• アツモリソウの育て方・栽培

アツモリソウの育て方・栽培

アツモリソウの育…

出典:育て方ラボ

アツモリソウを栽培するときの環境を知っておく必要があります。ランはどの品種でも決して簡単ではありません。日本ではキクの展覧会が良くありますが世界にはランの展覧会があります。難しいからこそきれいに咲かせるのを競うのでしょう。

アツモリソウの育てる環境について

テキスト引用
この植物の名前のアツモリとは平敦盛のことで名称も平敦盛にちなんでいます。それでセットになっているクマガイソウは、熊谷直実になぞらえていているということですが、優しそうな花のほうが、アツモリソウになり、しっかりしている

日差しがある方が良いかどうかですが、日差し自体はそれなりに必要です。植物はほとんどが日差しを必要とするでしょう。でもあまり強い日差しは好みません。直射日光が当たり続けるようなところでは育ちません。自生する場合も森などに木の陰などに生えていることが多いとされています。

草原に太陽の光をいっぱいに受けて育つ植物ではありません。家庭であれば庭などに置くと日差しが強く当たる場合があります。注意が必要になります。水も必要ですが、あまり多くの水を好みません。日本は高温多湿で比較的雨の多い地域です。育てるとの環境としては雨が当たらないところを選ぶようにします。

風通しを良くする必要があり、そよ風が通るような空間を作ります。家庭であれば軒下のあたりが良いかもしれません。日差しが直接当たらず、雨も直接当たりません。風が適度に通っている環境です。

あまり強い風は好まないので風を防ぐ仕組みを設置しておくと安全になります。日差しを調節するための遮光対策を行います。芽が出た頃は30パーセント程度なのである程度日に当てます。でも花が咲くころは50パーセント、夏の日差しが強いときは70パーセントから80パーセントの遮光をします。

アツモリソウの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
日本で自生しているこれらの植物は、世界的にも美しい花を咲かせるので、野生ランのプリンスとも言われているそうです。残念ながら日本では絶滅寸前で、その理由は日本人の乱獲だそうです。残念ですが、そのような

アツモリソウの育て方で種付けの方法としては現在は苗を利用する方法が主になるでしょう。自生しているものを採取してはいけません。今は栽培用の苗が販売されているのでそれを利用することができます。ランは非常のきれいな花を咲かせます。

だからかどうかはわかりませんが、多くの花は栄養分を多く必要とするのが知られています。土を作るときにもそれを意識しないといけないかもしれません。また土の状態も非常に重要になります。園芸店に行くとその花を育てるための専用の土が売られている場合があります。

状態を見ると感染を防ぐために殺菌をしているものもあります。殺菌までしてありますから、当然他の土などと混ぜて使うことは出来ません。水はけを良くしようとするなら日光砂、軽石、赤玉などを入れます。竹炭を少し混ぜて調整することもあります。水やりはかなり慎重に行う必要があります。

芽が出て成長する花期には株や葉に水がかからないように潅水します。通常花に水をやるときはじょうろで上から葉っぱに水がかかるように行うでしょう。この方法はNGになります。植木鉢の外側あたりに少しずつ与えるようにします。水に浸されるのは好みませんが、適度に湿っている状態を好みます。表面が乾いてきたら水を与えるようにします。夏場にも水きれをすると弱ってしまいますから、欠かさないようにします。肥料は油かすと骨粉が配合されたものなどを利用します。ランで使われるものを使うとよいかもしれません。

アツモリソウの増やし方や害虫について

テキスト引用
これら植物の育て方ということでは、気をつけるのが気候で、温かいところよりも寒いところを好みます。後は日当たりと風通しと土がポイントになります。直射日光を遮光でき、雨が当たらない風通しの良い所が最適です。最初の

アツモリソウの増やし方としては株分けをするのが一般的です。もちろん新たに苗を購入してそれを育てる方法もあります。種は出回ることがなくなかなか育てることは出来ないかもしれません。

株分けをする時期としてよいのは花の後、11月以降に枯れた後に行います。上の部分はすっかり枯れてしまったとしても根は残っています。その後に休眠をして再び成長してきます。この時に株分けをします。うまく育てることが出来れば根も大きく育つので植木鉢の中に根が広がりやすくなる場合があります。

株分けでないとしても大きな植木鉢への植え替えはそれなりに必要とされています。植木鉢から株を取り出し、根についている土はすべて落とします。これは古土になり新たに植え替えをするときには邪魔になります。植え方としては根をしっかりと広げるようにして、新芽が上になるように植え付けていきます。根が込み合っているときには土が入りにくくなることがあるので、きちんと根に土が行きわたるようにしておきます。

根を上げるときには根を乾燥させないようにしなければいけません。その日のうちに行ってしまうように心がけます。害虫対策としてハダニが付きやすい場合があります。薬を使うことで防ぐことができます。ナメクジも大事な葉などを食い荒らすので注意しないといけません。植木鉢に入ることができないように薬をまくとよいかもしれません。置いておくと防ぐことができるタイプ、スプレータイプなどがあります。

アツモリソウの歴史

テキスト引用
ガーデニングや家庭菜園では、面白い植物も育てることができるので、その点も魅力のひとつですが、例えばアツモリソウという玄人好みの植物があります。この栽培は難しいということで、初心者には向かないようですが、ガーデニング

花の名前が付けられる時にはまずは初めてその花を発見した人の名前が付けられることがあります。日本で見つけられると日本的な名前が付けられ、それが和名、英名にも残されます。海外の場合は横文字が多いですが発見者の名前にちなんでのことが良くあります。

それ以外にあるのが仲間からつけられる時です。さらに全く種類は異なるけども見た目が似ているからとその花としてつけられる場合があります。海外から日本に来た時には和名がつけられる時があります。学名や英名をそのまま日本語に翻訳することもあれば、見た目などでつけられることがあります。

アツモリソウは原産は東アジアとされ日本も生息地の一つとして知られています。名前からなんとなくアツモリさんが影響していることはよくわかります。良く知られているアツモリさんには平敦盛と呼ばれる人がいました。この花の姿が平敦盛が背負った母衣に似ているからとされています。蘭と言えば日本よりも世界で良く知られる花の種類です。この花は蘭の種類になり日本に生息する蘭の中では貴重と言えるでしょう。

美しいために長く自生するものを乱獲される問題がありました。現在は絶滅する恐れのある植物の一つとして指定されているため自生するものを採取することは出来ないようになっています。では栽培してもいけないかと言われればそうではありません。栽培は自由に行うことができます。販売されているものも栽培されているからになるでしょう。

アツモリソウの特徴

テキスト引用
これらのラン科は、世界的にも繁栄している植物で、南極以外ではどこででも見られる繁殖力の強い植物です。世界には700属以上15000種あるそうで、日本に75属230種ありますが、花が非常に美しいということで、乱獲されている

アツモリソウの特徴として生物学上では被子植物、単子葉植物、ラン目、ラン科になります。そしてアツモリソウ属に属する花になります。花自体は枯れても根は生き続ける多年草になります。花は3センチくらいから4センチくらいでラン特有の袋状の花びらになっています。

色は赤紫色のものが良く知られています。一つの茎に対して一番上の部分に一つの花をつけます。たまに2つつけることもあるので見つけたらラッキーかもしれません。花の高さとしては30センチぐらいから50センチぐらいです。一つの茎には葉っぱが3枚から5枚互生しています。冬は葉が落ち枯れます。日本の生息地はどちらかと言えば寒いところになります。

そのため北海道、本州の北部などで見ることができ栽培も可能です。九州や沖縄、四国などではあまり見ることは出来ません。本州では南の方に行くと高い山でしか見られないこともあります。北部なら低い山や平地でも見られる場合があります。この花の特徴は何といっても非常に貴重であることです。多くの花は栽培されることもあれば自生もしています。この花も広く自生していましたが現在は数が少なくなっています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

栽培することは可能ですが、かつては非常に難しかったとされています。現在は問題となっていた部分が解明されたために苗の生産も行われるようになっています。自然のものは少なくなっていますが、家庭で栽培できるものは増えていくかもしれません。きれいな花を増やせます。

アツモリソウの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「アツモリソウ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

5,344view
スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

6,042view
ヒポエステスの育…
ヒポエステスの育て方・栽培
ヒポエステスは、どちらかというと寒さに弱いですが真夏の暑さに耐えるため育てやすく、比較的栽培しやすい品種と言えます。育てる環境や育て方をしっかり理解していれば、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,245view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

3,604view
タチツボスミレの…
タチツボスミレの育て方・栽培
タチツボスミレの育てる環境は夏のこし方が大きなポイントとなってきます。すみれという植物は寒さには大変強い代わりに、暑さに弱いという高山性の性質を持っているため、…

育て方ラボ 公式ページさん

4,239view
ショウジョウバカ…
ショウジョウバカマの育て方・栽培
ショウジョウバカマを栽培する場合の環境として日当たりはあまりよくありません。1年をとして薄日の差し込むような明かる日陰で育てるようにします。自生しているのは山の…

育て方ラボ 公式ページさん

4,105view
コクリュウの育て…
コクリュウの育て方・栽培
コクリュウの場合には育てる環境の場所を特別に選ばなくても大丈夫です。特別に日当たりのいい場所など選ばずに、どこでも栽培することが出来ます。ただし、真夏の直射日光…

育て方ラボ 公式ページさん

5,570view
シキミアの育て方…
シキミアの育て方・栽培
シキミアを育てる環境ですが、あまり直射日光が強いと葉が日焼けしてしまうので、半日蔭のところで育てると良いようです。そして実をつけたい場合には、オスとメスがあるの…

育て方ラボ 公式ページさん

8,955view