• ミツバツツジの育て方・栽培

ミツバツツジの育て方・栽培

ミツバツツジの育…

出典:育て方ラボ

ミツバツツジの育て方・栽培のまとめです。ミツバツツジというものは、日本の山の中で自然に生えていた植物です。そして半日以上日の光を浴びていたものになるので、庭で植える場合には、しっかりと日の光が当たるところで育てることが大事になってきます。

ミツバツツジの育てる環境について

テキスト引用
日本の山間で、半日以上日光を浴びて、育ってきたミツバツツジですから、せめて、午前中いっぱいは、日が当たる場所で育てましょう。そして、落ち葉で肥えた土で、成長してきたことも配慮し、腐植質に富んだ、保湿と水はけの

そして山では落ち葉は肥料になったり、また保湿をしてくれて水はけのいい環境を作ってくれています。それに夏の暑いときでも落ち葉によって暑さを和らいでくれたりしています。ですから庭の中でもその環境に近いように、人工的に作り上げていくことが大事になっていきます。

そして自然に近い状況にしておくことによって、大きく成長してくれることにもつながります。また鉢植えの場合も、庭植えと同様に日の光がしっかりと当たるところで、保湿と水はけのいい土壌で、また肥料もしっかりと与えておくことが大事です。どちらにしても自然環境と同じような環境にしてあげないと大きく育つことができないですし、また何かがかけてしまった場合には、かれてしまうこともでてきます。

日陰では枝ばかりが伸びて、花つきが悪くなります。ですから鉢植えならば移動させることができるので、日当たりのいいところに移して、また庭植えの場合は、移動させることは簡単にはできないので、はじめに植える前に日当たりのことなどをしっかりと考えた上で育てるようにすることが大事です。冬の場合は、乾燥した寒風が当たってしまわないように、気をつけてあげることが大事です。常に自然環境に近いことを考えて育てます。

ミツバツツジの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
ミツバツツジの根はとても細くて、群集し、地表近くに張りますから、土壌が乾燥することは、良くありません。庭植えであっても、鉢植えであっても、地面が、乾いてしまうと危険です。夏の高温で、雨の降らない時期は、朝夕のどちらかに

ミツバツツジは根がとても細いです。そして細い根がたくさん集まって、地表の近くに根を張っています。ですから土壌が乾燥してしまうと、水分の補給などをすることができなかったりします。ですから庭植えの場合でも、水分が地表で乾いてしまった場合に水分不足になってしまいますし、また鉢植えの場合でも同様に水分が足らなくなってしまいます。

ですから夏の暑い時期などは、庭植えであったとしても水やりは必要になってきます。また水はけと保湿のいい土で育てることが大事です。ですから水はけのいい保湿の出来ている土を上手に配合することが、ミツバツツジを立派に育てることにつながります。

そしてミツバツツジはあまり木の形などが崩れないで世話があまりしなくてもいい木です。しかし少し気になるところは枝を切ったり形を整えて剪定します。肥料に関しては、定期的に上げることが大事です。鉢植えや庭植えの場合どちらでも、5月中旬から6月下旬に開花後に肥料を与えます。また株が充実する9月下旬に与えるといいです。

肥料を与えないで育ててしまうと、大きく成長をしてくれなかったりします。また植え替えの場合は、あまり深い位置に植えないようにしないといけないです。鉢植えは、2年に1回を目安として植え替えを行ないます。また植えつけや植え替えに適している時期は、開花のときを除いた、3月から6月上旬か、または9月下旬から10月ぐらいに行なうことが適しています。

ミツバツツジの増やし方や害虫について

テキスト引用
乾燥する季節に、ハダニやツツジグンバイム、シベニモンアオリンガなどが、元気に活動しますから、樹木の新芽やつぼみの中に入って、食べ散らかしますので、要注意です。病気には、ほとんどかかることは、ありませんから、

ミツバツツジは特に病気にかかってしまうことはないです。しかし乾燥する時期になると害虫などが元気に活動をはじめてしまいます。ですから害虫が見つかったときには、早めに害虫の駆除を行なうことが大事です。

樹木の新芽やつぼみの中に入って食べ散らかすことなどもあるので、できるだけ害虫を見つけた場合には、早めに殺虫剤で駆除してあげるか、または水で洗い流したりすることがおすすめです。ミツバツツジの増やし方は種まきをして苗になったら植え替えて育てる方法になります。

種は10月から11月になるころに茶色くなった果実の中のものを使います。自然の中では、勝手に種が落ちてそれが成長して大きな木になります。それを人工的に行なう形になります。ミツバツツジは植えて3年ほどは、花も実も見られないです。ですから3年後に成長して成功したかの姿を見ることができます。

成長している段階のときでも、水が枯れてしまうことはだめなので、できるだけ水やりはしっかりとしておくことが大事です。そしてさし木では増やすのが難しいので、種から育てることになります。ですから種から育てるとなるとかなりの年月がかかってしまいますが、大きく育つので成長過程を楽しむことができます。ミツバツツジは変種や近縁種が多くあります。そしてそれぞれに特徴がありますが、育て方はすべて同じです。ですから自然の中で育っているツバツツジと同じようになるように育ててあげると成長しやすいです。

ミツバツツジの歴史

テキスト引用
ミツバツツジは、日本を始め、アジアの東に30種ほどある、山つつじの仲間に近い樹木です。関東から中部に分布している野生の落葉低木ですが、挿し木や接ぎ木で増やそうと失敗しますので、園芸による改造などが、全くなく、野

ミツバツツジは生息地が日本などアジアで栽培されています。30種類ほどあって山つつじの仲間に近いものになっています。関東から中部にかけて栽培されているもので、野生の落葉低木です。

挿し木や接ぎ木などで増やそうとしても、どうしても失敗をしてしまって、園芸の改造などが全くされていない野生ものになっていて、花の色も改良されていないので、限られています。原産地は日本の関東や中部で、花の色は紫です。ミツバツツジは耐寒性もあって、耐暑性もあるので、初心者の方でも育てやすい植物になっています。

種付けは時間がかかりますが、植えて育てることができます。ミツバツツジは初心者の方でも丈夫で育てやすいです。ですから安心して育てることができます。この植物は野生のものになるので、丈夫で何もしなくても成長してくれたりします。しかしそれでも弱ってしまってからしてしまう方は、この植物の特性をわかってない方たちです。

半日以上日の当たる場所で植えないと、根だけが育ち、花も付きにくく、元気がなくなります。ですから庭の中でお日の光が当たる場所を見つけることが大事です。そして水やりに関しては、特に水やりは自然に任せておけばいいですが、雨がなかなか降らないなどの場合は、時々水を与えてあげるといいです。あまり乾燥しすぎてしまわないようにしないといけないです。肥料も自然の中では落ち葉などがありますが、庭などでは自分達で与えてあげないといけないです。

ミツバツツジの特徴

テキスト引用
枝先に3枚のひし形の葉をつける落葉する種類を、一般的なミツバツツジの種類と呼んでいます。紫色の野趣あふれる花を咲かせます。そして、開花と同時か少し遅れて、葉が出てくるものが、多いですが、その逆に葉が出て、花を咲

枝先に3枚のひし形の葉をつけて落葉するものを、一般的なミツバツツジの種類だといわれています。花と同時に葉を茂らせて育つものと、また葉が生えてきてから花が咲くものなどがあるので、違う種類のものをいえると、長い期間花と緑を楽しむことができます。

またツツジという種類のものは、根が浅く、細い根が張り巡らされています。野生の場合は、下に落ち葉があったり、落ち葉のおかげで日の光を遮ってくれたり、養分を貯めてくれていたり、また水分を保管してくれていたりします。しかし庭植えの場合になると、自然の中に居たミツバツツジと育つ環境が違ってきます。

それに庭植えの場合は、水やりや肥料などを気にしなくても勝手に育ってくれるイメージですが、肥料が足らなかったり、また水が足らなかったりすることもあります。水が足らないというときは自然界と違うので人の力で助けてあげないといけないです。植木鉢の場合は、いろいろと手を加えてあげたりしますが、どうしても庭に植えると何もしない状態になったりします。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

ですから庭植えでも、雨があまり降らないなどの場合や、また成長が止まってしまったり、少し弱ってしまったりしているときは、何かが足らないので補ってあげないといけないです。またツツジの場合は、何か異変が出てきたときには、早い段階で症状が出てきたりします。ですからそれから対処をしても大丈夫なので、何か変化があったときにはすぐに対処をしてあげることが大事です。

ミツバツツジの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ミツバツツジ」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

スイカズラの育て…
スイカズラの育て方・栽培
スイカズラの育て方ですが、繁殖力が旺盛で夏の暑さにも冬の寒さや雪にも強い植物ですのでガーデニング初心者でも比較的育てやすい植物です。日本では北海道南部より南であ…

育て方ラボ 公式ページさん

5,704view
シュスランの育て…
シュスランの育て方・栽培
シュスランを栽培するときの環境はあまり日当たりを好みません。かといって全く日差しがないところも良くありません。庭に置くときには1日を通して日当たりの良いところは…

育て方ラボ 公式ページさん

4,609view
アオキの育て方・…
アオキの育て方・栽培
アオキを育てるときの環境としては、日本ではあまり土地を選ばないといえるかもしれません。寒さに強いことから北海道でも育てることができます。日光が必ずしも必要なわけ…

育て方ラボ 公式ページさん

3,222view
ネフロレピスの育…
ネフロレピスの育て方・栽培
ネフロレピスを栽培するときの環境は日当たりよりも日陰が良いとされています。日当たりが苦手なわけではありませんが、直射日光などはあまり得意としませんそのために日陰…

育て方ラボ 公式ページさん

4,115view
グレコマの育て方…
グレコマの育て方・栽培
グレコマはとても強い植物です。育て方も難しくなく、誰でも簡単に育てることができます。それに寄せ植えなどにも適してるので、初心者の方などは、グレコマと組み合わせる…

育て方ラボ 公式ページさん

4,098view
ヘーベの育て方・…
ヘーベの育て方・栽培
へーべを育てる環境ということでは、いちばん重要なのが日当たりの良いところで育てるということになります。原産地がニュージーランドなどですので、好む気候もだいたいわ…

育て方ラボ 公式ページさん

8,351view
ワトソニアの育て…
ワトソニアの育て方・栽培
ワトソニアを栽培するにあたっての環境は秋に植え付けをして管理をしていくことになります。10月から11月ぐらいになるので一般的には日当たりの良い場所を用意すると良…

育て方ラボ 公式ページさん

2,924view
よもぎの育て方・…
よもぎの育て方・栽培
よもぎは、大変育てやすく生命力が強い植物になっています。道端でも目にする事が出来るように、劣悪な環境の中でさえ、丈夫に育つ事が出来る植物です。特に日当たりが良い…

育て方ラボ 公式ページさん

17,664view