• ワーレンベルギアの育て方・栽培

ワーレンベルギアの育て方・栽培

ワーレンベルギア…

出典:育て方ラボ

ワーレンベルギアの育て方・栽培のまとめです。ワーレンベルギアは自生する場合、日当たりが良い場所を好む性質があり、その条件を備えた環境を主な生息地としています。このため育て方と致しましては、日当たりが良好な場所で栽培することがポイントです。

ワーレンベルギアの育てる環境について

テキスト引用
花を栽培するとき育て方として適している環境としてはどういった所が良いか確認しておく必要があるでしょう。まずは日当たりが基本となります。1年を通して日当たりに当てるようにします。しかし夏に関しては異なる管理が

可能であれば年間を通して日当りの良い所で育てるようにします。しかしワーレンベルギアは夏季の暑い気温や湿気に強くないため、その時期は直射日光に当てることを避け、日陰や半日陰で風通しの良い環境で育てます。

鉢植えで栽培致しますと、日当たりの調整が簡単にできますから最適な方法になります。ところが日影ができない場所や、庭植えのために場所が移動できない時は、園芸用のネットなど、遮光グッズを上手に使って日影を作ってあげることが重要です。

夏季が終わりましたら、再び日当たりの良い場所で育てましょう。ワーレンベルギアは乾燥気味を好む植物ですから、基本的に秋からはあまり雨に濡れないようにすることも肝心です。そして冬季に入りますと、霜が大敵になります。もしも霜にさらされますと枯れることがありますから、特に気を付けておきたいポイントです。

ワーレンベルギアは耐寒性を持つ植物とされる場合もありますが、氷点下の環境までは耐性がないことが一般的です。もしも屋外栽培をする場合は、その点に留意しつつ日当たりの良い場所で育てましょう。霜対策と致しまして、屋外で越冬させる時は日当たりが良好な軒下なども良いとされていますから、その場所に置くことも良策です。

ワーレンベルギアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植え付けの基本としては春に行うことになります。たねから行うよりは苗が出まわるのでそれを利用することが多いかもしれません。苗については仮の入れ物に入った状態になっているので、必ずプランターや庭に植え

ワーレンベルギアは種付けを行うこともできますが、比較的簡単に楽しみたい場合は、苗を入手することが得策です。春になりますと、苗が販売されるようになりますから、それを購入すると良いでしょう。植え付けの時期は主に三月から四月であり、春に行うことが基本です。

ワーレンベルギアは湿気を嫌うため、植木鉢で栽培する時は底面に軽石などを敷き、適度に水はけが良い環境を整えます。その際、使用する植木鉢やプランターも水はけが良いタイプを選びましょう。用土は新しいものを用意致しますが、市販されている園芸用の用土で育てることができます。また、苗の状態で販売されている商品は、大抵仮の容器に入れられていますから、必ずきちんとした植木鉢などに移し替えましょう。

仮の容器では水はけが悪いなど、良好な栽培環境を確保できないことが一般的です。ワーレンベルギアは地中で意外に根を伸ばしますので、もしもプランターを使って何株か植える場合は、根が窮屈にならないよう、各株は20cm程度の間隔を保って植えるように致します。

そのためプランターが65cmのサイズなら、3株までが目安になります。水を与える時は、原則として控えめで与えます。あまり水を与えますと過度な湿気により株が蒸れてしまい、枯れ始めることがあります。その意味でも水はけの良い植木鉢や用土が必要になっています。肥料は、春に植え付ける時に緩効性の肥料を加え、花が咲き始めましたら、液体肥料を薄めに希釈して与えます。

ワーレンベルギアの増やし方や害虫について

テキスト引用
増やし方としては、種まきをすることができます。行う時期としては4月頃がいいでしょう。赤玉土などを使ってまいておき、薄く土をかぶせるようにします。芽が出てくるまでは乾かさないのが基本的な管理方法になります。芽が出

ワーレンベルギアを増やす場合は、種まきが効果的です。種をまく時期は四月頃が適期になりますが、種は親株などからも取れます。ワーレンベルギアは果実を実らせた後、熟しますと上側が裂けて種を得ることができます。

種のサイズは0.3mmから0.5mm程度で、透明感を帯びた茶褐色をしており、光沢もある楕円形の形をしています。その種を発芽用に準備した赤玉土などの用土にまき、上に軽く用土をかぶせて、芽が現れるのを待ちます。発芽するまでの間は、用土を乾燥させないようにすることも基本です。一定まで成長しましたら、植え替えを行って栽培していきます。

種付けから始めた場合、実際に開花するのは翌年以降になる場合もあります。また、ワーレンベルギアの増やし方で大切なことは、次々増えてきましたら、適度に間引いてあげることです。この植物は乾燥に強い反面湿気には弱いため、密集して茂った場合は、蒸れを起こして腐ることがあります。

結果的に枯れてしまいますから、特に湿気の多い梅雨の時期には注意が必要です。そのため梅雨に入る前に三割程度切り戻しを行ったり、傷みのある部分を取り除くなど、あらかじめ湿気対策をしておくと良いでしょう。そのことで風の通りも良くなり、蒸れを防ぐことができます。そして害虫対策ですが、ワーレンベルギアは基本的に特定の害虫被害はないとされています。ただし一般的な植物と同様に、アブラムシやハダニなどが付くこともあります。

ワーレンベルギアの歴史

テキスト引用
夏に咲く花に関しては夏らしい明るいタイプのものもあれば、涼しさを感じさせるような花もあります。どちらが好みかについてはそれぞれの人によって異なるでしょう。暑い夏が好きな人にしてみれば黄色など太陽を意識したような

草木の花に関しましては大きな花を咲かせる植物から、小さな花を咲かせる植物までいろいろあります。どちらの花も綺麗な花であれば、その美しさに心を奪われることもあるでしょう。しかし小さな花は自然界で咲いていましても、それに気付かないことがあります。

ワーレンベルギアもその小さな花の一つで、ほっそりとした茎先で可憐に咲く、涼しげな夏の花になっています。ワーレンベルギアは和名と致しましてはヒナギキョウと呼ばれており、キキョウ科の多年草になります。原産地につきましては北米の南東部に位置するテキサス州や、ニュージーランド、あるいはアフリカなどとも言われる場合もあり、複数の地域が原産地として挙げられています。

生息地に関しましても非常に広範囲に渡り、オーストラリア、東南アジア、中国、朝鮮半島、そして日本国内でも見ることができます。ただし日本におきましては、本州の関東から西側に分布しており、四国や九州、ならびに沖縄や小笠原などに自生しています。

また、ワーレンベルギアたるヒナギキョウ属は、およそ百種類もの数が自生しているともされてますが、東アジアエリアで自生している種類は一種類だけとなっています。ヒナギキョウの名の由来は、キキョウに似た花を咲かせることに由縁しますが、その花がとても小さく、雛と呼ぶに相応しいことから名付けられた歴史を持ちます。一方、花言葉では「少女の優しさ」「少女の恋」などがあり、親しまれている植物です。

ワーレンベルギアの特徴

テキスト引用
特徴としては、被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、キク類、真正キク類2、キク目、キキョウ科、キキョウ亜科となっています。かなりややこしい属になります。種類が多い花になりますからしかたがないかもしれません。

ワーレンベルギアの特徴は被子植物であることをはじめ、真正双子葉類、ならびにコア真正双子葉類、およびキク類、真正キク類2、そしてキク目キキョウ科キキョウ亜科のヒナギキョウ属ヒナギキョウ種であり、複雑に分類されていることが一つの特徴になっています。

これも種類が多岐に渡る植物なればこその特徴と呼べるでしょう。また、全体的にコンパクトなサイズの植物であり、おおむね20cmから30cmの草丈です。場合により40cm程度までなるともされていますが、茎はとても細く、適度に枝分しています。葉は披針形を逆にした形状の倒披針形をしています。例えるなら笹の葉を逆さにした見た目となっていますが、葉の数は比較的少なく、うっすらと毛があることも特徴です。葉は茎の下側に生え、その葉よりもかなり上の茎先で、花が一つ咲きます。

花のサイズは6mm前後などと1cm以下の場合もありますから、道すがらワーレンベルギアの花が咲いておりましても、良く探さなければ見付けられない場合も多々あります。1cmから2cm程度に咲くこともありますが、いずれの場合でも小さな花になります。花ビラは一見5枚に見えますが、実際には根元で合わさっていますから、5裂の合弁花になっています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ただし花自体が小さいため、肉眼では注意深く観察しなければ判別できない特徴でもあります。よく似た植物にキキョウがありますが、ワーレンベルギアは茎が適度に枝分かれしていますから、その特徴から簡単に見分けることができます。

ワーレンベルギアの育て方・栽培に関連する無料素材

「ワーレンベルギア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,010view
ブルンネラの育て…
ブルンネラの育て方・栽培
ブルンネラは、生息地が比較的寒い地域であるため、育てる環境は涼やかな場所が適しています。最もオススメしたい環境は、暑さが厳しくなる真夏には、日陰で管理して穏やか…

育て方ラボ 公式ページさん

3,198view
アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

3,967view
スクテラリアの育…
スクテラリアの育て方・栽培
スクテラリアの栽培をするときの環境ですが、植木鉢か地植えかどちらが良いかがあります。冬越えをさせようとするなら地植えは難しくなります。ただしこの花は1年草として…

育て方ラボ 公式ページさん

3,033view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,984view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

4,002view
オンファロデスの…
オンファロデスの育て方・栽培
オンファロデスを栽培するときの環境は種類によって大きく異なります。それぞれの種類を知っておかないと間違った環境で育ててしまうことになるので注意します。寒さには強…

育て方ラボ 公式ページさん

3,543view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

4,987view