• ストロベリーキャンドルの育て方・栽培

ストロベリーキャンドルの育て方・栽培

ストロベリーキャ…

出典:育て方ラボ

ストロベリーキャンドルの育て方・栽培のまとめです。ストロベリーキャンドルは日当たりが良く、風通し、水はけの良い場所で栽培します。丈夫で育てやすい植物ですが、夏の暑さや湿度に弱いので、夏に枯れてしまうことがよくあります。

ベニバナツメクサの育てる環境について

テキスト引用
もともと湿気が少ない地域が原産地なので、日当たりや水はけが良い場所を好みます。前述の通り、耐寒性があり、寒さには強いのですが、日本の高温多湿な夏の暑さには弱く、暑さのダメージを受けると枯れてしまいます。そのため

ストロベリーキャンドルの上手な育て方としては、夏の間はなるべく涼しく、直射日光が当たらない場所を選んで育てるのが良いでしょう。鉢植えなら涼しい日陰や木陰に移しておきます。また、エアコンの室外機のそばには置かないようしましょう。

室外機から出る乾燥した温風が枯れる原因にもなります。暑い夏を乗り切ることができれば、翌年もきれいな花を咲かせることができます。日当たりの良くない場所でも栽培することができますが、花の付きが悪くなるので注意が必要です。

ストロベリーキャンドルは寒さには比較的強い植物なので、冬の寒さに当てると花が咲きやすくなるため屋外で育てるようにしましょう。寒さが厳しい地域では、低い気温が長期間続くと、凍害で枯れることもあるので霜よけで防寒しておきます。苗のうちは霜に弱いので、寒冷地以外でも霜よけをしておきましょう。

わらや落ち葉などでカバーするマルチングなどで十分です。寒さに当てることも大事なので、軽く霜よけすることが大切です。鉢植えの場合は天気予報に注意し、寒波がやって来るときは、室内の日当たりの良い場所に移しておくと良いでしょう。花が咲き終わって放っておくと見た目が良くないので、種を取らない場合はこまめに摘み取るようにします。

ベニバナツメクサの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ベニバナツメクサの種付けは、秋に行うのが一般的です。ただ、寒冷地では少し早めに夏の時期から種付けを始めます。しかし通常は9月から10月ごろに行います。種が細かいので、ピートバンと呼ばれる種まき用キットを

ストロベリーキャンドルは秋頃に種をまくと、春に花を咲かせることができます。種はホームセンターや100円ショップなどでも販売されているので手軽に手に入れることができます。すぐに発芽し、よく成長します。難易度も高くないので初心者向きの植物と言えます。

植え付けには市販されている培養用土を使います。自分で作る場合は、水はけの良い赤玉土と腐葉土を混ぜて作ります。種まきは9月~10月頃が適しています。地面を這うように育つほふく性の植物なので、種付けは20センチ~30センチほど間隔を開けて植えるようにしましょう。花壇に植える場合は日当たりが良く、水はけの良い場所で育てます。

水はけの良くない土ならば、腐葉土を混ぜて土壌の改良を行います。植えつけてすぐの水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。根付くまでは乾かさないように注意して水やりを行ってください。5月を過ぎると気温も上昇してくるので、水やりは早朝と夕方に行うようにします。ストロベリーキャンドルは蒸れにも弱い植物なので、ある程度根付いていれば乾燥気味に管理することが大切です。

土の表面が乾かないうちに水やりをしてしまうと根腐れする可能性があります。花壇で育てる場合は、雨の水分だけで十分です。鉢植えで育てる場合は、乾きやすいのでこまめに観察し、乾燥しすぎないように気をつけます。ストロベリーキャンドルは、空気中の窒素を取りこみ、根に溜める性質があるので基本的には肥料は必要ありません。葉が枯れている時は、薄めた液体肥料を与えます。肥料を与えすぎると枯れることがあり、葉の色が黄色に変色してしまいます。

ベニバナツメクサの増やし方や害虫について

テキスト引用
春は多くの植物が悩まされる、アブラムシの季節です。ベニバナツメクサも、春になったらアブラムシ対策が必要です。害虫用の薬剤を使用して、アブラムシを防ぐことも対策の一つです。ただ食用として使いたい場合は、

ストロベリーキャンドルは種をまいて増やすことができます。ストロベリーキャンドルが枯れたら花から種を取り出しておきましょう。毎年花を咲かせたい場合は、種を採取しておき、冷蔵庫の野菜室などの冷暗所で保存して、9月~10月頃に種をまきます。

花の時期が終わり、花と茎が完全に枯れたら切り取っておきます。日陰でしっかりと乾燥させ、茎と穂をバラバラにして種を取り出します。高温多湿の日本では、夏に枯れてしまうことが多いので、種がこぼれ落ちてしまう前に採取しておきましょう。マメ科の植物は移植を嫌う性質があるので、根付いたあとはなるべく植え替えはしないようにします。

早い段階での移植なら可能なので、園芸箱や浅めの鉢、ポットなどに種をまいておき、園芸箱の場合、本葉が2~3枚程度になったら、ポットや花壇、プランターなどに移植します。ポットにまいた場合は、間引きながら育てていき、春ごろに定植させましょう。冬の間に凍害を起こしたり、枯れてしまうことがあります。

寒冷地では寒さ対策をしっかり行ってください。ストロベリーキャンドルは病害虫はほとんど発生しませんが、春になるとアブラムシがつくことがあります。アブラムシの数が少ない場合は、クラフトテープなどで取り除きます。面倒ですが見つけたらこまめに取り除くようにしましょう。アブラムシは繁殖力が高いので、大量発生する前に駆除しておく必要があります。大量発生している時は殺虫剤で消毒しておけば問題ありません。

ベニバナツメクサの歴史

テキスト引用
ベニバナツメクサは、もともとアフリカ北部から南ヨーロッパ、さらに西アジアを原産地とする、マメ科シャジクソウ属の植物です。牧畜が盛んなヨーロッパでは、主に牧草として栽培されてきました。英語では

ストロベリーキャンドルの原産地は南ヨーロッパから西アジアで、日本に入ってきたのは明治時代と言われています。もともと、欧米では牧草として利用されており、生息地は牧草地や草原などで自生する植物です。

日本に輸入した後は、牧草や緑肥用に活用されており、最近では野生化しているので田畑のそばで見かけることもあります。ストロベリーキャンドルの根にはマメ科特有の根粒菌という細菌が棲みついています。植物から栄養分をもらうのと引き換えに、空気中の窒素を吸収し、根に溜め込んでおく性質があります。

ストロベリーキャンドルは植物の生長に重要な役割を持つ細菌のおかげで、レンゲのように土壌改良用に植えられたり、雑草の生長を抑えるグランドカバーとして利用されることもあります。草丈は20センチ~60センチほどあり、クローバーの仲間ですが、クローバーに比べて茎が細長く、見た目の愛らしさから切花としても人気が高い花です。

おもに観賞用として花壇などに植えられることが多く、ガーデニングの寄せ植えにもぴったりです。鮮やかなイチゴ色がアクセントになりとてもきれいで人気があります。ストロベリーキャンドルは栄養価の高い植物としても知られており、食用として利用されることもあります。花は蜜があるのでサラダやハーブティーとして楽しむことができます。また、花からは質の良いはちみつが取れ、まろやかでやさしい甘さが特徴で上品な味わいがあります。若葉をサラダやスープ、天ぷらなどの料理に使うことができます。

ベニバナツメクサの特徴

テキスト引用
ベニバナツメクサの一番の特徴は、鮮やかな赤色の花です。成長すると茎はまっすぐに伸び、赤い小さな花がまっすぐな茎の先に、円錐状に集まって咲きます。一瞬イチゴの果実が付いているようにも見えるため、ストロベリーキャンドル

ストロベリーキャンドルは草地などに自生するマメ科シャジクソウ属の一年草です。本来は多年草ですが、暑さや多湿に弱い植物なので夏には枯れてしまうことが多く、そのため日本では一年草として扱われています。

クローバーの仲間なので葉は三つ葉ですが、クローバーよりも草丈がある植物に成長します。春になると茎を伸ばして真っ赤な花を咲かせます。穂の形をした花を咲かせ、濃い赤色の花はかわいらしく、緑色の草むらの中では一際目立つ存在です。

花の形がイチゴやろうそくの炎に似ていることから、ストロベリーキャンドルと名付けられました。他にもクリムソンクローバー(crimsonclover)、ベニバナツメグサ(紅花詰草)という別名もあります。どちらも「真っ赤なクローバー」という意味が込められています。ストロベリーキャンドルの花言葉は、「胸に灯をともす」です。ろうそくの灯のように真っ赤に燃えさかる花の様子からイメージされたものでしょう。花の色はほとんどが赤色ですが、白花の品種も流通しています。冬の間は地面を這うように葉や茎が茂り、春になると茎を伸ばし自立するように育ちます。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

成長すると、花の先端を光の方向に向ける性質があるので、花首を傾けて咲いている姿を見かけることもあります。開花期は4月~6月で、つぼみをつけると下の方から徐々に赤く色づいていきます。一度花が咲いたあと、こまめに刈り込んでおくと小さいですが二番花を楽しむことができます。

ストロベリーキャンドルの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

41,277view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

15,464view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

6,179view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,990view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

26,723view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

5,054view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,770view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

7,994view