• シロバナタンポポの育て方・栽培

シロバナタンポポの育て方・栽培

シロバナタンポポ…

出典:育て方ラボ

シロバナタンポポの育て方・栽培のまとめです。シロバナタンポポの育てる環境は、育てる環境は日当たりの良い場所と十分な水をやる事です。ですからベランダや鉢植えにも適していますので、水をたっぷりと土が乾けば水やりを行う事が大切です。

シロバナタンポポの育てる環境について

テキスト引用
シロバナタンポポの生息地は関東地方以西ですが、最近は関東地方でも見かけるようになっています。住宅の近所の空き地などに自生しており、生命力が強い植物ですので、比較的簡単に育てることができます。最近は

その為に育てる環境では、ハチをベランダに置く場合には、日当たりの良い湿気のある場所が好まれます。またハチは大きいサイズの種類が理想で、手軽に増殖が可能です。繁殖力も強く、室内よりも野外の方が良い環境条件です。

日本原産の植物ですので、日本の気候にも適しています。シロバナタンポポの数が少なくなった要因は、他の外来種が増えた為です。その為に比較的に育てやすい種類の植物で、特に西日本で多く見かけた種類です。現在は東日本にも多く繁殖し、可愛い白い花を咲かせています。ですから比較的に寒さに弱い場合がありますので、寒い地域や乾燥地域では温室で育て方が必要です。

根の部分の繁殖が深い為に他の植物と単独で植える事が望ましい環境です。特に大きくなってからシロバナタンポポと他の植物を植える事が大切になります。何故ならば根の長さは、一メートルを超える種類であるからです。

育て方の環境である栽培方法や温度、湿気等を気をつけると良く育つ植物です。栽培方法は多様な植物情報がネットサイトにありますので、参考にすると便利です。それでも比較的に育てる環境条件が厳しくない為に簡単に育てられると人気の植物です。しかし東日本の寒い地域は、温度と湿気に気をつける事があります。

シロバナタンポポの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
種付けは春に行います。4月の上旬が種付けには最適な時期です。綿毛が付いている状態のまま鉢に蒔くと2週間程度で発芽します。種付けの際には、とても小さな種ですので、あまり深く埋めてしまうと発芽できない場合があるので

シロバナタンポポの種付けや水やり、肥料については、土が乾けば水をやる事が重要です。タンポポ自体の植物は、乾燥に弱い事があげられます。また湿気のある環境を好む為に水やりは注意が必要です。肥料については、安全な天然肥料が最適です。

それでも肥料を必要としない事も多い為に比較的に育てやすい植物になります。種付けは、他の植物と一緒にせずに根が長く伸びてから植えます。また種付けの容易な植物として、簡単に栽培が可能です。特に湿気と日当たりの良い場所は、栽培に適しています。また比較的に温暖な地域が栽培には好条件です。特に水やりは、定期的に行う事が理想です。

ですから神経質にならずに種付けと肥料が必要であれば、肥料を行う事です。栽培方法についての疑問があれば、ネットサイトや専門店で気軽に相談を行う場所を見つける事です。日本古来の植物種ですので、西日本を中心に栽培を簡単に行う事が出来ます。その為に栽培が思わしくない時には、肥料や湿度、温度に気をつけます。

種付けを行って、二週間ほどで発芽を行う多年草です。その為に季節を通じて、楽しめる植物栽培が可能です。室内よりも野外で、ベランダや花壇を利用出来ます。白い花がきれいで可愛いシロバナタンポポは、人々に癒しと日本の情緒が感じられる植物です。万葉の時代にも親しまれた植物は、古の人々の声や風景が思われる素敵なシロバナタンポポの種付けと水やり、肥料についての情報です。

シロバナタンポポの増やし方や害虫について

テキスト引用
自生のものを植木鉢で育てる時には、自生していた土地の土を使用すると増やしやすくなります。市販の培養土を購入する場合には、自生している土地と土質が似ている土を選ぶようにします。肥料を与えなくても増やすことはできますので

シロバナタンポポの増やし方には、生息した自主の土を使用する事が大切です。また、培養土も自主の土と同じ様な種類や土質が必要になります。それでも道端や住宅地にも繁殖する為に肥料を多く使用する必要性が少なく、シロバナタンポポの増やし方は、土の乾燥に気を付ける事です。

特に乾燥地域やシーズンには、水やりを十分に行う事が必要になります。乾燥したら水をあげる事が重要で、また害虫対策も重要です。害虫対策には草や花にアブラムシ等が付きますので、薬剤で駆除が気軽に出来ます。また牛乳やカキ殻石灰等を使用すると安全な害虫駆除方法になります。アブラムシは、シロバナタンポポのせい長期によく繁殖します。

ですからその時期には、害虫に注意が必要になります。使用して安全な殺虫剤と植物にも害になる薬剤がありますので、良く知識と情報から使用する事が大切です。特に天然素材の薬剤は、安心安全に使用が出来ます。種付けも簡単ですので、気軽に増やせる植物です。種子をまいたら2週間ほどで、発芽をしてきます。木の棒等も不必要ですので、容易に増やせる植物です。

ですからハチや花壇に増やして植物観賞が楽しめます。また害虫予防も簡単に行う事が出来るメリットがある植物です。道端でも強く咲いてる日本古来の原産植物ですので、温室で育てずに自然のままで増やせる植物でもあります。土の乾燥と害虫対策に気をつける事が大切ですから増やす方法をしっかりとする事が必要です。

シロバナタンポポの歴史

テキスト引用
シロバナタンポポの原産国は日本で、1904年に外来種のセイヨウタンポポが侵入してくるまでは、関東地方より西の地域で自生していました。シロバナタンポポは、万葉集や古今和歌集などには登場していませんが、平安時代の

シロバナタンポポの原産国は日本で、日本古来の書物である万葉集等にも登場しています。ですから日本原産の最古の書物に記載された植物である歴史が面白い花です。外来種のタンポポが登場するまで、主に西日本が生息地になっていましたが、現在は関東地域にも見かけるシロバナタンポポです。

特に道端に強く生息しているのを見かけます。昔の書物には、他の植物名で記載されています。現在の植物名は、室町時代から呼ばれている植物名です。シロバナタンポポの歴史は、生薬として使用された歴史があります。また食用として利用された時代もあたった為に役に立つ日本原産の植物でもあります。

特に江戸時代には、現在のシロバナタンポポの植物名が記載されています。しかし外来種のタンポポが生息した為に数を減らされた歴史があります。その為に西日本を中心に数が減った歴史と東日本にも生息地を広げた種の歴史です。また外来種等のタンポポと間違って生息する為に花の色と舌状花の数が少ない等の特徴で見分ける必用があります。時々受託地にも生殖していますので、日本原産のタンポポと比べる必要があります。

一般的に黄色のタンポポが主流ですが、白い花びらのシロバナタンポポと違いを比べる事が出来ます。古い歴史のある種類ですので、希少価値のあるタンポポの種類です。また食用と薬草に活用された歴史は、希少価値が高まる要因です。それでも他の種と混ざった種類もありますので、違いを確認する必要があります。

シロバナタンポポの特徴

テキスト引用
シロバナタンポポの特徴は、花の色が白色であることです。舌状花の数は他のタンポポと比べると少なく、1つの頭花に100個程度の舌状花が付きます。白色の花で舌状花であることがシロバナタンポポの大きな特徴になり、他の

シロバナタンポポの特徴は、植物名の通り白い花を付けた特徴があります。東日本よりも西日本の多く生息する種類で、他の種類のタンポポと比べて舌状花の数は少ない特徴です。生息地は西日本地域ですが、関東地域の東日本でも最近見かけます。

道端や草原に良く見かけるシロバナタンポポは、百個以上の舌状花が付きます。ですから白花と舌状花である事が特徴で、他のタンポポとの違いが理解出来ます。ですから見付けやすい特徴は、シロバナタンポポの特徴と魅力です。主に茎部分が長くなっていますので、タンポポの中でも見分けやすくなっています。それに花の大きさは四センチメートル程度で、小さなボタンの様に舌状花が白くなっています。ところどころに黄色い色彩が付いているのは、花柱部分です。

食用としても食べられる為に特徴的なシロバナタンポポは、可愛い白い花が特徴的です。イメージは、可憐で強い植物のイメージがあります。虫等も多く見かける植物で、2月から5月に花を付ける特徴があります。しかし多年生の植物で、葉はギザギザした形の物が多く付けています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

単為生殖を行う事が知られている植物で、種子も比較的に少なくなっています。これは最大の生殖特徴で、他のタンポポに比べて舌状花が一つの花頭に少ない特徴から種子が比較的に少ない事があげられます。他の白いタンポポとの違いは、花と茎の高さです。また花の色は、クリーム色よりも白い色が多くある特徴があります。

シロバナタンポポの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「シロバナタンポポ」に一致する植物図鑑

「シロバナタンポポ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

11,603view
ガウラの育て方・…
ガウラの育て方・栽培
ガウラを栽培するときに考えておく環境です。この花はそれほど難しい花とされません。栽培をするつもりでなくてもどこからか種が飛んできて自然に生えることもあります。雑…

育て方ラボ 公式ページさん

4,942view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,904view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

6,327view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

5,092view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

11,255view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

6,086view
レモングラスの育…
レモングラスの育て方・栽培
レモングラスは高温多湿な場所を好む性質があります。日本で育てる場合、一部の地域を覗いては、冬になったら室内に入れて育てる必要があります。日当たりの良い場所を好み…

育て方ラボ 公式ページさん

4,367view