• ジャカランダの育て方・栽培

ジャカランダの育て方・栽培

ジャカランダの育…

出典:育て方ラボ

ジャカランダの育て方・栽培のまとめです。ジャカランダを栽培するときの環境ですが、春から秋の生育期にしっかりと日当たりの良いところに置きます。室内で育てることもありますが、室内だと日照不足になる場合があります。

ジャカランダの育てる環境について

テキスト引用
ジャカランダは熱帯地域の植物と言うこともあり、いくつかの点に注意して育てる必要があります。夏の暑さには強いので夏季は特に心配が要りませんが、植木鉢で栽培している様なサイズの場合には、冬の時期は室内に入れるなどの

冬などは寒さ対策のため室内に入れることもありますが、春ごろになって来たら屋外に出して日当たりのいいところに置きましょう。日に当たらないと生育が悪くなることがあります。秋になってくると少しずつ葉が黄色っぽくなってくることがあります。

これは温度の対応の部分があるでしょう。寒さにはあまり強くない植物なので日本の四季で変化を見せるようになります。原産地では1年を通して温暖なので常に同じような緑の葉っぱを見せてくれます。秋から冬の寒さがあるときには変化がみられるようになります。寒さへの耐寒として0度ぐらいまで耐えられる場合があります。

しかしそれ以下、霜が降りたりすると枯れてしまいます。木を育てることから一定の措置をしながら外で育てる場合があります。それは簡単な防寒をしてあげることです。冬場に雪から気を守るために木に藁を覆うケースがあります。

それと同じように気に藁を覆って寒さから保護するようにします。これで多少は寒さに耐えられるかもしれません。原産地では30メートルを超えることもある木ですがこれは良い環境であることが求められます。日本では必ずしも良い環境とは言えず、整えても10メートルほどまで成長させることができるかになるでしょう。

ジャカランダの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ジャカランダの植え付けや植え替えは一年に一回程度は行う必要があります。庭に植えて庭木にするのでなければ植木鉢での栽培を行うのが一般的ですが、観葉植物として楽しむミニサイズの尾のであっても生育に応じて植え替えを

ジャカランダの育て方で種付けの方法です。用土としては市販の花と野菜の土、もしくは観葉植物専用の土を使います。室内で主に管理するなら観葉植物の土を使うと良いかもしれません。

その他に配合をするなら赤玉土を7割、腐葉土を3割で混ぜたタイプを利用することがあります。必ずしもこの土でないといけないなどはありませんが、木に合った土を利用するようにします。種から植えるよりも苗であったりちょっとした木の状態で植えることもあります。

水やりを行うときは春から秋にかけては土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えます。寒いときにはあまり水は必要としません。秋ごろから少しずつ気温が下がってくるので、それに応じて水を与える回数を減らしていきます。冬になると葉っぱが黄色く変色し、さらに枯れて落ちてしまいます。この時は乾かし気味に与えるようにします。

室内などで植木鉢で育てるときには植木鉢を乾かし気味に育てるようにします。水を与えるのは乾ききってからにします。肥料を与えるのは春から秋にかけての生育の時期です。緩効性の肥料を2箇月に1回程度使用します。それ以外の方法として液体肥料を月に2回与えることもあります。両方行うよりもどちらかを選んで行えばよいでしょう。肥料には与えすぎ、少なすぎもあるので注意しながら施すようにします。夏場などには気をつけながら与えないといけない場合もあります。タイミングを計って与えるようにします。

ジャカランダの増やし方や害虫について

テキスト引用
ジャカランダを育てるのにあたり、有効な増やし方としてはさし木があります。このさし木の適切な時期は5月中旬から7月にかけての時期であり、緑枝ざしをしますが伸び始めた枝が固まってから用いるのが一般的です。5~6節

ジャカランダの増やし方としては種まきを行うことがあります。あくまでも花を咲かせることができることが条件です。花を咲かせるほどに成長させることが難しいとされているので、根気良く木を育て上げる必要があります。

室内で観葉植物のように育てているうちは花を咲かせることは出来ません。外で数メートル以上の高木にならないと難しいかもしれません。種まき以外では挿し木をすることができこちらは簡単に行うことができます。5月から7月が適期になります。しっかりした枝を7センチから8センチぐらいの長さで切ります。

下の方の葉っぱは落とします。上の方に葉っぱは残しますが葉っぱが大きいなら半分に切るなど調整をします。用意した枝をパーミキュライトに挿します。葉っぱが大きすぎると水が葉っぱから蒸発して根がつく前に枯れてしまいます。半日陰で根が出るまで待ちます。害虫対策で行う必要があるのがカイガラムシです。必ずしも出るわけではありません。条件として風通しの良くないところに置いているときがあります。

カイガラムシはあまり専用の薬がなく薬で防いだり無くしたりすることができません。見つけた時に使用済みの歯ブラシなどをうまく活用してこすり落とすようにします。その時には木や葉っぱを傷つけないように注意します。花が咲くような木に成長すれば剪定を行います。時期7月までに行います。そうしないと8月には翌年の花芽が出るからです。その時には剪定は出来ません。

ジャカランダの歴史

テキスト引用
ジャカランダは世界三大花木の一つとして知られており、日本では数多くあるジャカランダの品種の内の一部が栽培されています。日本にもたらされたのは東京オリンピックの行われた1964年とされており、ブラジルの宮崎県人会の

オリンピックは世界におけるスポーツの祭典として知られています。夏季と冬季があり現在はそれぞれ4年ごとに行われています。日本では夏季が東京で行われ、冬季は札幌と長野で行われました。そして東京で2度目が行われることが決まっています。

前回行われたのが1964年とされています。この時にある植物が日本に初めて入ってきたとされています。それがジャカランダと呼ばれる植物です。これだけ世界的な交流、貿易が進んでいる中で1964年になって初めて来たのは意外に感じられるかもしれません。

原産地、生息地として知られているのは南米のアルゼンチン、ブラジルなどです。日本に初めてやってきたときは宮崎県に贈られたとされています。宮崎県と言えば日本、九州の中でも温暖な気候で知られているところです。この植物の性質を考えてこちらに導入されたのかもしれません。この花は世界三大花木として知られています。

世界の中で三本の指に入る花で非常に美しい花をつけます。この木以外ではカエンボク、ホウオウボクが知られています。共通しているのは日本ではなかなか一般的に栽培されていないことです。これらの花、木を見ることができるのは温室を備えている植物園ぐらいともいわれています。日本には四季がありどうしても冬の寒さがあります。植物の中にはどうしても冬の寒さに耐えられないものがありこの花もその一つとされています。栽培するのはかなり難しいとされています。

ジャカランダの特徴

テキスト引用
ジャカランダは熱帯アメリカを原産とする植物で、ノウゼンカズラ科キリモドキ属に分類されています。生息地である熱帯アメリカには約50種類のジャカランダが生息しており、日本において観葉植物として栽培されているのはそのうちの

ジャカランダの特徴として分類としては、被子植物、真正双子葉類、キク類、シソ類、シソ目、ノウゼンカズラ科、キリモドキ属に該当します。木として育てられますが、小さいもので2メートルほど、高いものとなると30メートルの高さに達するものもあるとされます。

葉っぱは2回羽状複葉です。種類の中には1回羽状複葉、単葉のタイプもあります。花は円錐花序に付きます。花冠は5裂していて、色はきれいな青、青紫、白も見ることができます。冬には非常に弱く霜に当たると枯れます。日本で育てようとすると霜がない地域となります。

九州や四国、本州の最南端でぎりぎり育てられるかどうかといえる植物になります。植木鉢で育てれば何とか家庭でも育てることは出来るでしょう。しかし花を楽しむには一定の高さまで成長しないといけません。すると庭に植える必要が出てきます。

庭に植えると霜など寒さ対策が必要になります。日本では育てるのが厳しくなっています。葉っぱは鳥の羽のように細かいタイプです。大きな葉っぱではなく、小さな葉っぱがたくさん羽状についています。日本では花を最初からあきらめて観葉植物として葉っぱのみを楽しむことがあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

種類がいくつかあり、園芸用に改良されているものもあります。うまく選ぶことによって日本でも育てられる場合があります。また花が咲くくらいまでに育てることもできます。品種などをうまく選択し、環境を整えてあげる必要がありそうです。

ジャカランダの育て方・栽培に関連する無料素材

「ジャカランダ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ルナリアの育て方…
ルナリアの育て方・栽培
ルナリアは日当たりの良い場所でも半日陰の場所でも育てることが出来ます。寒さには強いですが反面暑さには弱いので、マイナス25度を越えると成長しなくなります。発育環…

育て方ラボ 公式ページさん

4,177view
ジューンベリーの…
ジューンベリーの育て方・栽培
太陽の光が当たりやすいところがジューンベリーが育つのに適した環境ですが、日陰でも明るいところであれば育ちます。ただし、光が当たるといっても西日がきついところは乾…

育て方ラボ 公式ページさん

5,546view
トックリランの育…
トックリランの育て方・栽培
多肉植物は生息地の環境に対応するため、すなわち貴重な水を体内に確保するために進化したので、熱帯のなかでも乾燥地帯に特に多く生息しています。トックリランは多肉植物…

育て方ラボ 公式ページさん

4,564view
ウェストリンギア…
ウェストリンギアの育て方・栽培
ウェストリンギアを栽培する上での環境として湿気を与えないことが挙げられます。暑いところが原産の植物なので日本の暑さでもそれほど問題なく成長してくれます。ただオー…

育て方ラボ 公式ページさん

12,319view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

4,194view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,540view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,054view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

3,654view