• クランベリーの育て方・栽培

クランベリーの育て方・栽培

クランベリーの育…

出典:育て方ラボ

クランベリーを育てる環境については、一定の約束を守ることでそれほど難しくはありません。第一に、午前中の光が差し込むことです。日当たりを特に必要とする植物なので、午前中の柔らかな日射しは大切な環境です。

クランベリーの育てる環境について

テキスト引用
育てる時の栽培環境ですが、これは庭に植える場合でも、室内で鉢植えのする場合でも、共通のコツがあります。太陽の光は大事ですが、バランスを大切にした日照を心がけることです。午前中のうちは、出来るっ限りお日様の光が

しかし、午後ともなると厳しい日射しに変わるので、これは避けたいところです。午後には、明るい日陰になるように心掛けましょう。これは、室内と戸外のどちらの栽培においても、必須条件となります。

クランベリーは、寒さに強く暑さに弱いという性質を持っているため、暖かい地域での栽培には、管理を特に気をつけなければなりません。室内でも、最も日射しを受ける環境であって、午後からは日陰になる場所を探しましょう。時間帯によって移動させることも良いのですが、必ず毎日出来るという保証はできませんので、出来る限り適した場所を探しておく方が賢明です。

また、風通しが悪いと蒸れを引き起こしたり、害虫や病気の原因にもなりかねませんので、戸外であっても、室内であってもしっかりと空気が変わる程度の風通しの良さが望ましいでしょう。日本国内では、関東から北側の栽培が良いとされていますが、九州地方でも十分栽培することが出来ます。

オリーブなどとは違い、一本の木からしっかりと実を付けることが出来るので、果実の収穫も夢ではありません。それにはまず、必要な環境を整えてあげることが先決です。ここ、と思う場所に一度鉢植えを置き観察してみましょう。

クランベリーの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
植えつけや植え替 えをしたいと思ったら、時期は2月の中旬から3月の中旬が、ベストなシーズンになります。植え替えを行うことには、それなりの理由があります。まずは、なんといっても根詰まりを防止するためです。もう一つは

クランベリーは種付けや種まき、植え替えの時期が決まっており、2月の中頃から3月の中頃までが良いでしょう。2年を超えて大きく育った場合には、根詰まりや徒長の原因にもなりますので一回り大きな鉢植えに植え替えるようにしましょう。

植え替えることによって、風通しも良くなり元気を取り戻します。植え替えを行う場合には、水苔や鹿沼土、酸度未調整のピートモスなどが適しています。庭先などに直に植えている場合にしても、同じように水苔や鹿沼土、ピートモスなどを使うようにしましょう。水はけが良くなるだけでなく、水持ちも良くなるのでかなりオススメです。

水やりは、土の状態が乾いていたらたっぷりと与えるのが良いでしょう。水のやり過ぎは根腐れを引き起こしてしまいます。できるだけ、土の様子を観察して環境に適した水やりを心掛けるようにします。肥料などは、速効性化成肥料それに有機質肥料がオススメです。育成期を迎える前の2月くらいに与えるようにします。植え替えを行ったときには、クランベリーが落ち着くのを待って与えるようにしましょう。

急に肥料ばかりを与えてしまうと、びっくりして成長が遅くなる場合があるほか、肥料やけの心配もありますので安易に与えないようにしましょう。クランベリーの果実を割ると種がありますので、それをとって植え付けます。意外にも簡単に芽が出たという事例も多くありますので、挑戦してみる価値はありそうです。初心者は少し大きめに育った株から始めると良いでしょう。

クランベリーの増やし方や害虫について

テキスト引用
育て方として気になってくるのは害虫ですが、素晴らしいことにクランベリーには、これといってトラブルを引き起こすような害虫はないというナイスポイントがあります。通常は、何かしらの病気や害虫に悩みますから、そういった

クランベリーは、種まきや挿し木といった増やし方が主流です。種まきなら、2月、3月を目安に行いましょう。また挿し木の場合にも2月が良く、剪定した枝を10センチ程度にカットして先だけ残して葉を落し、切り口をしたにして水に一時間程度浸しておきます。

その後に、半分程度埋まるように挿し木します。同じ時期なら株分けという方法もオススメです。挿し木の他に挿し芽という方法を選択する方もいます。挿し芽は、新しく出て来た新芽を切り取り、挿し木と同じように水につけて一時間待ちます。その後にプランターや鉢植えにさしておくと新しい芽が出て来ます。

挿し芽は梅雨にも行うことが可能です。増やしたい時期によって、数回に分けて行うと確実に増やすことが出来るのもこの植物の強みでしょう。クランベリーは、害虫に悩まされることが少ない植物です。全くないと言い切っても良いほど、害虫被害の例が無くその点ではとても育てやすく育て方が簡単と言えます。しかし、まったくないといっても例外もあります。

まれにカイガラムシやアブラムシなどが付く場合もありますので、定期的に観察する必要があります。カイガラムシやアブラムシなどを見つけた場合には、すぐに専用の殺虫剤を散布して、駆除しましょう。その後は、風通しが良くなるように少し刈り込み、新しい空気が通る道を造って上げます。これらの対処が早ければ早いほど、被害が少なくて済みますので注意して観察することが必要です。

クランベリーの歴史

テキスト引用
クランベリーという洒落たネーミングは、可愛らしい花びらの形状を見て、鶴の頭部と同じようなイメージであることから付けられたものです。鶴は英語ではクランといいます。アメリカであっても、先住民部族によって違いがあるものの

クランベリーは、北アメリカが生息地であり、北アメリカの大陸が原産国です。クランベリーのクランは英語で鶴といい、葉の形からアメリカに住むイギリス系移民に17世紀頃名づけられたとされています。

ただし、アメリカの先住民が全て同じ呼び方をしていたかというと、そうではありません。その他にも、「アトカ」「イビミ」「サッサマネシ」といった様々な呼び名を持っています。北アメリカの大陸は、湿地帯などとは対照的にさらっとしたボクと呼ばれる砂質が含まれる湿地帯で栽培および自生しています。

蔓状に伸びたその間に透き通るような輝く赤い実があるクランベリーは、先住民などから「湿地のルビー」と賞賛されていました。また昔から、このベリーはもちろん食用に利用されており、栄養を補うための必須アイテムとされていました。さらには、布などを染めるための染料にも欠かすことの出来ない植物です。

薬としての需要も高く、壊血病予防として多くの旅行者に利用をされてきました。この植物は、隣勤ベリーなどの仲間でありベリーは多くありますが、実の付き方がとても良く重宝されています。一般的に知られているものと言えばペミカンと呼ばれる、鹿干肉と脂肪をクランベリーと混ぜて作る携帯食でしょう。

この携帯食は栄養素とエネルギーを同時に取れることから人気の食べ物です。他にもマサチューセッツの先住民であるワンパノアグ族はビターベリー〜ibimi、と呼び薬や食用として利用しており、イヌイット族は、この植物をタバコのように利用していました。またチペワ族は日々の食料を得るために、狩りのエサとして利用しているなど、様々な利用方法があります。

クランベリーの特徴

テキスト引用
北米三大フルーツでもあるクランベリーは、鮮やかな小さな実が特徴的です。鑑賞してもキュートなものですが、その可愛らしい果実には、栄養成分も豊富です。ポリフェノールやキナ酸、プロアントシアニジンなどの、高い栄養素

ジャムやフルーツソース、カクテルなど多くのレシピに使われているクランベリーは、北米の三大フルーツとし人気の高い植物です。クランベリーには古くから、ポリフェノールやプロアントシアニジンなど栄養素を多く含んでいると知られており、健康や美容のために利用されています。美容においては、美肌効果が期待されているため広く知られております。

プロアントシアニジンが腎臓の働きを良くして、血行を促しむくみの解消にも一役買ってくれることから、女性の支持が大きい植物です。昨今の健康ブームに則り、多くの生活習慣病改善アイテムに取り入れられているのも周知の事実でしょう。また年齢を問わず気になる歯周病にも効果があるとされていることから、アメリカやヨーロッパだけでなく日本国内でも人気があります。

クランベリーはツツジ科であり、スノキ属です。学名は「Vacciniummacrocarpon」で別名を「オオミノツルコケモモ」と言います。この植物の名前の由来は、鶴であるが諸説有り、花弁や茎が鶴の姿に似ていること、くちばしの形に見えることなどからという節が有力ですが、その他にも鶴の大好物だったことからそう呼ばれるようになったことなどがあります。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

この植物は、低木であり、細い枝に小さな葉をたくさん付けます。花の色は、深い赤で小さな赤い実を付け、その中は空洞になっています。この植物の収穫方法は、とても独得で収穫時期になると畑に水を張ってその中で木を揺すって実を外し、収穫の機会で救うという方法です。

クランベリーの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「クランベリー」に一致する植物図鑑

「クランベリー」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

6,248view
キャッサバの育て…
キャッサバの育て方・栽培
キャッサバは乾燥に強く、かなりの荒れ地でも栽培することができ、それに加えてとても栽培が簡単です。しかし、キャッサバは水はけのよい日なたを好んでおり、日光不足にな…

育て方ラボ 公式ページさん

40,301view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

8,130view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

25,733view
フウセントウワタ…
フウセントウワタの育て方・栽培
フウセントウワタを栽培するときの環境として準備をするならどのようなところが好ましいかです。日当たりの良いところを用意します。そして水はけのよい土壌が良いとされて…

育て方ラボ 公式ページさん

7,750view
岩花火の育て方・…
岩花火の育て方・栽培
岩花火は、寒さに強く、暑さに弱い多肉植物です。育て方は、日当たりを好みますが、暑さには弱いため、置く場所には注意が必要です。低温で花を咲かせるので、冬に購入した…

育て方ラボ 公式ページさん

8,513view
カロケファルスの…
カロケファルスの育て方・栽培
カロケファルスは、オーストラリアが原産となっているため、寒さに弱い性質があります。生育には、マイナス3度以上を必要とします。暑さも同様に嫌う傾向にあるので、日な…

育て方ラボ 公式ページさん

25,852view
ミッキーマウスの…
ミッキーマウスの木の育て方・栽培
この木はどのような育て方が適しているのでしょうか。もともとの生息地が南アフリカであるため、特徴として、日当りの良い場所での栽培が適しています。また、直射日光など…

育て方ラボ 公式ページさん

33,044view