• ジャボチカバの育て方・栽培

ジャボチカバの育て方・栽培

ジャボチカバの育…

出典:育て方ラボ

ジャボチカバを栽培するときに必要な環境です。日光を好むので日光が当たるところを用意します。日光が当たらないと花付き、実付きが悪くなります。寒さに耐えてくれる花なので関東地方よりも西の地域で育てられるのを見かけるぐらいです。

ジャボチカバの育てる環境について

テキスト引用
ジャボチカバの木は多くの植物と同じく日当たりのよい場所を好みますので、可能な限り日当たり良好な場所を選んで植えるようにしましょう。日光量が不足すると実の付きも悪くなってしまいますので注意しなければならない

ブラジル原産の植物と言えば冬を越すことができないタイプが多いです。冬でもそれほど苦労せずに育てられるなら何とか育ててみようと考えることができます。この植物は庭に植えるのが一般的ですが植木鉢でも育てることができます。

植木鉢は環境の変化によって置く場所をすぐに変えることができます。室外、室内、日向、半日陰など状況に応じて変えることができます。植木鉢だと実をつけることは出来ないかと言えばそんなことはなく植木鉢でもしっかりと実をつけることができます。

庭がなくて植えられない場合でも、マンションなどで植木鉢を使って育てられる場合があります。日本にはそれなりに適応した植物なのであまり何も考えずに育てているとどんどん大きくなりすぎることがあります。それはそれで困ることもあります。

大きく育てばいいわけではなく、大きく育てば管理も大変になることがあります。一定の大きさまでになったらそれ以上はあまり成長しないように管理すると良いかもしれません。あまり大きくなりすぎると日陰ができては困るところに日陰ができてしまうかもしれません。他の植物との関係を調節しながら育てる場所を選ぶ必要があるでしょう。

ジャボチカバの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ジャボチカバを鉢植えで育てる場合、一定の間隔で植え替えを行う必要があると言えます。小さな株は大きくなるに従って鉢植えも置きくして行かないと根詰まりを起こしてしまい、結果として成長が遅れるという問題を引き

ジャボチカバの育て方で種付けの方法です。水はけがよい土を作る必要があるので赤玉小粒が7割、腐葉土が3割程度で配合します。庭に植えることが多くなるのであまり土を選ばないとされています。

よほど痩せている、湿りすぎている状態でなければ気にせずに育てることができます。最初に植え付けるときに気をつけたいのは将来的にどんどん大きくなることです。大きくなるのに対処しようとすると植え替えが必要になります。植木鉢で育てることは可能ですが、毎年少しずつ大きい植木鉢に変更するようにします。

大きさに合わせて育てる場所も変化させる必要があります。水やりは植木鉢の表面が乾いてからたっぷり与える流れになります。乾燥は避けなければいけません。水きれを起こすと枯れたりすることもあります。夏は気温が高く水が蒸発する割合も多くなるので毎日水やりをするようにします。水は1年を通して与えるわけではありません。

冬は生育を停止するようになるのでその時には乾かし気味に与えます。庭に植えるときは特別水やりを意識する必要はありません。雨が降らない日が1週間以上あって土が乾燥しているようであれば与えます。庭の土の水分はないように見えても適度にあります。下手に上げると水浸しになることがあります。肥料は控えめにするのが一般的です。化成肥料は肥料焼けの原因になるため抑えた方がいいかもしれません。骨粉入りの油かすを控えめに与えるようにして様子を見ます。

ジャボチカバの増やし方や害虫について

テキスト引用
ジャボチカバの増やし方としてはさし木が一般的な選択肢となります。4月から9月にかけての時期にさし木で増やす場合には、枝を5~7センチほどの長さに切ってバーミキュライトや赤玉土小粒等の清潔な用土にさしておくことで

ジャボチカバの増やし方では種まきをしたいところです。実の中に種がありそれをまくとうまく育てられそうです。しかし時間がかかる場合があります。また確実に育てられるかどうかわかりません。簡単に行える方法では挿し木があります。

時期は長いです。4月から9月にかけて行うことができます。枝を7センチぐらいに切っておきそれをパーミキュライトや赤玉土などの用土に挿します。用土を用意するときには清潔な用土にします。水洗いなどをしてから使うようにします。害虫対策ではアブラムシが出ることがあります。アブラムシは専用の殺虫剤、忌避剤などがあるのでそれらを活用することもできます。

数が少ないときはつまみ取る方法もあります。その他の虫にはカイガラムシがあります。この虫はあまり殺虫剤などがなく薬で対処することができません。方法はとにかくつまみ取っていくことになります。花はきれいなのに葉っぱが虫に食われてきて無くなっていたとなると見た目が良くありません。付き始めに対応できればその後も増やさずに対応することができます。

木として成長するので管理をするときには剪定をするようにします。枝がどんどん伸びてくると混んできます。すると実がつきにくくなります。花や実は木から直接付きます。枝が多くなると花がつくところが少なくなることがあります。適度に枝を剪定する事で花や実がつく場所を確保することができます。実をしっかりとることができます。

ジャボチカバの歴史

テキスト引用
ブラジルでは一般的に消費されているジャボチカバですが、アメリカに持ち込まれたのがおよそ100年ほど前と言われています。日本においてはジャボチカバの様な種類の植物を木葡萄と呼んでいますが、その多種多様な植物の種

多くの植物は花が咲き花の後に実がなり、実の中に種が入っていてそれによって子孫を残そうとします。この時の花は様々ですし、実もいろいろです。人が食べることができるタイプもあれば食べられないものもあります。

ジャボチカバと呼ばれる植物があり、こちらは実が目立つ植物として知られています。原産、生息地は南米のブラジルです。日本で知られている植物だとブドウであったりブルーベリーなどの実に似ているかもしれませんが実の付き方からするとかなりブドウなどとは異なります。初めて見た人はこの植物を見て驚くでしょう。

原産地のブラジルでは実は一般的に消費されているので木のことも良く知られています。ブラジルに近いアメリカに持ち込まれたのが今から100年ぐらい前とされています。世界の中心ともいえるアメリカに入ってきたのがそれくらい最近ですから日本となるともっと最近になるでしょう。日本ではまだ日常的に栽培されている様子を見かけられないかもしれません。

日本ではいくつかの種類が流通していて葉っぱの大きさで分類されることがあるようです。この植物は食用として使われてきていますが、あまり日持ちしないので植物自体が外国などに輸出されることはあまりないようです。現地で生のまま食べられたり、加工食品となって市場に出されることはあります。食用として意外には薬として使われることもあります。果実の皮を乾燥させてそれを飲むと効果があるとして使われてきました。

ジャボチカバの特徴

テキスト引用
ジャボチカバはブラジルを原産地とする常緑性の果樹です。熱帯植物に分類される樹木であり、その大きさは30センチ程度から3メートルまで幅広くなっています。本来の生息地であるブラジルでは樹高10メートルを超えるケース

ジャボチカバの特徴は、果樹、熱帯植物として分類されます。高木まで成長し、高いものだと3メートルぐらいです。野生のものだともう少し高くなることもあります。受粉をさせるときには別途受粉樹を必要としません。単独で実をつけることができます。

ブラジルで育つことから耐寒性が心配ですが適度にあります。耐暑性も適度にあります。葉が常に緑色をつける常緑性の植物です。より詳しい分類をすると被子植物、真正双子葉類、バラ類、アオイ類、フトモモ目、フトモモ科、プリニア属に属します。

名前の由来としてはブラジルに住んでいた先住民が使っていた言葉で亀のいる地から付いたとされます。ジャポがついているので日本と何か関係がありそうですが特に関係はありません。葉っぱの色は幼い木のときは少し赤が入った色をしています。

その後成長するにつれて少しずつ緑色の葉っぱになります。花の付き方が変わっています。通常木に花がつくときには幹から枝が出てその枝の先の方に付きます。しかしこの植物の花は幹に直接付きます。花の色は白っぽいものになります。花が終わるとこの植物のメインともいえる果実がなります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

花と同様に幹に直接付きます。まるで幹からひょっこり生えてきたかのように実がつきます。果実は直径3センチから4センチぐらいです。一つの果実に1個から数個の種が入っています。果実は濃い紫色の皮で果肉は白っぽかったりピンク色っぽかったりします。現地では1年を通じて収穫されます。

ジャボチカバの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ジャボチカバ」に一致するマメ知識

「ジャボチカバ」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,535view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

25,733view
グレープフルーツ…
グレープフルーツの育て方・栽培
もともと亜熱帯が原産地なため、寒い場所での栽培には向いていません。栽培に適した場所は、年平均が18°C以上が良いといわれています。寒さに強くないため、最低温度が…

育て方ラボ 公式ページさん

11,770view
ハクサンボクの育…
ハクサンボクの育て方・栽培
ハクサンボクを栽培するときの環境ですが、生息地などを見るとなんとなく見えてくるかもしれません。日本では神奈川県より西がメインとされています。中部地方、近畿をはじ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,529view
クレオメの育て方…
クレオメの育て方・栽培
クレオメを栽培するときの環境では日当たりに置くのが良いとされています。東向きだと1日中日向に当てられない半日陰になることもあります。でもその状態でも育てることが…

育て方ラボ 公式ページさん

7,795view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

9,271view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,734view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,425view