• セラスチウムの育て方・栽培

セラスチウムの育て方・栽培

セラスチウムの育…

出典:育て方ラボ

セラスチウムの育て方・栽培のまとめです。セラスチウムは日当たりが良く、風通しの良い場所を好みます。日当たりが悪い場所では、花が付かないこともあるので注意しましょう。また、耐寒性は強いですが、夏の高温多湿に弱い植物です。

セラスチウムの育てる環境について

テキスト引用
セラスチウムの育て方で気をつけなくてはいけない点とは、一体なんなのでしょうか。それは、先ほどももうしました通り、夏の暑さに気をつけるということです。夏に育てる場合には、直射日光と蒸れに気

夏の時期は株元が蒸れやすく、葉が生い茂っているところは黄色く変色して枯れてしまうことがあります。過湿にならないようにやや乾燥した風通しの良いところで育てていきましょう。夏が来る前に生い茂った葉を切り戻してあげれば、株元の風通しが良くなり蒸れにくくなります。

セラスチウムは繁殖力が強い植物なので、夏以外は放任でもよく育ちます。また、やせた土地でもよく育つたくましい植物です。多肥に弱いので、肥料分の少ないやせた土地で、やや乾燥気味に管理すると、葉の銀色がきれいになります。花壇で育てる場合は、夏の直射日光や西日が当たるところは避け、午後は日陰になるような半日陰の場所に植えつけましょう。

鉢やプランターで育てる場合は、夏以外は日当たりの良い場所で管理します。夏の時期は暑さで枯れてしまうことがあるので、風通しの良い半日陰の場所に移動させます。地面やアスファルトから離れた場所に置いておけば、風通しを確保することができるので、棚の上などで管理します。

また、セラスチウムは雨に弱い植物なので、軒下や木の下など、雨よけできる場所で育てましょう。花が終わったあとは、株が蒸れないように刈り込んで風通しを良くしておきます。冬の時期は、耐寒性が強い植物なので、露地でも冬を越すことができます。

セラスチウムの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
白の花と、銀色の葉を持つセラスチウムですが、種付けや水やりなどで、気をつけなくてはいけない事とは、一体なんなのでしょうか。まず、一番大切なのが、水やりになります。なぜかと申しますと、セラスチウムは大変繊細な

セラスチウムは発芽温度が15℃~20℃なので、9月中旬から10月中旬の秋ごろに種をまきます。育苗箱や平鉢などに種をまき、2ミリほど薄く土をかけます。種付け後は、種が流れないようにじょうろなどでやさしく水をかけましょう。

本葉が2~3枚になったら、ポットに仮植えして苗を育てていきます。ポットに根が回ってきたら花壇やプランターに定植します。セラスチウムは水はけの良い用土が適しているので、鉢植えの場合は市販の草花用培養土にパーライトを混ぜて水はけをよくしておきます。自分で手作りするなら、赤玉土、腐葉土、パーライトを混ぜて作ります。

庭植えの場合、水はけが悪ければあらかじめ堆肥や腐葉土を混ぜこんでおきましょう。横に広がって生長していくので、株間は30センチ~40センチほど間隔を空けて植えつけます。セラスチウムは乾燥を好む植物です。育て方のポイントは、乾かし気味に管理し、水を与えすぎないことです。水やりは土の表面が白く乾いたら与えてください。鉢植えの場合は、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと与えましょう。セラスチウムは雨や水に弱いので、水やりは花や葉に水がかからないように注意して行います。

花壇の場合は、植え付け直後は乾かさないようにしますが、その後は晴天が続いたときに水やりするくらいで十分です。多肥を嫌う植物なので、やせた土地のほうがよく育ちます。肥料は元肥のみで十分で、与えすぎないほうが花の付きも良くなり、葉の色もきれいな白になります。鉢植えに与える場合は、緩効性化成肥料を置き肥します。

セラスチウムの増やし方や害虫について

テキスト引用
もしも、セラスチウムをたくさん育てたいという事であれば、出来る限り鉢植えでも育てるのはやめましょう。少しくらいの花であれば、十分に鉢植えでも育てる事は出来ますが、たくさん育てたいという事であれば、鉢植えは

セラスチウムは挿し木や株分けで簡単に増やすことができます。セラスチウムのような多年草の増やし方としては、株分けが向いていると言われています。株分けの時期は、9月~10月の秋頃行います。植え替えのタイミングで行うといいでしょう。

株分けのやり方は、まず根を傷つけないように株を掘り起こします。この時根に付いた古い土は落としておきましょう。固まった根をほぐしながら、手で株を分けていきますが、分けにくいようならはさみやカッターなどを使って、根を切り分けます。伸びすぎている根や傷んだ根も、このときにカットしておきます。株分けが終わったら、乾燥してしまう前にポットや鉢などに植えつけます。

用土は、植え付けに使用する市販の培養土を使用します。株分けしてしばらくは根が十分に育つまで、日陰で管理します。セラスチウムの挿し木の時期は6月頃が適しています。挿し木の方法は、花後に切り戻した茎をカッターを使って10センチほどの長さに切ります。よく切れるカッターで斜めに切り取ることが大切で、こうすることで発根しやすくなります。その後、水揚げさせるために1時間ほど水に挿しておきます。

十分水揚げした挿し木は、保水性があり水はけの良いバーミキュライトなどに挿しておきます。発根するまでは水が切れないように管理しましょう。セラスチウムは害虫もあまりつきません。たまにハモグリバエが発生するくらいなので、見つけたら手袋やピンセットなどで駆除するようにしましょう。

セラスチウムの歴史

テキスト引用
セラスチウムは、20センチ前後の、あまり大きくない花になります。ですが、上へと伸びるのではなく、どんどんと横に伸びていきますので、育てる時は注意が必要です。そのままにしておきますと、特にマンションなどでは、

セラスチウムはナデシコ科ミミナグサ属の常緑多年草で、学名を「Cerastium」と言います。「Cerastium」とは、ギリシア語で「角」という意味があり、種子に角があることが名前の由来です。セラスチウムは「ナツユキソウ」(夏雪草)「シロミミナグサ」(白耳菜草)、「スノーインサマー」とも呼ばれています。

ナツユキソウは、英名の「スノーインサマー」からで、夏の時期に一面に咲いた白い花と白銀色の葉が、雪景色に見える様子から名付けられました。シロミミナグサは、白い毛で覆われた銀色の葉がねずみの耳に似ていることと、食用にされていたことが名前の由来です。銀色の葉がカーペット上に横に広がっている様子から「シルバーカーペット」とも呼ばれています。

セラスチウムは、南ヨーロッパ、イタリアが原産の植物で、日本には明治時代に渡来したと言われています。セラスチウムは日本に自生している「ミミナグサ」の仲間であり、園芸店に出回っているのは「トメントスム」という変種です。生息地はヨーロッパの山岳地帯で、岩の間や斜面などに自生しています。

ガーデニングの寄せ植えにぴったりで、花が咲かない時期でも葉の色が美しいので花壇の縁取りに植えられています。また、地面を這うように生長する植物なので、グランドカバーやロックガーデンにも使われています。「ナツユキソウ」という同名の植物がありますが、こちらはバラ科シモツケソウ属の園芸植物であり、セラスチウムとは別物です。

セラスチウムの特徴

テキスト引用
セラスチウムの特徴は、なんと言いましても、白く繊細な花に対して、銀色の素敵な葉を持っているという事です。また、ある程度適当に育てても、きちんと育つという強さも持っております。ですが、放置してしまいますと、

セラスチウムはナデシコ科の耐寒性多年草です。耐寒性はありますが、夏の高温多湿に弱い植物なので、一年草扱いにされることもあります。また、雨に当たると花も葉も傷んでしまう植物です。

夏は高温多湿で梅雨の時期がある日本では、夏越しは難しい植物とされており、北海道などの寒冷地向きの植物だと言えるでしょう。開花期は4月~6月頃で、2センチほどの小さめの白い花をたくさん咲かせます。花びらは5枚あり、花びらの先にはハート型に切れ込みが入っています。

花の中心は淡い黄緑色で、清楚な小花が咲いている様子はとてもかわいらしいです。花が咲いた後にできる果実はさく果で、成熟すると裂けて種子を散布します。セラスチウムの一番の特徴はその葉の色でしょう。葉は銀色で笹の葉のような形をしており、株全体が白い毛で覆われているため、群生している様子はとても幻想的です。

セラスチウムは常緑の植物なので、一年中葉の銀色を楽しむことができます。草丈は15センチ~25センチほどでそれほど大きくなりませんが、横に広がって成長していくので、庭一面シルバー色になりとてもきれいです。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

寄せ植えのアクセントにもなり、白い花なので、どんな色調の花でもよく合います。セラスチウムのようなシルバーリーフは花壇が一際明るくなるので人気があります。やせた土地でも良く育ち、成長も早いたくましい植物です。肥沃な土壌だと花が咲かなかったり、枯れてしまうこともあるので栽培する時には肥料のやりすぎは禁物です。

セラスチウムの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「セラスチウム」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

3,373view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

14,134view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

4,194view
サラサドウダンの…
サラサドウダンの育て方・栽培
サラサドウダンを育てるための環境としては、その生息地が、近畿地方以東から北海道西南部にかけての山地であり、山奥の涼しいところで自生していることから、基本的にはそ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,164view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

9,992view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

12,319view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

3,198view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,494view