されていますが日本に伝来してきたときは少し変わった経緯がありました。明治時代にアメリカからリンゴの苗が輸入されていました。

その時に苗の土の中に種が混じっていたようです。それを育てるようになって日本で広まっていったとされています。アメリカではインディアンが食べていたとされています。戦いなどがあるときには食べたとされています。穀類は炭水化物やたんぱく質が豊富なことが多いです。栄養価の高い食材との認識があります。

アピオスの特徴

テキスト引用
アピオスは食用で、肥大した根茎を食べます。根茎は根が伸びる合間に数珠のように連なってでき、肥大した部分はサツマイモなどと同じように翌年種芋として、ここから発芽します。アピオスは芋でありながらジャガイモと

アピオスの特徴としては生物学的には被子植物になります。真正双子葉類、バラ類、マメ類、マメ目、マメ科、ホドイモ属になります。日本のホドイモとは種類が異なり、別名アメリカホド、アメリカホドイモと言われることがあります。

多年草に該当するので毎年どんどん芽を出す植物になります。マメ科であることから想像できますがつる性の植物です。支柱などに巻き付かせることによって2メートルから4メートルぐらいに達することがあります葉っぱの付き方は羽状複葉になっています。5枚から7枚ぐらいの薄くて小さな葉っぱをつけます。

花は一つの茎に対して10個から40個近くになる小さい花を密集させることがあります。花は外側は緑や白が基調ですが内側は紫っぽい色になっています。花が咲く時期は夏で果実がなります。豆のように細長くて5センチから10センチぐらいです。

熟してくると豆のようにさやが裂けて出てくることがあります。人が食べるのは実よりも根茎になります。根が伸びるときに数珠つなぎにどんどん伸びていきます。そしてこの芋の部分から発芽をします。食べ物としての性質ですが、エネルギーが豊富なことが知られています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

サツマイモよりも1.6倍近いエネルギーを有しています。一般的なイモ類には含まれていないビタミンが含まれているので、野菜としての意味合いもある食べ物になります。食べるために購入するときには大きいものを選ぶようにすると良いようです。

アピオスの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「アピオス」に一致する植物図鑑

「アピオス」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,181view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

26,564view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

6,519view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

14,492view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

11,060view
ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

7,794view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

7,738view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

6,970view