• モスキートフラワーの育て方・栽培

モスキートフラワーの育て方・栽培

モスキートフラワ…

出典:育て方ラボ

モスキートフラワーを育てる環境は、日本国内ならば室内が適していると言えます。ただし、九州などの一年を通して暖かい地域だと、戸外で地植えにして育てるという方法も出来ます。その外にも日陰のある庭やハンギングなどにも人気がある植物です。

ロペジアの育てる環境について

テキスト引用
室内で育てるイメージの強い花ですが、九州より南の暖かい地域であれば、外植えをして育てる事も可能です。庭の角や日陰、木下、ハンギングで壁を越えて育てたり、吊って育てたりと、多様な方法で育てられます。土壌も

姿が横幅40センチ、高さが30センチほどにもなるモスキートフラワーは、ガーデニングにぴったりな植物だと言えるでしょう。反対に東北などの寒い地域であるならば、地植えなどではなく移動させられる、鉢植えやハンギングがオススメです。

また基本的に寒い地域での栽培は室内が適していますが、日当たりは十分に必要だと覚えておきましょう。モスキートフラワーはとても育てやすい植物なので土壌は選びません。日当たりと乾燥気味に水やりをすることを守っていれば綺麗に花を咲かせてくれる株に成長します。乾燥気味とは、水やりもそう頻繁に行わなくてもよく、土が乾いたら与えるようにしましょう。ただし一点、このモスキートフラワーは、植え替えはあまり好きではありません。

必要以上に植え替えたり、根っこをさわることのないようにし、ストレスを与えないようにする必要があります。どうしても植え替えが必要な場合には、十分成長した状態ではなく、苗が小さな時など早めに行いましょう。葉が2枚から4枚ほどの時を目安に、根っこを痛めないようにして行うのがオススメです。株と株の間は、20センチほどあけて植えるのが良いです。

ロペジアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ロベリアの種は、花が咲いた後に種をつけるので、そこから取る事が出来ます。そして、その種から花を育てる事も出来ます。もちろん、種の購入も可能ですが、ポット苗での購入の方が一般的です。種蒔きに適している時期は、

モスキートフラワーの種付けや水やりなど育て方はとても簡単です。基本的に水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。乾燥気味に育てる方が、元気に成長しますが一点注意したいのが水やりの量です。

お庭などに地植えしている場合には、乾燥してから与えても十分です。日当たりや環境などによって、頻度も異なりますのでまずは株の状態を見ることも大切なプロセスです。水やりはたっぷりとが基本となっています。また鉢植えなら乾燥する少し手前で鉢底から出てくる程度には必要です。またカラカラに乾いた状態にならないように注意しましょう。

ただし、水やりのあとに受け皿に給った水を放置しておくと、水が腐る原因にもなりかねません。水やり後はしっかりと受け皿の水を捨てるように心掛けましょう。モスキートフラワーは、土を選ぶことが無く比較的どのような環境下でも成長してくれます。肥料なども成長期などについ比する程度で、それほど多く必要にはなりません。

モスキートフラワーの種付けは、花が終ると種を付けます。その種を蒔くことで増やすことが可能です。種まきは苗ポットか床蒔きがオススメです。発芽するために、最低でも18℃くらいの温度が必要です。発芽までには、一週間から20程度必要になります。モスキートフラワーは好光性種子であり、発芽には光が必要です。日当たりの良いところで管理するようにしましょう。種まきの他にも株分けという方法も出来ます。

ロペジアの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方は、種から増やす方法と、株分けをして株から増やす方法があります。花が咲いた後に、種が付くので、その種を次の年の春に蒔くか、冬に朝箱などに蒔き、苗作りをして、増やしてあげる事が可能です。春に苗の

モスキートフラワーは害虫の被害を受けにくい植物です。蜂が好むなどの要素はありますが、害虫によって病気になるなどのリスクは比較的低いと言えるでしょう。モスキートフラワーの増やし方は、種まきが一般的です。花が咲いたら、その後には種を付けます。

その種を使って種まきをします。園芸店で種を売っている場合もありますが、多くの方は苗での購入を選ばれます。種が取れたら種から、種が無ければ苗からと言ったところでしょうか。種蒔きの時期は、5月頃が良いですが、寒さに耐えることのできる植物ですので状況によっては秋に種を蒔くことも出来ます。

種まきを行ったときには、温度と乾燥に気をつけましょう。暖かさが必要ですので、気温の目安は18℃程度です。また光を当てることが必要なので種の上に被せる土は2ミリ程度にとどめておきましょう。そうすることで乾燥を防ぐことが出来ます。また株分けという方法を採ることも出来ます。株分けの場合には、根っこを壊さないように茎の根もとから25センチ程度離れたところから、スコップなどで切り込みを入れて土ごとすくいます。

根っこを縦に割って根の長さよりも大きな穴に植えます。その時、肥料も忘れずに入れて隙間が空かないように注意して指を使い丁寧に埋めましょう。隙間があることで枯れることを防ぐためです。その後、株分けした苗にたっぷりと水を吸わせて休ませることが必要です。比較的簡単に増やすことが出来るので、是非試してみたい方法です。

ロペジアの歴史

テキスト引用
ロペジアの生息地は、メキシコや中米です。原産はメキシコの花で、「モスキートフラワー」または「ピンクブラシ」と呼ばれています。形が蚊(英語でmosquito;モスキート)特にアカバナ蚊に似ている事からそのように

ロペジアはモスキートフラワーと呼ばれているメキシコが原産の植物です。生息地においても、メキシコや中米が主となっています。モスキートフラワーの他にもピンクブラシなどと呼ばれており、その由来は見た目が蚊(mosquito)に似ているからです。

蚊の中でも特にアカバナ蚊に酷似しており、その揺れる様からまるで飛んでいる様だと言われております。ロペジア特有の姿から、モスキートだけでなく、アメリカの生産者であるレイブラウンは「キリンが舌を出している様」といっているなど生き物に似ている様子がうかがえます。独得の姿を持つロペジアは、絵画などにも多くみられ博物画家・植物画家として有名なフランス人PancraceBessa(パンクレア・ベッサ)もロペジアを描いており有名です。

日本でも大変人気の高い植物で、多くのお庭で見かけることが出来ます。栽培には、苗で購入し植え付ける方法がもっとも多いでしょう。他にも種から栽培する方法もあります。ロペジアが人気の理由には、育てやすさと第一にかわいらしさがあります。少々瘦せた環境でも元気に育って、お手入れが簡単なことの他に、香りを楽しむことが出来ます。

寒い冬を持つ日本の風土では、冬を越すことが出来ない場合があります。そのため一年草として栽培されることが多く、国内では室内での栽培をすすめられることが多いと言えるでしょう。ただし、冬を越すことが無い訳ではないので、挑戦してみる価値はありそうです。

ロペジアの特徴

テキスト引用
分類はアカバナ科です。別名はロペジアともいわれています。学名はLopeziacordata、英名はMosquitoflowerです。モスキートフラワーというニックネームで呼ばれている様に、形はとてもユニークで、小さな花弁が虫が羽を

Mosquitoflower(モスキートフラワー)は英名でありモスキートフラワーの別名は、「ロペジア」、学名は「Lopeziacordata」と呼ばれています。分類上は、「アカバナ科」で形は小さな花弁があります。花の色はパステルでうすい桃色や薄紫などが主流で、赤もあります。

茎の色は紫がかった緑で、柔らかく細い形をしています。花が咲くころは、春頃から夏までとなっていますので、開花時期が長く十分楽しめます。開花時期は地域によって違い、関東ならば初夏ごろまで楽しめますし、東北なら初春までと地域によって様々です。

この植物の特徴としては、独得の姿の他に育てやすさもあげることができます。特別な肥料も入らず、成長期に液体肥料を使う程度でありさらには植物の大敵である害虫の好む植物ではないため、室内での管理もしやすく駆除などの手間もほとんどかかりません。

分類上は「花非耐寒性多年草」とされていますが、日本国内の環境下では一年草での扱いが主流です。その原因は寒さでしょう。育てやすい植物ではありますが、寒さには弱く冬を越すことが出来ないとされています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ただし、絶対ではありませんので暖かい地域で十分な環境下なら越冬が可能な場合もあります。花が終れば種を付けますので、種から栽培をくり返すことも出来ます。成長するサイズは、最大で30センチ程度ですが、葉を広げる姿の植物ですので横幅はそれ以上の40センチ程度となっています。

モスキートフラワーの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,118view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,001view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

5,546view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

4,002view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

7,230view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

4,564view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,292view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

4,494view