• リグラリアの育て方・栽培

リグラリアの育て方・栽培

リグラリアの育て…

出典:育て方ラボ

リグラリアの育て方については、置き場所がひとつのポイントになります。日当たりの良い場所に置くのではなく、半日陰になるような場所に置くと順調に育ちます。耐暑性に比較的弱く、乾燥にも弱いので、湿度の高い場所を好みます。

リグラリアの育てる環境について

テキスト引用
リグラリアを栽培する場合、ある程度湿気のある、日向から半日陰の場所が適地です。反対に夏の強い日射は苦手、耐暑性にはやや弱い傾向がある点に注意するよういしてください。リグラリアは多年草で宿根草であるため、

できるだけ直射日光を避けるようにするのが大切な点です。こうした点に注意をすると、ガーデニングや室内でも育てることができます。冬になると葉が枯れ落ちて栄養分を蓄えます。また、耐寒性にも強いので越冬することができます。

何年も花を鑑賞することができる植物なので昔から親しまれてきています。日本、アメリカ、ヨーロッパではガーデニングで育てることが一般的になってきて、他の植物と一緒に彩りを良くするのに用いられています。葉の色を鮮やかなものにする方法があります。それは次のようなものがあります。1年の中で春と秋の2つの時期に半日だけ日当たりの良い場所に置くことです。

夏にすると直射日光が強すぎて枯れてしまうことがありますので、裂けましょう。このように育成すると発色が鮮やかになる効果があります。用土については肥沃な土を好みます。湿気を多く含む土であればなおさら適しています。

乾燥にはくれぐれも注意が必要です。乾燥対策の1つとして腐葉土を用いることです。腐葉土は用土の湿度を維持する働きがあるからです。耐久力は比較的強い植物ですので、根がしっかりと張るようになれば枯れることなく、きちんと育ってくれます。

リグラリアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
育て方としては、種から栽培する方法と苗木を購入して植え付ける方法があります。種から育てる場合には、種用のポットに、育苗用の培養土を入れて、そこに種を撒いて育てます。発芽に適した温度は20度前後です。ある程度

リグラリアの種付けについて書いていきます。種付けの方法は自然放置が最もおすすめです。人工的に行う方法はあまり適していません。上手くいかない場合は種を購入して栽培すると良いでしょう。種や苗木から育てるのが一般的です。

種から育てるときには栄養分が多い培養度に入れると順調に育ちます。そうして大きくなってくると植木鉢を変えるなり庭に植えつけると良いです。この時期から乾燥に気をつけるようにしましょう。湿り気具合の良い用土を用意します。また、リグラリアの水やりについてですが、水やりは多めにあげることがポイントになります。土の表面が乾いてきてから水やりをするのではなく、定期的に水やりをやるようにしましょう。

腐葉土を根元にかけておくと乾燥防止にもなりますし、水やりの効果を大きくします。腐葉土は園芸店でも容易に購入することができますし、自分でも作ることができます。落ち葉や朽木を集めてゴミ袋の中にそれらを入れます。それから密封状態にして半年間ほど放置しておくと腐葉土ができあがります。

中に水が入らないように注意しましょう。リグラリアの肥料についてですが、腐葉土があれば肥料は特に必要としません。腐葉土が湿気と水やりの効果を高めてくれるので、何よりの肥料になります。どうしても肥料を与える場合は即効性のものではなく、遅効性の固形肥料を根に近い部分に入れておくと良いです。ゆっくりと育つ植物ですので遅効性を使うようにしましょう。

リグラリアの増やし方や害虫について

テキスト引用
株分けでも増やす事ができます。また基本的には病気に強く、また天敵となる害虫も少ないので、あまり心配する必要はないのですが、湿った場所に植えるために、ナメクジが派生する点だけは注意する必要があります。といっても

リグラリアの増やし方は種と株分けの2つの方法があります。種で増やす場合は種用の植木鉢を用意して培養度を入れてから播きます。発芽するには20℃程度の温度を必要としてますので、室内でも温度の低いところに置かないようにしましょう。

発芽して茎がある程度育ってきたら湿度のある用土に植えてあげましょう。こうして増えてきます。リグラリアの害虫対策についてですが、非常に耐久力が強いので害虫はあまり多くありません。ただし、湿度のある土や半日陰の場所を好みますので、ナメクジが発生することがあります。ナメクジによってリグラリアが被害を受けることはまずありませんが、外観が良くありません。

そのため、定期的にナメクジが発生していないかを確認して見つけ次第捕まえて取り除くようにしましょう。ナメクジの予防対策としてはハーブなどの植物を一緒に植えてあげるとナメクジは集まらなくなります。また、リグラリアの周辺に薬剤を散布することも効果的です。他にはコーヒーの出がらしがおすすめです。飲んだあとに捨てるくらいであれば周辺に播いておくとナメクジが近寄らなくなりますし、用土が堆肥として利用することができるようになります。

害虫以外で気をつけることは、灰色かび病の予防です。耐久力が強い植物ですので害虫には強いのですが、病気にかかると枯れ落ちてしまうことがあります。花がらが付きすぎると、それをきっかけに灰色かび病になる可能性がありますので、多くなったら摘み取ると良いです。

リグラリアの歴史

テキスト引用
リグラリアは菊科の植物で、原産は東アジアの広い地域を生息地にしています。日本においても、かなり古くからある植物で、中国と日本がまだ地続きだったころから存在していました。日本や中国では樊?草とも

リグラリアは菊科の植物であり、原産地はアジアになります。特に、日本、中国、フィリピンやタイなどの東アジアに多く生息しています。原産は東アジアの広い地域を生息地にしています。

当然日本でも古くから親しまれてきた植物の1つであり、日本が大陸とつながっていた時代から生息しています。名称は国家によって異なりますが、日本語では樊噲草という名前が一般的です。ヨーロッパではリグラリアという名前ですが、この名称の由来はラテン語で「舌」をあらわすLigulaという単語から来ています。これは花びらの形が舌の形をしているからです。リグラリアには品種が数多くあります。これは園芸品種としての歴史が長いからです。

いろいろな交配をさせてきたことで種類が豊富にあります。たとえば、ヨーロッパでも人気の高い品種であるデンタータは、花や葉の形状が個性的です。そうしたことから、形状や色にバラエティが豊富な植物です。リグラリアは、中国の歴史書にも登場してくるほど古い歴史があります。たとえば、中国の歴史書である「三国志」にも出ています。

また、「三国志」よりも古い歴史書の「史記」にも出てきていて、中国語での名前の由来は漢の劉邦の家臣から来ているという説もあります。武将の名前が由来になることからわかるように、男性的なイメージがこの植物には昔からあります。実際に、歴史上で武名を馳せた武将が好んで装飾品の一部として用いられてきました。

リグラリアの特徴

テキスト引用
非常に沢山の種類があるリグラリアですが、共通的する特徴としては、耐寒性のある宿根草であり、冬に落葉するという点でしょうか。日本の園芸において人気の高いものは、中輪の花の花序をつけるデンタータと穂状に小さな花が

リグラリアの特徴についてですが、リグラリアには豊富な種類がありますが、1つの共通点があります。それは強い耐寒性です。暑さには若干弱いですので、半日陰になる場所や日陰になる場所を好みます。冬になると葉が落ちて越冬する性質を持っています。

日本で流行している品種の特徴を書いていきます。花の色は黄色のものが一般的であり、開花時期は6月から9月までの夏から秋です。品種によっては葉や花の形と色が異なるものもありますが、上記の特徴が一般的です。草丈は1メートル前後にまで達することが多く、上部において枝分かれしています。園芸植物としてシェードガーデンで利用されることが多いです。日当たりが強いところというよりも、日陰よりの場所を好みますので、グランドカバーにも向いている植物です。

庭に池があるところにもおすすめです。それとは反対に室内で育てるのにはあまり向いていません。もちろん、栽培することは可能です。和室にも洋室においても合っているので、どこにでも備えることはできます。しかしながら、高さとともに横にも広がっていく性質を持っているので、室内でもガーデニングでも横の間隔には注意を要します。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

品種によっては横に広がりすぎて雑草のような感を与えてしまうことがありますので、しっかりと管理すると良いです。色は品種によって多様性を持っているのがリグラリアの特徴です。花の色が黄金色、黄色であり、葉の色が黒色、茶色、濃い茶色があります。

リグラリアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「リグラリア」に一致する育て方

  • リグラリア

    リグラリア

    「リグラリア・ブラッドマリークロフォード…

    1,077

    0

「リグラリア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

13,376view
エンレイソウの育…
エンレイソウの育て方・栽培
エンレイソウを栽培するときの環境として日当たりが良いとされています。春に芽が出てきてその後に花が咲きます。この時には日当たりを選んでおくようにします。花が咲いた…

育て方ラボ 公式ページさん

3,163view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

9,238view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,806view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

5,381view
フッキソウの育て…
フッキソウの育て方・栽培
フッキソウは幅広い範囲で生息している植物です。北海道から九州まで日本全国いろんなところに分布しています。実際に育てているものもありますが、山の中や林の中などに勝…

育て方ラボ 公式ページさん

3,751view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,596view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,862view