• カリブラコアの育て方・栽培

カリブラコアの育て方・栽培

カリブラコアの育…

出典:育て方ラボ

カリブラコアの育て方・栽培のまとめです。カリブラコアを栽培する上での環境ですが、植木鉢に植えるときには1年を通して風通しの良いところを選びます。そして日当たりも好む花です。道路の近くなどに置くと泥などがはねてしまうことがあります。

カリブラコアの植えつけ

テキスト引用
春になると苗が出回るので、これを植えつけます。苗を手に入れたらすぐに植えつけるようにしましょう。植えつけの時期は3月~9月です。植えつけ2週間後くらいに、摘心を行います。先端の芽を切ってやると、側枝がのびて花数

自然なので一見問題なさそうですが、植物にとってはそれが原因で病気になることもあります。この花は少しデリケートなところがあり、泥はねなどの影響を受けやすいとされています。土の上に直接置くとどうしても地面と近いために泥が付きやすくなります。

少し高いところに置くことでそれを防ぐことができます。あまり冬の寒さには強くありません。ですから冬は外で保管するのは難しいとされています。どうしても冬越えをさせるなら室内に取り込むようにします。庭に植えるときには日当たりのいいところを選びます。

やはり泥対策をしてあげると花を健康に保つことができます。マルチングであったりレイズドベッドなどの水はけのよい花壇を用意すると泥はねの影響も少なくなります。すでにペチュニアを育てているなら同じような育て方をしても問題はありません。ペチュニアよりも雨に強い、色が豊富など利点が多い花とされています。

広げて育てても見栄えが良くなりますし、他の花と一緒に並べて育てても印象を良くすることができます。自然に育てられながらもちょっとした管理の知識を持っているだけで長く育てることができます。同じ土でも葉っぱや花に付けないようにすることが大事です。

カリブラコアの育て方と管理

テキスト引用
カリブラコアは、冬と夏にやや弱い性質であるものの、日当たりの良い場所で水と肥料を切らさないように注意していれば、開花時期は綺麗に花が咲きます。また、育て方で気をつける点として、枯れた花や葉をこまめに取り

カリブラコアの育て方では種付けがあります。土はそれほど難しくなく、花と野菜の土を使うことができます。さらに便利なのがペチュニアの土です。種類は厳密には異なりますが近い種類なので使うことができます。元気に育てることができるよう配合が考慮されています。

自分で配合するなら赤玉小粒5割、腐葉土3割、酸度調整済みピートモス2割を用意します。リン酸を加えることもあります。市販の培養土は酸度が影響することがあります。この時は調整が必要になります。土を考える以外に重要なこととして連作障害があります。

この花はナス科になります。ナス科の植物でよくあるのがナス科の植物同士で起きてしまうことです。まずはこの花を一つの場所に継続して育てるのは控えます。では植え替えをする、土を変えるときにその土をどの土で育てるかです。以前に別の植物を育てていた土を使うことがあります。同じ種類の花はもちろんナス科全般的にあまり良くないとされています。野菜を作っている場合はもちろん花もナス科を育てているときは土の管理を細かく行わないといけません。

水やりは土が乾いて来たらしっかり与えます。冬になったら水は控え気味にします。土が乾いたと感じた後数日後に与える位が良いとされます。水は花にかからないように与えます。水がかかると萎れることがあります。花付きを良くしたいなら肥料を施します。10日に一度液体肥料を与えます。与えなくても咲かせることは可能です。

カリブラコアの種付け、栽培

テキスト引用
カリブラコアは多年草ですので、冬を越して次の年も花を咲かせることができるのですが、ナス科の植物のため連作障害を起こし、年々花も小さくなり、病気にもなりやすくなります。このため、綺麗な花をたくさん楽しむためにも

カリブラコアの増やし方では種まきをすることが一般的です。季節としては3月から5月、そして9月くらいに行います。種の入手方法としては自分で取ります。6月から11月ぐらいに花の後に種ができます。9月に種をまくときは植木鉢などを利用します。

9月にまいたからすぐ11月に咲くわけではありません。冬越しが必要になります。冬になったら室内などに置いて冬を越します。そして春に植え付けるようにします。種をそのまままいて芽が出にくいことがあるなら少し傷をつけるとそこから芽が出ることがあります。いくつかまくときにその方法と併用してみましょう。

害虫対策はアブラムシに気をつけます。この虫はウイルス病を媒介します。せっかくの花をどんどん感染させてしまうことがあります。花が増えるほど楽しいことはありませんが、減っていくのはさみしいです。それをなくすためにも見つけたら防除するようにします。薬などを使うことで避けることも可能です。

その他の虫としてナメクジ、ヨトウムシ、ハダニがつくことがあります。とるか薬を使うことになります。病気として起こるのが灰色かび病があります6月から7月の梅雨の時期に起こることがあります。梅雨の時期はじめじめして管理が難しくなる時です。こまめに様子を見て変化がないかチェックをしておきましょう。白っぽくなるうどんこ病も気をつけないといけない病気の一つとして知られています。花数を増やすなら摘心を行うようにします。

カリブラコアの歴史

テキスト引用
カリブラコアは南米原産です。1825年にメキシコの植物学者であるセルバンテスとヴィンセンテによりナス科カリブラコア属が新設され、南米を生息地としたこの植物が認知されるようになりました。種類がそれほど多くない小さな

花にはよく似ているものがあります。似ているので種類が同じ場合が多いです。自生している状態で別の種類になっていることもありますし、人工的に交配をして同じような種類を作ることもあります。一方全く種類が異なるのに似ているタイプもあります。

この時は花の名前を付けるときも似ているだけのことを意識してつけられることがあります。カリブラコアと呼ばれる花があります。この花の原産、生息地は南アメリカの温帯などとされています。名前は異なりますが見た目はペチュニアにそっくりです。

園芸店などではペチュニアの方が一般的なのでこの花があってもわからないかもしれません。元々は同じ属に属していました。1800年代に植物学者によってペチュニア属から独立して新しい属が新設されてこの花の認知度が高まったとされています。日本ではあまり見られませんが、日本人の大学教授が新種を見つけて交配されたうえに新たな園芸種が作られています。

ペチュニアとの区別としてペチュニアよりもさらに小さい花を咲かせます。ペチュニア自体小さい花が特徴の花ですが、さらに小さい花なのでかわいらしく育てることができます。現在日本ではあるメーカーが作り出した園芸種が人気になっています。原種はもちろん良さがありますが園芸種は育てやすくなっていたり色が豊富になっていたりします。交配されている場合は元の種類がはっきりしないこともあります。それが少し残念なところかもしれません。

カリブラコアの特徴

テキスト引用
ペチュニアの近縁種のため、ペチュニアと比較して語られることが多い植物です。ペチュニアより丈夫で、ペチュニアが苦手とする雨にも強い植物です。ペチュニアより少し小さな花ですが、たくさんの花を咲かせます。

カリブラコアの特徴として、園芸の中では草花となります。種類が多く、一年草のこともあれば多年草として育てることができる場合もあります。寒さに弱いので一般的には秋から冬に枯れて終わります。暖かいところであれば根が残りそのまま翌年に芽を出して咲かせることがあります。

冬を越そうとするときは霜に注意する必要があります。多年草として毎年咲かせることは可能ですが、花の質としては年々落ちてくるので新たに咲かせた方が良いとされます。草の高さは10センチほどの低いものから30センチくらいになることもあります。南アメリカの温帯にあることで耐暑性がありそうですがものすごく強いわけではありません。ただし品種改良がどんどん進んでいてそれによって暑さにもかなり耐えられるようになっています。

日本の真夏の暑さでは弱ってしまうことがありますが、園芸種なら日本の暑さでも何とか耐えてくれます。温帯原産ともあって耐寒性はあまり良くありません。花が咲く期間が春から秋の終わりまでです。一つの花が咲き続けるよりも後から後からどんどん咲いてくれるので花を楽しむには非常にいい花と言えそうです。初心者でも特に気を遣うことなく育てることができる花とされています。生物学上はナス科、カリブラコア属になります。この植物は連作障害があるとされています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ずっと植え続けていると弱くなることがあります。土を入れ替えたり場所を変えたりする必要があります。花の色は豊富です。紫、青、ピンクなどが一般的です。さらにオレンジ色、赤などもあります。花の大きさは2センチから3センチぐらいです。

カリブラコアの育て方・栽培に関連する無料素材

  • カリブラコア

    カリブラコア

    カリブラコアは春からたくさんの鮮やかな花をつけ、ガーデンやや鉢植えで長く目を楽しませてくれる園芸…

    1

    809

    286.65

このまとめのキーワード

「カリブラコア」に一致する育て方

「カリブラコア」に一致するマメ知識

「カリブラコア」に一致する植物写真

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

17,319view
キルタンサスの育…
キルタンサスの育て方・栽培
キルタンサスは南アフリカが生息地の植物です。冬に咲く球根の場合は、12月から2月が開花時期になります。そして夏に咲く品種の球根は、5月から8月に咲くと言う性質を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,147view
シャガの育て方・…
シャガの育て方・栽培
栽培をするときの環境としては、開花の時期は4月から5月になります。花は決まった時期にしか咲きませんが、葉っぱ自体は1年間蓄えられた状態になります。日本では北海道…

育て方ラボ 公式ページさん

4,194view
チングルマの育て…
チングルマの育て方・栽培
チングルマを栽培するときの環境では日陰が良いか、日当たりが良いかです。高山植物としての性質も持つことから判断が難しいところでしょう。この花は草原に群生するタイプ…

育て方ラボ 公式ページさん

4,054view
セアノサスの育て…
セアノサスの育て方・栽培
セアノサスを育てる理想的な環境について具体的にみていきましょう。この植物の原産地であるメキシコ、および北アメリカは日本に比べて比較的乾燥していますので、高温多湿…

育て方ラボ 公式ページさん

9,994view
カラスウリの育て…
カラスウリの育て方・栽培
どのような環境がもっともカラスウリの育て方へ適しているかですが、これは日当たりとなります。実を育てることを主目的とせず、緑のカーテンをメインとする場合、直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

9,992view
ヒアシンソイデス…
ヒアシンソイデスの育て方・栽培
ヒアシンソイデスの育て方の環境については、水はけの良い土壌を選ぶ事が必要です。きれいな花を咲かせる植物は、日当たりの良い場所が条件になっているものが多くあります…

育て方ラボ 公式ページさん

2,292view
ダールベルグデー…
ダールベルグデージーの育て方・栽培
ダールベルグデージーを栽培するときの環境として夏と冬にどうするかがあります。この花はあまり寒さに強くありません。しかし日本の冬は適度に越すことができます。霜に当…

育て方ラボ 公式ページさん

5,146view