• ハンネマニアの育て方・栽培

ハンネマニアの育て方・栽培

ハンネマニアの育…

出典:育て方ラボ

ハンネマニアを栽培する環境としては日当たりのよいところにします。この植物は発芽のための適温が15度から20度ぐらいとされています。生育するための温度は15度から25度です。暑すぎもなく寒すぎもないところです。

ハンネマニアの育てる環境について

テキスト引用
砂漠に自生していたハンネマニアの育て方はまず2点気をつけないといけないポイントがあります。それは水はけの良い土壌と風当たりの良い場所です。この2つが悪いと上手に栽培することはできません。そのため、まず風当たりの

日本の暑さにはやられてしまうことがあります。土壌の酸度は6.0から7.5ぐらいが良いとされます。中性に近い土を用意するとよいでしょう。酸性が強い場合は石灰を混ぜて耕します。

ペーハー調整をした方が良くなるでしょう。この植物は連作には適さない植物になっています。一度栽培したところでは1年以上同じ植物を植えないようにします。これは種類も気にする方がいいでしょう。ケシ科の植物は裂けた方が良いかもしれません。

逆に別の植物を植えていた時にはそれがケシ科に該当するかを確認しておきます。別の種類であれば問題なく育てられる場合があります。植え付ける場所としてはロックガーデンなどにすると育てやすいかもしれません。煉瓦であったりコンクリートなどで囲うようにして作ります。植木鉢で育てるときは風通しを良くした日向に置きます。

この花は乾燥したところで育ちます。日本の多湿は好みません。多湿そのものは解消することは難しいですが湿気を逃がすことは出来ます。風通しを良くしておけば湿気を別のところに持って行ってくれます。植木鉢は地面に置くのではなく棚の上などに置きます。雨が降ったりして泥がはねたりするのを嫌います。冬は霜対策が必要です。

ハンネマニアの種付けや水やり、肥料について

テキスト引用
風通しの良い場所が決まり土作りが出来たら、本格的に育てていくことになります。もしも種から育てるときは3月から5月の間に撒く必要があります。そのときは直播きでかまいません。苗を購入して植えつけるときは、4月の下旬から

ハンネマニアの育て方で種付けをするときの方法です。用土は赤玉土の中粒を5割、腐葉土3割、酸度調整済みのピートモスを1割、軽石小粒を1割で混ぜます。これに適量のリン酸分の強い緩効性の化成肥料を混ぜ込みます。

土は中性にした方が良いので苦土石灰、パーライトなどを混ぜて調整をしておきます。混ぜる量としては用土1リットルに対して2グラム程度です。あまり入れすぎるとアルカリ度合いが高まるので土の状態を見ながら配合します。植え付けをする時期は3月から5月にします。

苗から植え付けをするときは根を傷つけないようにしなければいけません。庭に植えるときには霜が降りないのを見計らって植えるようにします。地域によっては4月ごろまで霜が降りることもあるので注意しないといけないでしょう。水やりでは庭上の時には必要ありません。乾燥しているところで育つ植物なので雨の水で十分といえます。

植木鉢で育てるときは土の表面が乾いてから与えるようにします。乾燥状態を好むので湿度が多くなると枯れたり根腐れしてしまいます。乾いたとしてもすぐに株が傷むことはありません。表面がきちんと乾いたのを見て与えるようにします。肥料は庭に植えるときは緩効性タイプを元肥で施します。植木鉢を利用するときは液体肥料も与えます。10月、2月ぐらいに通常の2倍ぐらいに薄めた液体肥料を利用します。窒素、リン酸、カリの割合が所定のものを与えるようにします。割合が異なると効果も変わります。

ハンネマニアの増やし方や害虫について

テキスト引用
花が咲き終わったら実が成ります。すでに述べたように実はさっ果してしまうと種がパチンと弾け飛んでしまいます。そうなると手元に種が残りません。日本では越冬できないため、そのときに植えたハンネマニアは

ハンネマニアの増やし方では種まきを行うのが一般的です。多年草として管理ができれば株分けができる可能性も出てきますが冬の寒さに耐えるのは至難の業になります。種まきなら種をしっかりと取っておけば比較的簡単に行うことができます。

行う時期としては9月から10月になります。この植物は移植を嫌います。同じ植木鉢で育てていくことになります。3.5号の植木鉢なら一つに5粒ぐらいをまきます。そしてパーミキュライトを表面に覆います。葉っぱが出て来たら残す苗を決めてその他は間引きをします。すべてうまくいくとは限りません。弱そうな苗があったらこの時に間引くようにします。害虫対策はアブラムシに注意をします。3月から5月くらいに発生することがあります。

アブラムシは発生を抑えることがまずできることです。そして自分で取ります。数がどんどん増えてどうしようもなくなったら薬を利用します。肥料を使って育てますが、窒素系の成分を控えると抑えることは出来ます。病気に関する心配はあまりないので気にせずに栽培することが可能です。

きれいに花を育てるときに行っておきたい事としては花がら摘みがあります。花が終わったらそれを取っておきます。種を取るときはそのままにしておきますが、花がついたままだと種を充実させるために栄養分がどんどん花に取られてしまいます。この状態はあまりよくありません。種を取る分だけを残すようにして枯れて来たら取るようにします。

ハンネマニアの歴史

テキスト引用
ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メキシカンチューリップポピーとも呼ばれています。名前からも分かるとおり、原産地はメキシコであり、その国の北東部の砂漠・山脈を生息地としていました。山脈に

日本は四季があります。その中でも春は花が多く咲く季節と言えるでしょう。もっとも人気の花としては桜がありますが、形がかわいらしいとして人気があるのがチューリップです。

日本海側ではかなり多く生産される地域がありそこから全国に出荷されることもあります。寒いところでしか育たないわけではなく、一般の場所でも育てることは出来ます。チューリップの形をしたものにはチューリップ何々の言葉がつけられることがあります。

帽子などは良く知られています。ハンネマニアと呼ばれる植物があり、こちらには別名としてメキシカンチューリップポピーとつけられることがあります。メキシカンであることから原産地、生息地はある程度想像がつきます。主にメキシコの北東部の砂漠、山脈、乾燥地帯で見られる花になります。チューリップと呼ばれるのは花の形からでしょう。多くの花は上を向くと花びらを広げることが多いです。

チューリップも花が弱ってくると広げますが最初は上に立つように咲きます。この花も同じように花が上を向いているのに花弁が垂れてきません。そのことからチューリップと言われるようになったようです。ポピーと後ろについているのはこの花の種類に関係しているでしょう。この花はケシ科になるのでポピーの仲間になります。葉っぱの形などは確かにポピーに似ているように感じます。日本に伝わったのは昭和の初期とされています。かわいらしい花なので非常に人気になったことでしょう。

ハンネマニアの特徴

テキスト引用
ハンネマニアの最大の特徴は先ほど述べたとおりメキシカンチューリップポピーとも呼ばれるチューリップのような花です。しかもチューリップと違って一枚一枚の花びらは非常に薄く光にかざすと透き通って見えるほどです。それが

ハンネマニアの特徴は草花と分類されます。多年草として原産地では区別されますが、日本では冬を越すことができないと一年草として扱われるようです。高さは30センチから60センチです。

メキシコなので暑い地域に咲いていそうですが耐暑性はあまりないとされています。やや弱いとされます。耐寒性もあるとは言えないようです。日本で育てるときには冬が一つの山場になるようです。花が咲くのは春から夏にかけてです。寒い季節は強くありませんが花が咲くのは3月くらいからです。

真夏になる直前ぐらいまで花を咲かせてくれます。春の花は春で終わることが多いですが、この花は夏になってもしばらく咲いてくれます。この花が耐寒性、耐暑性がない理由としてメキシコのどのあたりで育つかが関係しているようです。メキシコは元々が標高が高い地域として知られています。

首都があるところも他の国の首都に比べると高くなります。この花は標高1500メートルから2千メートルの石礫地などに生える花です。暑さや寒さが一定のところで、それ以外のところではなかなか育ちにくいのでしょう。場所的には暑さに耐えられそうですが標高が高いためにそれほど暑くないところが生息地になっています。

このまとめの続きを見る

最終的なまとめ

葉っぱはケシ科の花のように灰緑いろです。深く切れ込んだ葉をしています。一方で花は非常に鮮やかな黄色です。チューリップのようにコップのように花弁が広がらないタイプになっています。種類によって微妙に形は変わります。

ハンネマニアの育て方・栽培に関連する無料素材

このまとめのキーワード

「ハンネマニア」に一致するマメ知識

このまとめの投稿者:育て方ラボ 公式ページ

育て方ラボでは多くの植物や野菜・果物の育て方の説明や豆知識・まとめ等をご投稿頂きポイントが獲得出来るサイトとなります。無料の写真素材の場合は多くの方に高画質、高品質の植物や野菜の写真・イラストなどを無料にて配布する機能などもございます。制作が可能な方は是非ご登録頂きご投稿頂ければと思います。

サイトのご登録から利用は全てが無料となりますのでお気軽にご投稿、ダウンロード利用を行って頂ければと思います。利用には規約などをお読みの上、ご利用くださいませ。

この投稿者の他のまとめ

アマドコロの育て…
アマドコロの育て方・栽培
アマドコロを栽培する環境として適しているのは半日陰になっているところです。直射日光があまり当たるところは好みません。日本でもそれほど暑いところではなく、山の中な…

育て方ラボ 公式ページさん

3,967view
チョロギの育て方…
チョロギの育て方・栽培
比較的育てやすく、収穫しやすい植物です。土地は水はけの良い場所を選びます。また、出来るだけ肥沃な土壌が良いと言われていますが、それほど気にしなくても育てる事が可…

育て方ラボ 公式ページさん

8,041view
タマシャジンの育…
タマシャジンの育て方・栽培
タマシャジンの育て方は簡単な部類に入ります。その育成環境についてですが、高山植物には珍しく、暑さに比較的強いという特徴を持っています。そのため、1年を通して日当…

育て方ラボ 公式ページさん

3,373view
コバイモの育て方…
コバイモの育て方・栽培
コバイモの自生している土地は例外なく湿気の多い場所で樹木に覆われているところが多いため少々陰気な場所です。全体的になだらかな傾斜地であることが多いです。コバイモ…

育て方ラボ 公式ページさん

2,984view
キンバイソウの育…
キンバイソウの育て方・栽培
キンバイソウを栽培するときの環境は生息地を見ると良いところをうかがうことができます。平地よりも少し高いところに生えます。山の中でも生えますが草原などにも生えます…

育て方ラボ 公式ページさん

4,910view
オオアラセイトウ…
オオアラセイトウの育て方・栽培
オオアラセイトウは、水はけがよく養分の多い土を好みます。もしオオアラセイトウを栽培するのであれば、できるだけ生息地に近い環境に近づけてあげましょう。育ち方は種を…

育て方ラボ 公式ページさん

3,010view
ヤナギランの育て…
ヤナギランの育て方・栽培
このヤナギランは分布としては、ヨーロッパやアジアなどの北半球を中心に咲いている植物です。温帯地域に咲いている植物ですが、それだけではなく寒冷地などでも見る事が出…

育て方ラボ 公式ページさん

3,989view
セイヨウニンジン…
セイヨウニンジンボクの育て方・栽培
セイヨウニンジンボクの育て方について、初めに土は排水性に秀でていて、乾きにくい土にしておくのがベターです。また日当たりが良好なところを好む植物なので、その場所で…

育て方ラボ 公式ページさん

6,256view